FC2ブログ
2011/02
08
[ #264 ]

雑考51  スポーツ

 たまにお客様から、「マスターは色々とスポーツをされるのですね?」等と言われる事があります。
 しかし私自身としては自分に対しそうした認識を持ってはなく、「そんな事は有りませんよ」と答えるのですが・・・・。

 こうした事がまま有る故か「スポーツ」とは何ぞや?等と少し考えてみたくなります。


 
 そこで”sport”の綴りを英和辞書で引いてみますと、初めに”スポーツ”と書いてあったり・・・(笑)。

 もはや完全に日本語と化しているのかも知れません・・・と言うより、ドイツ語であろうがスペイン語であろうが”スポーツ”は”sport(s)”の様です。
 詰まりは英国の”スポーツ”の概念が世界に拡がったという事なのでしょう。
 (基はフランス語の”disport”=気晴らしが語源の様ですが、現代のスポーツのイメージはそれだけに留まらない気がします・・・)


 そこで思い出すのが・・・・。
 現在世界で最も競技人口が多いと想えるスポーツ・・・、サッカー(フットボール)。
 これも英国圏発祥と言われていますが・・・その非常に古典的な姿の競技が今でも残っているというのを、以前、何処かのTV番組で視た記憶があります。


 その競技、アッシュボーンの「ロイヤル・シュローブタイド」。

 この「ロイヤル・シュローブタイド」、競技では無く祭りじゃないか・・・?とも言われそうなのですが、スポーツの原点を感じさせてくれる気がするのです。


 どの様な物かといいますと・・・、
 復活祭辺りの2日間、村の中で川の上流地域と下流地域に住む男達がそれぞれのチームに分かれ、村の中央広場に投げ込まれた1つのボールをいかに自分達の村に有る”マト”に迄運ぶ・運べるか・・、という競技です。
 ルールらしいルールは無く。あるのは・殺すな・ボールを隠すな・教会に立ち入るなの3つ位。そして日没の定まった時間に決着が付かないときは、引き分けとなるという事。

 また2日間行われるので2戦有る訳ですが・・・・。その結果片方の地区が2勝する事は、まず無いらしいという事。
 (そういえば隠岐の古典相撲も、2戦して常に1勝1敗とか)



 これはドウいう事か・・・・?

 つまりは勝つ事自体にそれ程重きを置いてないのでは?と私には想われるのです。
 では参加者は何に重きを置いているのか?
 それは証明する事では?・・・と。
 何を・・・?
 恐らくは、自分が卑怯者ではない事(男らしい事、信用できる人間である事)を・・・。
 誰に・・・?
 先ずは対戦相手に、そして仲間に、更に視ているであろう神々(天)に・・・。また観客に・・・。

 
 では何故こんな事をする必要が有るのか・・・。


 恐らく多くの場所・文化圏に於いて、隣り合う村・地域って、常に争いの危機を孕んでいる気がします。土地の境界の事にしろ何にしろ・・・。
 そこでお互いが信用できる男である事を証明しあう事により、普段の無益な争いを減じる事が出来る故ではないのかと・・・・。
 少なくとも私はそう考えます。


 こう考えると日本各地の伝統的祭り・・・。特に”博多の山笠”とか”岸和田のダンジリ”とか各地にある”大綱引き””けんか祭り”等にも共通の物を感じる気がします。

 勝利を目指すが、それが最終目的では無いという事。

 実利よりも、卑怯者でない事の証明の方が重要で有るという事。
 詰まりは実利(勝利、土地、金、等々)の為に卑怯なまねをしない人間である事の証明。


 言い換えれば古典的スポーツとは地域同士の”社交”で有ったのではないかと想う訳です。


 また英国は100年戦争を経て地域領主(貴族)の力が強くなるのでしょうが、地域の代表で有る貴族同士の社交が個人競技(古典的な個人スポーツ)に成ったのでは無いか・・・、とも。

 例えば今、人気のゴルフ。
 社交で有るからドレスコードが有る(社交パーティーや結婚式等にジーンズ&Tシャツは無いですよね)。 また、勝利自体が目的では無いから、ハンディキャップが存在する。
 互いに信用出来る事が前提故スコア等も自己申告だし、審判も要らない。
 等々・・・。
  
