FC2ブログ
2008/10
31
[ #1001 ]

行った場所


 出かけた場所のリストはこちら(適当)。

 
 
 
スポンサーサイト

タグ :   バイク  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/04
27
[ #39 ]

御手洗

 ツーリングという程では無いのですが、先日久々に何台かで走りました。

 目的地は大崎下島、御手洗地区。完全に私の趣味です。



 御手洗は江戸時代中期から潮待ち港として発展し、おちょろ船の話等で有名な場所です。
 若胡子屋という遊郭の建物も残っていると聞き、昔の色町の気配でも在るかと想った次第。


 で、実際に現地に行くと、若胡子屋跡は老朽化により昨年11月より立ち入り禁止との事。


 なんとまあ。


 最盛期には100人の”おいらん”を抱えたお茶屋との案内板に有るが、今や見る影も無しか。
 (おいらんと書いて有ったが、遊女と解釈すべきでしょうかね。また100人抱えたお茶屋というは? このあたりの言葉。地方、時代による変化が多くて難しいですね。)
 

 しかし、その若胡子屋も含め、町全体が過疎の波に洗われているのは一目瞭然。


 鉄道網の発達による陸運への移行、動力船の普及に伴う潮待ちの減少、昭和33年の売春禁止・・・。また色町を文化として残すという考えもなかなか難しいであろうし、詮無い事か・・・。


若胡子屋 若蛭子屋若胡子屋の障子 内の障子



 因みに、参加のバイクはハーレー1200、ドカティー900、カワサキ900、私がヤマハ850。

            画像 040


  未だ、風が冷たかったですね。
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/07
06
[ #62 ]

 竹原辺り

 先週は伯母の葬儀等もあり、何やかにやで忙しく(店は相変わらず暇・・・?)、昨日5日の日曜日は家でゆっくり・・・等と想っていたのですが、なぜかオートバイに跨りたくなりまして・・・。
 これといって行く当ても無かったのですが家を出てしまいました。


 先ずバイクを止めたのが竹原の町並み保存地区。

 が、そのとたんに雨・・・。


         雨に濡れる



 前日の天気予報では降らないと言っていた筈・・・。
 どうも最近、私がバイクに乗ると決まって雨に降られる様な・・・。


 それはそれとして先ずは竹鶴酒造へ。
 私のお気に入りの酒でもありますし、杜氏さんとも何度かお話をさせて戴いた事が有る割りには最近訪ねる事が無かったので、先ずは竹鶴酒造に・・・。


         竹鶴酒造



 中々赴きの有る建物ですよね。
 中で大正時代の地図を見せていただいたり、色々話相手をしていたりで、感謝です。


 その後、雨宿りも兼ね周辺散策。雨が上がったので再びエンジンに火を入れ・・・。

 
 向かった先は同市の明神地区。ここは売春禁止法施行まで遊女屋の有った地域。
 大体、昔は船が停泊する場所の近くには間違いなく、遊郭なり、遊女屋なり、女抱屋なり、が有ったはずですが、差別問題等々で、その殆どは歴史の彼方に・・・。


 で、この地区は・・・?
 もはや昔の建物も少なく、濱神社、明神橋の名前、周辺の地形にその残り香を探すが・・・。
 (生活感も有りで写真は無しね)

 そんなこんなで早々にそこを離れ、忠海の床浦神社周辺を経由し忠海の駅前へ。ここも昔は遊女屋、船宿、商家等、賑ったところ。
 

   うだつ   うだつ


 うだつの有る建物が数件。


 周辺散策~筆影山経由・・・の途中雨が再び降り出し、とっとと帰ってしまいました(リヤタイヤの溝が怪しく、雨具も無かったので・・・)。

   
 その後、スピードメーターケーブルも切れ・・・。
 ついてない日はこんなものですかね。 

  ますた
 

タグ :   バイク  /   街並み  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/09
28
[ #89 ]

 鞆の浦

 昨日の日曜日、お客様のドカティーさんと2台で福山市の鞆まで走ってきました。


 今年は私がバイクを引っ張り出すと決まって雨でしたので、たまには晴天の下で走りたい等と思い、金曜日の夜に(この時点で天気予報は晴れ)ドカティーさんに声をかけ付き合って頂いた次第。



 鞆は恐らく10年ぶり位、近所の割には訪れていませんでしたが、やはり雰囲気が在って良い街ですね。



 画像 374  鞆の港  元、理容店の喫茶



 潮待ち港らしい古い商家と細い路地、付き物の色町はあまり面影は残って無いですが(シーサイドホテル等に変わったかな?)、好きな街並みです。


 また、架橋とそれに伴う埋め立てをめぐり賛成、反対の両意見が有る様子が伺えましたが、一個人の意見(住民では無いので、所詮は部外者といわれるかも知れませんが・・・)としては、やはり反対ですね。


 古い物は、存在するだけで意味が有ると思いますし、一度壊してしまうと二度と元には戻せませんものね・・・。
 元々、日本人って古いものを大切に使う事を美徳としていた筈ですし・・・。
 もちろん、利便性云々は有るでしょうが、元々そうして暮らしていた訳でしょうし、経済的な価値で計れない事がある気がします。 まあ、私が、古い街並みを見るのが、好きなだけかも知れませんが・・・。


 それはさておき鞆の街並みは好きですね。生活観も残っていますし、観光地化し過ぎてなくて。
 コーヒーを頂いた店の女将さん(バイク好きで好い雰囲気の)に話し相手をしていただいたり・・。


 ただ、帰り道に僅かですが雨がぱらつき・・・。やっぱり今年は雨男・・・?

