FC2ブログ
2017/11
10
[ #980 ]

フレッド アステア

 先日ある方が下さった本。


    表紙

 「The Fred Astaire DANSE BOOK」    フレッド アステア ダンス ブック。


 1962年アメリカで出版のフレッド アステア ダンス スタジオ のダンス教本です。


 
 これが面白いのです。

 因みに”フレッド アステア”といっても若い方やダンスに興味の無い方は判らないかも知れませんが、戦前1930年代から戦後の時期にかけて活躍した映画俳優(かつダンサー&歌手)で、アメリカのミュージカル映画の基礎を造ったといいますか、全盛期を支えた方ですね。
 因みに裏表紙に当時の顔写真とサインが・・・・。


 裏表紙

 

 恐らく代表作は「カッスル夫妻」とか「踊るニュウ・ヨーク」とか「ザッツ・エンタテイメント」辺り・・・・。
 (個人的には初期作品がいかにもといった雰囲気があって好きですかね。曲もコールポーターだったり・・・・)

 で彼の後をついでミュージカルの主役となったのが「巴里のアメリカ人」や「雨に唄えば」のジーン=ケリー。


 その後は・・・というと、こうした典型的ミュージカル映画は受けなくなり・・・・・。

 まあストーリーはワンパターン&常にハッピーエンド、といったいかにもアメリカ映画。この能天気さはベトナム戦争が問題視される頃から廃れていき、ハッピーエンドではないアメリカ映画(ニュー アメリカン シネマ)におされて衰退する訳で。
 そう、「イージー・ライダー」とか「真夜中のカーボーイ」とか「ボニー&クライド」とか・・・・。
 (個人的にはスケアクロウなんて好きですかね)

 相変わらず話が脱線気味です・・・・

 
 閑話休題、このフレッド=アステアのダンス。タップは当然巧い訳ですが(タップこそがアメリカのダンスの代表といったイメージが私にはあります)、それ以上にフォックストロットの名手の印象が強いですね。
 軽やかに滑るようなダンス。或いは歩くように踊り、踊りながら歩くというか・・・・・。
 (因みにジーン=ケリーのダンスは、もっと床を踏んでいるというか、力を感じるというか、ヒップホップの萌芽というか・・・そうした印象ですね)


 で、この本を開いてみると・・・・足型など丁寧に書いてあるのですが現代とはかなり違うのです。

 例えば、フォックストロットが、スローフォックスとクイックステップ(加えて言えばブルース)に分かれていないのです(1962年当時、未だ分化はされていなかった訳では無い筈ですが・・・・)。

 こんな感じで・・・

 フォックス


 他、チャチャチャのニューヨークというフィガーがクロスオーヴァーという名で紹介されていたり。

 チャチャ


 まあ競技向けではなくパーティー向けの本、あるいはアステアの様に踊りたい人向けの本なのかも知れませんが、色々と興味深いのです。
 (一寸アステア主演の映画を再見したくなりました)



スポンサーサイト

続きを読む »

タグ :   ダンス  /    /   映画  /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/09
15
[ #964 ]

ストイック?

 先日出たダンスのコンペが散々だったという事は以前アップしましたが、さもありなんという心境でして・・・・。
 はい、全くコンペ用の練習をせずぶっつけ本番という状況であった訳で、まあそうだよねと。

 といいますか、此処のところコンペを意識したダンスを全くといっていいほどしていなかったのです・・・等と書きますと、パーティー等のダンスとコンペ用のダンスはそんなに違うのか?と問われそうなのですが・・・・。

 
 勿論基礎的なことは変らないと想うのですが、心構えといいますか目的といいますか、其の辺りが完全に異なるのですよね。

 例えるならば、パーティーのダンス、オートバイで言えば皆で楽しくツーリング・・・といった感じ。
 皆で楽しく和気藹々と怪我をしないようにといった事が目的である訳でして、個人的には兎に角女性が気持ちよく踊れるように・・・といった事を心がけているわけでして。
 
 で、コンペというと当然オートバイではレース。
 基本的によりよい成績を目指す訳でして・・・・。(楽しさが異なるというか、結構しんどかったり・・・・)

 といいますか、コンペを志向するなら普段からそうしたある種の心構え、言ってみれば”ストイック”さは要求される訳です。

 
 例えばオートバイのレースでも本気で成績を考えている人間は一般道でオートバイは一切乗らない、という方が多かったり、ダンスでもコンペ志向の方はパーティーでは踊らないという方が多かったりの筈です。

