FC2ブログ
2014/10
05
[ #652 ]

海田辺り

 先日良い天気でしたのでガレージからバイクを引っ張り出し近所を散歩、向かったのは海田市辺り・・・。

 海田市はその地名からも判る様に、江戸期には市の立つ西国街道の宿場町、本陣も置かれていたということで古い街並みや建物でも在ればということです。
 また瀬野川という水運にも良さそうな川も在り、また西には船越という地名。古くは貝田という字があてられていたという話もあって水の存在を感じる面も・・・、更に明治以降は山陽線と呉線の結節点として交通の要衝といった面も・・・。

 まあ、遊郭は存在しなかった様ですが(笑)、芸妓置屋は在った様です。


       地図



 という事でその辺りを歩いてみる事に・・・。



 旧西国街道沿いに江戸期の建物が、多くは無いですが残っています。

   海田3 海田4


 ただ本陣は説明板が有るばかり。

 説明版


 西国街道やその周辺をしばらく散歩。戦前の物と思われる建物も幾つか残り、小さいながらウダツの揚った建物が何軒かあります。

 駅の北側、西国街道との間が往時の繁華街でしょう・・・。


 海田2 床屋 海田

 現在は寂れ気味ですが幾つか雰囲気の有る建物も・・・・・。


 また散歩の途中こんな物も発見、

 レーサー

 確かここは地元では有名なマフラー(エキパイ)屋さんだった場所ですね。


  
 また、海田というともう一つ気になる物がありまして。
 それはこれ・・・、


    九十九橋
      九十九橋。


 一風変わった構造をしております。


 九十九橋3   (このアングルが判り易いかな、バイクが邪魔?)


 確か終戦直後の枕崎台風で先代の橋が流出、架け替えられた物です。


 九十九橋2

 昭和25年の竣工ですが、往時は敗戦に拠り資材不足という事で、山口県光市に在った海軍工廟の建物の廃材を再利用して架けられたとの事。
 確かに橋の部材としては一寸安っぽい”Lチャンネル鋼”で組まれています。
 更に各所に米軍の空襲で受けたと思われる弾痕が・・・。

 弾痕   (という事は、ブローニング12.7ミリ機銃弾の物ですかね?)


 そしてもう一つ、九十九橋には人柱が入っているという噂を聞いた事が有るのです・・・・。




 更についでと言っては何ですが、矢野の街にも少しだけ立ち寄りまして。

 この矢野の街、明治から昭和の前半にかけて”かもじ”の町として全国に名を知られていたそうで(全国で生産されるかもじの90%近くもここで造られていたとか)、何かそれらに関するもの(例えば資料館)でも有れば・・・、と立ち寄って見たのです。

 因みにJR矢野駅はかもじ(鬘)の形をイメージしてデザインされているとか・・・。


 矢野駅

 しかし、らしい物は見つからず・・・、強いて言えば”かもじの碑”が残っているくらい?

 かもじの碑


 洗い場?

 これは、かもじの洗い場跡かも知れませんが・・・。

 
 あと、海田や矢野も含めこの周辺、往時の軍の存在をけっこう感じるのですよね、招魂碑とかが多く・・・。
 考えて見ますと我々戦後世代は、広島=被爆地=平和都市と教育されましたが、戦前の広島は明らかに”軍都”。
 広島城址には一時期大本営も置かれていた訳ですし、呉には海軍も・・・。福山だって・・・。
 そして軍需工場も・・・。
 海田の自衛隊駐屯地も基は陸軍の補給品廠でしょうしね・・・。


 どちらにしろ、近所でも興味深い場所や事柄はまだまだありそうです。

 
 
スポンサーサイト

タグ :   街並み  /   バイク  /   古地図  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/10
09
[ #653 ]

TANGO MAESTROS

 前回のCDはボタン式アコーディオン(トリキティシャ)がメインでしたが、ボタン式の蛇腹付き楽器といいますと、やはりバンドネオンが思い浮かぶ訳でして、そこで今回はこのアルバム。


