FC2ブログ
2008/10
15
[ #208 ]

出かけた場所

    場所                    何しに?
  1  東京               江戸東京博物館・浅草周辺散策 他
  2  京都                    お座敷遊び?
  3  御手洗                 バイクで散歩・街並み
  4  下関                    先帝祭
  5  竹原                  バイクで散歩・街並み
  6  三次                 稲生物の怪録展・街並み
  7  角島                    ドライブ
  8  鞆の浦                 バイクで散歩・街並み
  9 奥出雲・三次             辻村寿三郎展・バイクで散歩
 10  伊勢                    お伊勢参り
 12  野呂山                  バイクで散歩
 13  名古屋              ウイスキーフェスティバル・街並み
 14 ポルトガル                 ファドを聞きに
 15  小倉                  クリムト&シーレ展 
 16 グラッパ                  グラッパを飲みに
 17  上海                    一杯飲みに
 18 三朝・他                   温泉・街並み
 19 バンベルグ                  ビールを飲みに
 20                    みなと祭り・浮世絵展・街並み
 21  木江                   バイクで散歩・街並み
 22  松江                    浮世絵展・他
 23 笠岡・高梁                 バイクで散歩・街並み
 24  飛田                      食事
 25  尾道                   バイクで散歩・街並み
 26  因島                   バイクで散歩・街並み 
 27  府中                   バイクで散歩・街並み
 28  有馬                    温泉・街並み
 29  宮島                    バイクで散歩・他
 30  ジブラルタル               ???
 31  高知                    お座敷遊び
 32  東京               WHISKY LIVE TOKYO 2011 他
 33  出雲                    NBA中国大会・他
 34  大三島                 バイクで散歩・大山祇神社
 35  呉周辺                    バイクで散歩・街並み
 36  関門(再訪)             バイクで散歩・街並み・先帝祭
 37  明治村                    ???
 38  柳井・上関               バイクで散歩・街並み
 39  温泉津                  バイクで散歩・温泉
 40  竹原(再訪)               バイクで散歩・街並み
 41  山口県                  バイクで散歩・街並み・他
 42  屋久島 他                クルーズ・温泉・他
 43                        浮世絵展・建物
 44  京都(再訪)                お座敷遊び・街並み
 45  御手洗~木ノ江(再訪)        バイクで散歩・街並み
 46  大和郡山                   街並み
 47  (再訪)                  芳和荘に泊る
 48  玉島・倉敷                  街並み・他
 49  沖家室・室積              バイクで散歩・街並み
 50  長門湯本                  ドライブ・温泉
 51  瀬戸田                   耕三寺・街並み・他
 52  三朝                     ドライブ他
 53  備後周辺                バイクで散歩・街並み
 54  大分県               ドライブ・温泉・街並み・博物館・他
 55  倉橋島・江田島            バイクで散歩・花見・街並み
 56  美作周辺                ドライブ・花見・温泉・街並み
 57  島根半島周辺            バイクで散歩・街並み・博物館
 58  長崎                     お座敷遊び・観光
    長崎(2)                  花月で昼食・街並み
 59  上下~新見~東城            バイクで散歩・街並み
 60  大阪                 ウイスキーフェスティバル・街並み
 61  広島市                   ビアアリス・街並み
 62  上島町                   バイクで散歩・街並み 
 63  徳島市                      阿波おどり見学
 64  下津井辺り                バイクで散歩・街並み
 65  玖波 他                  バイクで散歩・街並み
 66  岡山市周辺                  観光・街並み他
 67  今高野山・竹林寺               バイクで散歩
 68  三原・忠海周辺                 バイクで散歩
 69  京都(2014)+奈良             お座敷遊び・街並み 他 
    京都(2014-2)                  街並み
 70  愛媛県                     バイクで散歩・街並み
 71  富士山周辺                      旅行
 72  防州辺り                    バイクで散歩・街並み
 73  四国の右下                     ドライブ
 74  倉吉市&鳥取市               バイクで散歩・街並み
 75  海田市周辺                  バイクで散歩・街並み
 76  岡山県南部                  ドライブ・街並み・寺社
 77  京都                         街並み・寺社
 78  大阪                    鯛よし百番で宴会 他
 79  呉周辺                   バイクで散歩・街並み 他
 80  三原市                     バイクで散歩・街並み
 81  石見                         バイクで散歩
 82  竹原市                    まちかどアートワークス
 83  志和                        バイクで散歩
 84  愛媛~香川へ                 バイクで散歩・街並み
 85  京都                        ビアガーデン 他
 86  山陰                        無目的なドライブ
    その2                         帰途
 87  尾道                        映画・街並み
 88  特牛~肥中~仙崎               バイクで散歩
 89  尾道(またまた)                  食事 他
 90  岩城島 他                    バイクで散歩
 91  高梁辺り                     タンデムで散歩
 92  諏訪                       寺社・街並み・温泉
    長野                    善光寺参り・温泉・街並み
 93  金沢                        街並み
    その2                       お座敷遊び
    その3                       街並み
 94 舞鶴・金沢・境港・釜山              街並み 他
    その2                        クルーズ
 95  博多                    ウイスキートーク・街並み
 96  博多(再訪)                    お座敷遊び
    その2                       九州国立博物館
 97  御手洗 他                    バイクで散歩
 98  庄原市周辺                 桜を求めて・バイクで散歩
 99  関門                      先帝祭・バイクで散歩
100  その辺                 ツイン3台でプチツーリング
101  高知                    お座敷遊び
102  神戸~釜山~済州~鹿児島     街並み・クルーズ・他


