FC2ブログ
2009/10
03
[ #92 ]

 雑考 20  フラメンコ

 何年か前にマドリードで、フラメンコを鑑賞た事が有ります。

 

 そこで私が感じた事、あるいは私の心に浮かんだのは”死”のイメージ・・・。
 といいますか、我々はいつか死を迎えるといった定め、運命といった様なもの・・・。特に、最後にあった男性のソロダンスに強く感じた覚えが有ります。また、女性の踊りにも(死と、生きる喜びを・・・)。 


  P1010075.jpg  P1010078.jpg  P1010080.jpg
  


 そういえばスペインの国技、”闘牛”にも明らかに死のイメージが付いて廻る気がしますし(残念乍、闘牛は未だ生で見る機会に恵まれません・・・)、またスペインで人気の2輪のレース(これは少々齧った事があります)にも死と危険の香りが付きまとっている気がします。


 特に闘牛はA・ヘミングウェイの闘牛士を読んでも、G・バタイユの眼球譚にしても、あきらかに死の存在を感じさせる気がします。また逃れられない死が在るからこその生の喜び、生への感謝といったものを闘牛とかフラメンコには感じます。



 しかしその闘牛も最近では動物愛護団体等の抗議などにより、開催が減っているとか・・・。



 彼らの言い分としては”闘牛は残酷である”という事なのでしょうが、元々人間なんて他の生き物の生命を奪わなければ生きていけない残酷な存在でしょう。或は”死”を大衆の前で行う行為が残酷だと言うのかも知れませんが、本来生き物とは死の運命からは逃れられない存在で、いくら見ない振りをしてもいつかは訪れるものなのですがね。


 恐らく近代とは、自我の確立を求められる時代なのでしょうが、自我の壁が高くなれば成る程死の恐怖なり、それに類するものを個人で引き受けざるを得ない時代ともいえると想います。そしてその現実を受け止めきれない人間は、死の香りとか、老いの香りとか、病の香りを遠ざけようと(観ないようにしようと)するのでしょう。恐らく、それが、現代の健康ブームとかのヒステリックな対応に顕れているのでしょうが、いかがなものかと・・・。
 いくら見ない振りをしても死はいつか訪れる訳で、だからこそ生きている今が喜べる・・・。というのが闘牛なりフラメンコの表現ではないかと想うのです。自分が見たくないからといって、それらを攻撃されてもね・・・。


 相変わらず、つまらないことを書きなぐってしまいましたが、機会があれば生で、フラメンコや闘牛を見てみたい私です。それまで、スペイン様、頑張って闘牛(国技)を守ってね・・・。


 ますた
 
スポンサーサイト

タグ :   ヨーロッパ  /   ダンス  /    /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/10
07
[ #94 ]

 サハラに賭けた青春  上温湯隆

   

         画像 337
 

  サハラに賭けた青春   上温湯隆   1975・11  時事通信社 
  ジャンル  旅行記



 かなり古くてボロボロになっていますが、お気に入りの本の一つです。


 著者、上温湯隆が1970年2月、17歳で東京を発ち、2年余りの歳月を掛け世界をめぐった手記(を元に書かれたもの)で、我が国のバックパッカー本の嚆矢とも言える本では無いかと思っています。


 今でこそ巷には各種バックパッカーの手記であったり、体験記であったりが溢れていますが、著者の年齢と1970年という時期を考えると、その行動力には驚くべきものがある気がします(日本人の海外旅行自由化は1966年)。

 文章自体は彼の日記殆どそのままなので拙さが無い訳ではありませんが、その分臨場感もあり好感が持てる気がしますし、昨今の同種の本よりは落ち着きを感じさせる文章だとも思います。

 私自身は海外を放浪するような事はしておりませんが、それでも著者の気持ちが伝わる気がする本です。

 因みにその後、彼は2度目のアフリカ旅行の最中に命を落とす事と成ります。その手記は姉妹編の「サハラに死す」となっています。
 

  ますた
 

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/10
17
[ #97 ]

 江戸の悪霊祓い師(エクソシスト)  高田衛

      

           江戸の悪霊祓い師


 江戸の悪霊祓い師   高田衛   1991・01  筑摩書房
 ジャンル  日本文化 江戸文化



 歌舞伎、落語、浄瑠璃等で有名な”怪談累ヶ淵”、それの元になった羽生村事件、そして祐天和尚を通して日本文化、日本人の心理に迫ろうとした本です。


 三部構成に成っておりまして、第一部が羽生村事件を記し怪談累ヶ淵の元ともなった、元禄3年開版の”死霊解脱物語聞書”の現代語訳並びに解説なのですが、此処だけでも読む価値有りと想わせます。
 ”累”後に”助”に憑依された”菊”の姿。またそれを除霊する祐天の姿が生き生きと描写されていて、ちょっと凄いのです。
 このまま出来るだけリアルに、かつシンプルに映画化されれば米ホラー映画の名作”エクソシスト”以上の迫力と成る事必定と思わせる程です。


 第二部は、祐天を中心に彼を取り巻く当時の幕府(特に大奥)の考えで有るとか、浄土教団の態度等から、当時の世相等を読み解くといった内容で、これはこれで非常に興味深く読めます。


 第三部は、芝居となった”怪談累ヶ淵”の成立過程から日本人の心理、水辺、河原、因果といった物を読み解く、といった構成です。


 読みやすい本とは言いませんが、江戸好き、怪談好き、芝居好きの方にはお勧めです。読み辛ければ第一部だけでもお勧めですよ。


  ますた 


 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/10
18
[ #98 ]

