FC2ブログ
2015/05
04
[ #714 ]

HELEN MERRILL

 (白人)女性のジャズヴォーカルというとやはりこの方となるのでしょうか・・・・。


        ヘレン メリル
          
 「Helen Merrill」  HELEN MERRILL


 昔なにかの小説で「”ヘレン・メリル”の様な声で歌いそうな、典型的なアメリカ白人女性・・・云々・・・・」、といった文節を読んだ記憶が有るのですが、確かに我が国においてアメリカ人女性ジャズシンガー=”ヘレン・メリル”といったイメージは存在している気がしますし、恐らくその基となったアルバムがこれでしょう。また、ここに収録されている「YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO」の曲とも思えます。

 確かにこの曲、かっこよいのですよね・・・・アレンジといい、彼女の歌声といい、都会の闇を照らすサーチライトの様なクリフォード・ブラウンのトランペットといい・・・・。


 閑話休題、確かこのアルバム、往時は「ニューヨークのため息」といった日本語名が付けられていた筈、或いは彼女(の歌声)がそう紹介されていた様な・・・・。

 この日本語の題名が良いのか悪いのか・・・・?
 色々と意見も有りそうですが、個人的には結構雰囲気かな?とも想っています。

 昭和30年代の高度成長期、日本人が憬れたアメリカ文明、またその象徴としてのニューヨークという大都会・・・・。確かにそんなイメージを感じるアルバムと思えるのです。


 そう、ニューヨークというアメリカ文明を象徴する現代的大都会・・・、そこで生活する上で必要とされる強烈な個人主義と自己主張、そしてその裏返しとして当然のごとくもたらされる孤独感・・・・。
 そして孤独感の先にある寂寥感等々・・・・、そしてそれに耐えるやせ我慢・・・・・。
 確かにハードボイルドといいますか、バーのカウンターに似合う気がします。

 確かにこの当時、1950年代のアメリカやニューヨークは現代文明の象徴、憧れの大都会であった様に思えますし、かっこよかったのでしょう・・・・。



 そういえばその後、ビリー・ジョエルも80年代辺りに、この都会(ニューヨーク)の孤独感といったテーマでアルバムを造っていた記憶が・・・・。
 さらに言えば、映画「真夜中のカウボーイ」や「タクシードライバー」のニューヨークといった存在にも・・・・・。
 (日本には東京砂漠なんて曲もありましたね・・・・・)

 大都会の病理といいますか、病んだ部分といいますか・・・・。

 確かに現代文明やその象徴としての都市生活は、個人主義と自己主張、そして付いて廻る”孤独感”は付き物といった気がするのですが、それと如何に付き合うか?あるいは孤独感を感じた故にどうするか?という事は大事な気がします。
 (攻撃性に変わればクレーマー的に成るでしょうし・・・、SNS等でおともだち作りってのものねェ・・・・・)

 そうした面で50~60年代は、見得とやせ我慢の一匹狼(ハードボイルド)がまだ評価されていたのか?と想ったり・・・。


 相変わらず音楽の話ではないですな・・・・・。
 
 
スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/05
08
[ #715 ]

新書

 昨年の事ですのでかなり前の話なのですが、新聞を捲っておりますと下の方にある広告スペースに岩波新書の新刊広告が載っておりまして、その中に気になるタイトルの物が一つ。
 これは何処かの本屋さんで2~3頁捲らせていただき、相性が良さそうなら購入したいな・・・・・と考えておりました。

 そしてそれから数日後、近所に在るショッピングセンターに出かける用事があり「そういえば此処、本屋さんも入っていた筈・・・・と」、その本を探しに店内へ・・・・。


 これが、いくら探しても岩波新書のコーナーが無いのです。

 まあ此処は本屋というよりは雑誌屋さん的な店ではあるし、特に最近は雑貨屋さん的にも成ってきている雰囲気でもあるので仕方ないか、と素直に諦め退散。


 更に数日後、やや大きめショッピングセンターに出かける機会があり・・・、そういえば此処は少し大きめの本屋さんが入っていたよねと・・・・・。

 ところがやはり岩波新書のコーナーが見当たらないのです。
 そこで、レジカウンターにてスタッフの方に尋ねますと・・・「うちでは岩波新書は取り扱いして無いのですよ」との答え。


