FC2ブログ
2015/02
01
[ #688 ]

昨年読んだ本から・・・

 作年読んだ本から印象に残った物を何冊か・・・。
 とは言いましても相変わらず図書館や古本屋等がメインなので中途半端に古い物ばかりなのですが・・・。



 先ず一冊目。


  池田晶子


 「知ることより考えること」   池田晶子
  


 2007年になくなられた著者のエッセイ集。この著者の作品は以前にもアップした記憶があります。
 好みなのですよね。

 著者の池田晶子氏、以前は哲学者と紹介される事が多かった気もしますが(”14歳からの哲学”なんて作品が著名ですし・・・・)、何時頃からか肩書きが文筆業となっております。
 そのあたりの意味も推察できそうな内容です。

 閑話休題”哲学”という言う言葉には難しいという印象が付いて廻っている気がします。
 また、哲学=哲学史を学ぶ事、或いは過去の著名な哲学者の思想を学ぶ事・・・となってしまっているのでは?とも想える面も・・・。
 そこでこの本ですが、自分の頭で考える行為=それ自体が哲学であり、それだけで良いのでは? といったことが書かれている様にに思えます。

 何といいますか、我が意を得たりといった内容(感想)、普段私が考えている様な事を見事に文章化して下さっているといいますか・・・(「何しょってんの?」 と突っ込まれそうですが・・・・)。

 本文に確かこの様な話が書かれていました、
 ”ある哲学者が1人が農夫にソクラテスの本を、「素晴らしい事が書かれている本だから読んでみなさい」と貸し与え・・・。その後に農夫に読後感を尋ねますと・・・、農夫曰く 「普段自分自身が考えている事が書いてあるだけだった・・・・」と・・・・。”
 とまあ、そんな意味です。

 実は哲学(考えるという)行為はそんなに難しい事ではなく、ある程度言葉を操る事が出切れば誰でも自らの脳みそ一つで出来る行為であると・・・・。そしてそれが大事な事では無いのか?という内容で、またそこに首肯する私なのです・・・・。


 最近はマスコミやネット等が発達し多くの情報が流布されています。得ようと思えばいくらでも(点の)情報は得られる時代。しかしいくらそうした点の情報を漁り、知り、覚えたとしてもそれだけでは良い事にならない様にも思えます。

 それよりもたとえ得た情報は少なくとも、それらを基にしっかりと考える事。それが重要に思えます。
 知ること(情報を集めること、覚えること)は考えるための手段、前段階でしか無いのでは?と(まあ、馬鹿な考え休むに似たりという言い方も有りはしますが・・・・笑 )・・・。

 そんな本です。
 情報の氾濫する今の時代だからこそ勧めてみたくなる本です。

 おまけにもう一つ、恐らく作者の池田晶子氏は酒飲み(のん兵衛)では無いかとも思え・・・、そんな雰囲気も楽しい本でした。





 またこれも好みに合致した本でした。


  宮本常一

 「なつかしい話」 -歴史と風土の民俗学ー  宮本常一


 
 2007年に出版された、氏の(名)対談集です。

 氏の著作は昔から好きなのですが、この対談形式というのが嬉しい本です。
 バーという空間はカウンター越しに会話する空間ともいえそうです。そうした故か、こうした会(対)話形式の物に惹かれる面があるのです。
 また、氏は山口の周防大島出身の民俗学者、その辺りも相性が良い理由かも知れません。

 TPPなんて物も成立しそうで、今一度この”くに”という物のかたちや風土、歴史、文化といった物を考えても良いのかな?と思える気もしますし、そうした今という時代に読めて良かったと思えます。
 またそうした事を抜きにして面白い本でした。




 ついでにもう一冊、


 水沢龍樹

 日本のまつろわぬ民  -漂泊する産鉄民の残痕ー  水澤龍樹


 何だか”いかにも”といった書名・・・、百鬼丸氏の描かれた装画も”いかにも”ですしね・・・・笑 。
 ”あ~~、その手の本ですね・・・・”なんて言われそうなタイトルですよね。

