FC2ブログ
2015/04
02
[ #705 ]

20年

 20年が経ってしまいました。


 といっても店の事ではなく、その昔衝動買いしたコイツが我が家のガレージに居座って丁度20年なのです。


     trx850


 ヤマハのTRX850というオートバイ。
 車検証を観ると初登録が1995年の4月なので丁度20年なのですね。
 以前書いたこともありますが、これの前に乗っていたのは、同じくヤマハのSRX-6というオートバイ。
 これで草レースやツーリングで遊んでいた訳なのですが、お気に入りだった中山サーキットでのイベントが94年で終了する事となり、翌年からTIかMINEがメインになるかな・・・・?しかしそうなるとライトチューンのSRXでは厳しいな・・・・ヤマハから走るツインでも出ないかな?等と思っていた折、らしいバイクが出るとの噂・・・・。

 年が開けバイク屋からカタログが届いたとの報をいただき、カタログを貰いに行って・・・・、そのまま衝動的に注文・・・・・。
 以来20年な訳です・・・・。


 で、衝動買いしたコイツに跨ってみて、どう感じたのか・・・・?


 先ず思ったのは、ハンドルが少し遠く感じる&ステップの位置も思っていたより低くて前に在るな・・・・、と言う事。
 言ってみれば、SRXと良く似たポジション(流石に幅は少し広いですが)。
 (因みに上の写真の私の愛車はハンドル&ステップ変えてあります)

 実はバイクのポジションって結構重要で、かなりの面バイクも性格を左右するといいますか、設計者の思想、思いが反映されている様に思えるといいますか・・・・・。

 とするとこのバイク、SRXと似た性格のバイクとなるのかな・・・?と・・・・・。
 いってみれば、乗り味を楽しむスポーツ車?

 実際エンジンの性格もSRXと似た印象。
 やや高回転型の4ストツイン(シングル)で、極低速(2000以下)はハッキリ言って使えない、低速(2~3000)はそれなりにパルス感が有り、中速は使いやすく(3~5000)、それから上は結構元気・・・・。といった感じ。

 詰まり、それまで乗っていたSRX-6の排気量4割増し(出力は倍)、重量3割増しにしたバイク、といった物ですね。

 ツインの雰囲気を楽しみつつスポーティーに走れますといった存在。
 決して当時”レプリカ”なんて呼ばれる様なバイクでは無いという事。





 にも拘らず、この90年前後の250レプリカの様なシートカウルはどうした事か・・・・・と。


  シートカウル


 完全にタンデムなんて拒否していますね(まあ、する気も無かったのですが)。

 他、タンクも”らしい”デザインですし・・・。

 タンク

 カウルだって、単体で観ればけっこう”らしい”のです(ツーリングユースを考えて有るのか少々大きめですが・・・・)。

 カウル  コックピット



 つまり、パッと観はレプリカ、あるいはツインのSS(スーパースポーツ)。
 乗ってみると、ツーリング・スポーツというかテイスティー・スポーツといった性格。

 その辺でロングセラーに成らなかったバイクと言えるかも知れません(SRXの様なデザインだと違ったかも知れませんね・・・・、そういえばMT-07&09売れているとか)。
 他社からVTRとかTLーRなんて出ましたしね。



 
 決してレプリカとかSSという性格のバイクでは無いと書きましたが・・・・・。

 実は・・・・・、当時のカタログには・・・・・。


 カタログ2

 チャント、スーパー・スポーツと記して在ったり・・・・。

 まあ、SS(スーパー・スポーツ)の定義が変わった面もあるのでしょうが・・・・・。


 しかし、カタログの上のロゴが記されたページ・・・・・。





 カタログ


 これですからね・・・・・。ポール・リカール・サーキットですから・・・・・。


 イメージはレプリカ、実態はツーリングバイク・・・・・・・・・。

 

