FC2ブログ
2014/12
03
[ #669 ]

京都で紅葉

 先の連休にバイトをしてくれていた仔の披露宴列席の為京都に出向いた事は書きましたが、折角紅葉シーズンの京都、それだけで帰るのはもったいないという事で、披露宴の翌日に少しだけ街歩きをして帰る事に・・・・・。

 早めに宿を出ようと想ってはいたのですがそこはお約束の宿酔い(前日は昼から、0次会~披露宴~バーを3軒はしご、と飲み続けでした)、少し遅めのスタートです。


 先ず向かったのは・・・・、



           大門


 相変わらずです・・・・。

 旧撞木町遊郭大門口。ここはこうして昔の大門の柱が残してあるのですね。
 平成のこの時代、こうして大門が残っている場所は珍しいのでは?昭和の時代であれば、ある程度は残っていたようですが(例えば呉の音戸遊郭跡とか、高知市の某所とか・・・・)。



          大門口


 往時の雰囲気が偲ばれる気がします。


 この撞木町の廓は歴史が古く、我が国の遊郭の嚆矢の一つにも挙げられると想われ、近くにはこんな碑も有り・・・。

     廓之碑


 其処にはこの廓の来歴が記して有ります。

     碑 文言


 太閤秀吉の伏見城築城に際し成立した事、赤穂義士”大石良雄(くらのすけ)”が遊行した事、等々。
 こうした碑も存在する故に大門も残っているのかも知れません。


 また、近くには琵琶湖疎水(&墨染発電所)等が有ります。
 
      疎水



 そこから折角なのでこちらに参拝。


       稲荷


 伏見稲荷ですね。当然、千本鳥居の下も歩かせていただきます。

      鳥居



 何と言いますか・・・・・。遠近感が狂って目眩がしそうです。たとえて言えば草間彌生の水玉模様の作品を見ているような・・・・。


 また、こうした鳥居の朱色、広島県にも関連が有りまして・・・。これに使われる顔料、硫化水銀系(現代では銀朱か?)、たしか竹原市の三井金属で生産されていた筈です。


 そしてこの伏見稲荷、確か、711年に秦氏による創建であった筈。

 秦氏といえば、始皇帝の秦の流れですよね・・・。
 この秦氏、西方の民族(中東やシルクロード)が起源という説も有り、強いていえば砂漠の民・商業の民の印象が強いのです。故に商売の神様か?
 更に言えば始皇帝の命に拠り仙薬を探しに来たと言われる”徐福”。その探していた仙薬は仙丹、つまりは(硫化)水銀であった、なんて話もあり・・・・・。更に水銀は金の精錬に・・・・・・。


 妄想が拡がった伏見稲荷でした。



 更に折角なのでこちらにも・・・・・。


 東福寺


 東福寺、個性的望楼と想えます。

 ここは紅葉の名所として著名なお寺。


 紅葉

 こんな感じです・・・・。



 そうして当然の事ながら、大層な人出・・・。

 殆どラッシュアワー。

 まあ、当然と言えば当然ですが・・・・・。(私もその一人ですしね・・・)


 で、早々に退散・・・・・。

 しかし、JR東福寺駅や京都駅新幹線乗り場も大層な混雑、みやげ物売り場なんて殺気さえ漂っていそうで・・・・。

 まあ、紅葉ピーク、連休晴天の京都ですからね・・・・。仕方ないですか。


スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/12
05
[ #670 ]

不思議なかおり・・・

 このたびバカナリヤのバックバーに加わったこのお酒、アグリコール・ラムなのですが、不思議な香りなのです。


        新入荷


  因みにアグリコール・ラムとは、一般のラムが(廃)糖蜜から造られるのに対しサトウキビの搾り汁そのままで造られる物で、その分サトウキビ自体の香りが反映され独特の香り(一般には少し青臭い)が感じられる物です。
 著名なところでは、カリブ海の仏領マルティニーク諸島の物があります。


 そしてこのラムの香り、一言で言えば・・・・・。 

 青海苔・・・・・??