 そうした先入観も少々で読んでみたのですが、これが面白かったのです。
 兎に角、著者の博覧振りに楽しませてもらえます。
 何でもかんでも産鉄民とこじつけるのは如何なものか?という意見も出そうですが、まあそうした視点(コンセプト)で著された本ですしね・・・。それに正史だって、現在(当時)の社会風潮や学問(或いは勝者)の視点のみで書かれたに過ぎないともいえる訳ですから・・・。
 特に中国地方は”たたら製鉄”等の産鉄民の存在の色濃い地域、やはり興味を惹かれる物が有るのです。
 また一つ歴史に対しての新たな視点といいますか切り口といいますか、教えてもらった気がします。まあそれを言わなくても単に読み物としても面白かった本です。



 フィクション(小説)は?といいますと・・・何だか最近当たりが少なく・・・・。


 強いて揚げればここ数年この作者が少々お気に入り。


  田中啓文

 田中敬文です。


 作品全てが好みという訳では無いのですが、その適度に洒落と毒気の効いた文章は流石関西といいますか、平成の筒井康孝と呼びたい印象(失礼、筒井氏まだ現役ですよね・・・)。
 基本的にミステリー作家さんなのでしょうが、そのテーマが ・古代史・ジャズ・江戸・SF・上方落語・・・・・と幅広く、時にはエログロもありで・・・・・。

 
  
 とまあ、相変わらずな本ばかり読んでいる気もします。
 しかしやはり本を読む行為は愉しいですし、職業柄、必須ともいえそうですしね・・・。
 今年もボチボチと読んでいければと思っております。

 ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/02
05
[ #689 ]

BLOSSOM DEARIE

 シンディー=ローパーもその特徴的歌声が印象に残る歌い手さんですが、特徴的声の女性ヴォーカルといいますとやはりこの方が思い浮かぶ訳なのです。


         ブロッサム ディアリー

  「Blossom Dearie」  BLOSSOM DEARIE


 ブロッサム=ディアリー。一般的ベスト盤です、録音は恐らく50年代末。

 キューティー・ヴォイスと呼ばれる特徴的な声の女性ジャズヴォーカルシンガーでセルロイドの眼鏡というルックスも印象的。

 今風の言い方ですと、アラレちゃん眼鏡(この言い回しも古いですね)にアニメ声のジャズシンガーとなるのですかね?
 そうした事もあり一寸”際物”扱いされている面も有りそうですが、店で流すには結構良い感じなのです。
 また、アメリカ等でも結構マニア受けといいますかファンも多かった様で、何と言いますか一寸オタク受けするシンガーですかね・・・・。


 少し前、日本の漫画やコミック・アニメ等がアメリカでも受け、所謂オタク的人々がアメリカでも多く誕生しているといった報道がなされた記憶が有り、またそれを耳にし少々驚いた記憶も有るのですが実はアメリカ人のオタク趣味も結構昔からなのかも知れませんね。
  アメリカンコミックとかある種の映画なんて物もそうした面が強いですし、日本以上に筋金入りでそうした連中は多そうです。

 またキューテイー・ボイス(少女の様な歌声)という事で、ある種ロリータ趣味的とも言われそうな気もしますが、彼女はフランスで活動していた時期も有り、もしかするとその辺りも影響があるのかも?と思ったり・・・・。
 フランスってそうしたイメージ、在りますよね?(シャルロット=ゲンスブールとか・・・・)

 閑話休題こうしたアルバムを聞きますと、やはり女性の歌声こそが最高の楽器なのかとも思えたり。
 そうした故か、彼女に限らず女性ヴォーカルのアルバムは店でよく流している気もします。
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/02
09
[ #690 ]