 まあ、最近はもっぱら古い街並みを探しての日帰りツーリングの足となっていますので、丁度良い面もあり乗り続けています。


 それに、いかにもレプリカ的な印象を受け、タンデムにも使い辛いシートカウルにも結構良い所も有りまして・・・・。

 中に結構物が入るのですよね・・・・(汚れますが・・・・)。




 因みに・・・・。
 
 ビール

 350㏄の缶ビールなら7本は入ります。   (笑)

 


 
スポンサーサイト

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/04
06
[ #706 ]

今年の花見

 昨日、店のお馴染みさん方と花見を実施。
 週間天気予報での降水確率は70~80%の高い値をキープしていましたので、流石に今年は厳しいか?とも思っておりましたが”午後には雨は上る筈”という完全なる主観的希望に基付き土曜日の午後に実施を決定。

 いや~、思い込みって大事ですね。
 無事雨も上がり、暖かな曇天の下、桜吹雪の舞う中、のんびりと花見をさせていただきました。


      桜吹雪


 風が吹くたびに花びらが舞い、正に散り始めの絶好の日和。
 こうしてのんびり花見をさせていただくと、ホント、日本に生まれてよかったと思いますね。
 こうして庶民がのんびりと春の一日を桜の木の下で過ごせる日本でありつづけていただければと思いますよね。


 そういえば昔、三島由紀夫氏が自決の一年ほど前に石原慎太郎氏相手に、「我々は何を守る(護る)のか?」というテーマで対談された文を読んだ事があります。

 確かその時三島氏が言われたのは「三種の神器」。  (らしいですね)
 それに対し石原氏が守るべきといわれたのは、「個人の自由と己の自我」。  (これって・・・・?)



 ただ私としてはやはり、「庶民がのんびりと花見が出来る様な日常」を為政者の方々には護っていただきたいと・・・・・。 それこそが日本の良さの様にも思え・・・・・。花見をするとそんな事を想います。





 閑話休題、今回も主催者の私が最も酔っ払っているという醜態・・・・、ご迷惑お掛けしました。
 これに懲りず来年も宜しくお願い致します。

 
 



続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/04
10
[ #707 ]

NINA SIMONE

 個性的声の女性ヴォーカルといいますと、この女性も外せないのです・・・。


            nina simone

  「Don‘t Let Me Be Misunderstood」    NINA SIMONE


 ニーナ=シモン
 前回のリサ=エクダールさん等とは異なり、目一杯のハスキーヴォイス。知らない方等「エッ?女性なのですか?男性じゃないのですか?」と言われるくらい。
 可愛らしい声の比喩として、よく”天使の歌声”とか”妖精”の声等と使われどちらかといえば、天から降ってくる声といった表現がされますが、それに比すと、このニーナ=シモンの声は、大地から響いて来る声といいますか・・・・。
 まあ、黒人音楽や中南米のラテンの音楽、良く大地との親和性とか土着感等と表現されるので、正にそういった印象を受ける声ですし歌い方です。

 一言で言えば声にしろ歌い方曲調にしろ”暗い”のですが、この暗さが結構良いのです。何といいますか”健全な暗さ”といいますか・・・・(では、不健全な暗さのヴォーカリストは?等といわれると困るのですが・・・・)。
 ある種の安心感やカタルシスといいますか、そんな感じを受ける声ののです。(母なる大地の声というかな?)
 お気に入りの歌い手です。
 
 カサンドラ=ウイルソン等もそうですが、こうしたハスキーな黒人女性ヴォーカル、アメリカ辺りでは一定のファンがあるのでしょうが、特にこのニーナ=シモンに個人的に惹かれるのです。


 聞かれた事の無い方は是非一度・・・、といいたくなる歌い手さんです。


 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/04
13
[ #708 ]

結婚披露パーティー

 先の土曜日、広島市内で馴染みのお客様(新郎K・K様&新婦K・S様)の結婚式&披露パーティーに列席して参りました(故に土曜日店を閉めさせていただいた訳です)。
 非常に楽しいパーティーでした。
 そして相変わらず飲みすぎの私です。

