FC2ブログ
2015/10
03
[ #760 ]

百日紅

 久々に映画館で映画を観て来ました。
 どうも鷹野橋のサロンシネマが閉まって以来映画館に行く頻度が下がっていると思い付きまして、それならばと・・・。
 まあ天気も良いし単車でも引っ張り出してと出かけた訳です。

 観た映画はこちら。


           百日紅


 アニメかよ?何ていわれそうですが・・・。


 実は私、映画館でアニメ作品の上映をみるのは本作が初体験。因みに映画館は”シネマ尾道”


 シネマ尾道


 数年前に出来たという噂は耳にしていたのですが、ここも初体験。
 まあ、何事でも初体験は大事かと。


 閑話休題、何故この映画なのかといいますと。

 このアニメ映画の原作は数年前に夭逝された杉浦日向子さん、知る人ぞ知る江戸文化大好き女性。この方の書かれるエッセイ等好みで良く読んでいたのです(因みにこの映画の原作”百日紅は未読です・・・・)。
 そしてこの作品の主役は葛飾於栄、北斎の娘の女浮世絵師。江戸文化や浮世絵に興味引かれる面の多い私としては気になっていた訳です。

 
 そこで、感想。

 何せ登場人物が、於英、北斎、若いころの英泉に とと屋北渓、さらに国直・・・・ですから、それだけで嬉しいですね。
 

 そう、動く杉浦日向子ワールドが楽しめるだけで、個人的には満足だったのです(ということで一般の方の意見とは異なるかも知れません)。
 製作者の杉浦日向子さんに対する尊敬とかオマージュといったものを感じる映画でした。

 また北斎の描き方も良かった気がします。


 個人的意見ではありますが・・・・・。

 江戸中期、暴れん坊将軍(笑)に拠り享保の改革が行われた訳ですが、その改革の一つに蘭学に対する禁忌の緩和という物もあった筈です。これに拠り、特に都市部の知識層に近代的合理性とか西洋思想・近代科学といった物が普及していく訳ですが(たとえば平賀源内とか司馬江漢、解体新書等はその代表的なものでしょう)、それに拠り都市部において、それまでの日本的あるいは土着的な信仰の様な物の存在感が薄くなって行く何て事も起った様に思われるのです。
 たとえば妖怪や物の怪といった存在に対する懐疑や祈りとか、あの世といった存在に対する懐疑・・・・といった風に。
 そして都市部の進歩的な住人の感覚と従来の感覚を保つ人々の間にある種感覚の(分断というと大げさですが)差異の様な物も生まれ、あるいは個人の内面においてもある種の分裂の様な物も生まれた様にも思えるのです。
 故に江戸中期以降、妖怪絵や怪談話も逆説的に流行った気もするのです。

 そして、北斎の晩年はある種それらの統合の様な事をしていたのではと個人的には思う面もありまして。

 そして、この映画の北斎のイメージはそれに近いのですよね。

 結構、納得の映画でした。


スポンサーサイト

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/10
05
[ #761 ]

山口の左上

 来週から色々と忙しくなりそうな事もあり、また日も短くなって参りまして距離を走れるのは今日くらいかな?と単車に跨り向かったのは山口の左上・・・・。

 
 8時半位に家を出て・・・想ったのですが、アレ?! 携帯電話(未だスマートフォンではない私です)が見つからない。これは店に忘れているのであろうと一旦店に立ち拠り捜索~無事発見と相成りまして、結局燃料を満たし西条ICから山陽道に乗ったのは9時過ぎとなってしまいました。

 しかも玖珂ICの出口でゲートが開かない(やはりセンサーを付けた場所が悪かったのですかね?でもこれまでにこんな事は無かったのですが・・・・)。ここでも時間をとられ、結局目的地に着いたのは12時を回っておりました。

 目的地ですか?