 例え公道を走ったり、パーティーで踊ったりしても、常にコンペを意識しているというか、少なくともそうした目的意識なり意味を考えているはずです。
 そう、オートバイやダンスに限らず競技を志向される方は、普段からそうした意識を持って行動しているというか、そうしないと成績が出ないわけでして・・・・。


 そう”ストイック”でないといけない訳ですよね。


 言い換えればストイック(禁欲的)にすることが好きな人が競技に向いているといいますか。
 ストイックである事が快感といいますか・・・・。
 (もっともそうなるとストイシズムとエキュピリズムの差異と共通性といった話を蒸し返さなければならなくなりますが・・・・)

 まあ兎も角、ツーリングやダンスパーティーの楽しさと、レースやダンス競技会で得られる楽しさは異なっている訳です。



 それはさて置き、競技志向になると普段の生活や意識がストイックな感じになる訳ですが、それって結構他人からは理解されないというか鬱陶しがられるというか・・・、結構”変わり者”扱いされる傾向も有りそうで・・・・。

 どうなのですかね?(特に最近、そうした禁欲的とか真面目である事を揶揄するようね社会風潮という気がするのは私だけでしょうか?余り良い事とは思えないのですが・・・・バブルの頃からですかね・・・・?)
 またバーテンダーという職業(生き方)も本来結構ストイックなものというイメージもありまして・・・(もっとも最近そうでもないかな?)、個人的には少しばかりストイックにするのが好きだった気がするのです。

 唯、年齢とともにそれが辛くなるのも確か。
 拠って仕事以外の事、詰まりダンスやオートバイに対してはストイックになりきれなく成って来ているのは確か。


 でもたまには昔草レース等を追っかけていた時のような、ストイックさの快感といった事も思い出したくなったりはします(出来るかな?)。



 
 追記

 ダンスとオートバイで競技志向云々・・・なんて書いたのですが、根本的に異なる事が一つ。

 それはダンスは2人が基本という事。
 これが結構難しいのです。

 ホント・・・・。


 蛇足ついでにもう一つ・・・。

 パーティー等で競技の様なダンスをすると・・・・・・。

 実はこれは結構まわりに迷惑だったり危なかったり・・・・・、ツーリング(公道)でサーキットに近いペースで走るのと同様。
 このあたりは似てるかな・・・・・。


 

タグ :   スポーツ  /   ダンス  /   バイク  /

つぶやきCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/08
01
[ #953 ]

チョットダンスを

 先の日曜日、東広島の某所でダンスを少々。普段習っているスクールが主催という事で私も結構踊らせていただいたのですが・・・・。

 やはり緊張します(先日コンテストでカクテルを造った時よりも緊張した気が・・・・、といいますかこんな事をしている故かカクテルコンテストの時はそれ程緊張しなかった?というか待ち時間が長くてそれだけで疲れていた?)。

 おかげでミスも少々。
 アガリ性化も知れません(自意識過剰なのか・・・?)。


 それとまたえらく疲れるのです・・・・・。

 オートバイの草レースをやっていた頃も想ったのですが、緊張した状態で運動すると普段の倍以上疲れる気がします。
 (脈拍が上げっている所為か・・・・、はたまた力の入りすぎか・・・・・???)

  
 しかしこうして細々とですがダンスを続けているおかげである程度姿勢も保たれている気もしますし、また少しばかり緊張慣れした気もします・・・・、と仕事には何かしらプラスになっている気はしているのですよね・・・・(脳みそと身体の連絡等も・・・・・)。

 という事で細々ながらダンスは続けて行きたいとおもっています。


 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/05
22
[ #935 ]

日本海周辺(移動手段編)

 先日、舞鶴~金沢~境港~釜山~といった日本海沿岸の諸都市を散策してきた事は既に記しましたが、今回はその移動手段の話。

 こいつですね・・・・。


      船

 コスタ・ネオ・ロマンチカというイタリアのカジュアルクルーズ船。



 事の始まりは確か4月の10日頃。
 自宅で雑誌に目を通しておりますとこのクルーズの広告が・・・・、たいそうリーズナブルな価格表示に驚き傍に居た連れ合いに「えらくリーズナブルなんだけどどう思う?」・・・なんて感じで其の雑誌を手渡すとそれを一瞥した連れ合いは、「行く、行きたい、行かねば・・・・・」といった具合で・・・・。



 そう以前にもショートクルーズに行った事が有るのですが、その折連れ合いは体調が余り良くなく(その後しばらくして入院~手術という仕儀と相成りました故結構悪かったのでしょう)て楽しめずリベンジの機会を探していた様で、もうこれは行くしかないか?という状況。また私も最近煮詰まり気味といいますか・・・・。で、たまにはリフレッシュをと、その後数日の検討の後行くことに決めた訳です。