 
 披露宴の行われたのは広島市内の料亭?”重森三玲”設計の立派な庭の有る場所と言えばお解りの方はお解りかと・・・(因みに重森三玲、確か他にも東福寺とか松尾神社の庭も手がけていらっしゃった記憶が・・・・)。
 こんな庭でした・・・・。


 庭


 閑話休題、受付でいただいた席次表を観て吃驚といいますか、何といいますか・・・・・。


 披露宴、新郎側の出席者の中に、バカナリヤの馴染みのお客様が12名・・・・。更に私を加えれば13名(新郎新婦まで含めると15名)。
 何だか単なるバカナリヤの宴会状態、先日の花見の続きですか・・・?といった状態。
 (他にも、姫路等のバーテンダーさんとかシェフさんとか美容師さんとかバイク屋の大将とか、釣り仲間とかキャンプ仲間とか・・・・・・。因みに会社関係者は無し・・・)(良いのですか?Kさん)

 という事で、私たちのテーブルは披露宴の当初から妙にリラックスして笑い声が・・・・・。


 とその前に、式まで列席させていただきまして。
 この式も巫女さん奉納舞まで行われる立派な物。


 玉ぐし奉納


 玉ぐし奉納の図ですね。

 お二人とも見事な和装姿、豪華な白無垢。


 その後、披露パーティーと相成った訳ですが・・・・・、新婦さまはピアニストということで、会場の前方にはグランドピアノが・・・・・。
 そして、後方には、新郎様が立派な酒飲み?ということでバーカウンターが設置して有り・・・・。
 そこに世界大会経験の有る方を含め8名のバーテンダーさんが・・・・・。


 豪華なカクテルパーティーといった状態。

 進行も練って有り、庭側のブラインドが上ると、そこに新郎新婦の姿が・・・・・、といった具合。
 更に乾杯は鏡開き。


 鏡開き

 西条の亀齢ですね。


 見事な色内掛け・・・・。

 打ちかけ


 ピアノやフルートの生演奏&バーカウンターのカクテル&コース料理・・・・・。
 ホント楽しかったです。
 人様の結婚披露宴でこんなに楽しませていただいて良いのか?といった状態・・・・。


 そしてラストは新婦様のピアノ演奏で閉め。

 ドレス

 この演奏がまた力強くて良くって・・・・。

 ついつい調子に乗って飲みすぎてしまいました。(何時もか?)


 お陰で昨日は気持ちの良い宿酔い・・・・。
 (気持ちの良い宿酔いという表現も変ではありますが、余韻が残って良かったのです・・・・)


 因みに私も一寸だけバーブースに・・・・・。


 私


 少々緊張してしまいました・・・・・。


 しかしたまにこうしてドレスアップしてパーティーって良いですね。お二人に感謝至極でございます。

 何卒お幸せに&これからも宜しくお願い致します。

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/04
17
[ #709 ]

負け様

 先月に”ディエゴ=コラレス”というボクサーが負け様が良く印象に残る選手(尤もラストファイトとなった試合はダメダメでしたが)云々・・・等と書いた記憶が有りますが、スポーツを観る場合この”負け様”が一つの楽しみといいますか・・・・。
 言い換えれば、負け様に対する視点という事が重要な気がするのですよね。
 更に言えば、スポーツに限らず社会生活全般において、負け様に対する理解は重要だった気がします。

 どういう事かと言いますと・・・・。


 以前、現代社会(新自由主義)は生きる事を”椅子取りゲーム”の様にしてしまったのでは?といったコラムを読んだ記憶がありまして、その視点は概ね肯定出来うるものでした。

