FC2ブログ
2010/08
02
[ #201 ]

またもや一人で・・・(因島)

 昨日、またもや単独行にてバイクで徘徊しておりました。
 基本的に群れて走る事が苦手な物で、相も変わらず一人で走っております。

 何故群れて走るのが苦手かと申しますと・・・。
 他者と走るとやはりその方に気を使ってしまいます、或は注意を払います。その分どうしても周囲(他の車、歩行者、路面情況等)に対する注意力が削がれてしまいますもので・・・。それにグループで行動すると、視線がそのグループ内に向きますよね。結果、グループ外の他者に心使いが出来なくなる。周りが見えなくなる・・・。
 この”周りが見えなくなる”という事が嫌いで、一人で行動する事が多いです。
 バイクに限らず、飲みに行くとき等もそうです。人と居ると周り(他者の存在)が見えにくくなりますものね・・・。
 気を使わ無くて済む相手と二人で・・・という事も有りますが、基本的には一人行動が多いです。


 閑話休題、向かった場所は因島。

 何故因島か?

 たまたま数日前から”今東光”氏の小説”悪名”を本棚の奥から引っ張り出し、読んでいたもので・・・。
 この本の中盤の舞台が因島なのです・・・。


 そこでバイクを止めた場所は、三庄地区、家老渡地区、土生地区。
 三庄地区、大正時代に遊郭が出来た場所。家老渡地区、その後遊郭が移転した場所。そして土生は造船で栄えたこの島の中心的港街・・・。
 この土生や家老渡(浪速)遊郭周辺が小説中盤の舞台になっています。


 小説にも登場する鯖大師の像は丘の上の因島公園に30数年前に移転されていましたが、小説の舞台となった麻生(旅)館はありました・・・。また家老渡、土生とも雰囲気のある街並み、建物が残っています。
 それ以外にも、大正か昭和初期と想われる洋館も有ります(これは他の地区)。
 (この洋館、20数年前に見たときは空き家に見えたのですが、現在はペンションになっておりました)

 島の景色、雰囲気は好きなのですが余りの暑さ。どうにも仕方無く早々に退散としました。
 

 三庄地区にて 家老渡にて 土生にて 麻生館 白滝にて


 因みに、映画”悪名”のラストシーンの海岸は因島ではなく、明石周辺の撮影であったと記憶しております。

スポンサーサイト

タグ :   街並み  /    /   遊郭色町  /   映画  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
04
[ #202 ]

雑考39 マティーニ

 たまにはバーテンダーらしいテーマで書いてみます。

 「マティーニ」

 余りにも有名なカクテルです。故にレシピとか作り方、由来等々、語り尽くされた感も有りますし、また文献やネット等を当たれば恐らくそうした情報は溢れているでしょうから、ワザワザ私が書くほどの事も無いのかも知れませんが・・・。



 「マティーニ」はご存知の様にドライジンとドライベルモットをステアーして造る、ショートカクテルの代名詞とも言えるカクテルです。
 また最近アメリカ等では、ホワイトスピリッツをベースにしたドライなショートカクテル全般を、マティーニ・スタイルとも呼んだりするようです。そうした面故か、アペリティフ・スタイルのショートカクテルの代表の様にも認識されています。


 しかし想うのですが”(ドライ)マティーニ”、かなりアルコール度数の高いカクテルです。これをアペリティフ(食前酒)としてすきっ腹に流し込むのが果たして適当なのか・・・と?
 
 食前酒の役割として私が考えるのは、胃袋を活性化して食欲を増し、より食事を美味しく頂けるようにする飲み物・・・。となると、マティーニでは少々強すぎるのでは・・・?と想う訳です。
 私の記憶違いかも知れませんが、医療で胃液の分泌検査を行う場合、薄い濃度のアルコールを使用する事があるそうです(7パーセント位?)。
 とすると、この程度のアルコール濃度のお酒が食前酒には適しているのでは?等と想う訳です。
 (尤もアペリティフを、その基となったロシアの宮廷料理の食前酒のあり方から考えると別の答えもありそうですが・・・。)
 

 ではマティーニ、どういったシーンに似合うのか、或いは何故これほど有名なカクテルになりえたのか・・・?


 私の考える結論からいいますと、マティーニは渇きを癒すためのカクテル。
 とは言っても運動後の喉の渇きの様な物では無く(そのような状況でマティーニなんて飲めませんよね?)、精神の緊張から来る渇きを癒すのに最適な酒・・・・。
 それ故にニューヨークで持て囃されたカクテル・・・。カクテル発祥の地アメリカを代表するカクテル、カクテルの中のカクテルになりえたのであろうと想うのです。
 (確かオキ・シロー氏のカクテルをテーマとした短編集にも「ニューヨークのドライマティーニ」という作品がありました)


 では何故ニューヨークなのか?