 
スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/02
18
[ #28 ]

 マスターの一日江戸人 

 先日東京に行って参りました。

 店を始めて約9年、その間東京は訪れて無かった故、たまにはと思い切って行って来ました。
 

 先ず立ち寄ったのが”大江戸東京博物館”。
 ちょっとテーマパーク的ですが季節展示等も有り、結構楽しめます。

            纏を持つ私   纏なぞ持ったりして・・・。


 かなり広いのと照明が落し気味とで疲れましたがしっかり遊ばせて頂きました、お勧めです。



 その後、近くの”首尾の松”(昔、吉原へ船で行く連中が上首尾を願って手を合わせた松)に手をあわせ・・・。

          首尾の松

 (これが7代目首尾の松)、旅の上首尾を祈り浅草へ・・・。


 荷風も通ったと言われる蕎麦屋で昼食の後、浅草寺の粧太夫(吉原の名妓)の句碑を観たりの周辺散策の後、江戸時代の人々もしたであろうと思われるとおりに、馬道を歩き~、土手通りに出~、見返り柳へ・・・。


    装い太夫句碑  雷門  見返り柳


 そこから、~衣文坂~大門跡へ・・・。


           大門の跡の表示

 のルートを歩きました・・・。


 はっきり言って遠いです・・・。(江戸時代の人々、健脚だったのですね)

 吉原の中もくまなく歩きたかったのですが、既に疲れが足に出てしまうし、腹は減るしで・・・、


 江戸町1丁目から昔の西河岸、京町と歩いて吉原神社へと、早々に退散する事となってしまいました。
 出来る事なら昔の遊郭の名残の様な物や空気を見つけて見たかったのですが・・・。
 チャンスがあればリベンジしたいと想います。


 その後、夜は”どぜう”で腹を膨らませ、お客様に教えて頂いた新橋辺りのバーへ・・・。

 二軒とも楽しませていただきました。感謝です。



 因みに、翌日は、神保町の古本屋街から、銀座のバー。さらに翌日は、上野国立博物館と巡り・・・。
   
 ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/04
11
[ #34 ]

酒と日本文化にふれあう2日間 Vol.4  春の京都 

 集合場所であるJR西条駅に今回の参加メンバーが一人また一人と集まって来る。
 私を含め全員、寝不足か二日酔い気味に見えるのは仕方ない事か・・・。

 拙店を可愛がって下さっているお客様に日頃の感謝も含め、何か新しい提案が出来ないか?と考えたのが3年余り前。そうして成立したこの旅もはや4回目、参加者全員がバーのカウンターと酒をこよなく愛する人間である事に鑑みれば、日曜日の朝の寝不足感も当然か。
 


 西条駅出発組8名揃ったところでJRを乗り継ぎ、最初の目的地である滋賀県のドイツレストラン”ヴュルツヴルグ・ハウス”に向かう。

 途中駅からの参加組3名も無事合流し総勢11名、スタッフの出迎えを受け店内へ・・・。


          ヴュルツヴルグ・ハウス


 このレストラン、ドイツはバイエルン州フランケン地方の町、ヴュルツブルグの協力で出来たという話し、まずはここでドイツ料理にドイツビール・ワインで昼食の心算。


 スッタッフの方の”ランチのメインは肉と魚が選べます”の問いかけに、全員一言 ”肉!” やっぱりドイツビールには肉料理ですよね。

 各々、好みのドリンクをオーダー、ヴァイス4名、クリスタルヴァイス3名、ヴァイスデュンケル3名、ビールの苦手なN先生はワイン。お酒の揃ったところで ”乾杯~”


