FC2ブログ
2013/03
04
[ #468 ]

BILLIE HOLIDAY

 AMALIA RODORIGUS ~ MISORA HIBARI と続けますと次は・・・、


         BILLIE HORIDAY

 「THE COMPLETE DECCA RECORDINGS」  BILLIE HOLIDAY


 ビリー・ホリディのデッカ時代のコンプリートアルバムです。

 同じ曲の別テイクが何曲か収録されていたりで一寸マニア向けなアルバムかも知れません。



 ビリー・ホリディがデッカ・レコードに所属していたのは1944~1950年、29歳~35歳となりますかね。(亡くなったのは59年44歳)

 この時期のビリー・ホリディがどうであったのか?(絶頂期という人もあるでしょうし、この少し前の時期がベストという話も、或いはデッカを出た後が・・とか、やはり最晩年の崩れた感じが好きとか・・・)

 
 私個人としては、その前の絶頂期から段々と崩れていく時期?なのかな?等と思えます。

 その辺りのどこか破滅に向かう暗さ、或いはそのの影の様な物が微かに聞こえる気がするのです・・・(と同時に、一寸投げた感じの明るさとか・・・)。


 しかしビリー・ホリディの歌声、リズム、或いは存在感という物もまた、オンリーワンという気がします。

 特にその情感といいますか存在感(の重さ)といいますか・・・。
 
 彼女の歌声にあるある種の重みといった物も、その壮絶な越し方を思えばそうなのかと思える気もします。
 黒人であることに因る差別、女性であることに因るハンデ、貧しさ、春をひさいで糊口を凌いだ体験、男運の悪さ、アルコール、ドラッグ・・・等々・・・。

 それらすべてが、彼女の歌声に存在感を与えている様に思えます。


 そこでこのアルバム、考えれば彼女が女性ベスト・ジャズウイメンに選ばれた後、徐々に堕ちていく時期に当るのかも知れません。(アルコールの影響もありそうです・・・)

 それはそれで雰囲気のあるアルバムなのです。
 (たまに店が暇な時などに掛けたくなるCDです)(私もどちらかといいますと根が暗いもので・・・)

 
 
スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/03
10
[ #469 ]

お花見 第一弾

 先日広島市内に出かける用事が有り、その用事も存外に早く片付き天気も良いという事で、こちらに立ち寄りました。
 

現美

  比治山に在る、広島市現代美術館。


  
 ほんの少しですが桜餅、パン、スパークリングワイン等を買い込み・・・。
 一寸したピクニック&お花見気分です。


 桜餅

 
 美術館周辺に梅の木は少なく、桜には当然早かったのですが、ポカポカ陽気で気持ち良かったですね。


 それから、美術館で行われていました特別展示を鑑賞・・・。


 「路上観察をめぐる表現史 考現学以降」 非常に気になっていました展示です。


 非常に楽しかったですね。

 特に入り口を入って直ぐの”今和次郎と吉田健吉”のブース、次の展示スペースの吉田健吉のブース。
 完全に私好みです。

 この辺りがまさに”考現学”の展示でしょう・・・・。

 最高です・・・・。


 大正15年の銀座のカフェの女給さんの衣装の比較とか、当時の銀座の商店地図、更に銀座を歩いている紳士淑女の服装調査とか・・・。ピンポイントに私の好み・・・。

 更に戦後のバラックの建て方とか、上野公園のホームレスの観察記、深川貧民窟の商店の品物の調査とか、早稲田・慶応・東大のキャンパス周辺の商店の配置・・・。

 某食堂の食器のヒビの入り方の考察なんて・・・、笑えます・・・・。


 この只々しつこく調査、観察、記録する姿勢と結果・・・・。
 完全にシンパシー感じます。



 それに比しますと、地階の80年代の展示は少々自己主張が強すぎると言いますか、軽薄と言いますか・・・。
 (まあ時代なのかも知れません・・・、パフォーマンス・自己表現何て言葉が流行った時代でも有りますしね・・・、某雑誌のVOWとか・・・)


 それはさておきこの展示・・・・、お勧めですよ・・・・・。


Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/03
12
[ #470 ]

お花見 第二弾

 先の日曜日、お花見第二弾。
 と言いますか、牡蠣でも焼いて一杯飲りませんか?という企画。

 場所は東広島市の某所(海の傍)。
 


 当日用意した酒は・・・・。


 酒


 シングルモルト3本
 (ボウモア・ラガヴーリン・某方持込のカバランのシェリー樽)

 ワイン4本
 (シャブリ3本+ブルゴーニュのピノ・ノワール)

 日本酒
(宝寿・生一本)

 他・・・・。


 完全な酒飲み仕様です。


 食べ物は、殻付き牡蠣をメインに地物の鯛。他に鴨、手羽中・・・・等々。
 絶品シフォンケーキも2ホール。



 牡蠣

 炭火で、牡蠣&鴨肉を焼くの図・・・。



 一応、花も見ましたよ・・・・。


 梅


 満開(散り初め)の梅。


 20日程致しましたら、今度は桜で遣る予定です。

 なんだか今年は花見の回数が増えそうです。

 ダメ人間になりそうです・・・。(いや、既にダメダメか・・・・?)



