FC2ブログ
2010/07
03
[ #188 ]

 雑考37  昔話し

 昔話や民話、といった物も興味を惹かれる対象です。


  
 昔話や民話、その多くは実際にあった出来事が元になっているのでは無いかと想うのですが、それらが現在に至る間、口伝により伝わっていく間に、色々な物がそぎ落とされたり或いは付け加えられたりして来たであろう事、そこに魅力を感じるのかも知れません。

 付け加えられたものは宗教的訓話であったり、ある種の処世術であったり、生きるための知恵であったり、禁忌であったり、慣習、習慣に基づいたお約束で有ったりするのでしょうが、それらは語り手、聞き手等の共通無意識、或いは共同幻想という物の洗礼を受けている様に想われます。
 またそれらの行為はある種の熟成と呼んで良いのかも知れません。
 この時間による熟成を経た味わいに魅力を感じるのです。
 酒に例えると日本酒の古酒の様な物かも知れません。
 (だとすると、西洋の民話はワインの古酒の味わい・・・・・?)


 勿論、現実に私が接する事が出来るのは活字という形態になった物。実際に口伝、語りといった形態で接する事はかなわないので、それらはある種、すでに熟成を停止した物なのでしょうが・・・。


 では今の時代に口伝による民話、昔話に近いものと言うと・・・・(或いは、生きている語り物というと)。
 やはり落語、講談、浪花節、浪曲・・・等。といった話芸が近いのでしょうかね・・・?
 民謡や琵琶法師の語り(平家物語等)、鼓女唄等も近いかも知れません・・・。
 この辺りの区別は難しい気もしますが・・・。


 また”物語”は元々あの世の”物”の語りであったという説もありますし・・・、そうなるとイタコやユタの口寄せ・・・?
 どちらにしろこの辺り、文字が発明される以前の村の記憶、知恵等を物語、話として伝え。またそれに節や伴奏等が付いて唄になり、近代ではそれが歌に変わったのでしょうから、基は一緒といっても良いのかも知れません。


 相変わらず、話が脱線してしまいましたが、私等が接する活字となった民話や昔話。
 活字好きの私としてはこれはこれで十分に味わえます(ある種、瓶詰めされた古酒の味わいか?)。
 ただ日本の物にしても西洋の物にしても、収集者、編纂編集者の取捨選択と言うフィルターが掛っているのも事実。


 具体的にいえば性的な表現が排除されている事等。
 これは柳田国男の遠野物語にしても、グリム童話にしてもそうですよね。
 これに関しては母親が子供に読み聞かせをする場合に不都合であったから・・・。という説も有りますが、私としてはやはりキリスト教の性愛観の影響が強いのでは・・?と感じます。

 現に江戸時代以前に語られていた物には、性的な表現が溢れていた様ですから・・・。


 江戸末期に日本を訪れた西洋人が、混浴の銭湯等を見て”はしたない”と感じた感覚が、民話から性的表現を駆逐したのでしょう・・・。


 脱線ついでに・・・。
 売春行為に対する潔癖ともいえる禁忌のイメージ(別に売春を奨励する気は有りませんので悪しからず)もこの辺りが基かも知れませんね。
 元来、性は聖なるもの、これに貨幣という俗なる(汚れた)ものがへばり付く事が問題で(少なくとも中世以前までは貨幣=汚れの意識は強くあったはずです)、これがいつの間にか性=汚れに摺りかえられてしまった気がします。
 プロテスタントイズムですかね・・・。


 それはそれとして語り継がれてきた民話に含まれる知恵と言うもの。下手な教育理念なんかよりは、はるかに精神の成長面に効果が有る気がします。だってそれは人間の無意識に合致するものですから、あるいはそうしたものが残って来たのでしょうから・・。