 時間も差し迫って居ます故、何はとまれ広告主の旅行社にTEL・・・・、空き部屋が有るという話で結果5月6日博多港発に乗ることに・・・・。


続きを読む »

タグ :   旅行  /    /   ダンス  /

ちょっとお出かけCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/02
19
[ #911 ]

ヒップホップ

 最近、社交ダンスなんて物をボチボチと習っているのですが(下手の横好きといったレベルではあります)、確か10年ほど前まではジム(スポーツクラブ)でエアロビクスダンス等々をよくやっていました。

 またそうしたジムのスタジオのプログラムにも結構流行りの様なものがあり、確か90年代の終わりくらいから所謂”ヒッピホップ”系のダンスのクラスが多くなった時期があったと記憶しています。
 私も何はとまれ体験してみたのですが、これが私としてはえらく難しく・・・・。
 ダウンビート・オフビート系でリズムが取れない故か、はたまた力が入りすぎている故か・・・・?兎も角苦手だったのです。


 それはさて置き、その後(確か15年程まえですか?)このヒップホップダンスが義務教育(中学生)の必修科目となると聞き及び・・・・・。何故に?????・・・といった印象を受けた記憶があるのですよね。

 何故に日本の義務教育でアメリカの不良のダンスを教える必要が有るのか・・・・?という訳です。
 (まあ、この”不良”何て言葉も古臭いですが・・・ 笑 )
 特に私がヒップホップ系のダンスが苦手だった故に、余計其の印象が強かったのかも知れませんが・・・・ 笑 。

 また私以外でも、当時そういった印象を持った多も多かった様ですし、そうした論調もしばしば耳にした記憶も・・・・。

 それこそ”社交ダンス”や”日本舞踊”等々では何故いけないのか・・・?といった。
 (個人的には当時好きだったエアロビクスダンスがお勧めだよね等と・・・・ )


 実際当時、ヒップホップ系のファッションやカルチャー、例えば腰履きしたスウェットパンツにしろ、空き地等でよく見かけるスプレー缶によるグラフィックにしろそうしたイメージは強く、またそれを支持している人も所謂ヤンキー系とかチーマー系の若者が主流だった様に思えましたし・・・・。
 どうしてもそうしたイメージ(アメリカの不良や黒人等のカルチャー)は有ったはずですし、今でもやはりそうした印象はどこかに有る気もするのです・・・・。


 しかしこれが、先日ある方とそうしたことについて少しばかりお話した結果、どうもこのヒップホップ(カルチャー)というものどうもそんなに単純な物でもなさそうだな・・・、と思い至ったのです・・・・。


 其の方のお話を聞き個人的に考えた結論としては・・・・・、



 ヒップホップ(カルチャー)とは、持たざる物でも可能な(最後の?)表現手段、或いは表現、文化、パフォーマンス・・・・といった様な物なのかな・・・と。


 確かに社交ダンスにしろ、日本舞踊にしろ、結構コストが掛かるのですよね。
 日本舞踊やお茶といった家元制度のもと運営されているものは言わずもがな、社交ダンスもシューズや衣装等結構かかりますし(もっとも最近ではローコストで楽しむ事を目的としたサークルやプログラムも増えているようですが・・・・)。


 そうヒップホップダンスって、スエット(運動着や普段着)とスニーカー(運動靴)で出来る訳でして、元々がニューヨーク等の下町(貧民街?)発祥のストリートダンスですしね・・・・。


 そう、貧富の差に関係なく出来るダンスという事で(学校給食の始まりと同様の・・・)必修科目に採用された・・・・・
 訳は無いか・・・・・・。
 (いや、そうともいえないか・・・・?)


 また、持たざる物にも可能な・・・・という論調から思い出すのは・・・・。

 「己の肉体のみを使った暴力(腕力)は、持たざる物に残された唯一の抵抗手段であり、そうした状況における暴力は当然肯定されるべきである・・・。」という考え方。
 (革命理論とといいますか、テロの肯定といいますか・・・・ 笑)  
 
 現代の社会風潮からしてもそれはなさそうですよね・・・・。
 或いは今の格差社会を見越して導入された・・・・?まさかね・・・・。



 実際には、皆で出来るダンスをとうして仲間意識を醸成する為・・・云々、といった理由になっているようです。
 (まあ、このあたり余り穿ちをしても嫌われそうです・・・・)