   バイスデュンケル   フランケンワイン


 普段物静かなYさんの ”昼間に飲むビールは酔うっすよね~”の言葉で移動中の静かさとは一転会話が弾ける。
 その後はさながらビールとワインの飲み比べ会。ピルスナー、シュヴァルツ、赤ワイン、ソーセージ等もオーダー。
 一般の席ではマナー違反であろうが、今日は2階の個室を借り切っての宴、会話が弾む。食後のジェラート、コーヒーまでしっかり楽しませていただき次の目的地に・・・。



 前回までは、ここから京の酒どころ”伏見”に移動し酒蔵見学等を行っていたのであるが、今回はリピーターの方が多いので少々趣向を変え、嶋原の”角屋もてなしの文化美術館”の2階特別拝観へ(私の趣味がかなり入っています)。


 k5.jpg


 この角屋、揚屋建築としては唯一現存するといってもいい物かも知れません(揚屋とは江戸時代の格式の高い料亭、宴会場で、ここで太夫さん芸妓さんを揚げて:置屋さんから呼んで:遊ぶ場所)。特に2階は一見の価値あり。
 (因みに座敷の畳を揚げると能舞台として使用できるのが語源という説も・・・・)


 2階の見学が終わったところで一時解散、自由行動に・・・。

 因みに私は1階の座敷にて、”芹沢鴨”最後の宴のお話を聞かせていただいた後、お客様2名と共に嶋原大門~出口の柳~輪違屋さん、の前を通り徒歩で壬生の八木邸へ、ここで芹沢鴨の最期の話を聞かせていただきホテルへ移動。



 他の参加者は  ??? 
 皆さん、それぞれ目的があるようで・・・。
 単独行動を愛するのも、バーのお客様らしく・・・。


 k6.jpg




 その後ホテルのロビーにて集合、後れて参加のA嬢も合流し、総勢12名にて毎回お世話になっている祇園は花見小路の料亭へ。


 ここで、宴会開始時間まで少々時間があることが判明(私の確認不足ですゴメンナサイ)、再び一時解散。
 私はお客様の勧めもあり桜満開の白川通りをそぞろ歩き。
 

      k7.jpg


 一時間後、再び集合し料亭2階座敷へ。めいめいがお膳を前に座る。


 いよいよ、この旅のメインとも言える夜の宴会。

 全員が揃ったところで襖が開き舞妓さん登場、続いて芸妓さん、地方さん。
 この3名の方々のお酌で宴会スタート。女性3名のお酌と会話に男性陣の目尻が下がる。舞妓さんの可愛らしさ、芸妓さんの粋と色気、地方さんの年季。みんな違ってみんな良い・・・。


                k0


 食事の京会席が一段落したところで、地方さんの三味線を伴奏に芸妓さんに舞を一指し舞っていただく。

 続いて舞妓さんが二指し。


   k9.jpg     k10.jpg

 さらに、地方さんの伴奏で、芸妓さん、舞妓さん相手のお座敷遊び・・・。


 この頃になると女性陣の顔も綻ぶ。今回の旅のメインテーマ、”祇園の料亭にてお座敷遊びを体験”は無事成功かな・・・?


 地方さんに旅行の趣旨を伝えおまかせしたのが正解だったのでしょう・・・。

 さらに無理を言い、芸妓さんにさらに舞を一指し・・・。


 ありがとうございました。そうして楽しませていただきました。



 2時間たっぷりと楽しんだのち、余韻のなか、ご飯、香の物、汁物、お抹茶、お菓子で会席終了。これまた美味で満足。女将さんの”ありがとうございました”の声を背に夜の街へ・・・。