 そうした面では、こうしたものが語られなくなってしまった現代が、荒むできたのもせん無い事とも想います。


 どちらにしろ法律(ルール)で縛らなければならない世の中よりも、お約束(掟)で上手く廻る世の中の方が、自然で幸せな気がします。
 昔話や民話に触れるとそういった事を想います。
 自分の中にあるある種の無意識に違和感を覚えない事が魅力なのかも知れません。

 相変わらずの乱文です。

スポンサーサイト

タグ :   日本文化  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
05
[ #189 ]

尾道

 昨日、今日の天気予報では雨だったのですが目覚めてみると日差しが・・・。
 また、前日までの雨とこの日差しによりまとわり付く様な湿気。気温も上がりそう・・・。
 こうした時に家に籠っているのも辛いのでバイクを引っ張り出す事に・・・。たまには跨ってやらないと機嫌がネって。
 

 相も変わらず当ても無く家を出・・・。
 気温、湿度、共に高いせいか、いま一つエンジンの付き、吹き共に悪い気が・・・。
 インジェクション車だと違うのかも知れないが、こちらは古いキャブ車・・・。仕方ないか・・・。


 閑話休題、バイクを止めたのは尾道。
 何年ぶりでしょう。近所の割りに最近訪れていませんでした。
 商店街をぶらつきながら向かったのは久保町辺り。ここも昔は色町だった場所。古い地図には、仲之町とか新町とか、それらしい地名も記されていた筈です。
 今は寂れた飲み屋街ですが、入り組んだ路地等に昔が偲ばれます。
 まあ尾道市全域、路地ばかりといっても良いのですが・・・。
 

 しかしこうした再開発をされていない街は落ち着きます。
 私がまだ子供であった昭和40年代、或いはそれ以前の空気を感じます。更に尾道は港町らしく潮の香り、海産物の香りが嬉しいです。路地に猫の姿が多いのも港町らしく・・・。
 まあ住んでいらっしゃる方々には苦労も多いのかも知れませんが・・・。


 しかしTVや折込では相変わらず新築マンションの宣伝や情報。
 新しく作らなければ景気が悪くなるからか止めれないのでしょうが、大都市に乱立する数え切れない位の高層マンション、そこに住む人々は何処から来たのでしょうね・・・(いわゆるニュータウンにしても)。
 やはり田舎からでしょう・・・。
 そうして一方では、地方の過疎問題を言ってみたり・・・。まあマスコミってそんな物でしょうが・・・。


 どちらにしても古い街並みが好きですね。それも出来ればあまり観光地化されてない街並みが。
 いずれ消え行く風景でしょうが・・・(特に旧色町、旧い歓楽街等・・・)。
 


 帰りには糸崎にも立ち寄り。
 ここは竹原市の高崎地区同様、旧い歴史にも登場する湊(長井の浦)。昭和初期は色町も在った場所。一寸、笠岡にも似た感じを受けました。


     尾道の路地にて   猫   休業中の同業者? 糸崎

 

 相変わらずの行動パターンの私です。
  

タグ :   街並み  /   バイク  /    /   遊郭色町  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
08
[ #190 ]

 広島市現代美術館

 昨日は、広島市内の広島市現代美術館に出かけてきました。

 展示は「”HEAVEN”都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン」。
 写真展です。



 この美術館は私にお気に入りの場所の一つ。街中に在りながら比治山公園という緑豊かな場所の上にある故か、都会の喧騒から遮られた静かな場所となってます。建物自体も美しく、たまに出かけたくなる場所です。

 美術館東側にあるショッピングセンターに車を止め、スカイウォークと呼ばれる長いエスカレーターで美術館へ。このスカイウォーク、一時期問題になった施設ですが利便性が良く助かります。


 閑話休題、展示内容、面白かったですね。
 色々の位相(切り口?視点?)の展示が在りましたが、私が全体を通して感じたのは・・・1980年前後(或いは、80年代初頭)の空気の様なものですかね・・・。