 確かにそうなのかも知れません。高校入試や大学入試、或いは就職試験等々(最近では幼稚園から入試が有るところも有るとか・・・・?)、また仕事上の出世競争等々・・・・・・。”椅子取りゲーム”に例える事が可能な様に思える事も多くなっている気もします。
 またたまに通勤通学時間に電車等に乗りますと、学生・生徒等が結構我先に空いてるシート(椅子)を確保したり・・・・(もしかすると彼らは受験を控え、それが椅子取りゲーム的であることを無意識にじかくしているのか?とも想ったり・・・・・)。
 まあ、シルバーシートの様な物が作られる時点で如何な物か?とも思います(1970年代辺りが初出かな?)。子供の頃には人よりも椅子の数が少ない時には、年配の方や妊婦さん傷病者の方に椅子を譲るのが当たり前だと教わった気もしますしね・・・・・。

 
 閑話休題、”生きる事が椅子取りゲームと似た物と成っている”という視点がそれ程間違っていないとすれば・・・・、例えば、百人で最期は1人が勝ち残る様な物と想像すれば・・・・・、無敗で勝ち残るのは1人だけですよね?残り99人は一度は敗れる訳なのですね?
 それこそ「どうぞ」何て人様に席(椅子)を譲っていると、気が付いた時は”負け組み”に成っていたなんて事に・・・・(しかしこの最近良く耳にする”勝ち組・負け組み”といった言葉、余り良い言葉とは思えないのですが・・・・)。


 そう、殆ど全員が一度以上負ける訳ですよね?

 そして恐らくだからこそ、負けていく人間には”負け方”(を考える)という事が重要な気がします。
 或いは勝ち残った人間には、負けていった人間の”負け様”に対する理解が・・・・・。


 何故なら・・・・・、もしも敗者の負け様に対する視点・理解が無くなってしまったとすると・・・。
 誰も喜んで、負けて行って呉れなく成りますよね?或いは勝ちを譲って呉れなくなるのでは?

 結果として、毎回毎回の椅子取りゲームが殺し合いの様になる可能性が高くなりそうですよね・・・・・?

 

 おそらく太古から生きる事それ自体、有る面生存競争的ではあった筈ですが、それを残酷にしない為に”敗者の名誉”なんて物が生み出された、とも言えるかも知れません・・・・・。またそれを観、理解する文化も・・・・・。

 まあ、負け続けの人間の戯言ですが・・・・。


続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/04
20
[ #710 ]

ジンのはなし 3

 オレンジ公ウイリアムの婚姻に拠りイングランドで急速にジンの人気が高まり消費量も増えた~云々と書きそのまま中途半端にしていたのですが、今回はその続き・・・・。

 
 このロンドン周辺でジンが流行り始める理由として一つは、ウイリアム3世及びその周辺がジンの販売促進活動を行ったのが一つの理由とは思われます。彼がウイリアム3世と成ったのが確か1689年、その翌年にはフランスからのブランデーの輸入禁止令なんて出している訳ですし・・・・。

 そしてもう一つ私が思うのは、製鉄にコークスが使われる様に成った事・・・・。
 なんて書くと???と思われそうですが、この頃から製鉄にコークスが使用されるようになり、高品質の鉄が作られる様になる。また、英国には結構な石炭の埋蔵量が有り・・・、拠って、製鉄業や炭鉱業が一気に盛んになる訳で・・・・。また、そうした起業家に融資する銀行(イングランド銀行)の設立も確かこの時期ですしね。
 (産業革命は18世紀後半からと言われますが、この時期、十分にその萌芽といえる事が起こっていたともいえそうで・・・)

 閑話休題、こうした製鉄業や炭鉱の発展はそうした場所で働く多くの底辺労働者も生み出した訳で(もしかするとロンドン大火からの復興の為の建築労働者の需要なんて物も有ったかも知れませんが・・・)。そうした、低賃金での長時間の過酷な労働を強いられた労働者達が、その精神的苦痛や肉体的苦痛を麻痺させる為に頼ったのが”ジン”だった訳です。
 また当時のジン、ベースとなるスピリッツにジュニパーベリーの香りを付けただけではなく、少量の砂糖も添加され、更にはフーゼル油や、インド・ツヅラフジなんて殺虫剤にもなる成分も加えられたりで、かなり妖しい酒だった様で・・・・。(何だか我が国の戦中から戦後混乱期のバクダン酒やヒロポンの様なイメージと被る面も有ったり・・・、或いは韓国焼酎)。