 ニューヨークは金融の街。金融、動産、不動産、証券・・・・。”金というものそれ自体”を直接やり取りする商売。それ故、交渉も非常な緊張を伴う・・。或いは真剣勝負の賭け事の如く・・・。
 そうした非常に緊張を強いられる仕事、交渉ごとから齎される喉の渇きには、甘ったるい酒、薄い酒では物足りない・・・。あくまで強く、ドライ、そうしてキリリと冷えた酒で無ければならない・・・。
 それが、マティーニ。
 それ故、戦場カメラマンでもあった”開高 建”氏も愛したカクテル(戦場の緊張からの開放のカクテル・・・)。
 「アパートの鍵貸します」で、ジャック・レモンが飲む酒・・・。


 しかしここでもう一つ。
 あくまで強く、ドライで、キリリと冷えた酒・・・であれば、フリーザーでキンキンに冷やしたドライジンのストレートの方が相応しいのでは?ということ。
 確かに渇きを癒すだけであれば、その方が相応しい気がします・・・。

 では何故、ドライジンではダメなのか?


 昔、英国でジンの時代(ジンの悲劇)というのがありました・・・。
 資本主義が浸透し、労働者が過酷な労働を強いられ、その辛さを忘れる為にひたすらジンに逃げた時代。

 少なくとも英・米語圏では、ジンにはこのイメージが有るはずです。
 ジンは労働者の酒、ジンのストレートはアル中が飲むもの・・・・。(酒とバラの日々のリー・レミックの飲むジン等々)(ヘップバーンのマイ・フェア・レディーでもそうした表現が・・・)

 その点マティーニはバーテンダーが1杯1杯、お客様の事を考えて造る物。
 (少なくとも昔は、バーカウンターで飲むカクテルには高級なサービスのイメージが有ったはずです)
 故にマティーニ。


 つまりはホワイトカラーのドライジン。”ビジネス”マンにベストヒットの酒。金融街ニューヨークの酒。
 という事なのだろうと私は考えるのです・・・・・・。


 ますた


                   マティーニ

タグ :    /   歴史  /   映画  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
09
[ #203 ]

 赤い帽子の女  黙陽(かげろう)

     

        赤い帽子の女


 赤い帽子の女  黙陽 (青木信光 編)  1980・11  美学館
 ジャンル  耽美小説とその周辺



 この本の著者”黙陽(かげろう)”。実はこれは芥川龍之介ではないのか?という噂が昔からあり、そうした面で結構有名な小説でご存知の方はご存知かも知れません。


 この「赤い帽子の女」、初出は大正2年(1913年)に東大卒の哲学者・小倉清三郎氏創設の性に関する研究会「相対会」の報告書に掲載された物との事。(まえがきヨリ)

 そしてこの本は1980年に青木信光氏が、大正当時の雰囲気を伝えるため原作を原文のまま掲載発行されたものです。


 中を開いてみますと、前半が小説「赤い帽子の女」本文。後半が、「赤い帽子の女を中心として」。これは小説の舞台となった当時のベルリンの状況、風俗について書かれた物です。
 またそれ以外に、当時の雰囲気を伝えるヌード等の写真、イラストがふんだんに挿入されております。


 前半の本文を読んでみますと・・・・。

 原文のまま、という事なのでしょう。全編に亘り大量の伏字・・・。中々リズム良く読むには辛いものもありますが、雰囲気は在ります。
 (現代ならば、殆ど伏字にはならないのでしょうが・・・。どちらが良いのかは別にして・・)
 (ネット等に過激な情報が溢れすぎている感のある現代も、如何な物か?とも想います)


 そうした面でも、後半の「赤い帽子の女を中心として」の方が私好み。当時のベルリンの雰囲気、状況。或いは、当時の世界の空気等が想像出来て良いですね。


 そして、肝心の作者ですが・・・・。
 編者の青木信光氏は芥川説を取られているようです。が、私としては違うような印象を受けました(これといった確証がある訳では無いのですが・・・・、芥川であればもう少し軽妙洒脱になるのでは?と感じた次第)。

 (この件に関しては数年前、フランス文学者の鹿島茂氏が何処かの雑誌で、作者はフランス文学者の辰野隆であると書いていらっしゃった覚えがあります)


 それはそれとして、19世紀末から20世紀初頭の雰囲気の感じられる本です。


              中身


Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
13
[ #205 ]

雑考40  日本酒

 以前にも書いた事が有るやも知れませんが、プライベートで飲む酒は日本酒が多い気がします。
 (”日本酒”では無く”清酒”と呼ぶべきである。といった意見がある事も知っておりますが、子供の頃から”日本酒”或いは単に”酒”、と呼んでおりましたもので、ここでは日本酒と書きます。)

 プライベートでは大体において食事をしながら飲む事が多い故、日本酒になる事が多い気がします。
 (和食が多いのです。)

