FC2ブログ
2011/04
02
[ #276 ]

青葉台駅チャリンコ2分  鈴木カオリ

           

     青葉台駅チャリンコ2分


 青葉台駅チャリンコ2分  鈴木カオリ  2005・03  小学館
 ジャンル  自伝小説



 自転車店の女将さんの自伝小説です。


 簡単に粗筋を書きますと・・・。

 主人公の女性(著者)が、酒に溺れる女子大生~自転車に目覚め競技選手に~怪我で挫折~カウンセラー見習いするも挫折~自転車誌のアルバイト編集員~フリーライターと結婚~二人で自転車屋を始める。

 と成るのですが・・・こう記すと、まあよく有る自伝小説かな?といった感じに受け止められそうです、がしかし、これが面白いのです。

 文体等その魅力は色々有る様に思われますが 私としてのこの本の一番の面白さは、見ず知らずの男と女が夫婦となり生きていく事、その意味を見事に書いてある気がする事です。



 男に出来て、女に出来ないこと・・・(勿論例外もありますし、異論も有るでしょうが・・・)。

 実はそれは夢を喰って生きる事かも知れません・・・。
 或は違う言い方をすると、損が出来る事・・・。


 そこで夢とは何ぞや?という話に成るのですが・・・。

 例えばいい大学に入る、一流企業に就職する、大金持ちになる、有名になる・・・。
 こんなの夢というより、欲という方が近い気がします・・・(其処には他者も社会も無いですよね・・・)。


 そこでこの本の主人公の夫・・・。
 兎に角、自転車屋が開きたい・・・。
 何のために・・・・・?(具体的には書かれては無いですが)自転車の楽しさを世間に伝える為、あるいは自転車好きが求める空間としての店を作るため・・・。
 そしてその目的の為には「銭、金、じゃ無い!」。


 夢ってこの「銭、金、じゃ無い」ってのが重要な記がします。



 勿論「銭、金、じゃ無い」で突っ走ると商売なんて成立しません。
 そこで女性がその現実面を補完する・・・。

 またこの現実感が女性らしさとも想えます。


 恐らくこの主人公も・・・。いい大学に入りたい、自転車でいい成績を残したい、カウンセラーになりたい、自分らしい記事を書きたい・・・。どれも、したい、したい、したい・・・・。
 ちょっと言いすぎかも知れませんがやはり主観的、そこに他者とか社会性は少ないですよね・・・。

 で、どこかで行き詰る・・・・。真直ぐな性格なだけ余計に・・・・。


 そうしてそこで、カブ(亭主)の夢に乗っかる・・・。

 そういった小説です。



 この本を読んで思い出したのが、この都々逸・・・。

苦労する身は 何いとわねど 苦労しがいの 有るように 

 これって、男女関係の有り様として一つの形ではないでしょうか?


 しかし今では

亭主元気で 留守が良い・・・

 ですからね~。


 色々と書きましたが楽しい小説です。何だか若い方に薦めたく小説でもあります。



 (追記  表紙をワインで汚してしまいました)

 
    
スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/04
05
[ #277 ]

大山祇神社

 先日、大山祇神社に参って来ました。

 大山祇神社と言えば我が国の総鎮守。震災からの我が国の復興を祈願と言うと大げさですが、何故か訪れたい気持ちが生まれての行動です。
ようやく気温も上がり始め、バイクに火を入れるにも良い季節になったのも理由の一つ。
 お客様のドカティー様に付き合っていただいての走行です。