 それは此処。


      看板


 特牛(”こっとい”と読みます)港。

 現在ではイカ釣り漁船の基地単なる漁港(因みに国道191を跨いでイカ釣り船に氷を運ぶコンテナが設置してあります)。


     氷コンベア



 現在はこじんまりとした漁港の風情ですが実は古くからの港町、当然江戸時代には北前舟も入っていた筈ですし、肥中街道という物も通っていたり。
 更にいえば少し南には”土井が浜遺跡”という著名な弥生時代の遺跡がありますので、実際はかなり古くからの港と思えます。

 確かに風除け等に良い地形です。

 これは現在の漁村集落。


   特牛港



 とまあ、古い港町という事で往時は当然遊郭も在りまして・・・・・そんなわけで訪れてみたわけです(相変わらずです)。

 
 確かに風情のある建物も数軒存在しました。
 
 唯、余り多くは無いですね、地元の方にお聞きすると以前一度火事が有ったとか・・・・。


 因みに・・・・・。

  特牛3  特牛1  特牛2


 余り広い街でも無いですしみなと周辺は空き地が多く・・・・という事で早々に移動、北に一山超えた肥中港に移動。



 ここは以前船の番所が存在した港。

 その港お見下ろす場所に恩徳寺が存在していまして、其処にこんな立て札が・・・・。


    船番所跡


 
 此処から港を見てみますと・・・・、


 肥中港


 香住周辺もそうでしたが、西廻り航路開設当初は小さめの奥まった港に番所が置かれたのでしょう。

 因みにこの恩徳寺、現在は廃寺同様の佇まいでしたが、その境内には結びイブキという銘木がありまして・・・・。


   恩徳寺


 この”花の方様”の残された娘が遊女に売られ”お花”と呼ばれ~云々、といった逸話があるそうです。
 因みに墓所の奥には・・・・、


 宝経院塔




 この肥中の港は特牛よりも更にこじんまり、遊郭跡的な場所も無く・・・・・。

 で、またまた移動。


 次に単車を止めたのは仙崎。
 現在は金子みすずで著名ですね。


 ここも往時は著名な港。

 鯨漁やかまぼこ、戦後の引き上げ船等が思い出されます・・・・そしてやはり遊郭地の存在した場所という事で立ち寄ったわけです。
 仙崎は青海島という景勝地も有りますし、金子みすず記念館も有りという事で何度も訪れてはいるのですが遊郭跡探しはしてなかったのです。



 それらしい場所を探して徘徊してみたのですが・・・・・・、良くわからず。

 私好み建物も・・・・・まあ、これくらい。

 仙崎 廃墟





 仕方なくこんな物をカメラに収めたり。

 仙崎 猫  仙崎 ゴミ箱



 そんなこんなで街並みを徘徊し、フッと時計に目をやりますと既に午後3時を過ぎ・・・。
 此処から自宅迄は確か250km近くある筈。

 急いで帰り支度に。

 基本的に下道オンリー、燃料を入れたり休憩する時間も考えると明るい内には厳しいかな・・・・。


 事実6時頃には日も落ち(秋の夕日は何とやらですね)、おまけに山道はかなり気温も低く・・・・。
 最近目の弱っているおっさんには夜間走行は結構厳しいのですよね。シールドは虫だらけになりますし。




 それでも午後7時過ぎには無事帰着出来ましたので、良しとしますか。
 因みに、タイヤの溝が不安な事もあり抑え気味の走行に徹しました。




続きを読む »

タグ :   街並み  /   遊郭色町  /   寺社  /    /   バイク  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/10
09
[ #762 ]

ピカソ

 福山市立美術館の特別展を観てまいりました。
 現在開催中の特別展は・・・、


        ピカソ展


 ピカソ展。

 

 パブロ=ピカソ、近代を代表する芸術家で天才の呼び声も高いのですが、じっくりと鑑賞した記憶も無く。県内で特別展が開催されるとなればやはり気になる訳です(そういえば7~8年前に呉の私立で彫刻作品等を主体とした展示が有った様な記憶も有るのですが見逃しております)。
 そんな訳でいそいそと出かけて来ました。