 ほんとに青海苔臭いのです。(有明海かよ・・・・・)
 何故こんな香りが出てくるのか良く解らないですが、お酒って奥深いですね・・・・。

 因みにタイのプーケット産。海の側故?なんて事も無いのでしょうが・・・・。

 何はとまれ、お気が召せば・・・・。


  

タグ :    /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/12
11
[ #671 ]

GKデザイン

 先日広島市内まで出かける用事が有りまして、ついでと言っては何ですがこんな展示を覗いて来ました。


         ポスター

 - 広島が生んだデザイン界の巨匠 -  「栄久庵憲司の世界」 展


  確かこの展示、他都市では「GKダイナミックス展」とか、「栄久庵憲司とGKデザイン展」といったネーミングで催されていた物だと想うのですが、氏に縁のある広島での開催と言う事で上記の様な企画名となっておりますね。
 また、こうした展示も併催・・・。


  ポスター2

 「MAZDA DESIGN」展


 このGKデザインという企業、CDとか、都市開発のサインデザインとか、兎に角多岐にわたる工業デザインを手がけている企業の様ですが、私の様な単車好きとしてはやはり”YAMAHA”のオートバイのデザイン会社の印象が強いのです。

 そして私、過去に・・・ ・RZ350(4UO) ・DT125(17F) ・SRX6(2NX) ・SEROW225(3RW1) ・Mj760RZ ・TRX850(4NX) といったヤマハ製の乗り物を所有した事もありまして、結構ヤマハ好きなのですよね。
 そこで、気になって覗いて観た訳です。


 第一章は”茶碗から都市まで”と題され日用雑器から乗り物、建築物までの幅広い作品の展示、入り口付近には現行の”V-MAX”が鎮座。

 第二章が”創造工房”と題され、各種のコンセプトモデルや自主研究作品の展示。

 (このスペース、フラッシュや三脚を使用しなければ撮影可と言うことでしたので・・・・・)


 SAKURA  SAKURA

 このスリム感、ヤマハらしい気がします。コンセプトモデル故か色使いは結構派手、町乗りには少し恥ずかしいかも・・・?

 
 MOEGI   MOEGI

 これも乗る場所を選びそうです・・・・。


 TESSERACT   TESSERACT

 いかにも最近のヤマハデザインといった印象。バンクする4輪オートバイ。


 といった物が展示されておりました。


 私個人としては・・・・、

 スタンド

 このアルミ製のスタンドの造詣や仕上げが綺麗でヤマハらしいな・・・・・と・・・・。



 そして第三章は”美の彼岸へ”と題され・・・・。

 ”道具寺道具村構想” ”池中蓮華” といった作品が・・・。

 ここは何といいますか・・・・。
 少し考えさせらたといいますか・・・・個人的には一寸暗くなるといいますか・・・・、悩んでしまう展示でした。


 他は1階のスペースでMAZDAの展示、新型ロードスターのモックアップ等が展示されていたり。

 最近のマツダさん結構元気良さそうですね・・・。地元企業故、という訳でも無いのですが頑張ってほしいメーカーさんです。




 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/12
14
[ #672 ]

CHESS GOSPEL GREATS

 12月と言う事でこんなアルバムを・・・。


            ゴスペル


 「None But The RIGHTEOUS」    CHESS GOSPEL GREATS


 ゴスペルのアルバムです。普段バカナリヤではブルー・アイド・ソウルとかR&B系のCDは殆ど流さないのですが、まあクリスマスシーズンですし、たまにはゴスペルも・・・・と。

 とはいってもこのアルバム、いかにもクリスマスシーズン向けのゴスペル集といった雰囲気ではないのです。

 たしか50年代~60年代シカゴに在った、R&Bやブルース等の黒人ミュージシャンのレコードを専門に出していた”チェス・レ-ベル”。そこ所属のゴスペル歌手・グループのベスト集といった物です。

 で、結構”こてこて”の雰囲気。

 しかし黒人の歌うブルース。ある種のパワーといいますか生命感といいますか、存在感が有り増すよね(有り過ぎ?)・・・といった印象。
 それもあって中々店では流し辛いのです・・・・、店の空気が一瞬で変わりそうで・・・。
 (だったらファドもだろ・・・・?といわれそうですが・・・・ 笑 )

 しかしたまには良いかもしれません。
 ブルース、米国黒人のエン歌といいますかその歴史も含めたまには流してみるのも・・・。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/12
17
[ #673 ]

乗り納め?