 

タグ :    /

日記・・・の様な物CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/03
16
[ #472 ]

体重

 最近どうも太り気味といいますか、体が弛んで来た気がします。
 正月太りが後を引いてると言いますか、はっきり言って運動不足気味。


 身長は18歳の頃から伸びなくなった(もしかすると最近少し縮んでいるかも知れません)にも係らず、体重だけは着実に増加して来て居ます。

 ほぼ着実に、毎年500gづつ・・・・。


 あえて式にすれば、
 体重(kg)= 49+0.5 × 年齢(歳)    ・年齢≧18
 となります・・・。

 しかしそう成りますと、年齢が98歳に達したときには体重も98kgとなる計算ですが・・・。

 (生きてないかな?)(実際には、そろそろ体重の増加も止まった気もしています。)


 
 勿論、身長と体重だけで健康が計れる訳では無いですし、あくまで目安ですね・・・。
 そういえば、BMIなんて指標もありました。
 しかしそうなると私の場合、この値が年齢と共に増えている事になる訳ですが、体調とは余り関係ない気がしています。


 体調といえば、実は私、自らが自営業であることにかま賭けて、ちゃんとした健康診断をここ10年余り受けていません。
 最近、この健康診断も国民の義務の様に言われますが、はっきり言って苦手なんですよね・・・。
 病院と言いますか・・・・、他者に管理される事。


 思い返せばここ2・30年位前から健康増進法とか、メタボ検診とか、ワクチン接種の推進とか、健康診断の推進(義務化?)とか、そうした面がやたらと強化されている気がします・・・。

 個人が健康で在る事が、まるで政府に対する義務の様に・・・。


 派遣労働法の改正等と併せて考えますと、労働者(労働力)という物(商品)のQC(品質管理)に政府が積極的に乗り出してきた(派遣業の変わりに?)という事なのでしょうか・・・。
 等と書くと穿ち過ぎですかね?  (笑)



 閑話休題、では自身の体調はどうやった計っているのか?

 はっきり言えば、”今日も元気だ煙草が旨い”ですかね?
 調子悪ければ、当然、自分で解かりますし・・・・。

 他、スポーツクラブでたまに細かい筋肉量や脂肪量等を測ってもらったり、献血時の成分分析を参考にしたり・・・。

 まあそれも5年程前まで、最近はホント何もしていません・・・。(大丈夫か私・・・?)



 因みに、5年程前に某フィットネスクラブで測って頂いたInBodyチェックの値は・・・。

 体重     69.4kg 
 骨格筋量   36.0KG
 体脂肪量    6.4KG

 BMI     22.2
 体脂肪率     9.2%
 内臓脂肪断面積 30.8


 確か、献血の成分も全て基準範囲内だった記憶が・・・・。(飲む、呑む、喫むの生活の割には・・・)


 今は自信が無いですが・・・・。




 そろそろ暖かくなって来ましたので、老後に備えて少し鍛えなおしますかな・・・。


 ますた
  
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/03
19
[ #473 ]

近所の美術館

 たまには近くの美術館にと、こちらに行ってみました。


 東広島美術館

 東広島市立美術館
 

 今回は少し気合の入った企画展示が為されていますようで、市内各所にてもポスター等目に付きまして・・・。

 その企画展示は・・・。


 渋み

 「渋みの世界」   現代の造形ーLife&Artー
 ー西条柿へのオマージュー


 柿渋&西条柿をテーマとした現代アート といった企画の様です。
 (最近の東広島市、現代アートづいているのですかね?)

 1Fは、西条柿をテーマにした地元作家の展示
 2Fは、柿渋染め、或いは柿渋色をテーマとした現代アート
 


 この美術館、東広島市内に在るのですが、立ち寄ったのは初めて?2度目?
 どちらにしろそういった具合です。

 田舎町のこじんまりした美術館と言った印象で、結構時代も感じます。(戦後の高度成長期の建築の雰囲気です)




 閑話休題、今回の展示の柿渋染め、改めて観て見ますと素朴で良い色です。
 庶民の色、農民の生活の色、といった印象です。



 暖かく成って参りましたので私も少しづつ行動的に成ってます。

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/03
21
[ #474 ]

こちらもスタート

 冬の間は冬眠状態でしたが、こちらもボチボチと活動開始といった気分です・・・。 
 社交ダンスのコンペ。


 ダンス

 こんな事をしてる訳です・・・。


 昨年のこの大会からエントリーを始め調度一年。

 冬の間ほとんど練習が出来て無く、エントリーはしたもののどうなる事やらといった感じでしたが、やはり練習不足は否めず全くどうしようもない状況・・・・。
 
 昨年の大会からは1クラス上にエントリーのわけですし・・・。


 それでも一応は決勝には残れたました、良しとしますか・・・。


 一応


 まあ、ボチボチとやっていきます。

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/03
24
[ #475 ]

