FC2ブログ
2013/02
03
[ #461 ]

あるコラムを読んで

 1月余り前、昨年の年末辺りの某新聞コラムに興味深い事が書いてありました。


 それは、衆議院総選挙を経て成立した自民党内閣は”ヤンキー”内閣では?といった内容だったのですが。久々に面白く思えました故その事を少々・・・。


  そのコラムの内容、掻い摘んで記せば、

 この選挙で自民を支持した層は地方の組織票で、それは中学校時代の不良が地域に残りヤンキー的保守と成った人々が中心と成った組織の票である。

 そして、それらの人々の特徴は・・・、
・気合とノリがあれば何とかなる ・理屈をこねている暇があったら行動しろ といった”反知性主義”であり、また徹底した”実利主義”である。
・またそれは、日本に古くから根付いた物であると同時に、彼らの言う伝統とは、実は3世代程度しか遡れない物である・・・。

 といった内容であったと記憶しています。

 

 このコラム、それはそれで首肯できる面もあり、多少物足りない面もまたあり、また色々と考えさせられる面もありまして・・・。


 このコラムの中で、そうした地域のシステムが治安維持にも貢献している伝統的存在といった部分があったのですが、それは恐らく、江戸期から続く自身番であるとか、町や村の自治組織(若衆組等)の事を想像されているのでしょう。

 では、この江戸期の町や村とはどのようなものであったのか?


 先ず基本的に物事の意味を決めるのは、その枠組みであると思えます。(名前、肩書き等々と言っても良いかも知れません)
 またその意味こそが、何が正しいか?あるいは何をすべきか?といった事を決定する。

 また、その枠組みを決定し保障するのは、アニミズム(的無意識)や共通体験やそこから生まれた慣習であるとも思えます。

 昔、お米を粗末にするとお米の神様がお怒りになり目が潰れるよ。とか、台所には台所の神様が、雪隠には雪隠の神様が居るとか。あるいは、本・書籍を跨ぐものでは無い・・・等、教えられましたが、そういう事です。

 わが国はすべての物に精霊が宿る国、といわれるのもそういう事でしょう。
 日本はそこかしこに妖精の棲む国、と言ったのはイザベラ=バードでしたか?それも、そうした意味でしょう。

 
 そして江戸期にはこのアニマがしっかりと存在感を持っていたという事。


 またこうも言えるかも知れません。江戸期にも色々の自治的枠組みが存在したが、その中心と成ったのは村や町であったと。
 そして、その構成員の組織への帰属意識を担保するのは、共通の体験とか、共通の記憶、そして共通のアニマ(神)であり、そのアニマを保障するのは、各地の神社・祠・鎮守の森・そして祭りであったと。
 (言い換えますと、これが昔の神道ですかね)


 その後、江戸末期から明治初期に架け西洋から流入した近代合理主義、或いは科学といった物が、それらの精霊、神々という物を無効に(殺)していった訳ですよね。
 それにより(アニマ的)物事の枠組み、意味というものが非常にあやふやに成っていった。

 意味があやふやになるという事は、何が正しいかの価値基準も変わって(あやふやになった)しまった。

 そうした状況は人々を不安にさせ、その不安に感じた人々、精神的に不安定になった人々はどうしたか(或いは何が彼らを取り込んだか)?


 勿論第一は、その西洋合理主義とも思えますが、この時期他に代表的なものの一つが、新興宗教でしょう(たとえばT教とかO教)。または自由民権という思想もあったかもしれません・・・。


 しかしその後、明治後半から昭和の初めに掛けて色々の物を取り込み、唯一無二の枠組みと成立して行ったのが、国(国家・国体)という枠組みであったと思えます。(それは同時に地域・地方という枠組みを弱める面もあったかもしれません)

 そしてその枠組みを意味付けたのは、明治に作られた国家神道という(新興?)宗教。
 (故に太平洋戦争の末期、特攻というジハード的行為も生まれた訳ですし、特攻隊員という殉教者も生み出したのでしょう)


 それが敗戦により、その唯一無二と思われた国家という枠組み(意味)が否定される。(消えてなくなる。)
 