 天気も良く、また季節柄も良いという事で単車を引っ張りでして・・・・等とも想っていたのですが、朝めざめますと連れ合いがこんな具合で・・・・、

 連れ合い


 流石にタンデムは無理だろうという事で電車の移動です。



 さて、肝心の展示ですが・・・・。

 先ず観始めて想ったのは、ピカソという作家、なんと言いますか南(ヨーロッパ)の方だな・・・という印象を持ちましたね(プリミティヴとか、海洋の血とか、古いタイプとか、日本なら縄文の血とか・・・・、まあ、そんな感じ)。

 そして更に観進めますと、この方、実はすごく真っ当な(病んでいない)方なのでは・・・?という印象。
 具象にしろ抽象にしろドロドロとした印象は無く、見ていて気持ちいいといいますか。嫌なものが残らないのです。
 大戦中の作品も暗くはありますが嫌な印象は無いのですよね。


 個人的には、ジャズ・ジャイアント、マイルス=デイヴィスを思い出したといいますか、印象がかぶるといいますか。

 どちらにしろ、ピカソが天才と呼ばれる所以の一端を見せていただいた気がします。
 特に50年代60年代の自由自在な表現力は天才の面目躍如といった印象も強く・・・・。



 展示の仕方としては、解説はやや少なめ。これはこれで観やすかった気がします。気になる物に関しては長椅子の上に置いてあります展示カタログを捲らせて頂けば良かったですし。
 また一部の作品に小学生向けと想われるサブ解説が付けて有りました。賛否両論ありそうですが、個人的には良い事では無いかと。

 全体的に小品が多めなのは、まあ地方都市の福山という事を考えれば仕方無いと思えますし、版画作品が多目なのは個人的には嬉しいのです。
 まあ福山でこれだけのピカソを観る事が出来る訳ですから満足です。
 (その割には平日という事もあるのか人は少なく、ゆったりと鑑賞出来ました)


 その後絵葉書を1・2枚購入の後、散歩がてら駅の南側に、途中こんな物が張り出して有ったりで・・・。

 古地図


 
 そこから、せっかく電車という事で、食事がてら昼酒を一杯。

 有意義な半日を過ごさせていただきました。


 因みに、購入した絵葉書の一枚。

 絵葉書


Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/10
13
[ #763 ]

飴と鞭

 記憶が定かでは無いのですが、確か小学生のときの道徳の授業に置いて”飴=正しい&鞭=悪い”といった意味の事を習った記憶が有るのです・・・・。

 確かサーカスの動物に芸を仕込む手段として、鞭で行うのは悪く、餌や愛情で仕込むのが良い・・・・といった内容の話だったと思うのですが。

 またその話を聞いて「飴でも鞭でもいいのだけれど、その前に動物を自然に帰してやれば・・・・」等と想った記憶も有るのです。(まあ、小学生の頃からひねくれた餓鬼だった訳ですな・・・・  笑 )

 でも、そうですよね?


 閑話休題、江戸期以前の我が国においては子供の躾等に余り体罰(鞭)を用いる事は無かったといわれています。今思えば何故あの時期あの様な話を授業で・・・とも思えます。

 ともかく戦後のこの時期からかも知れません、体罰=悪 という話が矢鱈といわれるようになったのは。

 (はい、前回の続きの戯言です)


 
 ”飴と鞭”といった考え方が何時ごろからあったのかは正確なところ知りませんが、古代ローマ辺りでは有りそうですよね?それこそ奴隷をしつける為の手段として。
 唯、これにしても、 飴=○&鞭=× といった二元論では無くある種”セット”でしょうし、それに大体、近代以前のヨーロッパ圏では、尻たたき(尻に対する鞭打ち)は子供の躾の手段として正当な物という認識は強かったですしね。

 単純に 鞭=悪 では無かった筈ですよね。

 まあ子供の躾としての尻に対する鞭打ちの場合、親が直接行うと感情的に成るリスクがある故そうした事の上手な老婆の様なところに連れて行き打ってもらう等という習慣もあったなんて話を聞いた事もありますし(村々にはそうした婆が居たという事でしょう)、親が行う場合は平手でが基本でしょう。寄宿舎や学校でも、身体に対する影響は少なく、痛みは強くといった専用の鞭(枝?)が用意されていたなんて話も。
 (まあ、それが記憶に刻まれ”マルキド=サド”辺りは成人後の性癖に・・・・・なんて面も、まあ有りそうですが・・・・)


