FC2ブログ
2009/06
03
[ #50 ]

 雑考 12 林檎

 林檎と言われて先ず想い付くのは・・・、やはりアダムとイブですかね。
 イブが誘惑に負けて口にする禁断の果実、苦悩の始まりの果実・・・。


 またもしかするとそのイメージの基はくギリシャ神話の”イーリアス”のアフロディテの黄金のリンゴ辺りなのかもとも思えますがが、イブが口にする事により更にイメージが強調された気がします。


 またそのイメージ。

 第一に性行為、性的快感のイメージ。リンゴを縦に割った時の姿であったり、アフロディテに起因するもの。 
 次に貨幣、金のイメージ。当時の地中海圏でリンゴが非常に高価で有った事から来るもの。
 そして、知恵、文明のイメージ。


 イブの食べるリンゴにはこれらの暗喩が有るのでしょう。
 女性を狂わせ、世の中を堕落、混乱させる・・・。性、金、知恵(知識)の暗喩。
 まああまり突き詰めると女性陣から反発されそうで怖いですが、非常に興味深い事と想います。



 話は変わって、我々バーの世界でリンゴと言うとやはり”シードル”&”カルバドス”が思い浮びます。

 しかしシードルもカルバドスも確か30年程前までは、ノルマンディー地方の変わった地酒で、コニャック、シャンパ-ニュ等に比べると格下の酒。ある種、際物とも見られていた気がします。
 ”ジョルジュ=シムノン”の小説など読むと、そういう気がしてなりません。


 おそらくこれはカルバドスに限った事では無く、蒸留酒の最高峰はコニャックであるといった意識が当時までは強かったという事でしょう。

 19世紀初頭頃から、グルメ或いはグルマンと言われる人々、或いは動きが活発化し、最高の味、絶対的美味しさを追求していった訳ですが、それが辿り着いたのがフレンチであり、シャンパーニュであり、コニャックとされたのでしょう(もちろん異論も有るでしょうが)。



 しかし戦後、その考え方が少しずつ変わって来た気がします。


 理由は色々有ると思いますが(流通の発達、情報の氾濫、社会の安定、個人主義・・・)、完成された味(調和のとれた)と共に、それぞれの味の個性を楽しめる時代に変わって来たと思います。
 拙店で良く出るウイスキーもそうで、長熟のブレンデッドからシングルモルトへの移行が生まれた気がします。


 グレンフィディックが発売されたのが確か1963年、ジェームス・ボンドがシングルモルトを映画で初めてオーダーしたのが69年。我が国でもバブルと共にモルトブームが始まりました。また、地酒ブームや焼酎ブームも・・・。



 しかし話は変わりますが、このブームって言葉、如何な物か・・・。メディアが作るのでしょうが・・・。シングルモルトが焼酎ブームの二の舞にならない事を祈ります。


 色々とまとまりの無い事を書き殴りましたが限が無いのでこの辺りで・・・。

 そして、拙店も少しですがカルバドスを置いてあります。気が向けばその個性的な味、楽しんでみて下さい。話の続きはその時にでも・・・。

   ますた


 
スポンサーサイト

タグ :    /    /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/06
09
[ #51 ]

 宴会

 先日、7日の日曜日は店をお休みさせていただき拙店のお客様の結婚報告宴会に参加(乱入?)させて頂きました。

 
 私を含め5名での乱入です(ある種予定調和では有ったのですが・・)。


 自分の店では殆ど洋酒ばかりを扱っておりますが、プライベイトでは日本酒を飲むことが多いです。この日も和食店という事も有り、日本酒を飲み倒しておりました。


 飲んだ日本酒、記憶が正しければ・・・。 
 ・ベン天娘(玉栄19BY) ・扶桑鶴(高津川純米生原酒) ・竹鶴(小笹屋20BY生酒&秘伝) ・亀齢(八拾) ・十字旭(改良雄町70純米) ・宝剣(?) ・西条鶴(蔵楽) ・睡龍(瓶燗17BY) といったところです。(細かい記憶が微妙ですが)


 お客様の結婚祝いというより、単なる宴会にしてしまいました。
 新郎新婦のお二人、他の参加者の方々、申し訳ない。
 私、カウンターの外では唯の大酒飲みです。


    飲んだ酒


 明けて8日、宿酔いの頭を抱え、西条駅前振興組合のミーティングに顔出し。
 何故か大酒を飲んだ翌日に限って、用事が入る私です。

   ますた

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/06
14
[ #52 ]

 ラムセミナー In 福岡

 11日の木曜日、ホテル日航福岡で開催された”フレンチ クレオール ラム テイスティング&セミナー”に顔を出して来ました。

 2度目の参加です。
 わざわざ福岡まで?と言われそうですが、行ってきました。


 セミナーは”サンテティエンヌ”と”ネイソン”の2蒸留所の物を聞き(前回はトロワリビエール&ラマニーとSt.ジェームス、J、・バリー&デパスそれとダモワゾーを聞きました)、試飲は沢山・・・。
 楽しませていただきました。特に今回は”ラム・ブラン”の出品が多く嬉しかったです。



 ”フレンチ クレオール ラム”とはマルティニック島周辺のフランス海外県で造られるAOCラムで、同じく島物の”アイラモルト”と比較される事も有りますが、ラムの場合ラム・ブランが楽しめるのが良いですね、寝かしていないウイスキー原酒はいかにも未完成で(もちろんそれはそれで興味深いですが)楽しむって感じでは無いですものね。各蒸留所のブランの飲み比べでハウススタイルが比較し易いですし、ブランと樽熟成物の比較も興味深いです。