          タンゴマエストロ

 「CAFE DE LOS MAESTROS」    TANGO MAESTROS
 
 
 映画 「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロ達」 の基となったCDと言いますか、サントラと言いますか。

 この映画のことは以前アップした記憶も有りますが、好みの映画でしたね、兎に角、出演している演奏家のじっちゃん、ばっちゃんが格好良くって色気があって・・・・。

 で、このアルバムです。

 演奏者が年配の方たちが多いと言う事もあるのでしょうが、古めの曲が多くミロンガ等も演奏されそこがまた嬉しいのです。
 尤もミロンガとタンゴの違いは?何て聞かれますと、実は良く解っていないのですが(笑)。
 どちらにしろ、ピアソラ以降のタンゴは現代的タンゴで、それ以前のものは少々土着的といいますか南米の大衆歌謡的な空気が残っている印象があります。
 このアルバム(映画)の演奏もそうで、何といいますか、現代的タンゴの演奏をアメリカのオーケストラのものとするとこれはヨーロッパのオーケストラの物の様な雰囲気といいますか、少し情緒的?ウエット?な印象。

 これがまたよいのです。

 既に鬼籍に入られた演奏者も多いと思われ(それほど高齢な人たちの演奏、でも格好よいのです)、そうした意味でも貴重なアルバムかも知れないと思ったりしますね。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/10
13
[ #654 ]

わくぐみ 3

 しつこく前回の続きです・・・。

 近代化により従来の”わくぐみ”が解体され、社会が最小のわくぐみ=個人の集合体化していった面がある。と同時に近代になって新たに生まれたわくぐみ=企業とか各種団体等の組織がその個人を取り込み、組織の=個人の意味といった方向になって行った・・・。
 しかしそれはそれとして、1個人に立ち返った時=プライベートな時間等にはやはり個人としてのわくぐみ=意味は考えざるを得ないという宿題は残ったままでは無いのか?なんて話だった筈・・・。


 で今回は個人と言うわくぐみ、言い換えれば個人の意味?”自我”なんて呼んでも良いのかも知れませんがその辺りをいいたい放題に・・・・。


 自我。つまりは自分とは何者なのか?存在の意味は?何て事なのですが、先ず人が最初そういった事に目覚めるのは3歳位ではないのか?と言われています。
 3歳位になり言葉が少しづつ喋れるようになると自己と他者の認識も出来るようになり、母親等の言うことを聞かなくなったりダダをこねたりするようになる。(これを第一反抗期とも呼ぶとか?)
 確かに3歳児~小学校に入ったばかりの子って、玩具屋等でダダこねている印象が強い(強かった?)のですよね。


 その後小学校に入り、周りに自分と同じような年頃の連中の中で過ごすようになり、ある種の社会性の様な物も生まれたり、また色々の言葉(=見方、考え方)等も覚え、10歳頃からか、学校や家、親とか友人とか自分、生と死・・・・色々考えたり悩んだり解った様な気になったりする様になる。(思い起こせば確かに自分もそうだった様な・・・)(この辺りを2次反抗期というとか言わないとか・・・・?)

 で、そうして考えたり思い悩んだり・・・、何てことを教師とか親とかに相談すると・・・・・。


 まあ、現代では返っててくる言葉のパターンとしては、「そんな事ぐずぐず考えても仕方ないでしょ、それよりは今は学校の勉強をしっかりやって(偏差値の)良い大学に入る事が一番、そうすれば将来の選択しも増えるし、先ずはそれが大事です」。
  とまあこんな答えですかね・・・?


 そこで、その様に言われた子供達はどうするのか?
 