 まあだからこそ故に、ジンをラッパ飲みしたりストレートで飲む事や、ジンという酒自体にある種負のイメージが付きまとうのでしょうが・・・・。
 そして恐らくそれは現代でも残っていそうで、例えば映画”マイ・フェア・レディー”でオードリー・ヘップバーン扮する花売り娘の親が好むジンであったり、同じく映画、酒と薔薇の日々で飲まれるジンであったり・・・・・。
 

 それはさて置き、この時期(17世紀末から18世紀半ば過ぎ)にかけ、英国では多くの労働者がジンで寿命を縮めている訳で(一説には彼・彼女達の平均寿命は30に満たなかったとか)、更には、泣き止まない乳幼児にジンを飲ませる母親も多く、その所為で数千の子供達が命を落としたなんて話も・・・・・。
 (この辺り、ホーガスという画家の描いた”ジン通り”という絵が印象深いです)


 そして流石にイングランド政府も放置出来なくなり、色々と対策を打ち出す訳ですが・・・・。

 例えば1725年には、ジンに対する課税の強化、販売業者の免許制の導入、路上での販売の禁止等。
 しかし、これは言えば販売のみに対する規制な訳で、製造もされれば需要も減らない訳で・・・・、結局、密売業者の大量発生となるのですよね・・・・。
 で、更に密売業者の密告の奨励なんて行われ(1735だったか)。
 何だかこの辺り、アメリカの禁酒法とも被りますよね(或いは嚆矢)・・・・・。


 そして、そうした状況中で生まれたのが、ジンの”自動販売機”

 黒猫の形をした販売機の口に硬貨を投入すると左の前足からジンが流れ出してくるというシステムだったそうで・・・。
 詰まり、機械が勝手に作動しているだけで販売者(人間)では無い(居ない)、故に逮捕されないという理屈だったのでしょうが、現代でいうとよくもこんな屁理屈が通るな・・・・、いった感じですが・・・・。
 まあ、この自販機を設置したD=ブラッド・ストリートという人間、元々密売業者を官憲に密告していた人間だそうで、結構その辺り、法の抜け道に詳しかったり或いは官憲とのコネクションもあったのかも知れません・・・・。

 
 何はとまれ、この猫の形の自動販売機は活躍した様で・・・・、この黒猫がオールド・トムと呼ばれ(日本語なら老猫トムですか)、それがオールド・トム・ジンの語源にも成るわけですから・・・・。

 日本ではオールド・トム・ジンにそれ程のイメージや思い入れは無いかも知れませんが、恐らく英米ではそれらのイメージ・・・、例えば、麻薬的だったり、悲劇であったり、堕落的であったり・・・・が付きまとっていそうです。
 或いはジンという酒全体に・・・・。

 確かに堕落という物(言葉)ある種の求心力が有るのも事実ですが・・・・。
 その辺りもひっくるめてバーのカウンターでジンのストレートを出す事は中々意味深に思え、また考えてしまうのですよね・・・・。   
 そんな酒なのです。


 ますた

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/04
24
[ #711 ]

しゃくなげ~版画

 昨日余りに良い陽気故、ついつい車庫からバイクを引っ張り出、連れ合いを後ろに乗せ・・・、向かった先は福成寺。
 このお寺、今の時期これで著名なのです。



     石楠花


 石楠花(しゃくなげ)です。

 知らなかったのですがこの花、桜の様に一斉に咲くのでは無く、一本の木で1月程掛けて順々に開花するとの事。
 そして日当たりの違い等にも拠り、蕾すら着いてない物から~既に略散ってしまっている物まで色々と・・・・。

