FC2ブログ
2015/01
01
[ #677 ]

1月1日

 新年 明けまして 御目出とう 御座居ます 本年も 何卒 宜しく お願い 致します 。
 
                平成27年 1月1日



 という事で本日は平成27年(2015年) 1月1日 なのですが、しかし何故1月1日は、1月1日なのでしょね・・・? 
 等と書きますと、またバカナリヤのマスターが変な事を言い始めた・・・・と言われそうですが。

 例えば今日、月齢では11日。旧暦だと(平成26年?)11(霜)月11日。
 もし月齢に対応して日(陽)齢?という見方をすれば・・・。太陽の力が最も弱くなる冬至(或いは翌日)を1日にすべきでしょうから・・・1月13日かな・・・・?
 どちらにしても中途半端な気がしませんか?

 何、面倒くさい事を・・・明治6年に新暦に切り替えてからそうなっているのだから、それでいいでしょ?といった声が聞こえそうですね・・・。

 確かに明治5年の(旧)12月2日の翌日を(新暦)明治6年1月1日にして以降そうなっている訳です。
 ”政府予算が厳しかった故、役人の俸給を1月分節約するためであった”何て説が実しやかに語られたりもしますが・・・。

 この説は少々???ですね。暦が切り替わるという事、あるいは暦という物はそんな物では無いと思うのです。 
 では暦とはなんなのか?思いつくままに記しますと・・・・。

 まず、”月”はその名のとおり月齢が基となっている訳で・・・。詰まりは太陰暦。
 恐らく人類が採集を主体とした生活を営んでいた時はこれを中心にしていたでしょう。潮の満ち干、生き物の産卵や行動等もこれに支配される面が強いですから、狩猟の民もそうかも知れません。

 これ対して太陽暦は農耕と密接な関係がある暦ですよね・・・・。

 こういいますと、新月にブルゴーニュ等で摘み取りをしたり、クレモナで木の伐採をしたりしているのは農業では無いのか?等と言われそうでが、果物の摘みや取りや木の伐採等は採集的な行為ですからね・・・。


 閑話休題、太陽暦・・・。古代エジプト等での農耕の始まり辺りから主流になった気がするのです・・・・。

 古代エジプト、ナイル川上流の雨季による大量の降雨等に拠り、決まった時期に水位が上昇し氾濫にいたる訳で、またこれがエジプトの農業を支えていた。そしてこれは毎年決まった時期に起こり、月齢ではなく、太陽暦で図らなければ成らなかった。故に太陽暦(或いは天文観測技術)が発達した訳でしょう。

 そしてその太陽の位置から年中行事を、詰まりは何時種付けをし何時取り入れるか?といった事。また何時祭りを執り行うか?等といった事を決めていたのは恐らく神官であったでしょう。

 言い換えれば、何をすべきか?≒何が正しいか≒物事の善悪・・・・等(の根っこの部分)を決めていたのは神官で有ろう(し暦であろう)と想えます。
 それに従い王家(領主)が実質的政治を行う。

 現代的に言えば、神官は立法&司法の役を、王家は行政を行っていたともいえそうです。

 またヨーロッパ中世では。聖書という(絶対的)憲法が有りますので、その聖書を解釈し物事の善悪を決めるのが教会≒立法・司法。実質の政治≒行政を行うのが、領主(貴族・騎士)。ともいえそうで・・・・。


 では我が国では・・・・・。

 ここで思い出すのが卑弥呼の話・・・・。
 恐らく彼女は鬼道に基づいたシャーマン的≒神官的存在で、その弟がそれに基づき行政の長に立っていたと観るべきでしょう。鬼道が何であったは解りませんが、何時・何を行うかといった事の根源的な事を決めていたのは卑弥呼でしょうし、それは暦の制定と同意義と言えそうです。
 そして想像ですが、卑弥呼は247年の皆既日食を切っ掛けにその座を追われる・・・・。


 また大和朝廷成立後は基本的に天皇家、あるいは朝廷がそれを行っていた訳でしょう。

 後に摂関政治の時代となり、行政権が藤原家に移行してもその権威は帝に付随していたでしょうし、武家政権となり行政権が源氏(武士)に移っても、暦に対する詔は朝廷に帰属していた筈で・・・。