 こうなると少し意地になり、帰宅途中にもう一つのショッピングセンターに入っている本屋さんへ・・・・。

 そこで岩波新書のコーナーを探すと・・・・・、

 古めの物が2~3冊、埃を被って書棚の隅に・・・・・。


 「なんてこったい!」という気持ち、此処で気力が途切れました。



 別に岩波新書を特別視する訳では無いですが、取り上げるテーマにしろその文章にしろ、多く新書シリーズの中ではやはり安定感もありますし、流石といいますか・・・・。
 此処のところ粗製乱発気味に創刊された、殆どHOW~TO本かタレント本かビジネス書か雑学書的といった他の新書シリーズとは一線を画す気がしています。
 老舗ですし、やはり新書=岩波といった印象は多くの方に在ったと思うのです・・・・が。 

 それがこの町、東広島市では手に入らないのか・・・・・?一応”学園都市”でしょ?岩波新書を売っている本屋が無いって(まあ大学生協には在るのでしょうが・・・・)・・・・・、と暗い気持ちで帰宅・・・・。


 なんと言いますか、私が想う”街”といいますか”街場”といいますか、個人の(あるいは個性的な)本屋さん、古本屋さん等々の存在は欠かせない気がするのですよね。
 また(所謂マスコミが個性的と定義するのではない)個性的な、あるいは一般受けしそうに無い店が成立する事も街の一つの面といいますか・・・・。

 (因みにその本、後日広島市内の大型書店に立ち寄った際に1頁も捲らずレジへ・・・、空振り続きだったので衝動買いとなってしまいました)



 どうも聞くところに拠れば、岩波新書は書店の買い取り制になったとか・・・・。
 確かにそうなると、利益重視の店舗(チェーン店等)や個人店では置き辛いですよね・・・・・。
 そういえば音楽CDも買取制になったとかならないとか・・・・・、確かにCD・レコード店が減少する筈ですね・・・・。

 ネット通販の功罪ですかね?
 確かに便利は良い(コンビニエンスな)のですが・・・・・・。
 まあそうなると別に東広島だけの話ではなく全国的な話なのでしょうが、一寸寂しいといいますか・・・・。


 ネットの発達に拠り確かに利便性は劇的に向上したのでしょうが、その代わりに失った物も多そうです。
 結局、解り易い物、一般受けする物しか評価されない、といいますか・・・・。
 予備知識が集め易い故か、結局、自分の頭で考えるという行為が放棄され気味といいますか・・・・。
 偶然の出会いなんて事も減りますしね・・・・


 そういえばその昔、大宅壮一がTV普及の社会状況に対して”一億総白痴論”を展開されましたが、ネットやスマートフォンの普及はそれ以上に大衆の白痴化を推し進める危険性が有るのでは・・・・?というと言い過ぎですかね(私自身も日々白痴かしている気も・・・・笑 )?

 まあ、TVもネットも所詮はツール=道具=手段でしか無いので使い方次第なのでしょうが・・・・・。

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/05
12
[ #716 ]

GWも終わりまして・・・

 GWと呼ばれる期間も終わりましたね、今年は日付の関係で長期休みを取られた方も有るのでは?と勝手に想像したりしておりますが私の方はは相変わらず。
 夜は基本的にカウンターの内側に立って居る訳ですから・・・・。

 強いて挙げれば、一日広島市内に出た位、立ち寄ったのは・・・・。


 ネコライオン 

 これ、


 とこれ。


 世界のビール


 岩合光亜昭写真展 「ネコライオン」 と 世界のビールとグルメスタジアム。



 写真展の方はタイトル通り、写真でネコとライオンの共通性(&差異)の比較といった物。

 ライオンの姿って犬とネコの中間の様に見えます。
 草原を主とした生活空間とする為か、群れで生活をする為か・・・・?恐らくは生活形態が犬的な故でしょう、犬っぽく見えるのですよね。正に”形態は本質を表しけむ”というところですか。
 豹や虎ならばもっとネコ的でしょうかね・・・・。


 ビールの方は、まあ仕事柄も有り一寸顔を出して置きたかったという事で・・・・。
 旧市民球場跡地、こうしたイベントに使い易い印象です。




 それ以外に、車検に備えバイクの整備を少々。


 先ずは、前後のタイヤ交換。

 実は履かせたタイヤ、昨年の内にネットで落としていた新古品(最近やることが少しせこい私です)。
 新古品という事で、少し硬くなっている印象も・・・・。
 車検&近所の下駄代わりに使用の予定故に、まあいいか?といったところです。