 

 ますた
 

タグ :   街並み  /

バイクで散歩CM(1)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/10
18
[ #98 ]

奥出雲辺り

 今朝、朝食を食べ外に出ると結構良い天気。たまには一人で走ってみるか・・・?という事でバイクを車庫から引っ張り出し・・・(10時半?)。
 
 さて、どこへ向かおうか・・・。っと、その前に燃料の残量が・・・。
 で、自宅から5㎞程西に在るGSへ・・・。

 タンクを満たして、さあどっちへ向かう・・・。
 暖かそうだし北へでも走るかな?
 ・・・で、375を北に向かう事に(日曜日の375は流れが遅いんだけど、まあいいか・・・と)。


 まずは庄原市内のコンビニまで走り(11時半着)、トイレ休憩&ストレッチ。


 そこから432を更に北へ、私のお気に入り可部屋集成館(桜井家)まで気合を入れて・・・(12時10分着)。
 紅葉には未だ早過ぎた様ですが(10日位?)周辺を散歩し、蕎麦(水車挽き十割)で軽めの昼食。


   画像 376   画像 378



 しばらくまったりした後、吉田まで走り街並み、田辺家土蔵群等を散策。

 街並みは慶応年間の大火で消失したらしくそれ程古い物は無いですが、土蔵群は一見の価値有りかな?
 昔の良い(地域に愛された)領主の存在を想わせられます・・・。


          田辺家土蔵群


 その後は、掛合で54号に出た後、辻村寿三郎人形展を観る為三次まで走行(14時40分着)。
 丁度秋祭りの最中、寿三郎展と併せ楽しませていただき(辻村寿三郎の人形はかなりの迫力、かつ怪しさ・・・)、 造り酒屋を使ったカフェで一服。



 江戸期の本うだつ 三次と言えば、巫女? この造り酒屋の1Fにカフェが



 で、暗くなる前に帰宅。



 日が陰ると寒さが応えるもので・・・・。


 ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/11
24
[ #114 ]

 つなぎ

 昨日(勤労感謝の日)朝、目が覚めると抜けるような青空。



 そろそろ寒くなるし、今シーズンの走り収めって訳では無いのですが、一寸エンジンに火を入れようかな・・・?と出かけることに・・・。

 そういえば、革つなぎって最近袖を通して無いな・・・。
 


 そこでたまには、ってんで無理やりつなぎに身体を押し込み(造った時から5kg以上体重は増えている筈)、さあ何処へ向かおう?
 つなぎで走って似合うのはやっぱり峠道?と、野呂山に・・・。


 ここの峠道、1980年代によく遊び場にさせて頂いた場所(歳がばれますな)。90年代以降はごくごく稀に訪れるだけになっておりましたが、つなぎで走るならと一寸上ってみました。
 しかし路面は前日の雨で日陰がウエット。しかもつなぎが窮屈で身体が動かし辛い。結局、ツーリングとも言えないスローペースでウロウロして来ました。


   画像 402   画像 403
  


 閑話休題、ちょっと懐かしい気持ちに成りましたね。
 これで今シーズンは走り納めかな?



 しかし、夕方家に帰ると腰が痛い・・・、本気で歳かな?
 

タグ :   バイク  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/05
10
[ #169 ]

 大崎上島

 昨日の午後、天気も良さそうなのでバイクを車庫から引っ張り出しました。


 向かった先は大崎上島。安芸津港からフェリーで大西港へ・・・。最近は瀬戸内の島々も橋が架かった所が多いですが、大崎上島は未だ本土とは陸続きになっていないのです。



 しかしバイクでフェリーに乗るのって何時からでしょう・・・?

 ちょっと嬉しい気持ちになります。ほんのわずかの距離フェリーに乗るだけにもかかわらず、港で出航を待つ時間等、旅行気分を抱けます。

 島では時間の余裕が無かったので、軽く一周しただけ・・。


 その中で立ち寄ったのは”海と島の歴史資料館(大望月邸)”と、木江・天満地区。
 天満地区の古い町並みは私好みの雰囲気。同じく潮待ち、風待ちで著名であっためばる崎に、それらしい面影が余り残っていなかったのとは対照的でした。


 この島を訪れたのは、恐らく10数年振り。日本各地の山間部同様、過疎が進行している印象も受けました・・・。
 

    安芸津フェリー   大望月邸   木江・天満地区   木造3階建て



 ますた


タグ :   街並み  /    /   遊郭色町  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
05
[ #189 ]