 当然、多くの人々(庶民は)精神的に混乱し、不安定となる。

 で、その人々を取り込んだ(縋った、依存した)物は・・・・。

 思いつくまま記しますと。



 ・明治維新の混乱同様に新しい宗教。(たとえば S とか)

 ・進歩主義というイデオロギー。(それは、共産主義、マルクス主義、社会主義、或いは資本主義といった近代西洋思想)

 ・民主主義というイデオロギー。(それは、個人主義の別名でしょう。選挙の基本が一人一票である以上)

 ・自由というキーワード。(それは、自由貿易主義であり、ひたすらな蓄財を肯定する自由でしょう)(自由という言葉自体はもう少し深そうですが・・・)

 ・地域の枠組みの代わりをしたのは、企業・会社といった枠組み(家族手当なんてその査証でしょう。 Aさんって、仕事は人並みだけれども、子供をたくさん抱えて大変だから家族手当で援助しましょう。とか、終身雇用とか・・・)。

 ・また企業が進出しなかった地域では、再び地域の枠組みを強化する。(たとえば、自治体・青年団等の主導した成人式なんてその象徴的動きでしょうし)

 等々・・・・。


 しかし70年代以降(20世紀最後の四半世紀は)、それらの枠組みも(種々の事情に拠り)力を失って行く。
 先ずは進歩主義が、そして能力主義・派遣労働法なんて物と共に、企業あり方も変わる・・・。
   

 そこで人々(庶民)はどうしたか?

 ・ひとつは、共通の趣味といった関係性を中心とした枠組み(おたく文化とかそうですよね)。(しかし、これってあまり生活の基盤とはなりえないですが。)

 ・またまた新しい宗教。(話題となった、OS教とかKKとか)

 
 唯どちらにしろ、社会が最小単位である”個人”という枠組みが無関係に集合し成立している物、或いはそうした状況と成ったという現実を、人々は意識的、無意識的に感じざるを得ない状況が生まれたのでは無いかと思えます。


 しかし人類も他の哺乳類の多くと同様に群れを作る動物。
 一人の独立した”個”であるという事は、それなりの孤独感と付き合わなければいけない訳で・・・。


 そこで先に書いた、趣味のサークル(おたく)的なものとか、或いはメル友、SNS友、ツイッター、フェイスブックの友達(知り合い)等がはやる状況も生まれて来たり・・・。

 しかしそれらの枠組み、根拠脆弱ですよね・・・。


 ここで仲間としての根拠、同じ枠組みの構成員であるという根拠として一部で強く浮かび上がってきたのが、中学の同級生という同一体験に思えます。
 特に”中学の頃は一緒に悪さをしたよね”という体験。(またそれは、不良故に他者からオミットされる事により仲間意識を拠り強化する)

 また優等生等は、高校~大学~就職と言う過程で都会に出、そこで新たな枠組み(高校の同窓、大学の同窓等)を得る。

 さらにいえば都会という個人主義的人々の集まった出来上がった空間の作法に疲れた人々も、また中学の同窓という部分に依存を高める・・・。


 結局、アニマの死んだ後に地域の枠組みを保障するのが中学の体験、或いは地縁というものだったのかも知れません。
 新興住宅地や集合住宅に昔からの共通のアニマは見出せないですしね。
 また、ソーランなんていう物が昔の祭りの役割を担わされる。

 そうして地元にのこった、或いは戻った(元)不良(ヤンキー)を取り込んだのが、地方に根付いた色々の組織であり。この組織が、自民党の組織票を構成している。そしてこの組織票が力を発揮したのが前回の選挙。



 長くなりましたが、そのコラムが書いた現代日本の状況とはこうした意味なのでしょう。


 最近よく言われます地域おこし、地方分権を希望する意識、政治状況ってこの辺りから来てるのでしょう。


 でもまあ、それはそれで、そんなものかも知れません。

 ”政治”(或いは首長)の役割って、結局、帰属している組織により多くの富をもたらす事でしょうし(外交的政治)。その得た富を、内部でいかに構成員が納得するように分配するか(内政)でしょから・・・。


 唯、あまりに地方の枠が強固に成り過ぎますと、”国”という枠組みや”社会”という枠組み、”個”という枠組みも消えてしまうのも確かかも知れません。




  
 ではこうした事が何をもたらしたのか?どういった事に成るのか?・・・・。



 先ず、こうした組織がわが国では何故強固なのか?

