FC2ブログ
2011/07
02
[ #301 ]

長崎ぶらぶら節  なかにし礼

         

        長崎ぶらぶら節


 長崎ぶらぶら節  なかにし礼  2002・10  文春文庫
 ジャンル  小説



 直木賞受賞作という事で結構著名な作品ですが好きな小説です。

 恐らくは実録小説と言える作品なのでしょうが、こうした小説も結構好きなのです。
 しかしそうした事以上に惹かれる作品です。

 何処に惹かれるのかと問われても中々答え辛いのですが・・・・読中も気持ち良いですし、読後感も良いですね。
 まあ舞台が丸山遊郭周辺というのが理由の一つかも知れませんが(相変わらずかよ・・・)それだけでは無い気がします。

 主人公の丸山芸妓”愛八”も魅力的ですがそれ以上に学者”古賀十二朗”(あるいはその描き方)に惹かれます。
 

 地域密着の学者、その長崎に対する愛情。あるいは覚悟。
 身代を潰し、遊び、記録する・・・。
 その「起きて半畳、寝て一畳」といった姿勢。これが私から見ると見事な学者ぶりと観えるのです。

 この様な言い方は間違いかも知れませんが、有る面学者って好きな事をして生きている生き物ですよね。それはやくざな生き方とも言えると想います。
 自分は好きなことをして生きるという事の自己認識と、それ故の覚悟。此処に描かれている古賀十二朗にそれを感じます。
 其処が私としては一番の魅力ですかね。


 また、地域のざれ歌の収集というテーマも魅力的です。
 近代以降、各種音楽はレコード等の記録媒体に記録され残りますが、それ以前の物(他の芸能も含め)は口伝、伝承により残るだけですよね・・・。
 また世間、あるいは経済原則的に価値を認められない音楽、風俗、芸能等は、唯、ひっそりと消え行くのみでしょう。地域に残る、盆踊り唄(新民謡以前の旧いもの等)なども、これから急速に失われて行くのかも知れません。
  
 そうした音楽、唄に対する著者の愛情。
 もしかすると、作品全体から感じられる著者の愛情、やさしさ。これが一番の魅力かも知れません。

 人、唄、歴史・・・等々に対する著者のやさしさ・・・・。

 そんな小説です。

スポンサーサイト

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/07
08
[ #302 ]

雑考58  嘘

 「お母さん(お父さん)の嘘つき~!」といった言葉、おもちゃ屋さん等で良く耳にする気がします。
 また子供の頃には「嘘つきは泥棒の始まり」等と諭された憶えもあります。


 どちらにしろ嘘を付く事は悪い事とであるいうのは、ある種世界の共通認識という気はします。
 まあそれはそうなのでしょうが、嘘にも色々と善し悪し等が有りそうにも思えます。


 例えば・・・ついつい見栄を張って付いてしまう嘘とか・・・。

 良く子供同士で・・・「僕のお父さんは有名人なんだ・・・」とか・・・・。
 まあ、歳を取ってもついつい口をついて出たり・・・。
 直ぐにばれちゃう嘘。それこそ罪の無い嘘。
 これも癖となって年中やってると問題でしょうが・・・・(狼少年ですね)カワイイ嘘ですよね。


 或いは「この世の全ては、神様が6(7)日で作られたのです」とおっしゃる方に「嘘つき!」なんて非難も出来ないですし。
 こうした宗教的、慣習的な事は嘘とも言えそうにないですよね。


 それとは少し違うかも知れませんが、天動説、地動説何てのもそうかも知れません・・・。
 別に地球が中心で他の星々がその周りを廻っている、という見方だって悪くない気もします。
 (夜空を見上げていると、そう見えますし)
 (計算は恐ろしく複雑になりそうですが)
 太陽が東から昇って西に沈むといってる人に、嘘つき!と非難してもね・・・・。



 では悪い嘘って・・・・。

 相手を騙すために付く嘘は悪そうですが・・・・。


 しかしそれも、色々か?
 「どうせ私を騙すなら、死ぬまで騙して欲しかった~・・・」なんて、歌も有りましたし。
 (これはこれで、騙す側も辛そうです・・・・)


 判りやすいのは”相手を傷つける為の嘘”ってのは、やはり悪そうです・・・。
 (しか他者を傷つける為だけに一所懸命、嘘を計画的に考えるなんてのもある種才能かも・・・?私にはそんなエネルギーは有りません・・・)

 他、金儲けの為の嘘。実質的、金銭的に得をする為の嘘・・・。
 これはやはりタチが悪いですよね。まあ詐欺とも言いますが・・・・(笑)。
 特に個人相手にこれをやっちゃあね。中でも子供や老人相手にやってはね・・・。
 (何だかCMやTVなんて、紙一重の様な物も有りそうですが・・・。)