 恐らくはこの写真家さんの視点がそうなのでしょう・・・。


 ある種の真面目さ、暗さ、高度成長、70年安保・・・・の1970年前後と、バブルの貨幣至上主義、軽薄さ、残酷さ・・・の1990年前後。その間の時代の空気、視点といった印象が強かったですね。

そしてもう一つ感じたのは・・・、本来の意味から離れ勝手に増殖を始めた 「こだわり」 。
 或いはその異様さや違和感の様な物。
 例えば、極楽鳥の様な派手な鳥の飾り羽の如く・・・(あるいはライオンの鬣の如く)。
 

 作家自体が80年代の空気を作り出した、或いはリードした中心人物の一人なのでしょうが・・・。
 私としては何となく懐かしい様な、恥ずかしい様な・・・。80年代のサブカル、ポップ、ガジェット・・・・。
 また同時に、今。2010年代初頭の空気との近似性・・・・。


 私の主観的見方でしか在りませんが・・・、楽しめました。


           スカイウォーク     展示室


Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
11
[ #192 ]

今年のシュラブ

 今年のシュラブ(オレンジピールの漬けラム)を瓶に移し換えました。

 昨年より漬ける期間を少々短くしてみました。
 店ではフリーザーの中に転がしておく心算です。
 興味があればオーダーしてみて下さい。


         シュラブ2010

 

タグ :    /   店・仕事  /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
14
[ #193 ]

 ウイスキー博物館  監修=梅棹忠夫・開高建

      

     ウイスキー博物館


 ウイスキー博物館  監修=梅棹忠夫・開高建  1979・05  講談社
 ジャンル  ウイスキー



 著名な民俗学者つい先日亡くなられた梅棹忠夫氏と、写真家で作家の開高建氏、両氏の監修によるウイスキーの本です。
 出版が1979年。


 確かサントリーのシングルモルトウイスキー(当時はピュアモルトと呼んでいた筈)山崎が発売されたのが、1984年。
 我が国にシングルモルトが普及、定着するのはこの後の事なので、この本が出版された時点では我が国においては未だシングルモルトの認知度も低く、当然モルトブームも起こってない時です。
 拠ってこの本も、最近のウイスキーの解説書等の様にシングルモルトのカタログ的内容ではありません。


 ではどのような内容であるのか・・・。


 序章を除いて3部構成となっております。


 第一部は、”ウイスキー・歴史との対話”。
 ウイスキー誕生の歴史。そして経済学、社会学的面からのウイスキーという物の位置付け、及びウイスキーの文化・文明における面に対する座談会となっております。


 第二部は、”ウイスキー・誕生との対話”。
 ウイスキーの製造過程等の技術的な解説が主体です。他、酔いに対する科学的アプローチ、テイスティングに関する事等。


 第三部は、”ウイスキー・人間との対話”。
 ウイスキーの風俗史、及びウイスキーをテーマとするエッセ等、ウイスキーを飲むという行為に対する意味付けをしている気がします。


 全体として、ウイスキーという存在に対し多方面からアプローチをしている本で、ウイスキー(を飲む行為)に対する愛情にあふれた本です。
 私としては、特に第三部がお気に入り。



 バブル以降のこの手の本、全体的にカタログ的になった気がしますし、また確かに情報は多いのですが、それらの情報を掲載する事の意味付けといった意味で、少々物足りなさを感じる気もしています。

 この本は確かに旧い本ですが、出された時代に拠るものなのかも知れませんが、ウイスキーを飲む行為、或いはウイスキーと人間の関わりといった視点を持った本の様に想え、嬉しいです。
 監修が梅棹忠夫氏・開高建氏と言うのもいいですね。まあそれ故こうした民俗学的、文学的、文化人類学的な香りのある本になっているのでしょう。


 また、今日から見れば旧い写真等も多く掲載され、その辺りも私のお気に入りの理由のひとつです。
 

ますた

 