 それぞれが、思い思いに消えて行く・・・。



 私は1人、春の夜の京都のお約束、八坂さんから円山公園のしだれ桜へ


      k12.jpg

 桜もこれくらいの巨木となると妖しささえ感じますね・・・。


 ゆっくりと観たいところだが周囲の喧騒に耐えかね退散。


 その後、日本酒バーからカルバドスバーと梯子し、木屋町通りあたりを当ても無く彷徨う。


 盛り場の夜の猥雑さに優しさを感じる・・・。


 所詮、私は単なる酒飲みか?変わり者の飲み屋のオヤジか?我儘な場末のバーテンダーか・・・?詰らない妄想が沸いてくる・・。

 こ一時間ふらふらと彷徨い、やっぱり飲まなきゃ、ってんで、シェリーバー、スピリッツバー、と梯子し蕎麦屋で締め、ホテルのベットで気絶するがごとく眠りに付く。




 明けて2日目・・・、


 もはや持病と言ってもいい付き合いの寝不足と二日酔いを無理やりシャワーで誤魔化し、1人街に出る。


 未だ人出の多くない祇園界隈を歩いた後、松尾大社へ・・・。
 私自身、酒造りをしている訳では無いのだが、酒を売って口を汚させていただいている以上一度は行かないとね・・・。

 有名な山吹には少々時期が早かったようだが、お参りをすませ再びホテルへ・・・。


  k13.jpg   k14.jpg



 ここで都をどり観賞組と合流7名にて祇園甲部歌舞練習場へ、受付を済ませ開演時間まで中庭辺りにてそれぞれ過ごす。

 桜が見事満開。

 お抹茶をいただきいよいよ会場内へ・・・


k16.jpg k18.jpg k17.jpg


 都をどりはヨーイヤァサーの掛け声、会場をつつむため息・・・。(魂、抜かれそうです・・・・)

 あっという間の1時間・・・。満足・・・。

 外に出るとS様、K君の二人が街へと消えていく。


 残った5名で次の目的地サントリー山崎蒸留所へとのんびり向かう。


 工場前にて、都をどりを観なかった、S山君、T様も合流し工場内見学。


 私はすでに4回目、毎回同じコースを歩くのだが、その度に表情が少しづつ違う。ウイスキー工場も生き物と感じる一瞬・・・。


   k20.jpg


 工場内見学が終わり、試飲タイムになる頃、他のメンバーも合流。


 仕事の都合で途中リタイアのN先生を除き、総勢11名にてこの旅行の最後のイベント、ウィスキーの試飲大会。
 S様の提案により1人1000円出しにて、想い想いのウィスキーを並べる。

 12年物に拘る方、シェリー樽に拘るかた等々・・・。


 楽しい・・・、適度な人数だと、多くの種類のウイスキーがテイスティング出来、嬉しい事です。


 試飲会


 約1時間、テイスティングを楽んだ後、帰途へ。


 山崎駅にてS水様、A嬢と別れ9名で新大阪駅へ。

 新大阪着いたとたん、メンバー全員散らばる。

 再会は新幹線の車中。新大阪駅や今回の旅行でゲットした酒とつまみを分け合い、酒と旅の思い出話と共に新幹線は西に走る。



               追記


 この京都旅行も今回の春で4回目、私自身、春夏秋冬の4度の想いで始めた企画。何はとまれ今回にていったんピリオドを打ちたいと思います。
 もし、次に実施するとしても少し違った形になると思います。
 参加して下さった皆様。手配とアドバイスを下さった旅行会社の方。ヴュルツブルグ・ハウスのスッタフの方々、祇園の料亭の大将、女将。邪魔をさせていただいたバー。それに、舞妓さん、芸妓さん、地方さん。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。
    
  バカナリヤ バー   店主
 

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/11
12
[ #107 ]

 伊勢まいり

 先日、伊勢神宮とその周辺に行って参りました。

 例年この時期には年末営業に備え英気を養う為等と称し、どこかに出かけていたのですが、今年は”伊勢”。
 親孝行と言う程でも無いのですが、両親と共に伊勢参りに行く事とした訳です。

 
 今年は、拙店のお客様数名も伊勢に旅行に行かれた様子で、私自身も何故か伊勢に行ってみたくなり出かけた訳ですが、聴く所によると、江戸時代頃から周期的に伊勢参り(お陰参り)ブームの様な物は有った様で、特に世の中が不安定(飢饉、政情不安等)に感じられる時期に起こり易いという説も有るらしく・・・。
 もしかしたら、私自身も無意識的に伊勢参りの衝動に駆られたのでは・・・?等と想ったり・・・。



 閑話休題、伊勢に着いて初めに訪れたのは、”伊勢角屋麦酒 麦酒館”。
 此処の地ビールは以前から気になっておりまして、機会が有ればと想っていましたので何はともあれ立ち寄った訳です。

 一通り味見しましたが、”ペールエール”のホップの香り、”ブラウンエール”の複雑な香味は私好み、美味しいビールだと想います。
 その後は、伊勢河崎商人館周辺の街並み、建物等を散策の後、作法通り先ずは外宮から・・・。