 では、真実を口にする事が全て良い事なのか・・・・?。

 これもこれで難しいですよね・・・。
 どうせ私をだますなら~、じゃ無いですが、相手を傷付けない為にあえて付く嘘。
 これは嘘を付くほうがかえって辛い時も有るかも知れませんしね。


 逆に、あえて他者を傷つける為に告げる真実、何てのも有りますよね。
 「AさんとBさんが”あなたの事大嫌いっ”て何時も言ってますよ・・・」
 なんて・・・・・。
 (はぁ~・・・・。)
  

 結局、悪意が有るのか無いのか。
 これが問題なのでしょう・・・。

 (では悪意が無いのに平気で人を不快にする台詞を吐く人は・・・?)



 ただここで難しいのが優しさ故の嘘。という気もします。
 真実、現実の残酷さを相手に認識させない為の嘘。

 「パパは遠い場所に居るのよ・・・」 なんてね・・・。

 でも、何時かばれるのですよね・・・・。
 死ぬまで嘘を付き通す・・・。中々辛いでしょうし。

 特に相手が子供等の場合・・・・。
 (それは、相手が残酷な真実に耐え切れる程の強さが無いと判断した故の嘘なのでしょうが・・・)


 で、最初の台詞”お母さんの嘘つき~”ってヤツ。
 まあこれは子供の自立のサインの場合も多々ありそうですよね。
 
  

 私自身は、出来れば嘘の上に築かれた幸福よりは残酷な真実を見つめていきたい、とは想いますが(そうしないとバイクで死にそうですから・・・)。当然、他者にそれを強制する気も無いですし、たまには優しい嘘も良いのかな?等とも想います。

 ただそれよりも普段は嘘か?そうじゃないか?等と余り突き詰めた会話はしたくないですね・・・。
 出来ればタワイの無い会話で微笑んで居たいです。
(言い換えればタワイの無い嘘ってのは、生活のエッセンスとして必要な気もします。それ故萬愚祭とかそれに近い祭が各地に有るのでしょう・・・。せいもん払いはその裏返しかな?)
  

 相変わらずの戯言です。


 ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/07
11
[ #303 ]

夏が来た (温泉津)

 昨日は久々に快晴の日曜日。
 ここ一月程の日曜日は不安定な天候でしたので、それっ・・・と何はとまれバイクのエンジンに火を入れる事に・・・(尤も自営業なので日曜日に縛られる必要も無いのですが・・・)。


 向かった先は温泉津町。
 

 名前の通り歴史有る温泉町です。古くは石見銀山の積出港として栄え、銀の産出量低下の後も廻米の集積地、積出港、温泉街等々として名を馳せた地です。
 江戸期には稲荷丁という官許の遊郭も在った場所です(また遊郭かよ・・・)。
 港の遺構等は世界遺産にもなっています様で。
 この手の古い港、あるいは遊郭跡って惹かれるのです・・・。



 何はとまれ寝不足を圧し9時頃にスタート。国道よりも県道を主として選びつつ走ります・・・。

 走り始めて1時間もすると暑さが身にしみ始め、トンネルの冷気がありがたく感じます・・・、夏ですね。
 11時頃には到着いたかな・・・・。
 
 此処を訪れるのは恐らく10年振り位。
 前回はダイビングが目的でしたので散策等しておりませんので、今回は少々散策出来れば・・・と想っておりましたが・・・・。


 暑い事、暑い事・・・。
 未だ身体に暑さが馴染んでいない所為も有るのでしょうが・・・街並み散策という気分にもなれず・・・。

 軽めの昼食の後、折角なので温泉で汗を流す事に・・・。



 ここ、元湯を選択。

 元湯

 源泉かけ流しで熱めの湯。湯温計は46度を指しておりました(常連の方にお聞きすると、もっと熱い事も多いとか・・・)。


 でも暑い夏に熱いお湯って結構気持ち良いのですね・・・。
 一寸ばかりリフレッシュ出来ました。
 ただ汗でジーンズが足にへばり付くのが辛いですね・・・浴衣でバイクって訳にもいきませんしねぇ・・・・。

 ところで街並みは・・・?
 温泉街としては寂れ気味・・・それはそれで私好みかな?