タグ :    /

マスターの本棚からCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
17
[ #195 ]

 雑考38  島

 海の近くで生まれ育った所為か、島(離島)という存在に惹かれます。
 物心が付いて以降、ほぼ毎年何処かの島に行っていた様に想います。


 何故このように私が島という場所に惹かれるのか・・・・。

 考えてみますと、どうやらそれは”広い”から・・・。あるいは、広さを感じるから・・。
 といった理由である様な気がします。

 こう書きますと”え!島って狭いじゃないですか・・・?”等と言われそうですが、私としてはやはりそこに広さを感じてしまうのです。



 そもそも人間が感じる”広さ”とは何か?あるいは広さ狭さを感じる状況、システムとは何なのか?
 当然それは、外的状況を五感で認識し、その情報を脳が処理して判断するのでしょう。
 特に視覚や聴覚、そして脳の働き(意識、無意識等々)。

 そうした事を考えますと、島に居て周りを見回した場合そこには他者の存在しない、或いは存在の希薄な”海”という空間が目に入ります。つまり”他者”(身内で無い人、他人)の存在しない空間を感じる事が出来る、あるいはそうした広い空間を視覚的に捕らえられる事が出来る、実感が出来る。故に島は広く感じるのでは無いかと想う訳です。


 では砂漠の真ん中に行けば、もっと広さを感じれるのでは無いですか?等と突っ込まれそうですが・・・。
 確かにそうでしょう。しかしながら、砂漠の真ん中、滞在、生活できないですよね・・・。
 では本土でも良いから、海岸沿いに居れば良いじゃないですか?とも言われそうです・・・。

 しかしそれではダメなのです。


 何故か・・・・・?
 恐らくそれは、他者からの距離という事になるのでしょう。



 以前、石垣の某バーで飲んでいた時にそこのバーテンダーさんとこんな会話をした覚えがあります。


 私 「石垣島の個性とか、色って、他の島と比べてドウなのでしょう?」
 バ 「いくつか有りますが、今となっては他の島と余り変わらないですよ・・・」
 私 「それは、どういった理由でですか?」
 バ 「石垣が石垣らしかったのは、バブルが始まるまででしたね・・・」
 私 「バブル時、どんな変化があったのですか?」
 バ 「その頃から、島でも民放テレビが映るようになったのです」
 私 「それほど、劇的に変わりましたか?」
 バ 「そうですね、先ず若い子達の服装がすぐに変わりました。それまでは若者向けの(特に商業的な) 情報は、那覇から船で来てたのです。それが民放TVが放送れる様になり、東京直結になりました、それで全てが変わり始めた様に想います」


 ここで私が何を言いたいかと言うと、他者が多く存在する場所(文明、都会)からの距離の問題なのです。
 文明の中心地(東京)からの移動距離、情報距離。
 これが、重要な気がします。

 情報に関しては、今となってはTVやネット等が在るので、これに自分がアクセスするかどうかが重要な気がしますが・・・。

 私自身離島に遊びにいく場合、当然の事乍TVもPCも持参しませんし。それに離島には、おおむねそうした物、情報に深くコミットしてる方も少ないですから・・・。
 そこで情報的距離がとれる。これも島に広さを感じる理由。

 更に、移動距離。
 東京から最も移動時間の掛る、生活できる場所。これはやはり空港のない離島ではないでしょうか?定期航路すら無ければさらに・・・。つまり都会からの時間距離、これも離島が広さを感じさせてくれる理由の様なきがします・・・。
 この二つの理由に拠り、”本土の海岸沿い”と”島”とはやはり異なる気がするのです。



 少し話の方向を変えますが。
 ここで書いたように他者(都会)との時間距離、情報距離により、人間が空間の広さを認識しているといった考えかたが間違いでは無いのであれば・・・・。
 現代の日本。余りに狭くなっているのでは?あるいは、人々が狭く認識しているのでは・・・?と想えます。