 ペールエール  伊勢角屋麦酒館  商人街の建物
 ペールエール   麦酒館外観     商人街建物

 
 火除橋、第一鳥居、第二鳥居と進むにつれ空気に静謐感が増すように感じられます・・・・。



 参拝を済ませ後は古市周辺に移動。此処は江戸時代から戦前は、参拝客向けの色町として賑った地域。
 ここでは資料館等を見学(伊勢古市参宮街道資料館)。中々私好みの資料館、戦前の福山遊郭の娼妓さんの身請けの書類が有ったり・・・。

 その後お約束の二見、夫婦岩へ・・・。
 駐車場近くに立つ常夜灯が、先斗町、東九条等の寄進になっているのが気になります・・・(竜宮社の関係か・・・?どなたかご教授いただければ幸い)。


 その後、宿泊先の鳥羽に移動。

 鳥羽周辺は元々、潮待ち港、風待ち港として成り立っていた場所、そういった面では私が生まれ育った瀬戸内に近い空気を感じます。牡蠣、真珠等の養殖漁業の盛んな事も同様です(その後は鳥羽周辺は観光を、瀬戸内は工業を重視した違いも有る気がしますが・・・)。
 潮待ち港に付き物の色町の名残も在り、古い待合も幾つか残ります(津の国は保存の為に補修された建物)、。

 夫婦岩 鳥羽港 津の国
 夫婦岩       鳥羽港        津の国




 翌日は内宮の参拝から・・・。
 入り口となる”宇治橋”の架け替えが完成したばかりのせいか人出が多い・・・。


 おはらい町、おかげ横丁もそぞろ歩き・・・。更に志摩半島の”はじっこ”の”大王崎”へ(酒飲みって何故かはじっこが好きな様な気がするのは私だけでしょうか・・・?)。さらに潮待ち、風待ち等で有名な的矢湾周辺を見て鳥羽へ戻る。
 

 さらに三日目は、松坂城址を歩き(蒲生氏郷築城のこの城の石垣は一見の価値有りかな・・・。今回の旅で一番のお気に入りかも・・・)今回の旅は終了です・・・。   

                           
松阪城石垣  御城版屋敷周辺  おかげ座内
 松阪城石垣   御城番屋敷周辺  おかげ座内


  ますた 
 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/12
01
[ #118 ]

 名古屋

 先日、ちょっと名古屋に行って来ました。


 理由は、

1、昔お世話になったお客様様氏にお会いする。
2、第3回ウィスキーフェスタ見学。
3、ついでに、一寸観光(街並み散策)って所ですか・・・。


 先ずはウィスキーフェスタ。
 ブースが30にセミナーが7つ。結構な規模で行われていました。拙店もウィスキーを厚めに品揃えしている以上一度は覗いてみたかったイベントです。

 しかし寝不足等々の体調(行きの新幹線でレッドアイを飲むくらい)で、昼前から(スタートは11時30分)ウィスキーを多量にテイスティングするのは応えましたね・・・(細かい状況等は店で聞いて下さい)。


    オープニング    ブース


 それでも終了時間の17時30分までしっかりと会場に居た後、昔良くご来店いただいたN様と待ち合わせ居酒屋に・・・。
 名古屋名物の手羽先を齧りながらビールと日本酒を飲み倒す・・・。で、21時過ぎには体力の限界が来ました(N様、申し訳ないです)。


 
 翌朝は、前夜早めに眠った為か早くに目覚めたので(勿論、宿酔いです)、酒を抜く事も兼ねて朝の8時頃から名古屋の街を歩き回りました。



 最初に訪れたのは中村区大門通り周辺。
 此処は旧中村遊郭の跡地。建物や街の空気に当時の名残を残す場所です。


大門通り入り口 マンホール 遊郭跡?

  長寿庵   長寿庵と言えば   廓温泉跡


 一通り歩き回った後、駅西側の商店街を歩いて抜け名古屋駅に・・・。
駅東側の近代的に整備された姿とは異なり、西側の雑多な雰囲気は、少々場末趣味のある私には居心地が良い通りです。



 そこから、地下鉄を乗り継ぎ大洲観音周辺へ・・・。
この辺り、大洲観音とその門前町の商店街といった風情で、下町感溢れる地域(中村遊郭の出来る以前はこの辺りに遊郭が有った筈ですし・・・)。
 なんとなく浅草に近い空気が漂っています。観光のガイド本等では大きく取り上げられる事も少ない様に想われますがもっと注目されても良い場所では・・・?



