FC2ブログ
2017/03
06
[ #916 ]

廓のおんな

 これまた如何にもといった本で申し訳ないのですが、先日図書館で目に留まり読んでみたのです。


      廓のおんな

  「廓のおんな」  井上 雪
  
 
 サブタイトルに -金沢名妓一代記ー とありますように金沢の東廓の名妓”きぬ”の生涯を描いた実録小説です。
 作者は金沢在住の地元作家の女性の様です。


 読み始め、昨年金沢に遊びに行く前に読んでおけば良かったかな・・・・等と先ずは想ったのですが、読み終えてみますとやはり今の時期に読んで良かったかな?という印象に変わりました。

 私、古い町並み(主として花街や色町の香りの残る地域)等を散策するのが結構好きなのですが、其の場合やまた単に知らない街や場所に旅行に出かける場合もそれなりの予備知識が有った方が旅に深みが増すと思っている性格であります(まあ、それもやりすぎると資料や情報の確認が目的に成ってしまったりで問題もありそうですが)が、この本の場合は事後読書で良かったという印象です。

 町並み等をあるく場合と違い、芸妓さん等に直接対面して遊ばせて頂く場合は、下手な予備知識が無い方が自然体で遊ばせていただける気がするのですよね。
 特に私の様な性格の場合(少々、緊張しぃ、自意識過剰、頭でっかち・・・・気味・・・?)。
 何せ相手は本職、私の様な人間が下手にいらない事をしゃべってもね・・・と。



 閑話休題、この本の感想ですが・・・・。

 文章等少々拙さを感じた部分等有ったのですが、魅力的な本でした。

 こうした芸舞妓さんの生活や仕事等を描いた本も最近割りと目にする機会も増えたように思うのですが、芸妓さん自身がかかれた本等は割りと表の部分が主、といいますか。いわば日本の伝統文化の継承者としての芸舞妓、あるいは無形文化財的な存在としての芸舞妓や花街といった視点が多い気はするのですよね。(場合によっては芸妓に学ぶ商法、経済学なんて切り口の物も会ったり・・・・)
 勿論それはそれで魅力的なのですが。

 また、(特に女性)ライターの書かれた物はどちらかというと、虐げられた女性といった視点が前に出たり・・・・。

 (勿論他に、単に興味本位というかエロティクな雰囲気をメイン何てものもあったり・・・・)


 でこの作品ですが、なんと言いますか裏も表も含め淡々とといいますか、てらい無くといいますか・・・そんな感じで(主として戦前の)金沢芸者の生涯を描いてあるように思えます。これが良いのです。


 また随所に登場する金沢弁が良く・・・。
 そう、方言こそが地方文化(或いは言葉こそが文化)では?等と思う私からすると何とも魅力的なのです。
 また金沢の花街の歴史の記述も多く其のあたり資料的にも読めそうで・・・・。


 兎も角、この立ち位置といいますか、金沢の廓の表裏両面を適度な客観性と愛情を持って描かれているのが魅力的な一冊でした。

  
スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/03
09
[ #917 ]

ランス美術館展

 先日この展示を観て参りました。


     ランス美術館展

 ひろしま美術館の特別展示 「ランス美術館展」です。

 今年初美術館です。


 
 展示内容はタイトルの通りフランスシャンパーニュ地方の中心都市に在る”ランス美術館”収蔵の作品展でして、16世紀頃から20世紀前半のフランスを中心としたヨーロッパの作家のものです。
 

 特に18世紀から20世紀前半の作品が多いのですが、この時期のヨーロッパは所謂”近代(化の時代)、色々の面で転換点といいますか激動の時代といいますか・・・・。そして絵画を中心とした各種芸術作品もまた変化の多い時代、其のあたりの作品群という事でそうした作画風潮の変化がわかりやすい展示でした。またそれに伴い時代の変化や当時の風俗や流行等にも思いをはせる事が出来まして、結構楽しめましたね(著名なシャンパーニュメーカー”ポメリー社”の社長のコレクション等シャンパーニュ生産で得た富で収集された作品群という見方もありまして、それもまた興味深いです)。

 個人的に19世紀後半の所謂”世紀末”の風潮に興味を惹かれる面も有り、またやや博物館(学?)的にこうした展示を観てしまう癖もあり・・・、はい、好みの展示でした。


 また、ランスはレオナール=フジタ(藤田嗣治)終焉の地という事もありまして、彼の作品(主として礼拝堂関連)の物も多数展示して有りました。

 しかし、氏の晩年の人物画はなんといいますか・・・・漫画チックといいますか。
 輪郭線が目立つ画法で多様な表現、かつ個性を出そうとするとどうしても漫画チックな印象になってしまうのでしょうね。
 (何だか個人的には漫画家のたがみよしひさ氏のタッチの変化と似た印象を受けてみたり・・・・)


  なにはとまれ今年初の美術館でした。

 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/03
14
[ #919 ]

暖かく成ってまいりましたので・・・

 本格的に春の兆しが感じられ暖かく成って来ましたので、シーズンインに向けオートバイの基本的なメンテ等を・・・・。



   オイル交換中


 オイル&エレメント交換   等々・・・。


 しかし流石に22年物になりますとあちこちに気になる箇所が・・・。

 さて、後何年乗れるか・・・?