 例えば元禄時代の赤穂事件で、浅野内匠頭切腹の報を伝える為に江戸から赤穂にとんだ浅野藩の武士は、この移動に4日掛りました(通常では17日の行程)、これは当時としては限界の早さでしょう。
 今日東京から4日あれば、恐らくは地球の裏側まで行って帰ってこれそうです。
 情報であれば更に・・・・。地球の裏側までも一瞬かも知れません。

 江戸時代の日本より、今の世界は遥かに狭い! と、いえるかも知れません。更に人口の増加。情報量の増大・・・。
 現代のこの国に住んでいる人々は狭さを(意識的、無意識的に)感じている、認知しているのかも知れません。


 では哺乳類が狭さを感じた場合(限られた空間で、数が増えすぎた場合)動物の行動にどういった変化が起こるのか・・・?

 レミングは集団自殺するといわれています・・・(どうやらこれは誤った情報の様ですが)。
 実際には出生率の低下(妊娠した胎児が、再度体内に吸収される)(或いは、妊娠率の低下)(または、性的中性化)。大体はこれで、個体数の調整をしようとする。
 勿論、餓えによる死亡率の増加もあるでしょうが・・・。
 では更に個体密度が増えた場合・・・。
 例えば、檻等の中に多くの個体を入れた場合等・・・。
 この場合は自分より弱い個体を攻撃する行動が現れる(鶏等でも、証明されているそうです)。そうして、最も弱い個体から、いじめ殺されていく・・・。

 もしこれらの事が人間にも当てはまるのであれば・・・。(恐らく、当てはまるのでは・・・?)(人間も動物としての共通無意識、脳の旧い部分の命令はあるように思われます・・。)(日本で最も出生率が高い市町村は、確か徳之島。低い都道府県は東京都だった様な・・・。)
 対処療法的、少子化対策の効果も疑問におもえます。また、いじめに関する問題も・・・・。



 相も変わらず話が走り幅跳びしてしまいましたが・・・・。何はとまれ、今年も出来れば離島に行って海を眺めてみたいと想います。

タグ :    /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
20
[ #196 ]

 海遊び

 昨日は海の日という事で、海遊びに。
 昔は暇さえあれば海に行っていた記憶が有るのですが、店を始めてからは少なくなっています。
 あるいは歳のせいかも・・・。



 しかし海に出るの気持ち良いですね・・・。

 行った場所は、山口県の某離島及びその周辺。
 釣りをしたり、潜ったり・・・。


      画像 586     画像 594    画像 589


 今年初の海遊び、日焼けが痛いです。
 


  追記。

 ただこの離島、現在では人口50名程度、平均年齢も70歳前後の筈。過疎の現状を考えると、楽しかっただけではすまない気持ちもあります・・・。

タグ :    /

日記・・・の様な物CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
24
[ #197 ]

 鈴木いずみプレミアム・コレクション  鈴木いずみ

    

     鈴木いずみプレミアム・コレクション


 鈴木いずみプレミアム・コレクション  鈴木いずみ  2006・03
 ジャンル SF小説&エッセイ



 鈴木いずみ氏のSF小説集&エッセイ集です。


 実は私、若い頃はSF小説が少々苦手でした。
 その理由ですが・・・。
 恐らくは、古臭く感じてしまうから・・・だった様に想います。


 未来を描いているのに古臭く感じる・・・?一寸不思議なのですが事実そうでした。特にSFの”S”の部分(Science)が前面に出ている小説に古さ(或いは、賞味期限の短さ)を感じ敬遠していた様に想います。
 (例えば古いSF映画や小説で、車が空を飛んでいるにも関わらず街中に公衆電話が沢山あったり・・・、或いはロケットや宇宙船が余りに陳腐だったり・・・。コンピューターの記憶媒体がオープンリールだったり等々・・・)
 (尤もアルベール=ロビダの「第20世紀」等は、そこに魅力や書かれた当時の時代観を感じて楽しい気もしますが・・・)