 1、そうした教えに従い面倒な事を考えるのは止め、何はとまれ学校や塾で教えられる事や教科書に書いてある事を覚える(適応する)。そして大学に入り、更に安定した大企業や役所等に就職。企業や役所の色に適応し一人の社会人(=大人)の誕生となる。

 2、良い大学に進む事だけが正しいとは思えない、或いは学校教育に適応出来ない・したくない、でも個人で考え続けるのも面倒くさい・・・・。
 で、友人グループやライン繋がり、何かのチーム等・・・・に帰属し、そうしたわくぐみ(グループ)に適応する。

 3、進学だけが意味とは思えない、でも2の様に徒党を組むのも好きじゃない、出来ない。でも一人で考え続けるのも面倒臭い。そこで、(他者が造った)何らかの方向性や意味に依存する。(例えばブランドとか新興宗教、主義・思想とか・・・)
  

 
 で、どうなるか?というと・・・。



 1の場合、確かにある面立派な社会人=大人なのでしょうが・・・・、下手をすると前回書いたように一人称が会社なり部署なりになってしまう。 うちの社では、部署では、組織では・・・・、何て事ばかりになってしまう。
 しかしそれって、その組織に属して無い人間(他者)からみると、結構”変?”ですよね?
 場合に拠っては女性から、「貴方って自分が無いのね」何て言われたり・・・(笑)。
 更に言えば現代の企業では、企業の利益(=金儲け、組織防衛)こそが全てといった面が強く、金儲けが全てって、言ってみれば(昔の言い方では)、”ひとでなし”的に成ってしまいますよね・・・。


 2の場合も同様に、グループの外の人間から見ると”かなり変”て事になりかねない。所謂”ヤンキー”と見られたり・・・。
 下手すると灰ヶ峰の事件の様になったり・・・・。更に将来的には反社会(暴力団)的?に成ったり・・・・。
 これまたはこれで”ひとでなし”と言われそうです・・・・(笑)。


 3の場合、主義(例えば民主主義とか国粋主義とかマルクス主義・・・・)や思想(例えば嫌煙思想とかジェンダー思想・・・・)、特定のキーワード(例えばマナーとか平等、国家、人権とか)の価値観ばかり押し付ける人に成ったり・・・。
 あるいは新興宗教等を人に押し付けたり・・・・・。所謂面倒くさい人といいますか、何といいますかこれも下手すると”ひとでなし”と呼ばれそうで・・・・。


 詰まり、面倒くさいからって自分で考えることを止めて現代に適応すると、下手すると、ある種ひとでなし的になってしまう可能性が高い・・・・、と。


 では、面倒くさくてもひたすら自分で考え続けると・・・・・。(パターン4? 笑 )
 「我想う故に我在り」に成ってしまったり。
 デカルトのコギトですね。まあこれを近代自我の嚆矢と呼んだりもするのでしょうが・・・・。
 でも、これって我(自分)しか無い訳で、他者も無ければ社会や歴史に対する想像力も無い訳で・・・・。

 で、下手をすると・・・・、ひたすら「僕は僕は僕は・・・、私が私が私が・・・・」に成ってしまったりね。(そういえば昔、ビートルズの曲に「Ⅰ me mine」何て在りましたが、流石ビートルズというかレノンというか・・・笑 )
 

 で、他者から「餓鬼かよ!」と言われたりね。
 それでもしつこく「でも、だって、僕が・・・・」何て言い続けると・・・、「わりゃ、なめとんか!」何て言われて・・・・。


 
 ではどうしろと・・・・?



 個人を殺して組織や世間のわくぐみ(やり方)に適応しすぎると”ひとでなし”と成り、それは可笑しいと想って自分で考え続ける(個人のわくぐみを重視する)と”ガキ”になってしまう訳で・・・。
 ほんと現代って困った物というか何というか・・・・。


 ん~~、やはり落語の世界(に学ぶのが)が楽しい気がします・・・・。

  
 続く・・・・(のか?)。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/10
16
[ #655 ]