 考えられるのは、よく言われる”親分(先輩)が白と言えばカラスも白い”といった言い回しに代表される、ある種儒教的感覚、思考。
 もともと儒教という物、閉じた枠組み(地域、血族、等)の内部で無益な争いを減じ、枠組み(組織)の維持。発展、勢力拡大を目指す処世術、或いは思想といったものでしょうから、それはそれで理にかなっているのでしょうが・・・。

 唯、その枠の外に出た場合、カラスはやはり黒い訳で・・・。
 余りに内向きな志向はやはりどこか弊害もありそうです。


 知らない街に行くと疲れるとか、或いはオフィシャルのマナーとかルール、お約束への適応不能というか・・・。
 まただからこそ(それらに適応する事に疲れるから)、内向きにグループを作るのでしょうが。

 またあまりにも内向き(組織)の利益重視は結局、社会のルールとか法律等を無視する事、公の利益を損なう方向に向かう可能性も高い様にも思えます。
 (少し前から報道される元暴走族グループとか)(或いは地域の組織の利益≒補助金が、財政赤字を悪化させた一因にも思えますし)


 結局、血で血を洗う様な戦国時代とか中国の三国時代、或いは”春秋に義戦無し”の時代とか、そういった方向に向かうのかも知れません。



 えらそうな事ばかり書きましたが、じゃあ手前はどうなの?言われますと・・・。難しいですね・・・。

 唯、現在私はバーテンダーで、また「バーのカウンターは肩書き(組織とか)を離れ、一人の人間(個人)として座るのが似合う場所です」等と常々言っている手間、私自身も必要以上に、いちバーテンダーといったもの以外の帰属意識は減ずべきであろうとは思っています訳で・・・。


 まあ、はっきり言えば、引き籠り気味の個人主義で、身勝手な人間なのかも知れません。
 (だからこそ、バーテンダーをしているとも言いえますが・・・)

 唯その分、孤独感にも少しは慣れたのかも知れません。


 どちらにしろ現代文明がもたらした物は、無関係な個人の集合体という世界であり、唯一残ったスケールは価格といった世界だとも思えます。
 (またその唯一のスケールである価格(貨幣)(資本主義)を疑わない故の実利主義であり、反知性主義かもしれませんが。)



 蛇足ついでに記せば先の大戦は、「国とか地域の枠組み、伝統、文化、宗教、歴史、慣習etc、を守ろうとする勢力(それはフランス革命当時の議会で”右”と言われた勢力)と、それらを壊そうとする勢力(自由貿易主義、同”左”)の戦いであり、その結果後者が勝利した戦いであった」という見方も出来そうです。
 (実は直接的植民地支配から間接的それへの移行というのが正体でしょうが・・・)


 そうして、その延長線上に今日が在るだけなのでしょう。


 さてはて、如何なる事に成りますやら?


 くどくなりました。


 
スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/02
09
[ #463 ]

MISORA HIBARI

 前回、アマリア・ロドリゲスをポルトガルの美空ひばりの様な存在等と書きましたので、今回は・・・。


              love.jpg


 LOVE! MISORA HIBARI
 JAZZ&STANDARD  COMPLETE COLLECTION 1955-1966
 

 私の様な世代ですと、美空ひばり=演歌(エンカ・艶歌・・・)のイメージが強いのですが(そもそも演歌とは何ぞや?という事も考えなければ成らないのかも知れませんが、それをすると長くなりそうで・・・)、このアルバムを聞きますと現在でいう所の所謂”演歌”のイメージは殆ど無いですね。


 それよりも、その存在感と歌唱力の高さをしっかりと感じさせてくれます。
 流石、日本大衆歌謡の女王といった雰囲気です。


 当時の日本のレコード業界の都合かはたまた時代風潮か、日本語の歌詞で歌われた作品が多いのが少々残念な気もしますが、日本語の歌詞でも思った以上に違和感は感じません。

 個人的には、英語の歌詞で海外のミュージシャンの歌と比べて見る事が出来れば、更に興味深そうな気もします。

 また、バックの演奏がいかにも昭和30年代といった空気を所々に感じたり・・・。
 (それも有り、店でこのアルバムを流すと店の空気が昭和にタイムスリップといった感じになるのもご愛嬌)
 