 こんな物を見つけると何となく嬉しいです。

 許可証   木造3階建て


 そこから折角温泉津に来たという事で老舗の酒蔵”回春”さんの前で写真を一枚。

 回春

 私の好きな銘柄の一つ。バカナリヤのセラーにもたまに転がっているかも・・・。

 
 夜は店を開けたいという事で早目に退散。炎天下、自宅に向かいひたすらバイクを走らせます。
 途中の道沿い、温度計が37度を示していたり。

 しかしこの気温と路面の照り返し、そうして日差しの下でカウルに潜り込んでスロットルを捻っていますと夏を感じます。

 夏が来た事を実感します・・・。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/07
15
[ #304 ]

嬉しい事

 先日懐かしい人間が来店してくれました。
 以前アルバイトとして暫くの間、店を手伝ってくれていた”M”です。

 当時は学生でしたが現在は某ビールメーカーの開発をしているとの事。
 その関係で先日も世界ビール学会での発表の為スコットランドを訪れたと聞きました。

 何だかとても嬉しい事です。
 やはり若い子が、真っ当に頑張って一人前にやっているって嬉しいです。
 特に知っている人間ならば尚更に。
 (なにせ私は、やくざな飲み屋の親爺ですから)

 そんな話です。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/07
19
[ #305 ]

Neugierig auf Japan Martin B. Stanzeleit

               

      Neugierig auf japan


 Neugiering auf Japan  Martin B. Stanzeleit  2006  Wiesenburg
 ジャンル  洋書



 書名の「Neugierig auf Japan」和訳すれば、”日本に好奇心”となるのでしょうか?
 日本在住のドイツ人の方がドイツにて出版された本です。
 日本では発売されて無いのでは・・・?(わかりませんが・・・?)

 等と紹介致しますと、いかにも私ドイツ語が出来そうに聞こえるやも知れませんが・・・・・実は全くもって駄目なのです。ドイツ語どころか英語も苦手、それどころか日本語も怪しいです。
 そんな訳で(当然と言うか)この本も読めておりません。


 何時か時間に余裕の有る時にでも、辞書を片手にゆっくりと訳しながらとは以前から想っては居るのですが・・・。
   ↑   ↑   ↑
 (まあ、こんな事言って実現したためしは無いですが・・・)
 (ハイ、よ~く解っております)


 しかしこの本、縁あって著者の方にプレゼントして戴いた本という事もあり(それ故、ドイツの本が私の手元に有るのですが)、それを考えると何とか訳しながら読んでみたいと真剣に想っています。
 本当ですよ・・・・。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/07
21
[ #306 ]

タンデム

 久々、恐らくは十数年振りにリヤシートに人を乗せました。

 そこで思ったのは、やはり私のバイクは2人乗りには適さないという事。

 トップブリッジ下にクリップオンしてしまったステアリングバー&リアセットしたライディングステップ。加えてライダーズシートから1段高いおまけの様なタンデムシート、妙に高い位置に有るタンデムステップ・・。
 ついでに柔らかめにセットした前後の足回り。

 全くタンデム向きでは無いです。

 という事で、また暫くタンデムは封印ですな・・・。


 TRX.jpg


 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/07
24
[ #307 ]

雑考59  蕎麦

 蕎麦、あるいはそば切りって一寸気になるといいますか、不思議な食べ物?という気がします。
 蕎麦会(懐)席とか蕎麦道場なんて物が成立する訳ですからね。
 日本人にとってある種の想い入れがある食べ物なのかも知れません。

 もしかしたら東日本の方にとって、と言い直すべきかも知れませんが。

 私は西日本育ち故か蕎麦に対する印象と言えば・・・大晦日に食べる年越し蕎麦とか、母方の祖母が畠で育てた蕎麦で打ってくれたそば切りともいえない様な不ぞろいの物とか、蕎麦掻・蕎麦団子等であり、その点東日本の方の様な特別な想い入れは少ないのです。


 少々前置きが長くなりましたが、では蕎麦とは(蕎麦好きの方にとって)どういう位置付けをされている食べ物なのか・・・?

 あるTV番組をみて考えた事を書いてみます・・・。



 
 一年程前ですか?たまたまTVを付けていますと、そこで”和の良さ”をテーマとした民放の番組が流れておりました。
 その中の1シーンで、若い女性アナウンサーが成田空港にて外国人に日本人の印象を尋ねるという場面がありました。

 アナウンサー  「日本人にどういった印象をお持ちですか?」
 米国人      「日本人ってマナーが悪いよね」
 アナウンサー  「エッ?何故ですか?」
 米国人      「だって麺類を食べるとき大きな音を立てるでしょ、ほんと不快だね・・・」


 私は思わずTV画面に向かい「テメェ~の様な太ったアメリカ人にそんな事言われたくね~や!!」と叫びそうになりました・・・(実際は心の中で叫んだだけですが)(因みに、本当に肥満体型の米国男性でした)。


 それはそれとして・・・。

 そこでその米国人の言葉にその番組がどう答えるのか?と観ておりますと・・・。
 マナーを教えていらっしゃるという女性が登場し・・・。

 「日本人は食べ物を食べる音すらも楽しめる風流な民族なのです・・・」
 と答えられ・・・。


 私は思わずTV画面に向かい「違うだろ!!!」
 今度は声に出してしまいました・・・(TV画面に文句を言うって、私もオッサンですね・・・)。


 では何故、”違うだろ!!” なのか?