 ただ、ヒップホップという物も色々と背景等ありそうです。まあ音楽やダンス、絵画等のアートや文化、皆そうですがそうした成立過程や歴史等々考えるのも面白い訳です。


 そうした話をして下さった彼に感謝です。

タグ :   ダンス  /   音楽  /

つぶやきCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2016/12
06
[ #890 ]

スクールのパーティー

 この日曜日は教えていただいておりますダンススクールのクリスマスパーティーに参加しておりました。
 (貧乏暇無しといいながら相変わらずウロウロしております)

 毎年この時期、12月の第一日曜日に行われているのですが、スクールのメイン行事という事もあり毎年出席させていただいている訳です。

 またこのパーティー、毎年トッププロのデモンストレーションが間近で観る事が出来る貴重な機会でもあります。
 因みに今年のゲストは、中村隆裕・枝里香組。
 先日行われた10ダンスの東日本で関西の組でありながら優勝&つい先日の全日本ショウダンスで4位と、正に現役のトッププロです。 
 (確か過去に見せていただいた組は、織田組・瀬底組・瀬古組・立石組・・・と正にトッププロの面々。因みに昨年は岡田純一氏、以前には増田大介組も来られたとか・・・・)

 
 ミーハーして一緒に写真を撮っていただいたり・・・・。

 
 中村組と


 おまけに打ち上げでは、お2人のプライベートのお話を色々と聞かせても頂いたり。


 その印象ですが、ダンスはキレッキレ。流石、現役のトップクラスの競技選手のキレを楽しませていただきました。
 
 また過去に来られた選手もそうですが、トップクラスのプロダンサー、技術の高さは当然としてそれぞれに個性というか、表現するものの違いといいますか、表現者それぞれの魅せかたの違いという物を感じさせていただけますね。

 (まあ、私が仕事としていますバーの世界でも、それぞれのお店やバーテンダーごとに個性や雰囲気・やり方等々の違いと言った物がありますし、似た面も有りそうです、まあそれも有ってダンスを習っている面も無きにしもあらずでして・・・・)


 そしてまた打ち上げでのお話からも色々と感じさせていただいたり・・・・。
 中村選手、関西をベースに活躍されているダンサー(教室は心斎橋とか)という事もあり、会話には各所にボケ&ツッコミを入れられ楽しい雰囲気を作ってくださいました。また同時にかなり硬派&知的で理論的な方の印象も・・・・。


 はい、いろいろと楽しませていただきました。


 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2016/11
21
[ #885 ]

この週末は・・・

 この週末はこんな感じで過ごしておりました。

 先ず土曜日は久々にダンスのコンペ・・・・。

 015.jpg


 歌って踊れるバーテンダーを目指している訳では無いのですが(といいますかカラオケ等歌うことは本当に苦手故、初めから無理なのですが・・・・) (笑)、相変わらずダンスは細々と続けております。
 姿勢等も含め仕事にもプラスとなるか?との思いもありますしね。

 そして土曜日は地元東広島で開催されるコンペに何はとまれエントリー・・・・・、が結果は散々・・・・・。


 002.jpg

 3・4年前は割りとマメに出ていてそれなりに場慣れもしていた筈だったのですが最近はダメダメですね。
 (来年以降どうするかな?といった気分です)



 そして日曜日・・・・、土曜日は会場のセッテイング&片付け(完全に肉体労働です)までやりましたので、この日は筋肉痛の気配。
 この状況でごろごろしておりますと更に悪い結末が待っていそうと、何はとまれガレージからバイクを引っ張り出し・・・・。
 タンデムにて先ず向かったのが、広島空港側の三景園という庭園。
 季節の紅葉を楽しませて頂こうという算段です。

 が、これが、人・人・人・・・・・。
 おまけに駐輪場も無し(係員に尋ねてみても”そんな物は無い”との事)。

 という事で此処での鑑葉は諦め別の場所に移動することに。



 向かったのは”御調八幡宮”この辺りでは最も古い八幡様ですかね・・・・。

 周辺も親水公園的に整備されておりまして紅葉を愛でるのにも良い感じでした。


 御調八幡宮



 また、多くの絵馬やこんな物も奉納されており。


 釜

 三原市の旭菊水酒造で使われていた釜ですね。
 (この上に大きな蒸篭を乗せ酒米を蒸した物でしょう。江戸時代に広島県で最も酒造が盛んだったのは恐らく三原。外、竹原や安芸三津、まあ海沿いの地域ですね・・・・)


 そこから、少し東の八幡様にも立ち寄り御調の道の駅で小休止(ここは2輪専用のパーキングスペースやサイクルスタンドも設置してありまして助かります)の後、Uターンして仏通寺の紅葉を愛でに・・・。