  
 しかし日本酒、食べ物と併せた時の懐の深さは素晴らしい気がします。原料となる米の特性に拠る物かも知れませんが、和食から洋食まで幅広く対応してくれる気がします。特に、燗付けした酒は・・・。
 
 以前ある温泉旅館で食事をした時に、出された和から洋までの多種の料理の中で、その時飲んでいた適度に酸味とボディー感のある燗酒に最も相性が良かったのは、ラムシチューの様な物でした・・・。

 これはもしかしたら、私が米の飯を主食として育った日本人のせいかも知れませんが、刺身からハンバーグ、カレーまで何とでも組み合わせ可能な米の力かも知れないとも想います。

 勿論、西洋人の主食であるパン、その素となる麦類で作ったビールも食事との相性は良い気もしますが、刺身にパンはやはり一寸難しい気もしますし・・・(勿論、カルパッチョ等にすればパンでもありそうですが・・・、そこは日本人やはり米にいってしまいます)


 では、食事との相性が良く語られるワインは?となると・・・。
 食べ物との組み合わせ方は、やはり日本酒と比べるとシビアな気がします。また、そのちょっとしたシビアさこそがワインの魅力とも想います。

 それにワイン。原材料がブドウという水菓子。食欲を充たすための主食である米や麦と比べ、その時点ですでに贅沢感があるというか、遊び心があるというか・・・・。その辺りもワインの魅力かとも思えますね・・・。

 どちらにしろ醸造酒、その原材料の特性を強く引きずっている事が楽しい気がします(車やバイクをいかに改造しても、ベースの車の本質から逃れられないのと似ているかも知れません)。


 勿論それ以外にも日本酒が(他のお酒も同様ですが)美味しい、楽しいと想う理由は沢山有ります。


 でバカナリヤ、基本的に洋酒の店ですしチャーム以外の食べ物も基本的には出さないのですが、日本酒も少しだけ置いてあります。
 中国地方の熟成系の酒が多いです。それと、カクテルベースに地元西条のお酒。
 こんな感じです・・・(2010・8現在)


               日本酒


 因みに左から、白影泉16BY、十字旭日16BY、中島屋寿7BY、金冠黒松15BY、竹鶴八反12BY、美富久熟成酒、白狼1990


タグ :    /

しりとり雑考CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
16
[ #206 ]

夏休み?

 夏休みという訳でも無いのですが、友人に誘われ土日と海に行ってました。
 今年二度目の海です。


 知人のボートで釣りをしたり、某マリーナでバーベキューをしたり、船の上でチビチビ飲んだり・・・。
 リフレッシュしてきました。

 少々、日焼けが辛いですが・・。


     某マリーナにて     離島にて・・


 潮風に吹かれるのは気持ち良いです。

 

タグ :    /

日記・・・の様な物CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
21
[ #207 ]

文化麺類学ことはじめ  石毛直道

      

   文化麺類学ことはじめ


 文化麺類学ことはじめ  石毛直道  1995・01  講談社
 ジャンル  文化人類学



 何とは無しにですが、以前から飲兵衛(酒好き)の人には同時に麺好きの方が多い様に想われてなりませんでした。
 私もご他聞に漏れず、酒飲み&麺好きです(尤も、最近流行のつけ麺は未だ食べた事が無いですが・・・)。

 想うに・・・。酒類と麺類の共通項って喉越しが楽しめる事に有るのかも知れません。
 元々”味”は舌に在る味蕾で感じる物・・・。というのが定説であった気がしますが、最近は喉にも味を感じる能力が有ると言われているそうで・・・。また”歯ごたえ”、といったテクスチャー以外に喉越しといったテクスチャーも重要であると、個人的には想っておりました。
 そうして酒も麺も、この喉越しの快感が魅力のとなるもの故、愛する方々がだぶるのでは?等と想っていた訳です。



 そこでこの本ですが・・・。

 世界中の麺類を食べ歩いた(現地で麺を打つ、といった事もされていたらしいのですが・・・)著者が、書名の如く麺類全般の事を文化人類学的視点を利用しつつ、一般の方でも判りやすい様にまとめた物です。


 麺類の誕生から、その歴史、伝播経路。
 また、麺類の定義付け、調理法、原材料。
 各国における食べられ方、位置付け・・・。等々、非常に判りやすくまとめてあります。

 特に、粉食の誕生から、麺類の誕生、宮廷料理としての麺類。そこから、家庭で一から作るには手間が掛りすぎる事と食べ易さから外食の主役となり(屋台文化の主役)。乾麺の誕生から保存食の要素も加わり、家庭料理に浸透し、さらにインスタントラーメンの誕生と共に世界食に・・・。といった流れの解説等は私好みで楽しめました。


 確かに麺類。
 料理ともなれば、庶民の常食ともなり、主食ともなれば、副食、或いはおやつや嗜好品ともなる。
 その幅の広さは、本当に便利でもあり、また魅力的でもあります。
 現在の我が国のラーメンブーム何て物も、この麺類のキャパシティーの広さの成せる技かとも想います。


 何はとまれ、麺好きの方、必読の本。  かな?