ブランデーのはなし 3

 前回、所謂ブランデー=グレープ・ブランデーは17世紀頃にオランダの貿易商主導で造られた・・・・なんて話を書きましたが、では葡萄以外のブランデー(フルーツ・ブランデー)はといいますと・・・・。
  
 フルーツ・ブランデーは葡萄以外の果物原料で造られた蒸留酒の総称ですが、一般には透明な物が多いのです。特にドイツやフランス周辺で造られる物。
 ドイツでは”~~ヴァッサー(~~ヴィルネというタイプも・・・)”と呼ばれ、フランスでは”オー・ド・ヴィー~~”と呼ばれます。 とはいってもフランスでも主として造られるのはアルザス辺りなのでやはりドイツ文化圏の物とも言えそうです(他スイス等)。


 オー・ド・ヴィー・ド・フランボワーズ  これはオー・ド・ヴィー・ド・フランボワーズ

 キルシュ  こちらはキルシュ。少々糖分添加でリキュール規格にして在りますので、キルシュ・リコールと記して在ります。糖分が無いとキルシュ・ヴァッサー

 
 ではこうしたお酒はどうやって造られ販売される様に為ったのか?
 

 元来こうしたドイツ圏等の中北部ヨーロッパは結構寒いのですよね、故に亜熱帯系の果物である葡萄は造り辛い。
 実際中世の頃には北部ヨーロッパでは殆ど葡萄は造らていれない。
 その代りに他の果物が食生活に馴染んでいた訳で、たとえばドイツ等で中心的なのはリンゴ、他に洋ナシやカリン、プラム、各種のベリー類。
 
 故にでしょう、ヨーロッパ各地で行われる中世祭り等ではこのリンゴやそれを絞ったリンゴのジュースが付き物であったりもします。
 こうした果物はビタミン類の補給にも重要でしたでしょうし、それ以上に自然の恵みを実感させられる存在として祭り等では象徴的に扱われるのでしょう・・・・。

 そして当時の中北部ヨーロッパではこうした果物を各家庭で収穫貯蔵し、場合によってはジュースとし、或いはそれを発酵させ・・・・といった事が当たり前に行われていた様です(こうした果実やそのジュース、割と簡単に発酵しアルコールを生成するのですよね)。


 その後18世紀頃(?)に為りますと、そうした一寸した家庭に簡易な蒸留器が置かれる様な状況が生まれて来ます。

 その結果、そうした家では自家製のジュースを発酵させた酒を蒸留しホワイトブランデーを造る様になる。
 基本的には自家消費、或いは村内消費用ですので、そんなに多量に造る訳でも無いですし輸出する訳でも無いですから樽に入れる事も無い訳でして・・・・。

 故に透明なまま・・・・。

 また以前アマレットの時にも書きましたが、村で中心的な家、これが庄屋や雑貨屋、宿屋等も兼ね、たまに宿泊者や旅の人たちにそうした酒を振舞ったりと・・・・・。
 その後、評判の良かった物が流通にのる様になり、メーカーとなり・・・・。
 
 そうした経緯、その形を受け継いでいる故に透明のままと言えそうです。


 もっとも東欧辺りでは、透明な物と同時に樽で寝かせた物も在りますが・・・。   
 例えばルーマニアで、カリン等から造られた透明な物=ツイカ。プラムから造られ寝かした物=パリンカ。 等々・・・・。


  ツイカ&パリンカ


 また、ブルガリアでは”ラキア”と呼ばれ祭りの時等に回し飲みされるとか・・・・。
 (何だか、泡盛や焼酎を連想しますね・・・・)


 恐らくこの辺り、西欧の流通(海運)圏・文化圏から少し離れている故に独自の発達となっているのではと思われます。


 相変わらずの言いたい放題です。

  

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/02
11
[ #691 ]