 更に其処から、地域領主に代わって選手が出るような事にもなる。
 近代オリムピックも、国(近代国家)というある種地域同士の社交として考えられたのでしょう(それにより、戦争を防ごうとした)。 だからこそ”参加する事に意義が有る”というフレーズが成立する。

 有る面、大相撲だってそうした面がある様に(有った様に)思えます。地域の代表であるから四股名が、~~山とか、~~海・・・、と成る・・・。高校野球が人気であったのもそうした理由に寄る物でしょう。



 しかし今のスポーツはそうした面からかなり外れていますよね。


 現代のスポーツ・・・。

 いったい何時頃から現代的スポーツが登場するのか。
 やはり、19世紀ではないかと想えます。
 
 この時期に何が起こったのか・・・・。

 象徴的なのは万国博覧会の開催・・・。特に3度のパリ万博。

 これにより全ての物が”ショー・ビジネス”(金儲けの見世物)の対象になる事が、証明され・・・。
 工業製品であれスポーツであれ、世界各地の風景であれ(旅行会社の成立もこの頃では?)、さらには未開人、商品・・・・。
 どんな物であれ、見世物にしたて金儲けの対象に出来る事が証明され・・・。


 特にスポーツはこの頃からショー化した気がします。そしてそれを支えたのは、当時は大衆紙、後にラジオ、そしてテレビ・・・・。

 恐らくマスコミ(の発達)が古典的(社交であった)スポーツを、現代的(ショーとしての)スポーツに変えてしまったのでしょう。
 オリムピックだって1984のロサンゼルス以降、完全にマスコミ(放映権)主導のショーになった気がします。だからこそ、先の冬季大会の服装問題なんて事になる(フリースタイルスキーは、アメリカでの放映権料の為導入されたのでしょうから)。
 

 大相撲にしろ、明治期の某新聞の勝ち負け重視の報道から興行的に見られる面が強くなり、更に戦後、某国営放送の都合により仕切り時間(ルール)を変えてしまった時点で、ショーとしてのスポーツの道に踏み出したのでしょうし・・・・。


 何だか色々とまとまりの無い事を書きましたが・・・。
 ”スポーツ”
 社交の面も有り、ショー・ビジネスとして行われている面も有り、又、運動、身体鍛錬、レジャー、余暇の暇つぶし、遊び、気晴らし、・・・。
 兎に角多くの位相を内包しているのは事実でしょう(3S政策の一つという見方も・・・)。
 その辺り多面的解釈をもう一度しても良い様に想えます。
 というより、多面的解釈をした方がより楽しめる気がします・・・。


 ますた
 
 
スポンサーサイト

タグ :   スポーツ  /   歴史  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/02
13
[ #265 ]

酒と日本文化にふれる2日間 Vol、5  土佐高知

 前回のVol4”春の京都”にて打ち止めの予定が・・・。

 また実施ってしまいました。酒飲み旅行。
 バーテンダーがお客様とこうした旅行をする事が果たして良いのか?悪いのか?疑問は常に抱いてはいるのですが・・・ついつい実施ってしまいます。

 今回は目的地に土佐の高知を選択。また諸事情により車(レンタカー)での移動。
 JR西条駅前に朝7時に集合、運転手は主催者の私・・・。

 最初立ち寄ったのは善通寺辺り。
 せっかく四国に出掛けるのであればと、IC周辺にてうどん店のはしごにて遅めの朝食(早めの昼食?)をとの算段です。
 釜揚げ主体の店と細打ちうどんの店の2店をはしご。

 この辺りから皆さん少し解れてこられた感じ・・・。

 そこから桂浜を目指します。後ろのシート、飲んでいる方は既に飲まれています。


 桂浜は観たことが無い方も有るとの事と、時間調整&買い物(酔鯨のショップ)が目的。


      桂浜にて
     浜で童心に返る参加者達 


 其処から造り酒屋”酔鯨酒造”の見学に・・・。
 やはり、一箇所はこうした場所を入れたいということで・・・。


    酔鯨にて   原酒


 無理を頼んで日曜日の見学をお願いしたのですが、本当に良くしていただきました。

 各種商品の説明&試飲、原料米・酵母等の説明の後、工場内の隈なくの見学&説明、更にタンクから直に注いだ生原酒の試飲までさせていただき・・・・。その上お土産まで頂きまして・・・・。
 恐縮至極です。