 少し前の事バイクの乗り納めを兼ねてと近所を・・、
 まず向かったのは自宅からそう遠くない福成寺。


    山門


 西条と安芸津の境の山上にあります、真言密教の寺院。

 近所の割りに訪れる事も少なく久し振りです。

 最近、こうした密教寺院に興味を惹かれます。


 この福成寺、由緒有る寺で・・・開基は奈良時代とも言われ・・・真言宗でしょうから空海との絡み、後には源頼政&平家、南北朝時代は後醍醐天皇、更に大内氏~毛利氏等々に縁があるとか、更に戦国末期にはマリア(キリスト)観音まで在ったとか・・・・。

 どちらかといいますと平家にしろ、北朝にたいす南朝にしろ、まつろわぬ者達の空気を感じるのですよね、近代でも西条よりは海の民の空気を感じる三津地区との縁の方が濃そうで・・・。
 空海には鉱山師的空気も感じますし・・・・、


 赤土
 こんな物と関連付けるとやりすぎの妄想でしょうが・・・・。

 また他には源頼政の女、菖蒲前との関わりや・・・、

 碑
 こんな碑が、

 とするとこれらの宝キョウ印塔群はその絡みか・・・?

 塔

 あるいはもう少し後の時代の物か・・・・。

 どちらにしろ興味を惹かれる寺では有るのです・・・。

 
 そこから西へ・・・。もう一つ密教系の寺を・・・とバイクを走らせていますと、シールドにポツポツと・・・・。

 あわててUターン・・・・。

 中途半端な乗り納めになってしまいました。
 年内はもう無理かな?今日は雪ですし・・・・、今年の冬は寒そうですからね。

 このまましばらく車庫の肥やしかな・・・・。


 バイク
 
 

タグ :   寺社  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/12
22
[ #674 ]

ことば?

 今年後半は”わくぐみ”何て事ばかり書いていた気がします。
 この”わくぐみ”言い換えれば名前とかレッテル、キーワードとも言えそうですし、また突き詰めればそれらは全て”ことば”とも言えそうで・・・。

  そして以前、色々のわくぐみを列記しましたがあえて避けた物も幾つか有りまして・・・、その一つが「くに」というわくぐみ、他にも「いえ」とか・・・、共に触れると面倒くさくて痛い目を見そうなことばですよね。

 しかし、たまにはその面倒くささに近づくことも必要かと想いまして・・・。


 「くに」という言葉を聴きますと、私のような古い人間は、おくに訛りとか、おくに言葉、或いは「くにはどちらですか?」といった言い回しが頭に浮かぶのです。
 恐らく江戸期までは基本的にこうした使い方だったのでしょう。言い換えれば、「くに」=ふるさと、或いは生まれ育った地域や、そこで見た風景や人間関係、伝統や慣習、土地、歴史・・・・、といった物だった様に想うのですよね。言ってみれば、ひらがなの「くに」は、ふるさとやふるさとの文化といった物を意味している様に想えます。

 それに対し現在使われる漢字の「国」は、言ってみれば”(近代)国家”といった概念の様にも想えます。

 そして国家とは何ぞや?等と言われますとこの定義自体良く解らないのですが、国民・政府・国土が必要とされている気もしますし、個人的には歴史(観)や言語・文化といった物が必要とも想います・・・。(近代国家となると・・・・、やめましょう 笑 )
 唯、最近、報道等では国=政府という時も有りそうで・・・・。
 例えば、公害訴訟等で、国の責任という表現が良く使われている気がします。本来は政府の責任とか、OO省庁の責任とか、誰某の責任といった方が文脈的にはすっきりっする気もするのですがね?