蒸留酒のはなし

 漸(ようや)く蒸留酒の話ですが、人類が蒸留酒をに造る様になった事は酒の歴史においてかなり大きな転換点であった様に想えます。


 拙店のバックバーに並んでいるお酒の多くも蒸留酒ですし。
 例えばウイスキー、ラム、ブランデー、ジン・・・・皆、蒸留酒ですし、一般にリキュールと呼ばれる物も基本的には蒸留酒(スピリッツ)をベースに造られている訳ですしね。


 ではこの蒸留酒、いったい何時、何処で、誰が作ったのが最初であるのか・・・?といいますとやはりハッキリした事は判らない訳でして・・・(現代のように特許の登録がある訳では無いですものね・・・)。


 7~8世紀頃からアラビヤ(中東)で始まったとか、中国で生まれた技法が火薬や羅針盤同様に中東に伝わり発展したとか、色々と説があります・・・。

 我々の世界で一般的に言われるのは、8世紀末、アラビア人学者のジャビール・イブン・ハイヤーンが現代に繋がる様な蒸留器を発明し、様々な醸造酒を蒸留したという事を嚆矢とするのが適当であろうとされています。

 中国発祥という話も全く否定出来ないかもしれませんが、少なくとも現在世界中で呑まれている蒸留酒の直接的ルーツは、8世紀のアラビヤの化学に求めて良いかと思われます。


 何故か?といいますと名前ですかね?

 中東で用いられた蒸留器の事をアランビックと呼ぶのですが、江戸時代の日本でも蒸留器のことを羅牟比岐(ランビキ)と呼んでいたり、また焼酎の事をランビキ酒と呼んでいたりします。
 また東南アジアの蒸留酒の多くがアラックと呼ばれていたり(尤もタイのラオカオ=広東語系で米の酒の意、カンボジアのスラーソー=クメール語で白い酒、何てのは中国文化圏の感覚でしょうが・・・)(そう言えば、ベトナム辺りはウオッカとネーミングしたものも多いかな?)。
 トルコ等中東地域で作られる蒸留酒やリキュールもラキ(ラク)と呼ばれていますしね。
 (ブルガりヤの蒸留酒はラキアだったか)(そういえば、ベルギーにもランビックと呼ばれるタイプのビールも在りました・・・)


  アラック  スリランカのアラック   ラキ  トルコのラキ


 どちらにしろ、8世紀前後に中東周辺で確立されたというのが、今のところ納得出来ます話でしょうか。


 ではどういった経緯でそこに到ったのか・・・。

 この辺りの話もキリが無いのですが・・・・。


 蒸留技術というものはもっと以前より存在していました。

 古いところでは紀元前数千年のメソポタミア辺りには既に原始的蒸留器が存在していたそうですし、また紀元前2世紀頃にはエジプトのアレキサンドリア辺りで蒸留技術を使い、盛んに香水(香料)が造られていたといわれます。他、古代フェニキア人は蒸留技術を使い海水から真水を得ていたとか、古代ギリシャの学者等も蒸留を行っていたとか・・・・。

 また、錬金術という言葉も付いて回りそうです。
 
 その辺りを大雑把に言えば、古代(エジプト・メソポタミア)辺りから存在していた自然科学や化学的動きがギリシャで発展し、それを古代ローマが吸収。
 その後ローマ周辺ではキリスト教の国教化により科学が遠ざけられ、アレキサンドリア等の中東に残っていた物やギリシャの物を引き継いだイスラム勢力が吸収発展させ、開花したのが8世紀頃となるのですかね。


 現在ではイスラム教と科学。日本人からすると余り親和性を感じないですが、少なくとも当時(中世以前)は、キリスト教圏よりもイスラム圏の方が科学技術は発展していたわけです。

 例えばモスク等に見られるアラベスク模様や、その装飾って圧倒的に幾何学的ですよね。

 
 その辺りを考えますと当時のアラビヤ圏。自然の摂理やそれを現す数式や幾何的公式の中に、神の存在を見出していたのかも知れないとも思えます・・・・。


 いつものごとく、話が逸れてしまいました・・・・。



  

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2013/03
25
[ #476 ]

暖かくなってきましたので・・・

 暖かくなって来ましたので、少しばかり構ってやってます。

 私の街並み探索のお供。



 愛機


 20年近く乗ってますので、結構くたびれています。

 基本的にはノーマル?かな? 近所を動く時の下駄代わり&街並み探索のお供が最近の主要な使い道。


 その割りにはハンドルが下に付いています。
 カウルもそれにつれて下がってます。
 ステップも上に付いてます。


 
 まだまだ現役です・・・。と言いますか、しつこく付き合っていく心算です(まあ、買い換える元気も無いですが・・・・)。

 

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.