 先ず第一に、食べる音を楽しむという事は個人的な行為、個人に閉じている行為、そこに他者の存在に対する意識は無いですよね(一方、マナーなり作法なりって他者との関係性に於いてのみ成立する事)。
 つまり全く答えに成っていないという事。

 それに対し食事音や食べる口元等を”他者”に聞かせたり、見せたりしないのがマナー、作法の基本ですよね(数年前に某お茶付けのCMで”食べ方が余りに無作法でTVで放映すべきでは無い”という苦情が殺到したのを忘れたのですか?と言いたかったですね)。


 ではこの太った米国人の指摘にどう答えるべきであったのか・・・。 


 私なりに考えますと。

 基本的に音を立てて食事をするのは日本でもマナー違反です。
 ただ蕎麦だけは音を立てても良い事になっているのです。
 それは何故か・・・。
 それは蕎麦は”食べ物”では無く”嗜好品”と捉えられてきた歴史があるからです・・・。

 こう、答えたいです。



 19世紀、江戸で蕎麦が定着する過程において、当時の江戸っ子は蕎麦を食べ物では無く嗜好品として位置づけたという事。
 詰まり、食べ物=腹を膨らませる為のもの生命維持の為に口にする物。では無く、嗜好品=趣味、遊び、楽しみとして口にするものとして位置づけた、という事。

 いいかえると蕎麦を食するという行為は、その香りを楽しむ為にする行為であるという事。そしてその香りを最大限に楽しむ為、香りを引き出す為に、口腔内に空気を取り入れる事が許されるという事。
 それはあたかも、ワインのテイスティングのときに口腔内でワインと空気を混ぜる為、口から空気を吸い込む行為と同義であるという事。そうワインをテイスティンする時のグズルズルズル~とやる行為と同じ。

 こう、答えたいです。

(しかし例のワインテイスティングの時にズルズルズル~とやる行為、実は私は未だに好きになれず内見会等でどうしてもしなければならない時だけ、控えめに行うだけにしております。)



 でも現実にはうどんであろうが素麺であろうが、皆さん音を立てて食べているじゃ無いですか?と問われたらどうするか・・・?

 確かに今の日本では蕎麦=嗜好品、という認識も忘れられ麺類は全て音を立てて食す方が増えたのは確かかも知れません。
 しかし少し前までは、人様の前で大きな音を立てて食事する事は(と言うか他人に食事する姿を見せる事自体)無作法で有ると言う認識は有った筈です。
 特に婦女子が人様の前で、麺類を大きな音を立て啜り込むなんて、ありえない行為だった気がします。

 (もう一つ言えば中世から現代に続く日本文化の精神的原点と言えるのは茶道の精神で有りましょうし、またその精神を支えているのは”禅”の思想と言えると思いますが、この”禅”の食事の作法、基本的に声を発しても行けないし、音を立てることも良くない。唯、麺類(饂飩)だけは、少しばかりの音を立てても可とする。その事を”饂飩供養”とという言い方をするそうですが、実はこの辺りが原点かも知れません)


 それが何時から変わったのか・・・。
 明治の文明開化、敗戦に拠るアメリカ文明の流入等もあるでしょうがこの件に関して大きいのは、1971年7月20日、銀座に某Mドナルドが開店した事が大きいのでは無いかと個人的には思います。
 その後、平時においてさえ街角での立ち食いが肯定される様になってしまったという事。

 結局、日本人の食事マナー、作法を壊したのは米国生まれのファーストフードチェーン・・・。
 そんな気がします。

 蕎麦は嗜好品として認識される性格をもった食べ物である。という事を語る為に、訳の判らない事まで色々書いてしまいましたが、まあバーという嗜好的空間にいる人間の戯言と、笑っていただければ幸いです。 


 ますた 


 

タグ :   日本文化  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2011/07
27
[ #308 ]

ゲンスブール

 先日、広島市内にて映画を一本観て参りました。
 場所は私お気に入りのサロンシネマ。
 観た映画は、邦題「ゲンスブールと女たち」。

 最近この手の映画を良く観ます(ピアフ、5線譜のラブレター、アルゼンチンタンゴ・・・)。


 感想はといいますと・・・・。

 以前観たピアフの映画の様なドキュメンタリータッチかと想っていたのですが、少々違ったアプローチでした。
 しかしこれはこれで雰囲気が有りましたね。
 特に音楽のアレンジ使い方が私好み・・・。主演男優も見事に雰囲気。

 俳優、アプローチ、音楽の使い方等のトータルで上手くゲンスブール(に抱く私)のイメージに合致していたという印象です。

 今夜はゲンスブールのCDを流すかな・・・・。

タグ :   映画  /   音楽  /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.