FC2ブログ
2008/12
10
[ #11 ]

 雑考 2 山登り

  私自身はやらないのですが、たまに店で山登りや岩登りの話題になることが有ったりするのです。そうした時、実際に経験の殆んど無い私が山登りと聞いて思いつくのは・・・、


 ”そこに山が有るからだ”

  の言葉です。


 あまりに有名な言葉で、多くの方が耳にされた言葉だと想います。
 そしてこの言葉、登山の多くの魅力を一言で切り取り、禅問答的でも有り、いかにも登山家の達観を思わせる言葉に感じます。

 私も漠然とそう想っていたのですが、いつからか、疑問を持つようになりました。


  いったいこの登山家はどのような気持ちで、この言葉を発したのか?

 私が思いつくまま述べますと・・・、


 1.登山の魅力を一言で表すにはこれしか無かった
 2.登山家自身、自分が山に登る理由が解らなかった
 3.質問に対する怒り
 4.理解されない事に対する絶望 
 5.その他
 
 位は思い付きます。


 で、これらを私なりに検証してみますと、


 1.の場合・・・、 質問者が登山経験の無い人間であった場合には、まるで切り捨てた様な不親切な印象を受けます。
 他方、彼の弟子の様な立場の人間であった場合には、いかにも禅問答的で、いい感じですよね。

 2.の場合・・・、 登山家自身がすでに登山中毒的なまでに登山にはまっていた場合。
 たとえば、アル中的酒飲みに、なぜ酒を飲むのか?と質問したときに、酒が有るからさ・・と答えられたと時と同じ状況。

 3.の場合・・・、 たとえば、メジャーリーガーのイチローに対し野球を知らない記者が、”あなたにとって野球とは何ですか?”などと陳腐な質問をした場合。恐らくイチロー選手は、怒りと軽蔑のこもった視線とともに質問者を無視すると想います。これに近い場合。

 4.の場合・・・、 私はオートバイに乗るのが好きで、若い頃は、結構一生懸命乗っていたのですが、その理由の大きな部分を占めるのは、”それが危ない乗り物であるから、危ない行為であるから”、でしたが、そんな時、多くの方は私に、”何故あのような危ない乗り物に乗るのか?”と質問、忠告を下さいました。
 そのときに私が感じたのは、理解されないという事実。
 こんな場合ですか。

 5.の場合・・・、  例えば、質問者が、同じ登山家であった場合など・・・。より互いの複雑な心理が反映されると想われます。


  とまあ結局、質問者と登山家の関係が解らないと答えは出ない訳で・・・。



  で、ちょっと調べてみました。



 この言葉を残したのは”ジョージ・リー・マロリー”。英国の登山家で、1924年にもしかしたら世界で初めてエベレストの山頂に立ったかもしれない男性。
 立ったかもしれないと書くのは、その日彼は最終キャンプを出発、その数時間後順調そうに登っている姿を確認された後、消息を絶った為です。
 因みに、1999年に遺体が確認されました。


 質問者はニューヨーク・タイムスの記者。
 記者がマロニーに対し「あなたは何故エベレストに登るのか?」との質問を何十回と繰り返した後にマロリーが発した言葉。
 ”そこにそれが有るからだ”

 ここが元でした。
 詰まりは、3のパターン。無作法な記者を切り捨てた言葉だったのです。
 
 一寸スッキリしました。
 しかし、何故この言葉の真意が間違って流布したのか?
 まあ、記者が歪めたのでしょうが・・・・。ホンと、マスコミって奴は・・・。



  しかし、想うのですが、人に質問をする場合には、それなりの礼儀と繊細さを持ちたいですね。もちろん職業記者の方たちには、相手を怒らせ本音を聞きだすなんて手法も有りでしょうが・・・。
 ”私は自分を客観的に見れるんです、あなたとはち違うんです”  ?  なんてね・・・。


 特に相手のプライベートに関する質問は気を使いますよね。
 答える場合にも。

 私もしばしば聞かれます。



 ”何故バーテンダーをしてるのですか?”



 私はこう答える事が多いです。”色々有って一言では言えないです”

 これが本音です。
 ですから、その先は聞かないで下さいね。何度か話しているそのうちに感じていただけると想っておりますので。 

 ますた

スポンサーサイト

タグ :   スポーツ  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2008/12
12
[ #12 ]

首都高

昨日、深夜に首都高を単車で攻めていた連中が共同危険行為の罪で逮捕されたらしいのですが・・。

 ボーソー族扱いですか・・・?

 私も似たような面が有るので何とも言えないのですが、 四輪でなく二輪が狙われたたのは。やはり、社会的に二輪が継子だからですかね。



 でも、捕まっ連中も”群れずに一人でやれよ!単車乗りだろ”等と、ちょっと想ったり・・・。


 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2008/12
21
[ #15 ]

 雑考 3  リカール

 ”リカール”という酒が有ります。
 ピーター・メイル著のエッセイ ”プロヴァンスの12ヶ月”等で紹介されたり致しましたので、ご存知の方も多い酒では無いかと思います。
 私の好きな酒の一つです。



 とはいっても年中飲んでいるといった好きさ加減ではなく、暖かい日にちょっとお洋風の弁当でも持って、太陽の下で食べようかな?等と考えた時に持って行きたい酒です。
 ついでに言えば、その場所が海の存在を意識出来る場所で、手元にペタンクの道具一式が有れば文句なしです。 そんな時に薄めの水割りかソーダ割りで飲りたい、そんな酒です。


 また、私がリカールで思い出すのが今年の五月、パリ・シャルルドゴール空港でのこと、
 ”空港内とはいえフランスの地に足を踏み入れたからにはリカールを飲まなければ立派な酒飲みには成れない!”
 等と、カフェにてリカールを飲んで、しっかりと乗り継ぎの飛行機に乗り遅れてしまった事ですね。
 その時私の頭の中は、水で割ったリカールのごとく真っ白に・・・(成ったかな?)。
 


 更にもう一つ思い出すのは、この酒を1932年に創製したポール・リカール氏が、確か1970年に南仏に造った”ポール・リカール・サーキット”です。
 現地に行ったことは無いのですが、テレビ画面を通してでも感じられる南仏の陽光、美しい縁石の色、F1開催サーキット随一の長さを誇るミストラルストレート<日本でF1がはやった80年代後半で1.6km、それ以前のロングコース時代はなんと約3km>。

 特にF1開催最後の年となった1990年のレースの印象が強いです。
 勝ったのはフェラーリに乗るアラン・プロストですが、二位となったレイトンハウス・マーチ・ジャッドのイヴァン・カペリ。
 1968年にF1にウィングが登場していらい、空力の重要性は年々増すのですが、路面が比較的フラットでストレートが長く、高速コーナーの多いポールリカールの特徴にマッチしたレイトンハウスの車が、非力なエンジン、チーム力等のハンデを乗り越え、空力の優位差のみでトップ争いが出来たレース。
 空力デザイナーという職業に光が当たりエイドリアン・ニューウエイの力が証明されたレース。それを演出した空力サーキットのポールリカール。

 こんな面白く美しいサーキットでのレースがフランス国内政治の力関係で見れなくなったのは、本当に寂しいです。二輪のGPもル・マンに移り今では見れないですし・・・。もし、もう一度見れるのであれば、是非ともリカールの水割り片手にTVの前に陣取りたい私です・・・。

            ちなみにリカール

   ますた
 

タグ :   ヨーロッパ  /    /   スポーツ  /    /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.