 どちらにしろ、鞭=体罰=暴力=悪 といった感覚は中世まではあまり無かったという事でしょう。
 現代でもフランス等では子供に対する尻たたきの禁止を法律で決めるべきでは無いといった意見が多いそうですし。


 では、何時ごろから、鞭=悪 飴=善 といった事がいわれ出したのか。 

 
 あくまで私の考え(妄想)ではありますが、19世紀以降という事でしょう。

 特にアメリカの奴隷開放運動何て事はそうでしょうし、南北戦争もそうした側面がありそうですからね。
 南部の黒人奴隷を鞭で働かせる事=悪、という考えが奴隷解放運動でしょうから。


 これまた、では何故この時期(19世紀)に・・・・・。


 おそらく(これまた私の妄想ですが)、この時期にアメリカに置いて工場制機械工業が軌道に乗ったのが遠因では無いかと?想われます。
 そして多くの労働力(賃金労働者)と消費者が必要になったと(この辺りの事を書くと長くなりそうなので以下省略)。

 そうした状況でプランテーションに置ける奴隷労働、つまり鞭による労働は生産性(効率)が低い訳でして・・・・。
 基本的に鞭に拠る労働は鞭で打たれない事を目的とするので、ノルマの達成のみが目的となり生産性は余り良くならない。
 対して、賃金(飴)による労働は生産量が上がれば賃金も上がる、あるいは何か飛躍的に生産を増やすアイデアでも出せば更に飛躍的に・・・、他にも、必要な資格を取得すればとか、改善提案、とか、部下を効率よく使うとか・・・・・。


 で、賃金労働者は、自らより生産性を上げる努力をする様になり(場合によっては労働時間外でも・・・・・24時間働いちゃったり 笑 )、圧倒的に効率が良い訳で・・・・・。


 そして近代は効率の良さこそが全て、といった社会。
 つまり、鞭という非効率な物は否定され、飴(賃金)という効率の良い手段が善とされたと・・・・・。



 とまあ一寸嫌味な事を書いてみましたが、言いたかったのは、鞭にしろ飴にしろ使い方によっては暴力にも成り得るし、また成らない事も当然ある訳で・・・・。
 そして飴や鞭以外でも、全ての物は暴力(手段)に成りうるという当たり前の事が言いたかった訳ですが、言い換えれば、飴は良くって鞭は悪いという二元論自体が、あるいは二元論という方法自体が結構性質が悪いといいますか、現代という時代(近代化)の性質の悪さとも思える訳です。

 そんな話です。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/10
18
[ #765 ]

Fride Pride

 今回もしつこく日本の女性ジャズヴォーカルのアルバム。


             LIFE
  
 「LIFE source of energy」   Fried Pride


 ここ数年お気に入りといいますか気になるユニット。

 冒頭に女性ジャズヴォーカルと書きましたが、ヴォーカル+ギターのユニットというべきかも知れません。
 ジャズという範囲に収まらない印象です。

 閑話休題、こうした情景を表す様な演奏(リズム楽器的使い方)の弦楽器+存在感のある女性ヴォーカルの組み合わせって、何といいますか、”唄(歌・唱・音楽)”の原点といった気がして惹かれるのですよね。
 フラメンコのカンテなんて物もそうですし、ファドや江戸期の和楽の一部もそうですし・・・・・。

 特にこのアルバムはその印象が強いです。

 ジャズのスタンダードから80年代のポップス、ラストは大漁唄い込み(斎太郎節)なんて選曲ですし、”WALK THIS WAY”のアレンジもフラメンコ的だったりと・・・・。

 現代のシャーマンというと言いす過ぎかも知れませんが、この存在感の有るヴォーカル+テクニカルなギター、惹かれます。

 尤も、存在感がありすぎてバーのBGMとしては流し辛い気もしますが(拠って車で聞いていたり・・・)、それはそれとして矢張りお気に入りなのです。

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/10
20
[ #766 ]