 その後は市内のホテルにチェックイン、夕方まで自由行動。


 私は何はとまれ名物の日曜市をと想ったのですが・・・、既に店じまいを始めている店も多く・・・。
 やはり露天の市は早朝に歩かないと駄目な様です。
 そこで近くの”ひろめ市場”という場所に・・・。
 ここで一杯やり乍の時間調整&勢い付けです・・・。



 そしていよいよ今回のメイン?
 ”土佐芸者さんとお座敷遊び!”

 場所は老舗料亭の一つ”濱長”様。
 現在、土佐芸者を抱えていらっしゃるのは此処だけとの事。

 現地集合組も集まり、総勢13名で宴会スタート。
 乾杯からほろ酔い気分になった辺りで芸妓さんの登場、先ずは舞を一指し。


         芸妓さん


 その後は芸妓さん、仲居さんのお酌で飲み倒し、いよいよ仲居さんの三味線の音を伴奏にお座敷遊び。

     三味線    しばてん踊り


 アっと言う間の2時間余り。
 前回までの京都のお座敷とは全く違った空気。どちらが良いとかでは無く、そうした物なのでしょう。
 楽しませていただきました。そして有難う御座いました。
 (と同時に参加者の飲みっぷりにビックリ、流石はバカナリヤのお客様というか・・・)


 無事宴会終了の後は解散、各々自由行動に・・・。皆さんバーを求めて夜の街へ・・・。

 いつもならば私も当然出撃・・・とあい成るのですが・・・、今回は体調不良で自粛。
 (実は風邪を拗らせており、にも関わらずスノーボードで更に悪化させ、其処に寝不足&運転疲れ&飲みすぎ・・・・)  
 翌日の運転に備えてホテルで爆睡。
 高知のバーはいつかリベンジしたいです。




続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/02
18
[ #266 ]

陽暉楼  宮尾登美子

      

  陽輝楼


 陽暉楼  宮尾登美子  1979・09  中公文庫
 ジャンル  時代小説?


 先日”得月楼”に盆梅を観に立ち寄りました事もあり、今回は陽暉楼。

 全編に亘り土佐芸者”桃若”こと房子の哀歌、といった内容です。
 確か初出は1976年(昭和51年)で、描かれている時代が昭和10年前後という事なので大まかに時代小説と呼んでも良いのでは?とも想います。


 主人公”房子”の哀しい生涯。それは有る面、当時の花柳界に生きる女性の悲惨さともいえる内容です。
 この作品の内容だけで判断するのは問題でしょうが、昭和10年前後という時代の転換点(満州事変~太平洋戦争に至る時代)の空気感、その時代の夜の街の空気、花柳界の空気の様な物が想像できる気がします。
 (宮尾登美子氏、実際得月楼にいらっしゃったとか)

 またこうした内容で書かれた事は作者宮尾登美子の個性(女性の生涯を描く事とテーマとされている事、あるいは彼女の思想)に拠る面が強いのでしょうが、それ以外にもこの作品が著された1970年代半ばといった時代性も有るのか?とも、想えます。
 (70年安保から・・・・の時代・・・)

 
 しかしこうした夜の世界、あるいは花柳界に生きる女性の哀しみを描いた作品を読んだ上で、土佐芸者を揚げてお座敷遊びに出かける(更に玉水を歩いたり、得月楼に上がったり・・・・)私という人間は如何な者か・・・・?とも思われそうですが・・・・。

 それはそれで、色々と感じる事が出来る気がするのです・・・・。


 またこの作品を読んでいたが故に、旅に深みが増した気もするのです・・・。

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/02
22
[ #267 ]

久々の東京

 日・月と東京に行っておりました。
 久々、約2年振りの東京です。

 主目的は”WHISKY LIVE 2011 TOKYO” の見学。このイベント昔から気になって居たのですが、そこは相変わらず貧乏暇無しな私、中々行くこと叶わずだったのです。
 今月もバタバタしておりまして行くかどうかギリギリまで悩んでいたのですが、思い切って行って参りました。
 やはり酒という物、自分で飲んでおいて何ぼ・・・とも想っております故、少々無理を押しての東京行きです。