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
28
[ #211 ]

 妖婦列伝  田村栄太郎

          

    妖婦列伝


 妖婦列伝  田村栄太郎  1960・11  雄山閣
 ジャンル  時代小説

  

 ~~列伝。といいますと海音寺潮五郎の名前が先ずは浮かびますが(武将列伝・悪人列伝・等)、これは田村栄太郎氏の作品です。

 
 それはさておき”妖婦”というのが良いですね。悪女でも無く、毒婦でも無く、妖婦・・・。

 内容は?といいますと。柳沢騒動であるとか、絵島事件、恋娘昔八丈、姐妃のお百(増補秋田蕗)、夜嵐お絹、高橋お伝・・・・等、江戸中期から明治初期にかけて世間を騒がせた女性、或いは女性が起こした事件に関する考察です。
 

 これらの事件、あるいは女性。恐らく、江戸の終わり頃から昭和の前期に掛けて殆どの日本人が認知していた事でしょう。
 それはこれらの事件が事件発生の後”よみうり”であるとか芝居、歌舞伎、絵草子、講談、読本、戯作等々の題材となり、世間に知られ、或いは流布され、人々の記憶に定着していたのでしょう。
 そうしてその戯作化、芝居化の過程において事実から離れ、人々が望む方向に、あるいは共同幻想に合致する様に形を変えていく。

 もちろん、真実をそのままに小説化芝居化出来ない状況も有ったでしょう(忠臣蔵や先代萩の如く)。
 ただその変化の仕方に、日本人が無意識に好む物、倫理感、掟感の様な物見える気もします。

 またそれは、現代の都市伝説の発生、伝播の心理にも似通っている気もします。


 大分前置きが長くなりましたが、この本はこれらの事件をテーマとした当時の実録小説(戯作等)や芝居を、事実(当時の資料から事実と想われる事)と比較し、事件の主人公となった女性の心理や社会状況、社会心理を現そうとした本に思えます。
 そうして、こうした女性を生み出した底辺にあるのは、色(肉欲・性欲)と、欲(金銭欲、貨幣経済)であろうか?と書かれている気がします。


 私としては、当時(江戸末期から明治)の戯作や小説の頁も掲載され興味深いです。またこの小説が書かれた当時(昭和30年代)の時代の空気も想像出来そうな気もしました・・・・。

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2010/08
30
[ #212 ]

 昨日は・・・ (府中市)

 昨日、たまには昼食を外食にするかな・・・?等と思いバイクを引っ張り出し・・・・。
 向かった先は府中市。


 先ずは商店街の西の端辺りにバイクを止めました。
 確かこの辺り、その昔、老松遊郭の在った辺りのはず、と言う事で・・・周辺を少しばかり歩いて観ますが・・・・、良く判らない・・・。
 老松町の地名も今は使われていない様子。目に付いたのは、帽子屋さんの店先に飾られている古い”メグロ”位・・・。

 そこで出口町辺りに移動。この辺り、江戸時代の石州街道の名残を残す古い商家建築等の残る地域。中々、迫力のある建物があります。
 ここで、目に付いたお好み焼き屋さんに入ります(大体が昼食に”府中焼き”と想って家を出たはず・・・)。
 古い商家の土間に鉄板カウンターを据え付けたお店。嬉しいですね。


 ここでお好み焼きを食べつつ、店の大将に旧老松町の位置を訪ねてみると・・・。確かに、最初に私が想っていた辺り・・・。
 肉玉ソバWを一枚平らげた後で、再び旧老松町辺りへ・・・。


 殆どが住宅地に取って代わられ、昔の名残は少ないです。何となく歩き回るのに気が引ける雰囲気です・・・。
 そんな訳で、街の北にある紫雲山金龍寺の山門を観て立ち去る事に・・・。

 そこから、そのまま帰宅するのも詰らないな・・・・等と思い上下町に向かってバイクを走らせる事に・・・。

 が・・・・。

 熱い!!。兎に角暑いのです。


 この気温の中、長袖、長ズボン、黒いフルフェイスで発熱源であるエンジンを抱え込んで、カウルに潜り込みスロットルを捻っているって・・・・・。
 我ながら、”まともな神経じゃ無いね”

 一応上下までは走ってみた物の、街並み散策の気分にも成れず水分補給をしただけで帰宅する事に。

 こんな暑い日は、家でビールでも飲んでお休みが良いですね・・・・。
 本当に今年の夏は暑いです。


  出口町・商家  銭湯跡  紫雲山金竜寺


Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.