 詰まりは暦の制定権は神官としての権威なのですよね。その国の最高権威といっても良いかも知れません。
詰まり物事の善悪を決める根源的権威といっても良いかも知れません。

 それが明治6年から”西洋暦(グレゴリオ暦)”に成る訳で・・・・・。


 そういえばそれ以前、我が国にグレゴリオ暦を導入しようとしたのではないかと想われる著名人いました。

 信長です。

 確か信長が本能寺で打たれた天正10年(旧6月だったか)は、西洋暦では1582年。
 そしてユリウス暦1582年10月4日の翌日をグレゴリオ暦10月15日とした筈・・・・
 私は信長が打たれた遠因はこの辺りに有りそうに想うのですが・・・・。


 閑話休題。明治6年にグレゴリオ暦を我が国の暦として採用したという事は・・・・。我が国の最高権威はキリスト教になったは言えないのか?という事
  
 暦というもの、東アジア圏では我が国を除き多くの国が未だに旧正月を祝います。詰まり太陰太陽暦。
 イスラムはイスラム暦を持っていますし、ユダヤ教はユダヤ暦、東方教会系はその暦を・・・・。

 そして江戸以前は我が国も朝廷が詔で認めた太陰太陽暦。つきは月齢ですし、祭り等は陰暦。
 例えば盆踊り(盂蘭盆会)は常に満月の下ですし、海洋系の祭りは当然大潮の時期であったり・・・。


 またたまに”明治維新が我が国第一の敗戦であり、先の大戦の敗戦が第二の敗戦、バブル崩壊に拠る経済的敗戦が第三敗戦”と表現される事、或いは方があります。
 
 となりますと・・・・。

 1945年8月15日は我が国敗戦の日ですが、それが第2の敗戦記念の日であり・・・・。
 新暦1873年1月1日が第1の敗戦の日となるのですかね?(つまり今日は第一の敗戦記念日?)
 
 世界史や暦の視点で見るとそうなるのかも知れません。


 何だか正月から目出度く無い話を書いた気がします。ご容赦を・・・・。


 
スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/01
05
[ #678 ]

CINDI LAUPER

 前回からブルース繋がりで・・・、


            メンフィス・ブルース

 「Memphis Blues」  CINDI LAUPER

  

 シンディローパー、私達の世代では80年代前半、MTVがメージャーに為りつつあった時代のアメリカの女性歌手、ポップ・スターという印象が強いのです。また特徴的歌声、何と言いますか頭の天辺から出ている様なといいますか・・・(表現古いですな・・・)。
 
 そんな彼女のブルース系アルバムです。メンフィス・ブルースとタイトルが付いています。

 メンフィスというと、綿花のプランテーション或いはその集積地、南北戦争の要衝、そして奴隷解放後も黒人が多く居住し、その関係でブルースの街といった印象も・・・・。
 そしてその後は何より、ロックンロールのスター、プレスリーの住んだ町・・・・ですかね?

 プレスリーが嚆矢ともなったロックンロール、ブルース等黒人音楽にも戦後エレキギター等が導入されR&Bとなった物に、カントリーやアメリカ民謡といった白人音楽の要素が集合し成立している様に思うのですが・・・・。

 となるとこのアルバム、白人ロック女性歌手シンディー=ローパーのある原点回帰的アルバムと言えるのかも知れません・・・。

 ただシンディー=ローパー。
その芸名の由来は、シンディー=ドイツ語圏のジプシーの呼称+ロマ=東欧圏辺りのジプシーの呼称が由来とか・・・(因みにジプシーは英語呼称、他スペイン辺りではヒターノ・ヒターナという呼称も・・・・)。
 特にシンティにはナチスに迫害されたというイメージも付きまとい・・・・。

 中々一筋縄ではいきそうにないですね・・・・。

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/01
12
[ #680 ]

ブランデーのはなし 2

 所謂ブランデー、葡萄から造られる物ですのでグレープブランデーとも呼ばれたり・・・。


       ブランデー


 こんなやつですね・・・。
 高級品というイメージがついて廻る印象もありますね・・・・。

 こうしたブランデーは17世紀頃から造られ始めるのですが・・・・。


 1492年のスペイン異端審問を切っ掛けにヨーロッパ各地でプロテスタント運動(反カトリック運動・カトリックに対す抵抗運動・反宗教運動?)が始まるのですが、その一つにフランスで行われたユグノー戦争という物が有りまして。