 そして恐怖の?演芸場”大洲演芸場”へ・・。

           大洲演芸場



 何が恐怖?かと言いますと・・・。

 当日の開演は昼の12時。で5分前にチケットを買い内に入ったのですが・・・、その時客席に座って居るのは私ただ一人。    
 こ・・・このまま開演して客が私一人のままだったらどうしよう・・・・。
   
 ねっ、一寸、恐怖でしょ? 
 (まあ仕事柄、見ず知らずの方と一対一で向き合う事には少しは慣れている心算なので、何とかなるか と腹は括りましたが・・・。)(出来れば、目の前にバー・カウンターが欲しい・・・。)
 結局、直前に他のお客様4名が入って来られて観客総数5名となりましたが・・・。
 (2幕目が始まり、私は出たのですが、その時残った観客はわずか2名!)


 しかしこの演芸場、内に入るとちゃんとした造りで雰囲気が有りますし、もっと評価されても良いのでは・・・?と想うのですが(大洲商店街等も含めて)。
 もし名古屋に行く機会が有れば是非一度大洲観音へ足を伸ばしてみて下さいと言いたいですね。


 そんなこんなの名古屋でした。


 ますた
 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/02
27
[ #144 ]

 上海

 先日、上海に行って参りました。

 中国語の堪能なお客様のお誘いが有り、それならば上海で一杯飲るのも一興かと出かけた訳です。
 また、今、世界で最もHOTな街の一つ”上海”に接して自分が何を感じるかという事にも興味が有りまして・・・。


 そのお客様とは私が宿泊するホテルで待ち合わあせ。故に浦東空港から先ずはホテルへ・・・。
 ホテルの在る場所は・・・・、

 上海不夜城地区。


 不夜城・・・・?!
 
 馳 星周の小説を思い出し、ちょっとドキドキするやら、ワクワクするやら・・・。



 そのホテルの周辺、裏は高層マンション群、しかし隣は貧民街と呼んでも良い風情のある場所、また他にすぐ近くに古い官庁を想わせる建物や、金融ビル、百貨店街、工事現場、空き地・・・・。



 これが上海か・・・?






 
 その後お客様と無事合流。今の上海を象徴する浦東地区へ・・・。SWFCビルからリバーサイドで日暮れまで過ごす。

 後に若者が集う繁華街へ。ここで日本語の堪能な現地の女性二人と合流し、流行の火鍋屋へ・・・。


      火鍋


 これが、内装、サービス、味、ともに悪くないのです。このまま東京でやっても流行ると想わせられます。特に蛙は絶品。一度ご賞味あれ。


 その後、この2人の女性が勤めるラウンジに移動、実は改装中なのですが、ここで深夜まで飲み倒す。





 明けて2日目、先ず訪れたのが旧共同疎開近くの市場の朝市。ここは終戦直後の東京というか、アジアというか・・・。
 これも上海。

 そこから繁華街の外灘、南京東路~豫園~田子坊と移動。

 田子坊は古い庶民的民家の残る1区画に、その古い民家を使ったギャラリーやデザインオフィス、ブティックや、カフェ、小物屋等々が集まる場所(旧フランス疎開?)。
 ある面、今の上海のお洒落地区か・・・。


 ただ私としては、何となく日本にも有りそうな、と言うか日本の後追いをしている様な・・・。
 私がおじさんのせいかも知れませんが、若者向けの感じ・・・。
 その割りに価格も日本に近い・・・。


 さらにそこから、何故か業務用厨房機器専門店に移動・・・。

     厨房機器店
   
 何やってんだか・・・・。





 夕方からはブランドショップの入るビル(デパート?これは日本以上の規模かな?)内を歩いたり(行ったのは本屋)した後、夕食は1920年代の建物で食べる正等上海料理。
 日本の中華料理とは少々、味が異なる印象。


 その後、バーでモルトとカクテル・・・・。






 さらにそこから昨夜行ったラウンジを再訪。
 この日が改装後のプレオープンとの事で、急遽、私がシェーカーを振る事に・・・。(実は、この為に昼間、厨房機器の店で道具を物色していたのです)。
 さらに数ヶ月後にはバーコーナーもオープンとの事で、スタッフの方に基本的な道具の使い方を教える・・・。

     仕事? 