尾道

 昨日、今日の天気予報では雨だったのですが目覚めてみると日差しが・・・。
 また、前日までの雨とこの日差しによりまとわり付く様な湿気。気温も上がりそう・・・。
 こうした時に家に籠っているのも辛いのでバイクを引っ張り出す事に・・・。たまには跨ってやらないと機嫌がネって。
 

 相も変わらず当ても無く家を出・・・。
 気温、湿度、共に高いせいか、いま一つエンジンの付き、吹き共に悪い気が・・・。
 インジェクション車だと違うのかも知れないが、こちらは古いキャブ車・・・。仕方ないか・・・。


 閑話休題、バイクを止めたのは尾道。
 何年ぶりでしょう。近所の割りに最近訪れていませんでした。
 商店街をぶらつきながら向かったのは久保町辺り。ここも昔は色町だった場所。古い地図には、仲之町とか新町とか、それらしい地名も記されていた筈です。
 今は寂れた飲み屋街ですが、入り組んだ路地等に昔が偲ばれます。
 まあ尾道市全域、路地ばかりといっても良いのですが・・・。
 

 しかしこうした再開発をされていない街は落ち着きます。
 私がまだ子供であった昭和40年代、或いはそれ以前の空気を感じます。更に尾道は港町らしく潮の香り、海産物の香りが嬉しいです。路地に猫の姿が多いのも港町らしく・・・。
 まあ住んでいらっしゃる方々には苦労も多いのかも知れませんが・・・。


 しかしTVや折込では相変わらず新築マンションの宣伝や情報。
 新しく作らなければ景気が悪くなるからか止めれないのでしょうが、大都市に乱立する数え切れない位の高層マンション、そこに住む人々は何処から来たのでしょうね・・・(いわゆるニュータウンにしても)。
 やはり田舎からでしょう・・・。
 そうして一方では、地方の過疎問題を言ってみたり・・・。まあマスコミってそんな物でしょうが・・・。


 どちらにしても古い街並みが好きですね。それも出来ればあまり観光地化されてない街並みが。
 いずれ消え行く風景でしょうが・・・(特に旧色町、旧い歓楽街等・・・)。
 


 帰りには糸崎にも立ち寄り。
 ここは竹原市の高崎地区同様、旧い歴史にも登場する湊(長井の浦)。昭和初期は色町も在った場所。一寸、笠岡にも似た感じを受けました。


     尾道の路地にて   猫   休業中の同業者? 糸崎

 

 相変わらずの行動パターンの私です。
  

タグ :   街並み  /   バイク  /    /   遊郭色町  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
02
[ #201 ]

またもや一人で・・・(因島)

 昨日、またもや単独行にてバイクで徘徊しておりました。
 基本的に群れて走る事が苦手な物で、相も変わらず一人で走っております。

 何故群れて走るのが苦手かと申しますと・・・。
 他者と走るとやはりその方に気を使ってしまいます、或は注意を払います。その分どうしても周囲(他の車、歩行者、路面情況等)に対する注意力が削がれてしまいますもので・・・。それにグループで行動すると、視線がそのグループ内に向きますよね。結果、グループ外の他者に心使いが出来なくなる。周りが見えなくなる・・・。
 この”周りが見えなくなる”という事が嫌いで、一人で行動する事が多いです。
 バイクに限らず、飲みに行くとき等もそうです。人と居ると周り(他者の存在)が見えにくくなりますものね・・・。
 気を使わ無くて済む相手と二人で・・・という事も有りますが、基本的には一人行動が多いです。


 閑話休題、向かった場所は因島。

 何故因島か?

 たまたま数日前から”今東光”氏の小説”悪名”を本棚の奥から引っ張り出し、読んでいたもので・・・。
 この本の中盤の舞台が因島なのです・・・。


 そこでバイクを止めた場所は、三庄地区、家老渡地区、土生地区。
 三庄地区、大正時代に遊郭が出来た場所。家老渡地区、その後遊郭が移転した場所。そして土生は造船で栄えたこの島の中心的港街・・・。
 この土生や家老渡(浪速)遊郭周辺が小説中盤の舞台になっています。


 小説にも登場する鯖大師の像は丘の上の因島公園に30数年前に移転されていましたが、小説の舞台となった麻生(旅)館はありました・・・。また家老渡、土生とも雰囲気のある街並み、建物が残っています。
 それ以外にも、大正か昭和初期と想われる洋館も有ります(これは他の地区)。
 (この洋館、20数年前に見たときは空き家に見えたのですが、現在はペンションになっておりました)

 島の景色、雰囲気は好きなのですが余りの暑さ。どうにも仕方無く早々に退散としました。
 

 三庄地区にて 家老渡にて 土生にて 麻生館 白滝にて


 因みに、映画”悪名”のラストシーンの海岸は因島ではなく、明石周辺の撮影であったと記憶しております。

タグ :   街並み  /    /   遊郭色町  /   映画  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.