 ということで全く咲いてない木も有るのですが、この春の陽気の下、こうした場所を散歩するのも気持ち良かったのです。


      地蔵

 
 場所によっては椿が散り残っていたり・・・・・。

   椿


 
 そこかから、芝桜等を横目に東広島市立美術館まで移動。

 開催されているのは、所蔵作品展。


 収蔵品展


 一寸、企画名が微妙なのですが・・・・・。
 展示内容は良かったです。

 しかも入館料は1人なんと・・・・・100円。
 これで50点程の作品を鑑賞させていただける訳で・・・・・。


 展示内容はこの美術館らしく、近現代の版画が主体。

 版画にそれ程詳しい訳では無いのですが(でも好きは好きなのです、先日も一枚衝動買いしてしまったり・・・)、浮世絵に少々興味惹かれる私としては嬉しい展示でした。

 (&この展名はやはり・・・・????   「び・ビ・美!アート・きたー」   ???   当たり前に、”新収蔵品、近現代版画の名品  手法 ”  辺りではダメなのですかねェ?)
  

 とまあこんな感じで少しだけバイクに跨ってみたのですが、良い陽気にもなって来ましたしそろそろ本格的に走りたいですな・・・。
 (何処の遊郭跡を目指すかな   笑 )

 (オット、その前に車検か・・・・・・)

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/04
30
[ #713 ]

試乗

 先の日曜日、バイク)のタイヤを車検に備えて組み替え、その味聞きにと近所の道の駅まで走らせてみることに・・・・。
 福富という場所の道の駅ですが到着するとも多数の車、4輪は駐車場に入りきれない状況、しかしそこは2輪車、ありがたく駐車場に乗り入れてみますと・・・・。


 トイレの近くに”MVアグスタ”のロゴをデカデカと描いたトラックが鎮座。


 これはこれは・・・とバイクを停め近づいて見ますと、荷台の上に昔のGPレーサーが展示されてあり・・・、眼福・眼福と舐めるように愛でさせていただいておりました・・・・(磨きこまれたHリムなんて嬉しいですね・・・・)、すると後ろからスタッフの方に話しかけられ・・・・・(このバイク、昔の設計図通りに4台だけ復刻、造られたGP500の内の一台とか・・・・、となると74年式が基かな?)、試乗会を行っているのですが如何ですか・・・・?と。
 丁度、最期の回に空きが有るとかで、それならばと跨らせていただくことに・・・・・。


 全くの突発だったので、ラフな服装&心の準備も無しという事もありスタンダードな車体を選択。
 800cc、3気筒のネイキッド・・・・。

 
 その感想(とは言ってもホンの5分位先導車に付いて走っただけなので良くは判りませんが・・・・)、

 先ずポジションはシートが少し高く感じるといいますかハンドルが近くて低め、ネイキッドと有りましたが、私の感覚からするとネイキッドとモタードの間くらい(これが所謂ストリート・ファイターてきポジションなのですかね)?
 そして低速トルクが細い・・・・、といいますか恐らくフライホイールがかなり軽いのでしょう・・・・発進に少し気を使います(クラッチの位置が好みで無い事もあり一度エンスト・・・・、見っとも無いですな 笑 )。
 しかし走り出してみますと、兎に角自然な感じ、ニュートラルといいますか、全く癖が無いといいますか・・・・、そして全てにおいて軽くて上質な印象、特に足周りの動きなんて・・・・・。



 しかしたまにこうして違うバイクに試乗させていただきますと、今乗っている自分のバイクの個性というか特徴というか、欠点(=長所ともいう?)というかが再認識出来て楽しいですね。
 以前にドカの1000スポルトに試乗させていただい後でも想ったのですが、私の愛車(TRX)は想った以上にツインらしさ(パルス感)を感じるエンジンに仕上げてある印象。恐らくフライホイール等も重めなのでしょうが、吹け揚がり(レスポンス)が今ひとつ、代わりにドコドコ感があるエンジン・・・・等々・・・・。



 どちらにしろ楽しい体験をさせていただきました、おまけにカタログ&キーホルダーまでいただいたり・・・・。
 一寸、足回りのセッティングを変えたくなった気分です。

 (味聞きに出ただけだったのでカメラが無く、写真は無しです)
 

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.