  (ホント、何やってんだか・・・)





 そこから更にもう一軒バーに飲みに行く。このバーは最初に行ったバーの2号店。非常にレベルが高い。東京のオーセンティックバーと言っても全く違和感の無いレベル(1号店は少々ラフに崩してる感がありますが、此処も日本のバー的スタイル)。


 で、チーフバーテンダーの方に色々尋ねてみると・・・・。
 元々日本人のバーテンダーの方の指導で始められた店との事。そうして彼はその方の孫弟子に当たるとの事。また今でも東京のバーとの交流が有るとの事。


 しかし、この日本的繊細なカクテルの造り方、接客の仕方が、上海人に受け入れられるのか?(因みに、彼、日本語はほんの少々)



 疑問に思ったので訪ねてみますと・・・。

 ”中国人も同じアジア人、日本式の繊細な作業を理解して下さる方も有ると思いますし、日々、中国人のお客様が増えています” との答え。また、これからもこの繊細なやり方を続けるとの事。


 日本のバーテンダー文化の継承者がこんなところに居るのかと思うと、刺激になりました。




 そんなこんなの上海でしたが、その印象は?というと。日本の昭和20年代から平成20年代までが、モザイク的に交じり合い上海全域に広がっているというのが私の印象。

 その何でも有りと、そこ此処で感じた”合利性”(合理性では無いよ)がパワーの源かと思う次第・・・。



 しいていえば


 上海 

 こんな感じ?



 さらにいえばこれらも上海

 ビル群  市場  田子坊  豫園

 風俗店  サイドカー    男子公衆便所大  路地


    

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/03
09
[ #148 ]

 ドライブ

 先日、お客様に誘われ三朝温泉一泊で山陰へと行って参りました。
 三朝は約1年半振り、前回は奥津温泉~三朝~勝山と廻ったのですが、今回は勝山から・・・・。


 その勝山、たまたま丁度”お雛祭り”の開催中で良かったです。御前酒蔵元にて特別展示”花嫁の来た春”が催され、建物内部や衣装・調度品等を拝見できたのは特に嬉しい事でした。
 その後は街並み散策の後打ち立ての蕎麦を頂き、高瀬舟発着場を観、勝山を後にしました・・・。

 この高瀬舟の船着場、本流から土手?にてし切り、また雁木を造り船着場にしてあるのですが、以前行ったイタリアのグラッパでも似たような物が有りました。洋の東西を問わず似たような造りに成るのでしょうね。
 ただ、勝山の場合旭川の水量が減っているのが少々残念。

   束ね熨斗大振袖   勝山商家   勝山雁木


 次に立ち寄ったのは、313号線沿いに在る真賀温泉の幕湯。

 ここの湯、私は初めてだったのですがその手触り?には少々驚きました。ヌメヌメとして、まるで葛粉でも混ざってるかの様。建物や周辺も風情が有り良いですね。
 さらにそこから倉吉市打吹地区の街並み散策・・・。ただ雨が強くなって来たので長居はせず・・・(どうも、山陰にいくと雨に会うような・・・、弁当忘れても傘忘れるな・・・ですかね?)。途中、名物?の牛骨ラーメンを食べたりもしつつ三朝温泉に移動。


 三朝は温泉街らしい風情が残っていて好きな場所。お客様の勧めもあり、先ずは建て替え直前の”株湯”に入る事に。熱い湯です。
 そぞろ歩きしつつ旅館に帰り蟹料理で一杯。満腹した後再び外へ、元三朝芸者(芸妓と言うべきかな?)のママさんがやっていらしゃるスナックで痛飲・・・(雰囲気を感じるママさんでした)。
 旅館の湯(これも源泉かけ流し)は朝風呂にしました。


 しかし同じ三朝の湯でも、源泉ごとに微妙な違いが有るのは面白いですね。温泉好きの方の気持ちが少し判った様な気がしました。


 明けて次の日は、鳥取市の賀露漁港近くの市場に立ち寄りった後、智頭の街並みへ・・・。

 ここも昔から気になっていた場所。有名な”石谷家住宅”を初め風情の有る建物が多く残り良い感じです。


     智頭米原邸     智頭・花や


 更にそこから津山市に・・・。うわさの”ホルモンうどん”で昼食の後、周辺散策~津山城址と歩き、城東街並み保存地区は次回のお楽しみとして帰途につきました。津山も船頭町辺りに、三階建ての古い旅館の建物等が残り中々の雰囲気。城東街並み保存地区も含めいつかリベンジしたいですね。

     津山城址        津山・赤線時代の建物?