 しかし、それらを差し引いても美空ひばりの歌唱力と存在感を改めて感じさせてくれます(何と艶っぽい歌声である事か・・・)。


 閑話休題。

 最近、由紀さおりさんの歌が海外等でも評価され国内でも再ヒットの様ですが、この様な状況の中で美空ひばりという歌手が生きていて、海外に紹介された場合どういった評価をされるのか?等と想像も広がりますね。

 その存在感等、私としては由紀さおりさんよりも上に思えますしかなりの評価はされそうな気もするのですが・・・。
 尤も由紀さおりさんの歌声や歌い方の方が海外、特に白人の人々の日本(或いはアジア)に対するイメージや期待に沿いやすいのでは?といった気持ちも有ります・・・。


 まあ、仮定に意味は無いという事で、カウンターでの話題に調度良い位の話ですかね?


 どちらにしろ、5~60年程前の曲ですが、改めて聞くと興味深いアルバムです。

  

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/02
16
[ #464 ]

冷血

 先日、お客様が貸して下さった本。


             画像 013

 「冷血」  高村薫
  

 興味深く読ませていただきました。
 私好みで印象深かった事や、TV等で変なニュース(グアムの事件)等を目にした事もあり少しばかり読後感をアップしてみたくなりました。



 著者の高村薫の作品、独特の濃い書き込みで男性作家かと思えるような印象です、・マークスの山 ・レディージョーカー ・照柿 ・太陽を曳く馬(未読) に続く合田雄一郎刑事のシリーズの最新作です。

 一応は連続刑事小説シリーズと成るのかも知れませんが、そうしますとエンタテーメント小説といった印象になりそうです。しかし本作品、そうした印象は薄い気がします。

 といいますか、この合田刑事のシリーズ、巻を重ねるごとにエンタテーメントから文学作品的な物に移行している様に思えます。


 エンタテーメント小説と文学作品、或いは純文学の境をどうするか?といった意見も有りそうですが、大雑把に言えば、楽しく読めてストレス解消といった作品がエンタテーメントで、著者の思索の過程なり結果を物語という形式を借りて表現しているのが文学作品、文学性や文章的技巧に重点を置くと純文学・・・。
 こんな感じで漠然と考えてます。


 そこで本作(冷血)ですが、エンタテーメントとして読むには後半の合田刑事の(或いはそれを借りた著者の)思索の書き込みがしっかりし過ぎな感じで(それはそれで私好みではありますが)、ストレス解消、スッキリといった読後感には成り辛い気がします。

 それと同時に、主犯格の「井上克美」の行動に納得出来るか(リアル感を抱けるか・感情移入できるか)?といった面でも、エンタテイメントとしては中々難しい気もします(私自身は十分リアル感も持てましたし故に興味深く読めましたが)。

 またこの辺りが、この作品の重要な部分にも繋がりそうにも思えます。



 では主犯格「イノウエカツミ」は、何故こんな犯罪を犯したのか?

 私なりの解釈ですが・・・。



 この主犯格(また共犯者も)、基本的に一人であるという事。
 言い換えますとどの枠組みにも所属していない、どのような世間、組織にも帰属意識を持っていない人間として書かれている気がします。

 家族、会社、地域共同体、友人関係、趣味のグループ・サークル・・・等々。

 (以前、このブログどこかにも書きましたが)結局人の生活や社会って、枠組みが意味を決定する面が強い訳で、どの枠組みにも帰属しないという事は、生きる意味を見出す事が困難に成るという事。
 言い換えれば、生きるという事が”死”を迎える迄の壮大な”暇つぶし”になってしまう可能性が強いという事。
 また、基本的に現代の個人主義(民主主義と言い換えても良いですが・・・)はそうした人間、個人を生み出しやすいという事。


 勿論、この作品の犯人2人も食うために仕事(住み込みのパチンコ店員、新聞配達員)はしている訳ですが、それはあくまで食うためであり、そこに意味は見出せていない。


 またこうも言えるかも知れません。何らかの枠組み(人間関係)に所属するという事は、すべき事(義務)が生じるという事。
 枠組みに所属しないという事は、すべき事(する事)が見出し辛くなるという事。