リキュールボンボン

 シーズンということでこんな物を衝動買い。


    ボンボン

 
 これ、実はミニボトルでは無くチョコレートなのです。
 ウイスキーボンボンといいますかリキュールボンボンといいますか・・・。

 また中に入っているお酒の選択が渋いと言いますか、バー好みと言いますか。


 ウイスキー  ・フェイマス=グラウス ・カティー=サーク ・ジム=ビーム 
 ブランデー  ・レミー=マルタン
 ウオッカ   ・ストラビンスキ- ・ダンツカ ・ダンツカ=シトロン
 ラム      ・ハバナ=クラブ
 テキーラ   ・サウザ(ゴールド?)
 リキュール  ・コアントロー ・ガリアーノ ・リカール ・ドランヴュイ ・グランマニエ ・ボルゲッティー=コーヒーリキュール

 といったラインナップ。ボルッゲティー何て日本ではかなりマニアックでは?
 (なぜかジンは無く、代わりに?ジム=ビームが2本入っていました・・・・)
 
 一寸可愛らしかったのでアップしてみました。
 
 (実は既に2本がお客様の口に・・・・で、歯抜け状態なのですが・・・・笑 )


タグ :    /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/02
16
[ #692 ]

スニーカー

 立春も過ぎ春らしい気配も増して来ましたが、そうなりますとバイクのメンテなんて事もしたくなる訳なのです・・・。
 しかし今年はそれ以上にバイクに跨る時の足元を何とかしたいという状況。

 
 実はこの数年、バイクに跨る時に愛用していたのはごく普通のスニーカー・・・。

 何て書きますと”普通のスニーカーでバイクに乗る事の危険性が理解出来ない年齢でも無いでしょ?”何てお叱りも受けそうです。 (笑)


 はい、確かに。


 勿論ブーツも何足か持ってはいるのですが、それなりに理由もありまして普段はもっぱらスニーカーを愛用していたのです。

 その理由・・・・・。
 ここのところ私がバイクで訪れる場所がもっぱら古い街並み等である事。特に色街や遊郭の跡何て場所が多く、そうした場所を矢鱈と歩き回る(徘徊?)訳です。
 そうした状況でレース用のライディングブーツは流石に違和感が・・・・で、スニーカーとなる訳です。


 それならばバイク用のスニーカーを履けば?とも言われそうですが・・・・。
 
 確かに以前はエルフの物等を愛用していた時期も有ります。ただそうしたバイク用のスニーカー、街場を何時間も歩き回るには一寸?と思うことも多く・・・・。
 例えば防水性を考えてある所為か通気性がいまいち・・・・はっきり言えば蒸れ易い・・・・等々。
 そこで今履いているのスニーカーに落ち着いたのです。



 それはミズノの”ウエーブ・ダイバース4”というエアロビクス用のモデル。

 10年近く前に当時通っていたジムで”ミズノから新しいモデルが発売され、お勧めですよ~”等と勧められ衝動買い。
 早速エアロで使ってみますと・・・、これが私には合わないのですよね。 (笑)


 何と言いますか、ゴツ過ぎるのです。
 靴底も厚くクッション性も良いのでしょうが、その所為で床の感触が掴み辛く汗で塗れた時等に少し怖いのです。
 またプロテクション等個人的にはオーバークオリティに想え、アッパーもごつくて通気性がもう一つ?またそれ故に重く感じるのです(インストラクターの方等の用途には良いのかも知れませんが好みでは無かったのです)。

 結局数ヶ月履いてお蔵入り。


 しかしこのスニーカーをジ~ッと眺めていますと、バイクで使えそう・・・・・。

 転用してみますと、見事私の好みに合致。



 厚すぎると感じたソールもバイクでは丁度良い感じですし、踝(くるぶし)部のプロテクションもしっかり、問題の靴紐も甲の部分のベルクロベルトで留める事が出来ます。それにバイクや街歩きだと通気性も十分(何せ基がエアロ用ですし)。アッパーのデザインもエアロ用としては???と思っていたのですが、バイク&街歩き用ならいけそう・・・・。