 フランス西部を主戦場として戦われたフランスの内戦といった物かもしれません。

 これに拠りコニャック地方やシャンパーニュ地方のブドウ畑が荒廃した等と言われています・・・。
 またそれはそれらの地方のワインの販路が減ったという事とも思えます。


 そうした状況の中、オランダ(典型的プロテスタント国家ですよね?)の貿易商がコニャック地方においてワインを蒸留してブランデワイン(brandewijn)とする事を農家等に勧め、そして誕生したのが現在に繋がるブランデーの嚆矢とか・・・。

 初めから商品として造られた(誕生した)という事ですね・・・・。


 それがイングランド等に輸出され人気を博し、高級な(蒸留)酒の地位を確立していく訳です。


 あまり宗教の話に深入りすると良い事にならない気がするのでその辺にはこれ以上触れませんが、確かにヨーロッパでは16世紀以降、宗教戦争の様な事が続いている訳でして、結局お酒という物もその影響は逃れられ無かった訳なのですね。


 お酒自体に罪がある訳でも無いですし、ブランデーも確かに美味しいですしね・・・・。
 ただ一寸、頭の隅にでも引っ掛けておいても良いのかな?とは思いこんな事を書いてみました。
 先日パリ等でテロもあり、デモもあり、といった社会情勢でも有りますしね・・・・。

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/01
14
[ #681 ]

お土産

 先日あるお客様からこんなお土産を頂きました。


      チョコレート

 
 今話題のニッカウヰスキーの特製の生チョコレート。
 ピュアモルトウイスキー”竹鶴”を練り込んであり、アルコール度数3%とか・・・。
 (下戸の方は酔っ払っちゃいそうですね)
 
 嬉しいです。
 カウンターに座られた方におすそ分け出切れば・・・、等と思っております。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/01
16
[ #682 ]

モトGP

 先日、あるお客様が昨年のモトGPを録画したディスクを何戦分か貸して下さいまして(有り難いです)、久々に2輪のレース映像何て物を観ることに・・・。
 10年振り位ですかね?(CSのアンテナも持っているのですが、面倒くさくて揚げていないのですよね・・・)


 感想は?といいますと・・・。


 やはり面白いです、一寸血が騒ぐといいますか・・・・。


 細かい事を言えば、特に最高峰のモトGPクラスの侵入や立ち上がりの姿勢が非常にスムーズとなったといいいますか、安定している印象。この辺りが電子制御の恩恵ですかね。タイヤの性能向上もあるのでしょうが尋常ではないバンク角。肘が擦るのも当たり前といった状況・・・。
 他にも昔の500㏄の頃とは色々と乗り方が変わっている感じですね・・・。
 ライディングフォームもみんな似てきている印象・・・。

 しかし其処は2輪のレース、無理すれば当然転びますし、未だ生身の人間が主役という雰囲気が四輪のレースとは違います。
 いいですね。


 家での雑用が出来なくて困りそうです。 (笑)


 それとヴァレンティーノ=ロッシ選手、未だ第一線で活躍中とは・・・。
 もう15年ですよね。驚きました。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/01
20
[ #683 ]

美人画展

 先日この展示を観て来ました。


         ジャパンビューティー

  ジャパンビューティー   ー描かれた日本美人ー


 広島県立美術館の企画展です。
 毎年年明けには美術館に行きたくなり何かしらの企画展を観に行っている記憶がありますが、本年はこの美人画展。


 浮世絵に惹かれる面のある私としては、その延長線上にあるこうした存在に惹かれる面も有るのです。
 確か数年前には島根のグラントワでありました”福富太郎コレクション展”を、更に数年前には三次の奥田玄宗美術館でありました”培広庵コレクション展”を訪れた記憶も・・・・。
 
 そして今回は浮世絵コレクションで著名な”中右瑛コレクション展”です。


 展示は4つのセクションに別れそれぞれに 「雪月花」「四季の風情」「心の内と外~情念と装い」「技芸と遊び」 とテーマ付けされておりました。
 中右コレクション的といいますか、その浮世絵展と似た展示方法ですかね。