 恐らくは順序としては、明治維新に拠り政府が誕生しこの明治政府が政府=国家=国という言葉を使い始めたのでは?(更に言えば2・26以降に国体という言葉も誕生し・・・・・・)

 詰まり、(ひらがなの)くに ≠ 政府 ≠ 国家 だとは思うのですが(それは生まれ育った地域 ≠ 市役所 ≠ 現在の市町村名 と思えるのと同様に)。
 しかし発音は同じく「KUNI」ですからね・・・。色々とコミニュケーションの中で齟齬も生まれる訳で・・・・。
 (まあある種詐術とも・・・ 笑 )


 また「IE(=いえ)」何てのも似たような言葉に想えます。

 恐らくは旧来、江戸期まではそれは苗字とか屋号を現していた様に想えます。
 苗字で言えば、その氏族・親族の事、または社会に置ける立ち居地の様な物を著した様に思えますし。苗字の無い庶民の屋号などは更に端的に地域における立ち居地(あるいはそれに伴う責任)を現していた様にも想えます。

 ゆえに屋号を持つ商店等では出来の悪い惣領(私の様なやつですか? 笑 )(遊び人の若旦那?)を若隠居させたり、勘当したりしまして、しっかりした番頭に家=店=屋号を継がせるなんて事がまま有った訳でしょう(娘が居ればその婿に、無ければ両貰い何てやり方で・・・・)。

 それが現代、戦後では・・・・。
 確か現在の法律では、人が成長し婚姻関係を結ぶとそのどちらかが戸籍の筆頭者(戸主)と成った筈です。
 詰まり現代では、家=家庭=核家族 という事でしょう。

 更に言えば住宅メーカーのCMでは、いえ=単なる建物(物質)でしょうから・・・・ 笑 。

 ここでも、屋号(苗字) ≠ 現代家族 ≠ 個人住宅 ですが、どれも発音では、「IE」だったりね。
 (まあ、OO一家等といった存在もありますが)

 相変わらず面倒くさい事を書きましたが、この「ことば」の意味の変化、あるいは現すところの変化、少し注意深く考えてみる事も大事と思えたり、面白いと思えたり・・・・。


 ますた
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2014/12
29
[ #676 ]

日本の酒のはなし 5

 中世、我が国の酒では火入れや諸白造りといった技術革新が行われたと前回書きましたが、では他には?といいますと。
 どうも焼酎が造られ始めたのもこの頃の様です。

 はっきりした事は解らないのですが15世紀頃には造られていた様子。
 東南アジアや中国南部から琉球を経由してその技法が伝わったとか・・・。

 日明貿易が明の海禁政策等に拠り中止されていた時期ですかね?また、それに拠り貿易地として琉球が発展した時代でしょうか?

 また、イエズス会が16世紀半ばに薩摩を訪れた折には既に焼酎(オラーカ)が存在していたという記録も有りますので、それ以前という事は間違いないのでしょう。
 
 一旦技法が伝われば、其処は器用で探究心が強い日本人、蒸留技術も我が物とするのもそれ程難しいことではなかったのかも知れません。


 ではビールやワインは?といいますと・・・。

 この時期、ポルトガル人等が持ち込んで来た物は有った様ですが、どうも日本で積極的に造られてはいない様子。
 やはり我が国は米文化の国という事なのでしょうかね?上記の薩摩の焼酎もどうも米焼酎のようですし・・・。

 他には?といいますと・・・。

 どうもリキュールが造られていた様子。

 それは忍冬酒といわれる物で、徳川家康がお気に入りだったとか・・・・。
 確か駿府あたりではその後も戦前まで造り続けられていたとか・・・・。

 この忍冬酒、往時、忍冬=”スイカズラ”を焼酎に漬け込み造られていたとか。

 スイカズラ、海外では”エルダー=フラワー”という名で呼ばれるハーブと同じ種類の植物・・・。

 となると・・・・。


            サンブーカ

  
  これに近い物だったのですかね?

 イタリア名産のリキュール「サンブーカ」。

 
 洋の東西似たような物を造っているといいますか・・・・。

 もしかするとポルトガル人、或いはスペイン人やイタリア人が伝えた物を国産化したのかも知れません(イエズス会やフランシスコ会、イタリア出身者も有った様ですから・・・)。
 家康に限らず当時の戦国武将、海外貿易やそこからもたらされる利益にかなり御執心の様ですし、家康もその辺りかなりヨーロッパ商人との付き合いも有った様子ですしね。

 想った以上に16世紀~17世紀初頭は海外との貿易が盛んであった時期の様です。

 そうした(海外・世界史)の視点で当時の日本を読み解く事も興味を惹かれますね。
 或いは酒を切り口として・・・・。
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.