 それでも一応は一皮剥きに・・・・・。

 タイヤ

 少々跳ねる印象は有りましたが、何とかなりそうです。


 それとオイルも交換。

 実は最近使っているのは、このオイル・・・・。


 オイル

 カストロールのRSという4輪用のオイル。

 2輪に四輪用のオイルって如何な物か?という意見は有りそうですが、問題無く使っています。

 愛車のTRX850、約4㍑のオイルが入るので丁度良いのですよね。
 比較的入手し易い高性能オイルという事もその理由。たまに安売りもしていますしね・・・・ 笑 。
 エンジンもよく廻る印象が昔からあるのです(個人的感想です)。
 昔はたまにサーキットに持ち込む事も有り、色々と試した事も有るのですが最近はもっぱらコレなのです。

 他、各所をノーマルに戻し・・・・・。
 (此処までするならユーザー車検も有りかな?次回はチャレンジしても良いかも・・・・?)

 まだしばらくこのバイクで楽しませていただく心算です。
 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/05
19
[ #718 ]

ウイスキーのはなし 3

 スコットランドの地酒ともいえるウイスキー(イングランドに拠るスコットランドに対する殆ど虐に拠り?)、17世紀頃から課税が強化され始め、徐々に密造酒的になっていくのですよね・・・・。
 
 確か、スコッチウイスキーに対する課税が正式に始められるのが1644年だったと想うのですが、その後年々それが強化されまして・・・。またそこに、オレンジ公ウイリアム(ウイリアム3世)の即位であるとか、スコットランドの併合何て事も・・・・。
 
 時系列的に観ますと・・・・、
 ・1644 スコッチウイスキーに対する課税の開始
 ・1689 オレンジ公ウイリアム即位
 ・1690 フレンチブランデーの輸入制限
 ・1707 スコットランド併合
 ・1725 麦芽への大幅な課税強化
 ・1784 蒸留器に対する課税

 といった感じです。

 こうしたスコッチウイスキーに対する課税の強化は戦費の捻出の為に行われたという説が強いのですが、どうもそれだけでは無いのでは・・・?とも思われるのです・・・・。

 検証等はして無いので個人的妄想ですが、1725の課税強化には、ジンの製造販売の促進という面は無かったのか?という疑問も在りますし。それ以外にも、単にスコットランド虐めとスコットランド人からは捕らえられそうですし・・・・。
 (この辺り、言い換えればプロテスタントの拠るカトリック虐めとも捕らえても良さそうでが・・・・如何に?)
 (また、明治期に東北で起こった所謂”どぶろく争議”との類似性何て事を想うのは私だけでしょうか・・・・?)
 (また基本的に近代国家或いは政府という物の本質は課税による税金の吸い上げシステム、というと言いすぎかな?)


 ともかく、1725年の麦芽への大幅な課税強化及び1784年の蒸留器への課税を切っ掛けに、密造が増えたのは確かでしょう・・・・。

 また此処で幾つかの出来事もおこるのですよね・・・・。

 例えば、麦芽への課税を強化された事に拠り、当然、原材料の麦芽使用量を減ずという事が多くなるのですが、それは詰まりグレーンの生産の大幅な増加となる訳でして・・・・・。


 また、ハイランドの業者は山の中や谷間に隠れ密造が行えますが、イングランドに近く山も少ないローランドの業者は隠れる訳にもいかず・・・・・・。

 で、どうしたか?

 グレーンを大量に生産し、それをジンの原酒としてジンメーカーに卸す。そしてこの収入で税金をまかなう・・・・・・。

 また、ジンの原酒用ですから、出来れば雑味の少ない物の方が良い・・・・・。
 そこで、背の高いスチルポットが使われる。
 現在、グレーンモーレンジで使われているスチルポットはこうした由来の物でしょうね・・・・・。


 そうして、もう一つ、樽熟成・・・・・。

 この辺り、樽に入れることに拠りウイスキーが美味しく成る事が偶然に発見されたという説と、ワイン等が樽熟成で美味しく成ることは遥か昔から知られていた訳ですから、意識してやっていたのでは?という説と二つが有りそうですが・・・・。


 まあ、どちらか一つが正解と決めなくても良い気もしますが・・・・、多くの生産者が意識的に樽貯蔵に拠り味の向上を目指したのはやはり19世紀になってからかな?とは思えます。
 また、それは取りも直さず、消費者(ウイスキーを積極的に飲むようになったイングランド人)の嗜好に合わせた面もあるのでは?とも思えたり・・・・。