 先ずは車の少なそうな道を選び、忠海まで・・・。
 久々のバイク故に足慣らしがてらの走行。路面温度も未だ低そうですしタイヤの溝も少なめなので大人しめのに・・・。

 忠海では、フェリーの時間まで私好みの建物を探しブラブラ・・・・。


      長寿苑<br />

 以前にも書いた事が有りますが忠海、歴史の古い街で遊女屋やおちょろ船もあった場所・・・。


 其処からフェリーで大久野島経由で大三島まで・・・・。
 えっ?こんなにお客さん多いの?という状況(団体旅行とぶつかったのですね)。 


      大久野島


 上陸してからは海岸沿いを神社まで・・・。

 先ずは拝殿にて参拝。

      拝殿

 ここ数年で熱田神宮、伊勢神宮、厳島神社、出雲大社、等訪れましたが、大山祇神社が、最も海の薫りを感じさせて呉れる神社に思えます。
 職業柄ここにも参拝・・・。


        酒殿   酒殿。
 

 更に、紫陽殿・国宝館も見学。

 源平の時代、あるいはその前後も含め瀬戸内の水運、あるいはそれをベースとした経済等が日本を動かしていた事を想わせてくれます。
 (展示物の解説がもう少し詳しいと嬉しいですね・・・。尤も民俗博物館とかではなく神社の宝物館といった位置付けでしょうからそれも仕方ないかも知れませんが・・・・。)


 その後、宮浦の港から神社に至る参道(仲見世?)も通ってみたのですが・・・・。
 竹原港からのフェリー航路が廃止された故か寂れ具合が気になりました・・・。


 もう少しゆっくりしても良かったのですが意外と寒く早めの退散、しまなみ海道をふっトンデ・・・では無く、車が多くのんびりと帰りました。

 これでオイルとタイヤを替えれば私の今年のバイクシーズンの始まりです。

 ますた
 
 

タグ :   寺社  /   遊郭色町  /    /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/04
08
[ #278 ]

手造り

 最近BARでオリジナルのリキュール(というと大げさなのですが)等を造られる処がままある気がします。


  例えばウオッカに生姜を漬けてモスコミュールに使用するとか、あるいはチェリー・桃・苺、等々の果物を漬けてフルーツフレーヴァーのウオッカにするとか。はたまたラムにオレンジピールや果物を漬けてシュラブを造るとか(これは、私もやりました)。
 またBARに限らず梅酒を漬けるとか・・・・(特に梅酒なんて、本当にジャパニーズ・リキュールといった感じですよね)。


 そこで私もたまにはという事で・・・・。


       薬酒


 中身、レシピは・・・・。

 飲まれてのお楽しみ・・・ということで。
 

タグ :    /   店・仕事  /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/04
12
[ #279 ]

花見

 今年の花見を実施致しました。
 震災報道等続く中、どうすべきか?とは想ったのですが実施りました。


 桜は見事満開です。

 桜



  しかし日々、震災・原発事故等の報道を耳にする中、こうして桜の花の下に居ますと頭に浮かぶ句が有ります。


 「人の世は 地獄の上の 花見かな」


 勿論一茶の詠む地獄は震災や原発問題とは異なるでしょうが・・・頭に浮かぶのです。
 (生の苦がそもそも地獄なのかも知れません・・・)


 思えば我が国、非常に安定し平和な50年余りを過ごして来た気がします。
 しかしこの度の震災及び原発災害は、実は我々の生活が結構、不確実、不安定な基盤の上にある事を再認識させてくれた気がします。
 その不確実である日常に気付いた中、こうして例年通り、正に諸行無常を感じさせる満開の桜の花の下にて知人と酒を酌み交わせた1日に本当に感謝したいと想います。

 ますた

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/04
16
[ #280 ]

雑考54  江戸

 ここ10年程前から”江戸”或いは”江戸文化”といった物を見直そうという空気が強くなっている様に想えます。

 そういう私自身も確かに”江戸”という存在・時代に惹かれます。

 
 確か子供の頃には学校で”江戸時代は身分差別が厳しく、5人組等の相互監視も行われ村八分なども有り、自由の無い言ってみれば日本史の暗黒時代・・・”といった内容で教育された覚えが有ります。