万作の会

 こんな物を観て参りました。


     ポスター
 

 狂言です。

 
 狂言を生で鑑賞させていただくのは何時以来でしょう・・・、それくらい久々の体験です。
 芸術の秋ということでたまにはこうした事も・・・と出かけてみました。

 そして非常に楽しく観賞出来ました。


 会場となりましたアステールプラザの中ホール、適度な大きさで演者の声も聞こえやすく良い感じ。

 演目は昼の部でしたので”佐渡狐”と釣針”。
 それに先立ち野村萬斎氏の事前解説が有りまして、これがまた慣れていらっしゃるといいますか、解り易く聞き易く楽しく・・・・。
 勿論、演目自体も楽しく、面白く・・・・。


 能とか狂言、恐らく当時(室町後期~)の形態をかなりそのまま伝承し演じられているのではないかと想うのですが、言葉等も含めあまり違和感無く楽しめるのですよね・・・・(事前解説の効果も有ったかも知れません)。

 勿論現代とは異なったもの・・・、例えば”佐渡狐”に出てくる”鶯の鳴き声”(これ等は現代とは全く異なりまして・・・当時の人々にはそう聞こえていたのでしょうね)等も、それはそれで興味深いのです。

 思えば約400程前から我々日本人のメンタリティーといいますか、感覚といいますか・・・、それ程変わっていないのかも知れません。
 
 特に言葉、上演後にパンフレットを開いて見ますと、内側に”語句”の解説がしてあったのですが、殆ど現代でも(少なくとも私にとっては)通ずる語句と思えます。
 なんといいますか、日本語の良さの様な物も再認識させていただいた様な一日となりました。




 追記。

 二つ目の演目、”釣針”で、太郎冠者が女衆を釣る場面の、「釣ろよ~、釣ろよ~、OOを釣ろよ~~・・・。」の節、言い回し。
 お座敷遊びの”狐つり”の節、といいますか・・・。
 

 その辺りも発見といいますか、楽しかったですね。
 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/10
19
[ #656 ]

Fomula E ?

 一月ほど前の事、観るともなしにTVを点けておりますと”Fomula E”の開幕戦何て物が放映されておりまして、遂に時代はここまで来たのか?という想いもありつつ観てみたのですが・・・・。

 観終わっての感想は・・・

 ”何ですかこれは?”  といった感じ。
 

 開幕戦という事もあり予備知識”0”で観た事もあるのでしょうが、感情移入出来ないといいますかアドレナリンが出ないといいますか、兎に角私が想うモータースポーツという物とは少々異なる印象だったのです。


 その違和感の正体は?といいますか・・・、
 例えば最終ラップの最終コーナーで大きなクラッシュが有り、それが非常に不味い(コックピット側からウォールにぶつかるという)形の物で、これは不幸な事故になったかな?と思って観ていますと、パイロットはピンピンしている訳です。
 恐らく80年代以前のF1等では死亡事故かそれに近い物になっていたと思うのですが・・・。

 別に死亡事故が観たい訳では無いのですが、完全なる安全が確保されたモータースポーツって如何な物かと思う訳なのです・・・。


 勿論そうなりますと、そもそものモータースポーツの魅力とは何ぞや?という事も考えなければいけない訳ですが、私が思うモータースポーツの魅力。それは現代の”祭り”の様な面を持つ事ではないかと思うのです。あるいは祭りがもつ”ハレ”の空気、時間、空間、その香りの様な物がその魅力・意味ではないかと思っている訳でして・・・。

 では”ハレ”とは・・・・。
 まあ非日常ですかね(それに対し日常は”ケ”と言われますが・・・・)。


 日常、詰まり”ケ”の空間では無益な争いをしない事、闘争しない事が”善”な訳で、またその為に人々が持つ動物的・本能的な面や衝動を表に出さないようにしなければいけない訳ですよね。
 例えば性的な事や死の香り・・・、
 言い換えれば日常では、危険な事はしない、無駄はしない、むやみに異性にモーションをかけない・・等々。


 それに対し非日常”ハレ”=”まつり”の日には、男達は自らの男らしさ・勇敢さ・遺伝子の優秀さアピールするために適度な闘争が承認される。また、夜這いなども可であったり、無駄=蕩尽も肯定される。

 伝統的けんか祭り等が典型でしょう・・・。
 早い話がホモサピエンスの発情期の様な物ですかね? (笑)
 
 またそれ故に危険や死の香りもつき物で、空間を包む(鳴り物の等の)音も必須。更に恐らく参加者からアドレナリンやフェロモンの香りも析出しているでしょうし・・・。その辺りがまつり(ハレ)の魅力と思うのですが・・・・。


 振り返って”Fomula E”。排気音も無く、環境にも配慮し、安全で・・・・・・・。

 しかしそれって、日常(ケ)の領域の物ですよね?