 こんなスニーカーです。


  ウェーブダイバー 4



 しかし流石に10年近くも使い続けますと限界が来ました(しかしそれだけ履けたということは耐久性も十分あったと言う事でしょう)。そこでもう一度同じ物を買ってやろう?と考えたのですが流石に終売、モデルチェンジされていました。


 故に現在、少々悩み中なのです(シフト部分にプロテクター付けてバイク用で再販してくれないかな? 笑 )。


 
 まあ素直にバイク用を買えば良いのでしょうがね・・・・・。


 
 実は履く物だけでなく、バイクに跨る時の服装って結構悩むのですよね。
 林道とかレース・峠なら自ずと答えは決まって来ますが、街歩き主体となりますと・・・・・。


 まあそれも楽しみの一つではありますが・・・。

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/02
19
[ #693 ]

何時もの行動?

 先日、某インポーター様のワイン内見会の為広島市内に出向きました。
 年に数度はこうした感じで出かけるのです。
 
  
 昼過ぎに会場入りして気になるワインを試飲。今回は春夏向けのラインナップが多めな感じ・・・。


 試飲会

 恐らくは1時間程試飲の後、買いもの少々~から小腹が空いたということで近くの立ち飲みBAR様に一寸お邪魔。
 確か前回の試飲会の時も立ち寄った記憶が・・・・(といいますか、昼間に電車で市内に出た時は殆ど立ち寄っている気も・・・)、殆どルーティーンの行動。
 この立ち飲みBAR、若いマスターの雰囲気が良くってついつい立ち寄ってしまうのです。
 そして、ついつい呑みすぎ&カウンターで要らない事を色々と喋って・・・・・。
 


 夜は店なので、駅まで酔い覚ましを兼ねて徒歩で移動。


 京橋

 この橋を渡り・・・・。
 (昭和2年に架けられた京橋、昭和モダンといいますか、当時らしいデザインですよね)
 
 
 少し早めに帰りつく予定で電車に乗った筈が、一駅乗り越し・・・・。
 ダメダメですな・・・・。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/02
22
[ #694 ]

東京自叙伝

 先日お客様が貸して下さった小説なのですがこれが面白かったのです、久々のヒットといいますか。



        東京自叙伝


 「東京自叙伝」  奥泉 光   
  集英社  


 基本的に乱読な私、本なら何でも読むのですが(ビジネス書除く)、ここのところ”当り!”と思える小説が少なかったのです。しかしこの作品は久々に”当り”。
 もっとも、こうした印象を受けたのは初めて読む著者の作品故かも知れませんが。
 

 最近でも小説の類、ある程度読んでいますし面白いと思える作品も無いわけではのいのですが、そうした物は多くがお気に入りの作家の物。当然ある種予定調和的になりますので、”やはり面白いよね・・・・”といった感想に落ち着く訳でして。
 それに比し、この作品は初めて読む作家さんの物、余計に印象が強かったのかも知れません。



 閑話休題、この本。

 兎に角、シニカル&軽妙。
 その皮肉なタッチで切る、近代日本の総括といった内容。

 こんなやり方が有ったのか?
 といいますか、もし私に文才が有ればこんな小説を書いてみたいと思わされる内容です。兎も角好みの書き方&テーマでした。

 一寸違った表現をすれば、関東版の筒井康孝?的かとも想ったり。

 まあその分合わない方には合わないでしょうし「不愉快だ、不敬だ、偏っている・・・・等々」のクレームも有りそうですが・・・・(まあ、フィクションですし合わない方は読まなくても良い訳で・・・笑)、しかしやはり小説はこれくらいは毒が無いとね?(そうした意味でも大人向けの小説という印象?)


 どちらにしろ個人的には非常に楽しく読める作品、著者の他作品も読んで見たくなりましたね。
 貸して下さったS様に感謝です。

 

タグ :    /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.