 ただ、空腹でのラムの多量試飲は応えます。
 ソムリエの方々のお話では、ハードリカーのテイスティングは1mlを基本とすべきとの事で、また飲み込まず吐き出すのが良いとされますが、私は吐き出すのが苦手でついつい飲み込んでしまうため・・・、応えます。根が酒飲みな物で・・・。



 サンテティエンヌ フォルニエール氏  ネイソン蒸留所ブース  会場



 このセミナー色々参考、刺激になりました。内容を頭の中で整理しなおし、仕事に生かせればと考えております。

 ますた


 

タグ :    /   店・仕事  /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/06
17
[ #53 ]

 ラム・パンチ

 今日は先日のラム・セミナーで聞いたSCHRUBB(シュラブ)を漬けてみました。
 SCHRUBBとはラム・パンチ(漬けラム)の一種で、ラムブランにオレンジの果皮をつけたものです。

 
 
 ベースはグアダループ島産のアグリコールラム、”ダモワゾー・ブラン”にしました。
 オレンジの量は勘頼り、ちょっと多すぎたかも知れません・・・。まあ、初めてなので・・・。

 恐らくお盆頃には飲み頃になると思うので、味見をしつつタイミングを見て果皮を引き上げたいと思っております。  


          漬けラム


 ますた

タグ :    /

店絡み・酒絡みCM(2)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/06
20
[ #55 ]

 雑考 13   瞽女(ごぜ)

 瞽女を端的に言えば、盲目の女性遊行芸人となるのでしょうね。

 そうしてまた瞽女という言葉には、どうしても”悲しみ、悲壮、苦しみ、被差別・・・”といったイメージが付いて回る気がします。
 斉藤真一氏の画などを観ても(他、水上勉の小説等)そのイメージを強く感じます。
 勿論、それを否定する気は全く無いのですが、他方彼女たち、その職業に誇りと喜びを感じていた面も有るのでは無いか?等とも思ってしまいます。




 盲目である事は当然それだけで大変な苦悩でしょうが、そのことによって研ぎ澄まされた他の感覚、特に聴覚により芸能を極め(瞽女って・ゴゼとは読み辛いですよね、もしかしたら”御前”辺りが語源かもしれない等と思ってしまいます。高級遊女を太夫と言う如く・・・芸能民の系譜を考えてみたくなります)、その技術により他者を喜ばせる事により口を汚させていただく。
 これってある種、生きる事の原点の様な気がします。
 自分の能力、技術を喜んでくれる他者、必要としてくれる他者の存在を感じれる事、すなわち己の存在を承認される事はやはり喜びではないでしょうか。


 もちろん差別される事の苦しみも多いでしょうが・・・。
 とくに彼女たち、盲目である事、女性である事、遊行民であること、芸能民である事等で、2重3重の差別を受けていた面が有るでしょう。しかしそれと同時に、それに拠り彼女たちの職業が守られていた面もあるのではと私などは考えてしまいます。少なくとも江戸中期までは・・・。


 江戸時代、江戸の町に貨幣経済が定着するまでは・・・(昔、日本史で庶民文化が花開いたのは元禄で、それを元禄文化、そして爛熟した化政文化と習った気がしますが、私は吉宗の享保の改革終了後に花開いたのでは・・・等もと思っていたり・・・)。

 貨幣経済、或いは都市文化が花開き、芸能に対する差別意識が減り、一般庶民が三味線を習ったりし始め、そこから芸者などが誕生し、健常者の芸人が増えることにより、瞽女も段々と都市部から駆逐される。
 元々日本の差別の多くは、律令制(農本主義)の導入とともに定着したのでしょうが、都市部から駆逐された瞽女たちは農本主義(それは有る面自然と調和して生きる)的空気の残る地域で生き残ったのも、皮肉と言うか当然というか・・・。


 それも明治維新以降の西洋文明的戸籍制度の導入(これによりサンカ等の新たな被差別民も生まれた気もします)、戦後のプロテスタンティズム(アメリカ文明)の普及で消え去っていったのでしょう。


 差別制度を安直に肯定する気はサラサラ無いですが、それによりバランスの取れていた面も否定出来ないのでは?等とも想います。少なくとも保護の名の下に、居留地に押し込まれ生きる誇りを奪われつつある多くの先住民より江戸時代の庶民、或いは被差別民の方が幸福なのでは?等と想ったりします。

 水商売と言うある面底辺の人間の戯言と思って聞き流して頂ければ幸いです。


  ますた


タグ :   歴史  /   日本文化  /   音楽  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/06
24
[ #58 ]

 腰痛

 実は4月の上旬から腰の痛みに苦しんでおりました。

 元々20歳頃から無理をすると腰に来る事が多かった私。
 考えられる要因はそれこそ星の数ほど。
 過去の度重なるオートバイでの転倒、それ以上に多いスキーとスノーボードでの転倒、マリンスポーツ、自動車事故。毎日の立ち仕事、後天性年齢過多・・(早い話歳)、無理なトレーニング、疲労、飲みすぎ、等々・・・。


今まではエアロビクスダンスで筋肉を暖めてからじっくりとストレッチで筋肉を伸ばし、予防的に筋トレ。で、改善していたのですがこのたびは、エアロビクスダンスをする→左のハムストリングスが張る→ストレッチもままならない、といった状況に陥りもがいておりまして、カウンターの中に立っている事すら辛く。
 で、先週、お客様に勧められた面も有り初めて整体に行きました。


 劇的に痛みが無くなった訳では無かったのですが、その日の夜カウンター内に立つと・・・。
 あれ?腰が楽!
 ハムストリングスの張りも、腰の鈍痛も無くなった訳では無いのですが、少し楽に成りました。たまには整体も良いかも。


 勧めて下さったNinjya様にちょっと感謝です。

   ますた
 

タグ :   スポーツ  /

つぶやきCM(2)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.