 しかし有る程度年齢を重ね浮世絵等に魅力を感ずる様に成りますと、この江戸という時代に惹きつけられる自分を観じます。


 では江戸の魅力とは何なのでしょう・・・。


 表現の仕方は色々とあると想いますが、江戸末期(から明治初期に架けて)に日本を訪れた外国人の言葉を借りますと。


 例えば・・・。

 「この国に貧乏は存在するが貧困は存在しない」

 「日本人は何と自然を熱愛しているのだろう 大それた欲望を持たず 競争もせず 慎ましやかな満足感に満ちた生活を何と上手に組み立てる事を知っているのだろう」

 「金持ちは高ぶらず 貧乏人は卑下しない。本物の平等精神、我々はみな同じ人間だと心底から信じる心が、社会の隅々にまで浸透している」

 (この辺り、以前アップした、逝きし世の面影、という本に詳しいです)



 素晴らしい社会ですよね。
 

 では何故このような社会が成立したのか?(勿論、良い事ばかりでは無かったかも知れませんが)
 
 結局当時の日本。日本列島にもたらされる自然の恵み、詰まりは太陽や大地、其処から生み出される作物や海の恵み・・・。それによって生かされている事を人々が身体感覚として判っていた事に拠る気がします。

 そして日本というある種閉じた空間において(地球だって閉じているのですが)、お互いが社会を出来る限り居心地の良い空間にしようとしていた事。
 言い換えれば哺乳動物の従うべき掟、詰まり自然の摂理に外れない方法で文化、文明を築いていた事。

 結局それは不要な争い・無益な争いをしない事を良しとする事。
 あるいは争いの作法を知っていた事。


 殆どの哺乳類は縄張り争いにしても、相手を殺すまではしない筈です。
 食物を得るための縄張り争いに命は賭けない・・・(威嚇等の遣り方・作法で決着する)。
 群れの中で順位付けの戦いはするが、それは結果として争いを減じ、調和をもたらす・・・。
 等々・・・。


 つまりは生き物として自然であった事・・・。
 この辺りに理由が有る気がします。


 先日の震災に来ていた外国人記者もこの国の人々の素晴らしさを伝えていました。またその理由としてこの国の人々が、”楽天的運命論者である事、またそれは自然に生かされているという認識から生まれている。”といった意の事を伝えておりましたが、そういう事だと想います。


 その後、明治維新~敗戦~バブル・・・と日本はひたすらアメリカ(プロテスタント)化し現在に至ったのでしょうが、それは生活する事が、調和から競争への変化したともいえる気がします。

 そして現在、その不自然さに人々が限界を、辛さを感じ始めたからこそ江戸を見直す動きが増えている気がします。


 またこういう言い方も出来るかも知れません。


 不自然なもの・・・・、詰まりは人間がご都合主義で作り出したもの・・・・。それらに縛られても仕方ない気がします。自縄自縛ですものね・・・・。

 またこういう言い方も・・・・。現代とはそれまでの多様な価値観を唯一つの尺度(経済・貨幣)でしか計れなくしてしまった。それはやはり薄っぺらいのでは?と・・・。


 何だか愚痴ばかりになりましたが、しかし確かに今一度、江戸の文化の良さを見直す時期に来ているのかも知れません。

 ”新党江戸” 何て出来ると一票入れたいかな(笑)。

 ますた

 

タグ :   日本文化  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/04
23
[ #281 ]

善松漂流記

       

  善松漂流記


 善松漂流記  2000・04  ジャンル 郷土史


 
 江戸時代に海難事故に遭遇し漂流、その後アメリカ船に助けられ帰国を果たした人物というと”ジョン=万次郎”こと中濱萬次郎が先ず思い浮かびますが、この冊子に取り上げられている、平原善松もそうした人です。

 ジョン=万次郎が遭難したのが1841年(天保12年)、帰国が1851(嘉永4)。その後幕府にも重用され、幕末の重要人物、著名人の一人として名を連ねておりますが、それに比し平原善松は知る人ぞ知る、といった存在かも知れません。