 そんな訳で結局”Fomula E”、単なるイベントとなっている様に見えるのですよね。(観客の表情を見てもアドレナリンが出ている様にも思えないし・・・)

 まあ21世紀、生活自体がサバイバル的になりつつある故か、逆にイベントや祭りでやたらと安全とか、繋がりとか、癒しとか、仲良くとか、絆とか・・・・、声高に言われるのかも知れませんが、それって私からすると”逆じゃない?”と感じるのですよね・・・・。


 まあそうした面でも”Fomula E”は21世紀的なのかも知れませんが・・・・。
 (スペインでは闘牛も禁止になったそうですしね)



 では旧来の祭り的空気を保ったモータスポ-ツはあるのか?といいますと・・・、


 ”マン島TT”が思い浮かびます。


 島を閉鎖しての公道レース。(未だ100年には至って無いでしょうが)長い歴史のあるレース。そして死者は・・・、
 恐らくのべ240名以上。つまり毎年3名近い死者を出しつつ続いている訳で・・・。
 これこそ祭り的といいますか・・・。まあ、我が国でも諏訪の御柱祭等も怪我人が毎回出ても続いている訳で・・・・。


 マン島、確か独自通貨発行したり・・・、で ある種都市国家的、独立国家的要素もあるゆえ可能かも知れませんが・・・。闘牛すら禁止された今日、このTTレースだけは変わらない形で続いてもらいたいですね。
 (モルトの蒸留所は確か無かった筈ですが一度は観に行ってみたい場所、レースです)
 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/10
24
[ #657 ]

ギヤマン

 仕事柄興味を惹かれまして、また芸術の秋・文化の秋とも言うことでこんな展示を観て来ました。


        ギヤマン
   
 会場は三次市の奥田元宋・小由女美術館。
 ここ数年興味深い特別展が多く、訪れる回数が増えています。
 ドライブにも良い距離ですしね。

 今回は天候も良さそうという事で・・・・。


     駐車場
 こちらを選択・・・。

 天気は良かったのですが、風が少々肌寒く感じました。秋ですね。



 その展示ですが、ガラス製品のうちの何割かは酒器が占めるのではないか?と思い(バーにおける酒器の多くはガラス製品ですし)、又、江戸期という時代も惹かれる物が多く・・・という訳で訪れたのですが、点数も多く見ごたえの有る展示でした。
 やはり酒器として造られた物が多く、時代における意匠の流行や地域における差異なんて物も興味深いですし、またそうした物がわが国では茶器として箱に収められ、箱書きが付いて・・・・、何て事も楽しめました。
 角屋所蔵の物が何点か在った事も個人的には嬉しかったり・・・・(笑)。


 解説も全体としてはわかり易く・・・・。

 唯、ある酒器の説明文には少々疑問も・・・・。それは・・・・、
  ~このギヤマンはポルトやマディラ等のリキュールを飲む為に造られた~~
 というところ。

 ポルトやマディラはフォーティーファイドワインに分類され、リキュールとは異なるのですが・・・(まあリキュール=”酒”という意かも知れませんが・・・)。

 マディラ等 では無く、 マディラ等 の記述の方が良いと思われるのです・・・・(他、少々物足りないと思える部分も一寸・・・)。職業病ですかね?
 (こうした事は学芸員様に伝えるべきなのでしょうか?)
 