奥出雲辺り

 今朝、朝食を食べ外に出ると結構良い天気。たまには一人で走ってみるか・・・?という事でバイクを車庫から引っ張り出し・・・(10時半?)。
 
 さて、どこへ向かおうか・・・。っと、その前に燃料の残量が・・・。
 で、自宅から5㎞程西に在るGSへ・・・。

 タンクを満たして、さあどっちへ向かう・・・。
 暖かそうだし北へでも走るかな?
 ・・・で、375を北に向かう事に(日曜日の375は流れが遅いんだけど、まあいいか・・・と)。


 まずは庄原市内のコンビニまで走り(11時半着)、トイレ休憩&ストレッチ。


 そこから432を更に北へ、私のお気に入り可部屋集成館(桜井家)まで気合を入れて・・・(12時10分着)。
 紅葉には未だ早過ぎた様ですが(10日位?)周辺を散歩し、蕎麦(水車挽き十割)で軽めの昼食。


   画像 376   画像 378



 しばらくまったりした後、吉田まで走り街並み、田辺家土蔵群等を散策。

 街並みは慶応年間の大火で消失したらしくそれ程古い物は無いですが、土蔵群は一見の価値有りかな?
 昔の良い(地域に愛された)領主の存在を想わせられます・・・。


          田辺家土蔵群


 その後は、掛合で54号に出た後、辻村寿三郎人形展を観る為三次まで走行(14時40分着)。
 丁度秋祭りの最中、寿三郎展と併せ楽しませていただき(辻村寿三郎の人形はかなりの迫力、かつ怪しさ・・・)、 造り酒屋を使ったカフェで一服。



 江戸期の本うだつ 三次と言えば、巫女? この造り酒屋の1Fにカフェが



 で、暗くなる前に帰宅。



 日が陰ると寒さが応えるもので・・・・。


 ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/10
23
[ #100 ]

 雑考21  コブシメ

  ”コブシメ” 
 早い話が烏賊なのですが、沖縄辺りの海に潜っているとしばしば見かけます。まあ那覇の公設市場の魚屋さんとか、和食屋さんの冷蔵ケースの中でも見かける気もしますが・・・。

 

 生物学的には”軟体動物門 頭足網 十腕目 コウイカ科 コブシメ” に成るのですかね? 因みに私なんぞは ”脊椎動物門 哺乳網 霊長目 人科 ホモサピエンス” ですかね?
 こうして書くと大して違わない様な・・・。


 閑話休題、ダイビングの観察対象としては結構人気の有る生物だと思います。
 その人気の理由を考えてみますと、先ず目の大きさに有るのでは?等と思ってしまいます。

 人間にとって最も興味の対象となる生物は、やはり同じ人間で(他の生物も恐らく同種の個体)でしょう。特に目を中心とした顔の表情が最も気になる物では無いかと思われます。白い壁等に三角形に黒い点を配すと、つい人の顔と錯覚したくなるのもその為でしょうし、猫がペットとして人気なのも二つの目が正面に並んで配されている事が、理由の一つだと想います。


 コブシメの場合、目が並んで付いている訳では無いですが、体の大きさに対する目の大きさが絶妙なのでは無いかと想う訳でして・・・。それに加えてあの丸味を帯びた体型。さらにゆっくりとした動き。これらはある面、哺乳動物の授乳期の特徴と合致するのではないか?と想います。それゆえ人々、特に女性に対し本能的に訴えかけるのではないでしょうか・・・?子猫に接した多くの女性が”キャ~!カワイイ!”と言うのと同じ心理ではないかと・・・。

 私も何度か水中で”コブシメ”と出くわした事が有ります。男なので”キャ~!カワイイ!”等とは叫びませんが(レギュも咥えてますし・・・)。


 ただ、以前座間味辺りで”コブシメ”の産卵に出くわした時には・・・、


     渡嘉敷島 野崎北 水深10m 



 なんとなく、”コブシメ”が恥ずかしそうにしている気がしてなりませんでした。明らかに、私の錯覚、思い込みでしょうが・・・。


 ますた


 

タグ :   スポーツ  /    /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2009/10
29
[ #104 ]

 神無き月十番目の夜  飯島和一

        

  神無し月十番目の夜


 神無し月十番目の夜   飯島和一   1997・6  河出書房新社
 ジャンル  歴史・時代小説



 読み始めは少し入り辛いのですが、読むほどに引き込まれる本です。

 ストーリーは、小生瀬村(現在の茨城県北部、大子町辺り)を舞台に、関が原の合戦の後の大名の移封に伴って起きた惨劇を書いた物です。

 それ故に戦国武将物や幕末の英雄譚の様な爽快感は無いですが、私としては色々な面で記興味深く読め、また考えさせてくれるお気に入りの小説です。


 どの辺りが面白いかといえば・・・、
 鎌倉武士辺りから言われ始めた”一所懸命”と言う武士の生き方。この一所とは、単なる土地ではなく、その土地に長年暮らす人々、またその人々が暮らす事に因って生まれた”しきたり”で有るとか、慣習・習慣であるとか、思いであるとか、歴史、文化・・・、それらを全てを含め守る。これが武士、と言うより郷侍の一所懸命であると思わせてくれる事かも知れません。


 そしてその地域性を破壊するのが、天下統一(それはグローバリズムと言っても良いかも)の一つの面で有る事を感じさせて呉れます(秦の中国統一にしろ、ローマにしろ、19世紀以降の市場経済主義にしろ、その反動のマルクス主義にしろ、一つの価値基準で地域のしきたりなり文化を判断し押しつぶす行為が、もしかすると人類の歴史の正体かも知れません)。


 それ以外にも農業・民俗等の事等が上手く盛り込まれてあり、ジャンルを超えてお気に入りの本です。
 またこの著者、この作品以外でも個人的には外れの無い作家です。
 

  ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.