国芳展 そして・・・

 広島県立美術館で開催の特別展、「浮世絵師 歌川国芳展 (江戸の劇画家 歌川国芳の世界展)」を観て来ました。


              国芳


 最終日だったこの日曜日の午後です。

 

 最終日の日曜日という事で、割と鑑賞者も多く(とはいっても東京・大阪に比べれば少ないとは想いますが・・・)、また展示作品数も多くて結構疲れた印象が有ります。

 浮世絵の様な版画作品は矢張り甞める様にじっくりと鑑賞するのが良いとい想いもあり、特に国芳の武者絵の様な作品は文字等の情報量も多く、背景等もしつこく書き込んあり・・・・という事で想った以上に(特に眼が・・・)疲れた気がしました。

 しかし改めて国芳の作品群を鑑賞させていただきますと、水滸伝物や忠臣蔵物の武者絵シリーズは今で言えばトレーディングカード的存在で在った様にも思えます。また、一枚で一冊の少年漫画的存在でも在った様にも思えましたね。
 更に背景の効果線的なものも現代の漫画・劇画につながる表現(ある種嚆矢か?)にも想えましたね(前衛過ぎて登場時は評価されにくかったか?)。

 また、幕末という時代の空気の様な物も想像出来た気もします。
 
 加えて言えば国芳という人物、職業絵師(今で言えば職業漫画家・イラストレーター)という自意識が強かった気もしますし、風刺画家的要素も有ったらしいという事も・・・。
 (例えば歌麿等は職業絵師という自意識と同時に文化人・あるいは今で言う芸術家といった自意識も強かった様にも思えるのですが、国芳はそうした見方をされたく無かったのか?とも思えたり・・・・)

 講談や冒険譚・英雄譚といった、いわゆる少年的な物が好きだったオッチャン(職人)というイメージですか?
 

 他、思い付くまま記しますと、ポスターにも採用されていた「朝比奈小人嶋遊」の作品、ガリバー旅行記を想像させられます。
 果たして国芳はガリバー旅行記を読んでいたのか?何て事も・・・・・。
 (個人的には読んでいたと想います、例えばロビンソン・クルーソーの作品等も、”露敏遜漂流記”といて江戸市中には流布していた訳ですからね・・・・、確かガリバー旅行記の原作はそれよりも古かった記憶が・・・・・)

 また展示方法ですが、基本的に額装展示で観易かったですね。唯、国芳という一人の浮世絵師に焦点を当てるのであれば、時系列展示でも良かったのでは?とも想えたり・・・・。
 (因みに展示図録購入は見送り・・・・基本的に私、やはり文化中期以前の浮世絵が好きなのですよね・・・・・、尤も英泉展なら購入したかも・・・・)

 とまあ色々書きましたが、閉館時間まで楽しませていただきました。




 その後、翌日月曜日の午前から広島市内で野暮用があるという事で、いっそのこと泊まるか・・・と。市内中心街の旅館に宿泊する事に・・・・。


続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2015/10
30
[ #768 ]

アメリカの酒のはなし 2

 米国を代表する酒の一つがバーボンウイスキーであることは恐らく論を待たないとは想われますが、その辺り事、少々妄想を広げつつ・・・・。

 米国が英国との武力衝突(独立戦争)の最中に独立宣言を発したのが確か1776年、この年がアメリカ建国の年となっている訳ですが、実はその後も戦いは行われていて、その折フランス(ブルボン家)やスペインの援助もあり1783年英国からの独立を勝ち取るわけです・・・・。


 で、米国政府は何をしたかたといいますと・・・・1791年に酒税を導入する訳です。


 どうも近代政府(国家)という物、酒税を取りたがる存在のようで・・・・ (笑) 。
 英国も1707年のスコットランド併合(大英帝国の誕生)の直後からウイスキーに重税を掛けたり、ジンに税金を掛けたり・・・・ですし。わが国も明治維新後、政府は酒税の導入を行っていますしね・・・・・。