 そして”する事が無い”という事は、それはそれで非常に不安定に思えます。


 そこでこの主犯格が選択したのが、「パチスロ」という行為。(これは、重要に思えます)
 (またGTRで走るという行為も似た意味を与えられているようです)

 「パチスロ」を打つという行為。(私は一度もしたことは無いですが)
 パチンコ屋に入り、台を選んでその前に座った時点で”する事が出来る”という事。

 機械的にコインを投入し、レバーを叩いてドラムを回し、ボタンを押してドラムを止める。と言う行為(義務?)。
 そしてその結果として、少しばかりの能力(台を読むとか、目押しが出来るとか、設定を推理するとか・・・)(現実社会では役に立たないであろう能力かも知れませんが)と「運」があれば、まれに多くのコインを得る事が出来る。

 (速い車で走るという事も少し似ているかもしれません。アクセルを踏み込んでそれなりのスピードに達すれば、機械的に体を動かさないと、事故りますからね・・・。)

 

 何が言いたいのか?といいますと。

 この犯人。それこそ「パチスロ」を打つように強盗殺人を行ったという事。

 「パチスロ」を打つ事を決める様に犯罪を犯す事(何か大きい事をする、スカッとする事をする)を決定し、パチンコ屋を選ぶ様に盗みをする事を決定し、台を選ぶ様に被害者宅を選び、コインを投入する様に勝手口をこじ開け、レバーを叩いてドラムを回すように被害者を殴り、ストップボタンを押す様に二階を物色し・・・、そして運良く残高の多いキャッシュカードを手に入れた。
 更に景品を交換する様に、現金を引き出した。

 唯それだけである、という事。

 (金は有っても無くても良い、パチスロで勝てば嬉しいが、得る金の高自体がそれ程重要な目的では無いと同様に)
 


 そして、現代の日本はこうした犯罪がおき易い状況になったという事。

 たいした意味も無くホームレスを襲撃したり、誰かを虐めて自殺させたり・・・。人を刺してみたり・・・。


 (下巻のテーマはこうした犯罪に対し、司法や検察機構、警察は何が出来、また出来ないか、している行為に意味はあるのか・・・?といった方向なのでしょう)


 この本を読んで私自身、結構、身に詰まされたり・・・。

 この本を読んだと言う行為も、単なる暇つぶしかも知れませんし。こうしてブログ書いている行為も同様に・・・。

 ではどうするのか?(そんな事をここに書いても仕方無いので書きませんが。)


 そうした事を考えさせられた本でしたね。


 結局この本が書いているのは、枠組みの力が弱まり、意味が薄まった現代において(或いは自我が発見された現代に於いて)、生きる意味(或いは死)をどう整理するのかということかも知れません。


 西洋ならば一神教に縋るというのが定番でしょうが、我が国においては・・・。(ひたすら、上昇、自己拡大、力、金を得る事を目指すのですかね・・・・?)


 結局、自分で目的なり、生きがい?なりを見つけるし無いのですがね・・・。そうすれば”すべき事”も出来るでしょうから・・・・。

 そんな事を想う本です。

 くどくなりました・・・。

 

タグ :    /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/02
20
[ #465 ]

ワインのはなし 7

 前回、ベン・ハーという映画の中のワインなんて事を少し書きましたが、ベン・ハーのラストは、確かキリストの奇跡に拠りライ病者達が治癒するといったシーンであった様に記憶しております。

  そう、古代ローマ時代に置いての非常に重要な出来事の一つが、このキリストの誕生(BC4?)~キリスト教の迫害と普及(64)~公認(313)~国教化(392)・・・といった事で有るのではと思います。
 (と成るとベン・ハーの映画は西暦30年代辺りが舞台でしょうかね?)