 しかし何時頃からか、SF小説も少しは読んだりするようになりました。この本はそうしたSFの一冊です。



 元来、全ての小説はフィクションであり、そのフィクションという手法において何かを表現するといった物だと想うのですが・・・。
 またそれ故、(フィクションである故)舞台背景にはリアルさが求められる。またそうでないと、簡単に陳腐に堕してしまう・・・。

 これはら歴史小説、時代小説、現代小説、SF、いずれもそうでしょう・・・。
 それはまた同時に、その舞台背景自体に小説が縛られる事になるとも言える気がします。
 この舞台背景から来る束縛を嫌い、あえて舞台を未来や何処でもない場所、時代に設定したそうした小説。こうしたSF小説は古くなり難いし、また魅力に想えます。
 この本に掲載されたSF小説群、そうした雰囲気に溢れています。


 前置きが長くなりましたが実はこの本、SFとかエッセイという以前に”鈴木いずみ”の本という印象です。


 ”鈴木いずみ”といっても若い方には判らないかも知れませんが・・・・。
 モデルであり、舞台俳優であり、作家であり、ポルノ女優であり、戯曲家であり、タレントであり、阿部薫(当時、天才といわれたアルトサックスプレイヤー)の妻であり・・・・。
 そうした、ある意味70年代から80年代初頭の時代を体現する女性といってもよいかも知れません。
 そうした、女性です。


 何とはなくですがここ数年、若い女性たちのファッション等が70年代後半の雰囲気に似てきている気がしています。あるいはその要素を取り入れているとも?
 また時代の雰囲気等も・・・。
 もしかすると狂乱のバブルが終わり、それ以前の時代に回帰しているのか・・・。
 この本の表紙の写真の付け睫毛等も、一寸今と通じる様な・・・・。


 そんなこんなで今一度見直されてもよい作家(女性)の様な気もしています。あるいは今の若い女性に読んで貰いたい様な気のする一冊です。


 という事で、若い女性に奨めてみたい本ですね(縊死して、果てるところまでは勧めませんが・・・・)。


 ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/07
26
[ #198 ]

 エクストリーム

 昨日、割と近い場所で”エクストリーム・バイク・ショー”なる物をを観る事が出来ると耳にし、一寸のぞいて来ました。


 その印象はといいますと・・・。

 中々の迫力。特に狭いスペース(自動車教習所内の道1本、片側1車線長さ150m位?)であれだけのパフォーマンス、結構驚きでした。
 演技者と観客の間にクラッシュパッドもガードレールも無い状況を考えると、演技者としてはかなりのセーフティー・マージンを残しての演技でしょうから・・・。流石というか・・・。
 クローズド・コース等で目一杯演られると、更に凄いのでしょう。
 (まあ、観客との距離は遠くなりますが・・・)

 因みにエクストリーム・バイク・ショー。下の写真の如く、日本語で言えば”単車の曲乗り”(こう表現すると、大道芸っぽく聞こえるかも知れませんが・・・)。

 バイクを使ったショーですね。

 我々バーテンダーの業界でも数年前よりフレア・バーテンダリングとして、ショー的な物も増えて来ていますし、また冬季オリンピックのフリースタイル・スキー等もそうでしょう・・・。

 誰が観ても(予備知識等無くても)楽しめるショー(見世物)。
 最近のスタイルなのかも知れません。アメリカ的ショー・ビジネスの感覚・・・。

 そういった意味では、従来のヨーロッパ型のモーター・スポーツとは一線を画している物だと思えますね。
 どちらが良いとか悪いでは無く・・・・。別物ですね。
 
 (まあヨーロッパでも、2輪のモータースポーツ、レースをコンチネンタル・サーカスと呼んでいたりしましたが・・・)


      EBS1   EBS4


続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.