 が仏通寺に通ずるわき道に入ったとたんに大渋滞・・・・。
 三景園もそうでしたが、まあシーズン盛りの日曜日ですしねエ・・・・・私もその一人な訳ですし・・・・。

 といいますか最近、イベント等に集まる人が多い気がします(更に言えばイベントが無いと人が集まらないといいますか・・・・情報が発達した世のサガですかね?)。



 閑話休題、仏通寺。
 何度も訪れている場所ですが良いですね。自分が年齢を重ねるごとに魅力が増すといいますか・・・・。


 仏通寺


 日が陰るまでゆっくりさせていただきました。 
 (次はシーズンオフに訊ねたいです)


 そんな週末、結構リフレッシュにもなりました(ダンスは散々でしたが)ので、年末まで頑張ってカウンターの内に立ちます。

 

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2016/10
28
[ #878 ]

ボランティア?

 昨日は黒瀬町にあります某病院の文化祭でダンスをしておりました(昨年に続き2度目です)。

 その病院文化祭の出し物の一環としてダンスをして下さいという話が習っておりますダンススクールにあったという事で、私も躍らせていただいた訳です。
 
 ボランティアで・・・・という話だったのですが、確かにスクールの先生はプロとしてダンスに関わっていらっしゃるわけで、無料でダンスをされる事はボランティアですが、しかし私はしろうと、単に人前で踊る機会を与えていただいたという心持です。

 しかし人前で踊るというのはやはり緊張する訳でして・・・・・。
 自分自身緊張しているという意識は無かったのですがやはりどこか普段と違うといいますか・・・・、はい、しっかり失敗。
 恐らくはいい歳をして自意識過剰なのでしょう。 
 カウンターという境界線が有ると緊張しないのですがね(といいますかアウェーに弱い?田舎者ですね 笑 )。

 まあ、それはさておき良い経験をさせていただきました。

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2016/10
17
[ #875 ]

ドライブがてら

 昨日はドライブがてら愛媛に行っておりました。

 社交ダンスイベントの見学です。
 わざわざ愛媛まで?といわれそうなのですが、特別ゲストとして「織田慶治・理子組」が出演されると聞き及び出かけたわけです。

 
 織田慶治&(旧姓渡辺)織田理子組といいますと社交ダンスに興味のある方には有名なペア、6年連続で全日本ラテンチャンピオンを獲得したお二人です。
 2年前に競技生活は引退され現在はこうしたデモンストレーション等を中心に社交ダンスの知名度・普及促進等に尽力されているといった状況ですが、言ってみれば正に脂ののったタイミングとも言えそうで、このペアが間近に拝見できるのならばと出かけたわけです。

 実は以前、習っておりますダンススクールのイベントでこのペアのダンスを観る機会は一度有ったのですが、その折には私、照明係をしておりまして、ダンスを楽しんで(&じっくりと)観ることの出来る状況には無かったという事もあり・・・・、また、私の連れ合いは初見ということでもありふたりしていそいそと出かけて来たのです。


 このイベント、ハラノすぽーつだんすカンパニー様主催のイベントで、アマチュア、プロ含め多くの方が踊られるイベント、今回初めて観させていただいた訳ですが楽しいイベントでした。

 出演者皆様、サーヴィス精神溢れるといいますか・・・・・。楽しそうに踊られて・・・・ですね。
 また以前から思うのですが、お酒を飲む事にしろ、オートバイのイベント等にしろ、またこうしたダンス等にしろ、四国の方って広島県に比べ遊び上手といいますか、楽しみ上手な印象が個人的には有るのですが、今回もそうした印象です。


 そして、メインの織田組のダンスですが・・・・、相変わらずキレッキレのダンス。その身体能力の高さは凄まじいですね。

 特にアンコールで踊ってくださったルンバベーシックはこの組ならでは、といいますかこの組らしいといいますか、恐らく今でも世界クラス。
 そしてもう一つ「セグエM78」。
 これまたこの組らしいダンス。観る事が出来て良かったです。
 特に理子さんのエロ可愛さ全開のアマルガですね。
 (個人的意見ですが、このペア、アスリートとしての技術が高すぎてルンバがエロく見えないのですが、M78では肌の露出が全く無いにもかかわらずエロかわいい・・・・という・・・・・)


 また閉会後、スクールで共に習っている方々と・・・・・。




 織田組と




 こんな事までしていただき・・・・・。


 ハイ、楽しく遊ばせていただきました一日でした。

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.