 テーマや作者も偏り過ぎず観賞しやすい展示の印象(以前三次で観た培広庵コレクションは女性の情念に特化した印象が強く、胸焼けしそうだった記憶も・・・・)。

 楽しませていただきました。
 作画時期としては略全て明治後期~昭和初期の物ですが、作家の性別の違いや活動地の違い、流派(師匠)の違い等々・・・と、切り口も色々と持てそうでした(もう一度覗いてみるかな・・・?)。
 (因みに同行の連れ合いは、着物や帯、髪形等に注目して観ていたとか・・・・)


 そういえば、その中にありました橘小夢という作家の「すずみ」という作品。
 この作品のテーマ、構図等、黒の絽を着た婦人が涼んでいる場面を写した物でしょうが、確か全く同じテーマの物を寛政中期に歌麿と英之がやはり肉筆で描いていますよね。何だかそれらを写したというよりも130年程の時を超え、その二人の名浮世絵師に勝負を挑んでいる印象で興味深かったですね・・・。


 閑話休題、同時開催の収蔵品展、


 カワイイ

 これも観てみました。


 美術館の収蔵作品の中から”カワイイ”といったテーマに沿いそうな作品の展示という企画なのですが、これがカワイク無いのですよね・・・・(笑)
 (解説にも少し記してありましたので、学芸員さんも自覚されているのでしょう・・・笑 )

 何故か?

 我々が”カワイイ”と思える対象・・・。
 それはその対象に対し自分が優位な存在である事、保護者的立場にある事等々が必要な気がします。が、近現代の芸術作品群、たとえ描かれた対象が子猫等の”かわいらしい”ものであったとしても、描き方やその作品は鑑賞者にある種挑んで来るといいますか、緊張感をあたえて呉れる存在。
 やはり無防備にカワイイなんて思えないのですよね・・・・。
 まあ、それだけ良い作品の展示であったという事なのでしょう・・・・。

 そんな展示でしたね。
 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/01
22
[ #684 ]

富士御殿場27年

 この度バカナリヤのバックバーに加わったウイスキーです。


      27y

  Fuji GOTENBA Single GRAIN 27Y
 (キリン 富士山世界遺産登録記念ウイスキー)


 普段、新入荷のお酒の紹介等はアップしないのですが今回は特別に・・・・。


 実はこのウイスキーを多くの樽の中から選びボトリングしたのは、以前アルバイトとしてバカナリヤを手伝って呉れていましたMESE君なのです(漸く購入出来ました)。


 と言う事でエチケットに彼のサインが入っています。

 サイン


 また上から二段目にボトルNoが記されていまして、002番。
 "カスクNO35"の樽から100本ボトリングされ通しナンバーが振ってあるとの事、因みに001は皇室に献上の心づもりと言う事で、それは遠慮いたしまし002を購入させていただいた訳です。


まだ封切していませんのでテイスティング等の感想は書けませんが度数60%のシングルグレーンの27年物、興味を惹かれます。
 結構高価なウイスキー故気軽にお勧めするのは難しいのですが、出来ればぜひその味を楽しんでみて下さい。
 (というよりMESEの造ったウイスキー、誰か封切して下さい・・・  私が封切りする訳にもいかないですので・・・)

 結構高価と書きましたが、包装もしっかり化粧箱入りです。

 化粧箱   包装


 そしてこんな物が同封してあります。

 コースター

 このウイスキーが眠っていた樽の木(マザー・ウッド)で造られたコースターです。

 この手触りも合わせて如何ですか・・・。


 テイスティングしましたら、感想もアップしてみたいと思っております。

 
 

タグ :    /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/01
26
[ #686 ]

Vol9? 新年会?

 ここ数年行っています馴染みのお客様との旅行、今回は少々趣旨を変えこちらでの宴会(新年会?)としました。


     百番



 我ながら何考えてんだか・・・・・・・・・・・、

 バーの企画では無いですよね?
 (しかし参加して下さる方々も流石といいますか・・・)
  

 閑話休題上の写真の建物、ご存知の方はご存知かも知れませんが大阪某所に在ります築100年近い遊郭(妓楼)建築。現在は料亭として営業中という事で、此処で古い時代の妓楼や色町の雰囲気を感じながらの宴会をしてみませんか?という趣旨でおなじみ様をお誘いした訳です(完全に私の趣味ですな・・・・ 笑 )。

 急遽体調不良等でリタイアされた方も有り11名での宴と相成りましたが、皆様こんな怪しい企画に良く賛同して下さりホント感謝です。
 有難うございました。



続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.