 といいますかジョン=万次郎の方が特異な例なのかも知れません。


 17世紀半ば頃に河村瑞賢が、東廻り・西廻り航路を確立以降、商品経済の発達や江戸の発展等に伴い廻船も増加、また特に田沼時代以降、各廻船間の競争等も増すに従い海難事故が増えた事は想像に難くありません。
 そしてその多くの遭難者の中には、異国に漂着したり異国船に救助されたりする船員も、僅かではありますが存在したようです。


 平原善松もその一人。

 安芸の国、豊田郡木谷浦(現、東広島市安芸津町木谷)の人で、1806年(文化3)年に遭難後、アメリカの船に救助されハワイ、マカオ、ジャワ島を経て、翌年日本に帰着した人です。

 恐らくはハワイに上陸した初の日本人の一人ではないかと想われます。


 ジョン=万次郎の遭難よりも約35年前の遭難・・・。

 この時代、タイミングが彼の様な存在を生んだのかも知れないとも想われます。

 18世紀末から19世紀初頭にかけ、アメリカ船が捕鯨等で日本近海を航行する事が多くなった時代。
 またイギリス、オランダ、ロシア、フランス等が、海外の通商、貿易等に力を入れていた時代。
 ナポレオンが台等した時代(その影響もあり、オランダ船が長崎に来れなかった時期もあったと想います)。
 そして当然、鎖国の時代。また1825年の異国船打払令よりは前・・・・・。

 それら多くの事が善松の運命に何がしかの影響を与えたのは確かな気がします。


 因みにこの冊子、その善松が帰国したおりの「取調調書」を筆記したもの、及び彼らが漂流してからの国元の様子の事。また、その数年後に起こった川尻村(現呉市川尻町)出身の久蔵の遭難と帰国のことの要約、等々がまとめられた冊子です。

 
 瀬戸内に廻船業や船乗りが多かった事が想像出来ますし、当たり前ですが海が海外まで繋がっている事や、江戸後期の雰囲気等にも、私としては想像が拡がる冊子です。


 ますた

タグ :    /   歴史  /

マスターの本棚からCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/04
25
[ #282 ]

講習会

 昨日は広島市内で有りましたバーテンダー向けの技術講習会に顔を出して来ました。
 講師が、かの岸久氏という事もあり出かけた訳です・・・。


 行って見ますと”技術競技会対策”といったテーマの様子。
 一寸私の好みとは異なるかな・・・?等と想ったのですが・・・。


 しかしそこは流石に岸氏。

 非常に解り易く、かつ首肯できるお話でした。

 楽しい時を過ごさせて頂きました。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/04
28
[ #284 ]

タイヤ

 昨日、漸くタイヤを換えました。

 D社のタイヤです。

     ホイール



 何故にD社か・・・。

 大した理由はありません。2輪の免許を取得し約30年、その間最も多く履いていたのがD社のタイヤだったからです。
 そんな訳で余り深く検討もせずD社を選択。


 昔の様にクローズド・コースに持ち込んだりするのであればもっと違った選び方も有ったのでしょうが、最近のバイクの使い方は基本的に近所を散歩するときの下駄代わり。
 そこで、こうした選択です。


 何だか今回のタイヤに限らず物を購入する場合(あるいは、行動全般)の選択法が変わって来た気がします。

 元々昔から製品の世間的評価とか、ブランド力、ステイタスといった類の物は殆ど気にしなかったのですが・・・、それでも若い頃は最新の物、高性能な物、最先端の物を意識する事が多々有った気がします。
 それが近頃では、それよりも自分にとってより馴染みそうな物、違和感の無い物を選択する様になった気がします。


 勿論今でも知らない事を知りたい、新しい体験をしたい、知らない場所に行ってみたい・・・といった気持ちもしっかりと持っている心算ではありますが・・・・。


 まあそんな訳でD社のタイヤです・・・・。



 近々、一皮剥いてやらねば・・・・。

  

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.