 そしてこのキリスト教の誕生と普及が後の西洋のワイン文化に多大なる影響を与えた事も確かでしょう。
 (勿論ワインだけでなく、すべての西洋文化に多大なる影響を与えていますが・・・)

 その辺り、つらづらと妄想を膨らませてみますと・・・。


 基本的に一神教というもの余り飲酒は奨励していません。と言いますか酔っぱらう事を禁止していますよね?ユダヤ教にしろ、キリスト教にしろ、イスラムにしろ・・・、基本的に酔っ払う事、泥酔する事は禁忌。特にシーア派のイスラム教は飲酒自体禁止ですし、キリスト教も本来はかなり禁欲的。
 欲望におぼれる事、欲望自体をある種罪としている様思えます。
 この辺り、砂漠地帯を出自とする一神教に共通する事象でしょう。

 他方、原始宗教(アミニズム)の世界は飲酒に対して緩いですよね、酔っ払う事は神、或いは自然、向こう側(彼岸)に近づく事であり、そちら側を見る事でもあり、我が国などでは神は”酒を好む物、酔って騒ぐ事を好む物”といった認識が有った様に思えます。故に酒の基となった”サキ”という呼称もそうした意味がある様ですし。  


 そうした面では、本来ならキリスト教も飲酒全般に対して非常に厳しいはずなのですが、ここで有名な台詞が登場します。
 最後の晩餐でキリストの口から語られたという「パンは私の肉である、そしてワインは私の血である」という台詞。

 これによりワインはキリスト(神)の血、血液であるという重要な意味付けがされた訳で、これが後の世に与えた影響は大きいと思えます。
 後に修道院にてワインが積極的に醸される事に成るのもこの台詞故でしょうし・・・。もしかするとこの台詞が無ければ、イスラム教のように、飲酒が禁じられていたかも知れません・・・。
 (それでも基本的に普段酔っ払う事は罪として見られそうです・・・。飲酒・泥酔の悪徳なんて意識もありそうですし、反動として酔った場合のタガの外れ方も激しい様にも思えます。特に英国人? 笑 )


 しかし何故キリストは、パンを自らの肉体と比喩し、ワインを血液と比喩したのか?

 想いますに当時、紀元前後のローマ帝国、その勢力圏も広く最盛期とも言える様な時代で有ったと思われ、特にローマ周辺に住むローマ市民、貴族等は豊かで贅沢な生活が出来ていたと想像できます。

 現にワインに於いて品種であるとか、年代、産地等に拠る味わいの違いを楽しむ、といった事が行われ始めたのもこの時代でしょう、また食事とワインの取り合わせといった事が語られるのもこの時代からでしょうから・・・。

 更に香辛料や贅沢な衣服・繊維、香料・・・等も各地(特に東方)からもたらされる時代。

 つまりはそれだけ流通経済、貨幣経済が発達、定着していたという事でしょう。
 そして無制限な流通経済、貨幣経済の発達は、また圧倒的貧富の差の拡大をももたらす。

 特にキリストの生まれたと言われるシナイ半島周辺はこの流通の結節点。
 そして(そこでの)貧富の差の拡大は、悲惨な(生物として不自然な)状況をうみだし、治安の悪化等社会不安、社会の混乱も生み出し、貧者には絶望をもたらす訳・・・で。
 
 そうした社会状況こそが、キリスト(教)を生み出したともいえると思えるのです。
 それは後に商業地として全盛を迎えたメッカがマホメットを生み出した様に・・・。

 また故にキリストは(汚く儲けている)商業者、パリサイ人を非難するのでしょう・・・。そして人々の根源的平等をも説くのでしょう。

 その結果として不自然な存在である貨幣を、或いはそうした状況を生み出した貨幣経済を非難し、より根源的な生活、自然な生活への回帰の重要性の象徴として、パンを自らの肉体ワインを自らの血=自然からの恵み、とあらわした様に思えるのです。

 つまり大いなる自然の摂理=神、或いは神の摂理。という意識があった様に思えます。
 そしてその恵である(麦から作られる)パンをその肉体、(葡萄から作られる)ワインという液体を血と表したのでしょう。


 最近ブルゴーニュ辺りでは、”ヴィオ”というより自然農法的ワイン造りを目指す人々が増えていますし。またそれ以外のヨーロッパや他地域でも自然農法に帰着する傾向も強くなっている様にも思えますが、この辺りももしかすると、根っこにヨーロッパの民間信仰やキリスト教、あるいはそれらが(またはそれらを)生み出したヨーロッパの無意識みたいな物や、ワインに対する意識といった物があるのかも?等と思ったりします。

 
 戯言です

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.