 閑話休題、全体としては満足感の高い展示でした。


 またついでと言っては何ですが、こちらにも・・・。

    香


 近くに在る”みよし風土記の丘ミュージアム”で開催中の

 ”かぐわしき日本の香り   -香の歴史と美ー ”  展です。

 これまた思った以上に展示点数が多く・・・・。興味深い展示でした。


 唯、ここのミュージアムの展示、いつも想うのですが照明がかなり落とし気味・・・・(仕方ない面はあるのでしょうが) 。

 特に壁際の展示ケース内の展示(壁に架けてある、画や書や解説)が非常に見辛いといいますか、私の様に目の弱っているおっさんにはかなり辛いのですよね。(といいますか、他の方は大丈夫なのかな?)
 
 展示物や解説も非常に興味深かったのですが、途中で読む事は断念しました。

 少々もったい無い気が・・・・。


 しかしそれはそれとしてこの二つの展示、楽しませて頂きました。
 何といいますか、江戸期の我が国の職人技の素晴らしさや、それも含め当時の人々の精神的な豊かさとか余裕とか想像力・・・etc 。そんな事を想いましたね・・・・。


 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/10
31
[ #659 ]

シェリーのはなし 3

 14世紀半ばから15世紀半ばに架けての100年戦争で英国はボルドーを手放し、それに寄って英国に輸入されるワインの産地がフランス(ボルドー)から、スペイン産(シェリー)の比率が増えていった・・・・、何て事を書きましたが、ではその後はというと・・・・?

   
 順調にシェリーの輸出量は増えていった様です。しかし、ここで問題が起きるのですよね・・・。

 それは英国のヘンリー8世の離婚問題。
 これが基で当時の教皇はヘンリー8世を破門(1538)、これを切っ掛けに英西間の関係が悪化して行くのです・・・。

 で、海賊の登場とか色々と・・・。更に英西戦争(1585~1604)へ・・・。

 で、シェリーの出荷も減少・・・・、
 となったかどうかは実は良く解らない面も有りそうで・・・・。



 こんな話があります。

 1587年、カリブ海周辺を荒らしまわった著名な海賊”フランシス=ドレイク”がカディスの港を襲撃、多量のシェリーを略奪、その多くを英国王室に献上。これを切っ掛けにその後の英国王室でシェリーがブームとなり、消費も飛躍的に増えたとか・・・。
 もしかしたら休戦後の事かも知れませんが、戦争と商売は有る面、別、という事なのかも知れません・・・。

 閑話休題、このときドレイクが略奪し王室に献上したシェリー。今で言えば”オロロッソ”と言われるタイプだったそうで・・・。といいますか、当時ヘレスで造られ(カディス等から)出荷されていたシェリーは全てこのタイプであったとか・・・。(シェリー=オロロッソであった) 
 アモンティリャードやフィノなんて言われるタイプが出てくるのは、だいぶ時代が下ってからだそうです・・・・(19世紀)。

 となりますと、シングルモルトウイスキーが詰められた樽も、初期はオロロッソの樽であったという事なのでしょうね。

 しかしカディスが輸出港として著名になる前、シェリーの輸出港はサンルーカル・デ・パラメーダで有った訳で(そういえばコロンブスもここから出航した事があった筈・・・)、そこの名産といえば”マンサニージャ”・・・・。
 当時のマンサニージャはオロロッソの様なタイプだったのですかね???


 閑話休題、当時の英西関係がらみの逸話をもう一つ・・・。

 16世紀に英西関係が悪化、英国の私掠船がスペインの船を襲ったりすることが多くなり、スペインの軍艦と英国の私掠船が戦うなんて事がしばしば起こるようになるわけですが、当時英国の私掠船を追いかけていたスペインの軍艦「エル・カルヴァードル号」が嵐に遭遇、フランス北西部ノルマンディーの海岸に座礁する・・・。
 この船の名に”カルヴァドス”というお酒の名は由来しているという話。

 この辺りも含め歴史とお酒の関係、興味深いのです・・・・。



 因みにこれは以前訪れた時のカディスの港・・・。
 
 カディス
 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.