 また途中、辻酒造(勝山)、高田酒造(倉吉)、藤井酒造(三朝)、諏訪酒造(智頭)にも立ち寄りました。


 ますた    


 

タグ :   街並み  /   温泉  /   城跡  /

ちょっとお出かけCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/05
19
[ #172 ]

 松江

 先日松江に行ってまいりました。

 目的は島根県立美術館にて開催中の”中右コレクション 四大浮世絵師展 ~写楽・歌麿・北斎・広重 ”です。


 
 わざわざ?と言われそうですが・・・。美術館の建物自体も気になっていたもので・・・。そして、好物の(相も変わらず)浮世絵展ですから。


 展示内容は系統立っていて初心者でも判りやすい展示との印象でした。また初めて目にする図版も有り結構楽しめる展示でした。
 故に想わず展示カタログも購入・・・(私の勘違いかもしれませんが、書いてある内容に、1.2箇所間違いが有る気がしました・・・)。 


 また、せっかく松江まで足を伸ばしたので、松江周辺の気になっていた場所も少し散策。
 たとえば・・・。


 松江城址。

 簡素な印象を受ける天守と、味の有る石垣。また、松江城山公園内に一般の住宅が在ったり、通勤の人々が通っていられたりと住民との距離の近い城址といった雰囲気。よかったです。


 地ビール館ビアへるん。

 一階は物産館として観光拠点の一つとなっていて、これもやり方かな?と思わされます。ビールはしっかり造ってある印象。先日呉みなとまつりのイベントにも出店されていらっしゃったので、そこで味見出来なかった物を味見。


 ワイナリー奥出雲葡萄園。

 ここも気になっていた場所。テロワールに拠るものか、個性的でしっかりしたワインの印象でした。


 そんなこんなの松江。東本町辺りには古い建物も残り、全体として城下町の文化と空気、伝統と歴史の空気を感じられる印象。宍道湖の存在もあり、水の存在を感じれるのも嬉しいです。
 一寸お気に入りの街に追加したい印象でした(空襲の被害に遭っていない事もあるのかも知れません)。



    東本町にて    松江城石垣    地ビール館

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/11
09
[ #236 ]

 有馬

 7日の日曜日、店をお休みとさせていただき有馬に行って参りました。

 例年この時期、年末営業に備え気力・体力の復活を図る為等と理由を付け温泉に出かけるようにしているのですが、今年は有馬を選択してみました。

 名の知れた温泉街でもあり、広島からそう遠く無いにも関わらず未だ訪れた事ない故の選択です。
 そういえば以前読んだ小説「悪名」の序盤の舞台にもなっていますし・・・。
 ついでに「猫と正造と二人の女」も読み返してみたり・・・。


 車やバイクでの移動も考えましたが、公共交通機関での移動を選択。楽ですし飲めますものね。
 
 JR在来線~こだま~ひかり~北神急行~神戸電鉄と、ひたすら乗り継ぎ有馬へ。電車の旅もたまには良いですね。

 有馬に到着後は先ずは旅館に荷物を預けて周辺を散策。
 坂、階段の多い街並みは風情が有ります。また私好みの古い建築物も多く中々興味深いです(現役の建物が多く、看板が目立つので写真には撮り辛いですが・・・)。
 遊郭跡・色街跡・花街の建物や街並みが好きなのですが、古い温泉街も有りですね。


    建物1  建物2  建物3


 また、検番も生きているようです。

    検番


 旅館の女将に帰り際に訊ねたところ2軒有るそうです(今回は芸妓を揚げるのが目的でも無いし、予算の問題も有るのでパスです)。


 泊めていただいた旅館も手入れの行き届いた古い建物。建物、風呂、料理とも満足出来ました。特に料理、私としては文句無し、感動でした。



 翌日は六甲の紅葉を眺めつつ移動。ロープウェイ~六甲バス~ケーブルカーと乗り継ぎ神戸へ・・・。アクセスが好く想った以上にスムースに神戸に移動出来ます。


 紅葉  ケーブルカー


 そこで訪ねたのは(酒飲みとしては当然?)灘。しっかりと試飲をさせていただき、気に入った酒を一本購入・・・。
 が、試飲のしすぎか?帰り道落として割るという失態。
 酒飲みとして恥ですな、反省です。申し訳無い事をしました。


 こんな感じの休日をさせていただきました。気合を入れ直し年末まで頑張りますか。


続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.