 そしてその時使われた樽の多くがシェリーの空樽であったとか・・・・・。


 そう、17~18世紀の頃には上質の樽が造れるオークの木は英国には殆ど残っていなかったのですよね(となると、燃料として石炭を利用することが発明されなければ、英国はこれほど発展もしなかったでしょうね・・・・)、そしてまた、英国の港町には貿易商がスペインから大量のシェリーを樽ごと輸入していた訳で、シェリーの空樽はまたある程度安価に流通・再利用される環境にあったのでしょう。さらにガラス瓶が普及するようになってからは、そのシェリーを瓶に詰めて小売する瓶詰め業者も誕生する訳で・・・・。
 そうした瓶詰め業者がウイスキーの製造業者に空樽を供給していた面も当然あるでしょうし・・・・。
 ボトラーズ(瓶つめ業者)の嚆矢はこの辺りののでしょうね・・・・。



 相変わらずまとまりの無い事を書いています・・・・。
 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/05
22
[ #719 ]

一寸そこまで

 先日車検に出していた愛用のバイクも無事に車検を終え、車検用のノーマル外装から普段乗り用の装備に変えましたし、初夏の爽やかな青空も拡がっているという事で少しばかり跨ってやることに。

 昨日の事です。

  
 先ず向かった先は、糸崎の松浜地区。


 確か、今年の2月ですかね?新聞に(ローカルニュースでも流れていたか?)”空き家の撤去が広島県としては初めて行政による強制代執行にて行われた”という記事が載ったのは。
 空家問題が全国的に語られ固定資産税の大幅増税も決定・・・何て話もあり、一寸気になったニュースだったのですが(私も田舎出身の長男なもので・・・・・)、そのニュースの画像(写真)、場所は糸崎と有り・・・・。
 あれ、この建物は旧松浜遊郭の崩壊しつつあった妓楼建築では・・・・?と・・・・。

 まあ、判るわけです・・・笑 。

 更にいえば、恐らくは旧大和楼の建物では? とも最近想っていたわけでして・・・・。


 実はその建物が旧大和楼では?と想ったのには訳がありまして。

 半月程前ですかね?あるお客様からこのようなコピーをいただきまして・・・・。


   間取り・大和楼


 ほんと、有り難い事です(といいますか、嬉しい&感謝です)。


 で、ついついフロントタイヤが向かった訳です。

 この糸崎の松浜遊郭跡、実は何度も訪れてはいるのですが・・・・・(例えば前回は・・・・)。

 今回は防波堤が完成して綺麗になっていました、そして来るたびに空き地や駐車場となった空間が増えている様にも思えます。
 今回の大和楼跡地も含め・・・・。


 でその場所ですが、


 大和楼跡
 
 井戸が残っていますね。
 上の平面図(間取り図)にある、中庭(台所)の井戸の跡でしょう。



 更に海側の角地に、旧・寅丸楼様の建物が現存しておりますし・・・・・。


 寅丸   間取り・寅丸楼


 更に、その隣に旧・歌屋様の建物・・・・。

 歌屋   間取り・歌屋


 勿論他にも現存している妓楼建築も有り・・・・。

 妓楼   妓楼2



 こうして歩かせていただき、また最近個人的に想っているのがこの松浜遊郭、湊町の遊郭として語られますが、実は旧国鉄との関係性が結構強かったのでは?と・・・・(理由は色々)。

 駅から直ぐの場所ですしね。


 駅との距離


 とまあ、こんな感じです。

 またいつかゆっくりと訪れてみたいです。(夜は仕事なので早めに退散)


 今回はそこから三原市の図書館で少々探し物をし、旭町の通りを少しだけ歩いてみました。

 この旭町の通り、元々は三原の漁師町集落。その後商店街の面も持った場所。
 古い建物がポツポツと残っています(道が舗装され直し、妙に綺麗になっていましたが・・・)。






 廃車


 此れは建物じゃないか・・・・・。



 え~っと、こんな感じです。

   旭町   旭町2   旭町3


 こうした部分も含め三原市、最近は寂れ気味ですがやはり港町といいますか、都会で有ったのだろうな等と想わされ好きですね(昭和20年代には駅前の特飲街に女郎屋が6軒だったとか・・・・・笑   たまには三原で飲むかな・・・・?)。



 そしてそこから単車の味を利きながら帰宅。

 結構いい感じの乗り味、乗り易くセッティング出来たかな・・・・・。


 カウルレス

 もう少し触りたい箇所も有りはしますが・・・・。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.