 会場は六本木のミッドタウン。結構な人出です。


      会場


 兎にも角にも、気になるウイスキーを出来るだけ試飲&情報収集。


 しかしこの手のイベントに行くと何時も想うのですが、昼間からのハードリカーの試飲は応えます。
 特に私の様な寝不足気味の身体には・・・・。

 それでも頑張って夕方4時過ぎまで会場にて試飲を続け、さらにセミナーを一つ受講。


      セミナー


 流石に疲れました・・・。




 其処からホテルに移動、日帰りの気力は無いです。

 一休みした後で夜の街に出撃・・・(まだ、飲むのかよ・・・)。

 店のお客様にお聞きしたバーを探たのですが、発見するに叶わず・・・。
 (酔いが抜けてないせいか?)


 そこで目標を変更、こちらに・・・・。

      アーケード

 新宿ゴールデン街・・・・。


 何はとまれ一軒の店に”エイヤッ”と入ってみる。

 懐かしい感じの店の造りです。
 ただ一寸、私とは相性が悪いかな。
 で、早めに退散。


 そのままホテルに帰るのも面白く無いので更に一軒”エイヤッ”と扉を開ける。


 此処は凄く居心地が良い。
 でついつい長いをしてしまいました(3時は過ぎていたはず・・・。4時前かな・・・?)。


 聞いた処、ここのママさん。普段は銀座でワインバーをしていらっしゃるとの事。そして日曜日にはゴールデン街。

 ん~。銀座のマダムの凄さか・・・。
 兎に角接客と言うか雰囲気というか素晴らしく気持ち良い・・・。
 蕩けそうになりながらついつい長居をしてしまいました。


 またホテルへの帰り道、花園神社にも立ち寄り・・・。

         花園


 深夜の神社、中々雰囲気です。




 明けて月曜日。

 熱いシャワーで酔いの残った身体を目覚めさせ、向かった先は東向島辺り。
 この辺り永井荷風「墨東奇譚」・吉行淳之介「原色の街」等々の舞台となった場所、早い話が玉の井の色町の跡です・・・。

 細かく入り組んだ路地が一寸それらしいのですが・・・。私好みの建物は殆ど残らず・・・・。
 また入り組んだ路地の周辺も住宅地然としていて歩き回るのは少々憚れる雰囲気・・・。
 東京だからですかね?風景が早いペースで変わってしまうのは?
 今は昔ですね・・・。


      窓   いろは通り


 そうした訳で此処は早々に退散し、隅田川沿いに出て土手を浅草までブラブラと・・・。
 浮世絵に良く出る三囲神社の鳥居や、長命寺、土手の桜、建設中のスカイツリーを眺めつつ・・・。

        鳥居

 江戸の名残と、今の東京を感じながらの散歩です。


 次いで浅草は「神谷バー」にて名物”電気ブラン”とビールにて迎え酒。これが昼食代わり(身体、壊しそうですね)。
 神谷バー、2年程前に来たときは臨時休業でしたので、何はともあれ雰囲気を感じたくて入ってみました。

       電気ブラン


 さてここから飛行機の時間まで、何処に行くか・・・・。


 思いついたのは、礫川浮世絵美術館。
 此処も、一度立ち寄ってみたかった場所。

 行ってみると、休館日。
 そりゃそうですよね、月曜日ですもの・・・。下調べしとけよって話。


 では、どうするか?

 思いつきで立ち寄ったのは、築地場外市場周辺。
 既に午後なので市場の方は閑散と、場外市場も閉め始めている店がちらほら、にも拘らず結構な観光客・・・。人ごみが少々苦手な私としては・・・・。
 ゴタゴタした感じが余り好みでは無いかな・・・。
 古い商店街等は、割と好きなのですが・・・。


 という事で早めに空港へ・・・・。
 空港ではワインバーにてグラスワイン&試飲を色々。
 
 ほんと、飲み続けの2日間。


 え、夜は?
 勿論、店を開けましたよ。開店時間が少々ずれ込み、お客様には迷惑を掛けた面もあるかも知れなかったですが・・・・。


 ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.