 そして、その米国における酒税法が生産者にとって結構な重税感が有り酒造業者は反発し・・・1794年に暴動が発生する。
 (そういえば英国でもエジンバラの暴動なんて物もありましたし、わが国でも規模はそれほどでも無かったかもしれませんが、どぶろく争議なんて物が起ったり・・・・)


 そこで、米国政府(ワシントン)はどうしたか?というと、独立戦争以上の戦力を投入し鎮圧する訳です。
 まあ、それほど酒税が必要だったと同時に政府に対する反乱をおさえ新政府の権威を保ちたい面が強かったのでしょう。


 実際、その暴動の逮捕者達は”特赦”という形で罪に問われる事は無く、政府の信頼は高まる筈であったのですが・・・。

 唯この酒税法、生産者の仕入れや出荷等を透明化する面もあり、また当時の蒸留酒は貨幣(の前駆的存在)としても意味も持っていたので、各々のプライバシーを裸にされ管理される事を嫌った生産者達は、それまで酒造の中心地であり暴動の中心地でもあったペンシルバニア西部から逃げ出し、より西にあり水の良いケンタッキー州(バーボンタウン)でウイスキー造りを始める訳です。
 そしてそのウイスキー製造が軌道に乗り生産量が増えるにつれ、原料となる(ライ)麦の不足に直面し、当時、周辺で栽培量が増加していた玉蜀黍を原材料に加えることとなるのですが、これが米国人の口に合ったと同時に南北戦争の英雄グラント将軍が愛飲した等との話(宣伝?)も拡がり、米国産高級ウイスキーとしての地位を確立、現代に至ると・・・・。


 唯、ケンタッキー以外でもウイスキー造りを行った業者は当然存在した訳で、例えばテネシー州のジャック=ダニエル等著名ですし・・・・それ以外でもかなり多くの密造業者が存在したと想われます(いわれております)。
 ムーン・シャイナーと呼ばれるやつですね。
 この辺り、イングランドの監視のきついローランドから逃げ、スコットランド北部でウイスキー造りをしたり、スペイ川流域の渓谷で密造に励んだスコットランドの業者との共通性を感じますね。

 スコッチもバーボンも実は密造酒としての歴史があり、またそれが”自由”というイメージをも内包している様にも思えるのです。




 追記

 こんな事を書きますと、密造=脱税に賛同するのか?といわれそうですが・・・・・。
 
 まあ、税の話って難しいのですよね。


 この米国の酒税導入にしてもそうですが、それまで酒造に税金は課かって無く自由に製造販売を行っていた訳で、それをいきなり(高い)税金を寄越せと政府に言われても、「一寸、待てよ・・・」と成るのは仕方ない気がしますし、また収入等のプライバシーも丸裸にしますといわれてもですよね・・・・。

 まあ、当時は酒税という物が色々の面で最も取り易い税金と想われていたのでしょう・・・・・。

 実際、20世紀初頭に置いて米国の税収の最多は酒税ですし。英国でもそう。わが国も一時期そうだった筈です。

 
 しかし、何故近代政府はそのように高い税金を取りたがるのか・・・・。

 一つは戦費(軍事費)ですね。

 上の三つの国、戦争後とに酒税の税率を上げている印象が有ります(おおむね当たりでしょう・・・・)。


 しかし実際はそれも単なる理由付けかも知れません・・・・。


 (近代)政府という存在も、言ってみれば、一つの枠組み・組織。
 組織(枠組み)である以上、成立した時から組織防衛、組織の勢力拡大に走る訳でしょうから。

 では政府?の勢力=権力とは何か・・・・?といえば、予算を配分(配る・付ける)力な訳でして・・・・。
 結局、(近代)政府という存在は放って置くと無制限に税金を集めようとする存在ともいえそうです(あるいは国債なんて物を使ってでも予算規模を拡大しようとする存在)。

 そして、18~20世紀前半は酒=アルコールがその最大ターゲットだった、という事なのでしょう。

 最近、消費税とかマイナンバーなんて話が矢鱈と耳に入る所為かこんな話になってしまいました。

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.