 特に2号機はエンジンのオーヴァーホールがやりたい気分・・・・(いっそのこと心臓移植でもするか?)。


 
 まあ、ボチボチと機嫌を取りつつ乗り続けます。


 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/03
21
[ #920 ]

ウイスキーのはなし 6

 確か以前19世紀末辺りに多くのスコッチウイスキーの蒸留所が開設されたのでは云々・・・と事を書いた記憶があるのですが・・・その後は・・・?といいますと・・・・。


 1914年から始まる第一次大戦。

 これこそ近代戦争の嚆矢といわれる物で、英国等も総力戦となりウィスキー業界もそれなりに影響は受けたと思われます。
 更に大戦が終わった後、スコッチウイスキー最大の輸出先である米国での禁酒法の成立(19年)施行(20年)が待っている訳ですから・・・・・結構辛いですよね?

 まあ尤もこの禁酒法も29年の大恐慌を切欠に廃止され、30年代以降スコッチウイスキーは英国にとっての最大のドル獲得輸出商品と成る訳ですが・・・。

 このあたり第一次大戦以前ですと、他に工場で生産された各種製品等も輸出商品だったと思われるのですが大戦をきっかけに米国が世界の工場ともなり世界の主導権を握ったとも言えそうです。
 また米国に対し戦費に拠る負債も多く抱えていた訳でしょうし、其の為の外貨獲得手段としてのウイスキーという立ち位置も強くなった様にも思えます。


 そして39年からの第二次大戦・・・・・。


 当然ウイスキーの生産量も激減する訳ですが、唯、最低限の生産量は確保されていた様です。

 先ず第一に、酒と煙草は戦場の兵士にとっては必需品。
 戦地という非常にストレスの掛かる場所ではやはりこうした嗜好品は欠かせない訳でして・・・・。
 (しいて言えば他に女性、詰まり売春婦ですな・・・・)

 日本でもサントリーやニッカに対してはある程度優先的に原材料等が供給されたようで・・・・。特に日本海軍は英国式を踏襲している訳でウイスキーにたいする指向は強くあったようです。
 (かの戦艦大和にもサントリーのウイスキーが士官用に常備されていたとか・・・・)
 (勿論日本酒もそうで、軍御用達の酒蔵等にはある程度優先的に原材料等がまわされ・・・・・)


 そしてもう一つ、恐らくは(終戦後の)ドル獲得の輸出品として生産量は確保しておきたかったということも大きいと思われます。


 現に当時の英国首相ウインストン=チャーチルはヨーロッパ戦線が粗終結する1945年4月にこんな覚書を残したとか・・・。

 「いかなることがあってもウイスキー用の大麦の生産量は減らしてはならない、熟成に何年もかかるしウイスキーは貴重な輸出商品でありドルの稼ぎ手である・・・云々」

 とまあこうした視点をもったチャーチルが首相だった事もあり対戦中もある程度ウイスキーの生産量は確保されていた訳ですが・・・。(流石チャーチル先見の明が・・・・?)

 
 で、戦後はどうなったかというと、その後7月の総選挙で労働党内閣が成立、チャーチルは敗れて下野する訳です。

 そこでウイスキーを巡る環境はどうなったか?



 ウイスキー産業に対する管理は格段に強化された様です。
 (まあ、チャーチルがウイスキー業界に甘かったともいえそうですが)

 また外貨(ドル)獲得の為の輸出産品としての視点も更に強くなった様にも・・・・。
 生産されたウイスキーを積極的に輸出に回すため、セリに拠る売買の禁止や、英国内での課税強化、輸出目標の設定、輸出と国内消費のバランスの監視等々・・・・・。

 という事で戦後英国内で消費されるウイスキーの量は一時期(48年辺りで)戦前の2割程度まで減少したとか・・・・。


 英国内のウイスキー飲みはかわいそうですよね?

 まあ、イングランドはどちらかといえばビール飲みの地域ですからいいとしても、スコットランド人や北アイルランドの住民はというと・・・・・・・。
 (スコットランドの英国からの独立志向が消えないはず・・・・?)



 こんな事を書きますとチャーチルはウイスキー思いでウイスキーの恩人か?というと、どうも一筋縄では行かない様で・・・・。

 1920年代の米国禁酒法時代、米国内では密輸のウイスキーが多く出回って居た訳ですが、其の主流のひとつはシーグラムやカナディアンクラブのカナダ産ウイスキー、それ以外にもスコッチウイスキーも高級品としてそれなりに・・・・・。

 このスコッチウイスキーの密輸の裏に居たのはチャーチルであったといわれています。
 
 (さらに云えば運んだのはギリシャのオナシスの関連・・・。ギリシャ王室は英国王室系でしたよね・・・それが所謂”鉄のカーテン”発言にも繋がり・・・・等々、等々)
 (我が国の関係で言えば、日本を降伏させるため諸都市を焼夷弾で焼き払うのがもっとも効果的とルーズベルトにアドバイスしたのもチャーチルとか)(カーティス=ルメイとの関連は・・・・?)


 中々歴史といいますか戦争といいますか、世界は怖いですな・・・・。


続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2017/03
30
[ #922 ]

読んでいる本

 こうした仕事をしておりますと、しばしばお客様から「マスターは年に何冊くらい本を読まれるのですか?」とか「どんな本を読まれるのですか?」等々の質問を受けることがあるのです・・・。
 あるいいは「好きな本は何ですか?」「お勧めの本は?」等々・・・。

 そうした折、「乱読で・・・とか、どれくらい読んでいるか覚えてないですね・・・」といった答え方をすることが多いのですが(基本的に個人的なことに関する質問はあまりされたくはないのですが・・・・、皆様そうですよね・・・・?)・・・、まあ其のあたり、たまには改めて考えてみるのも良いのかなと・・・。

 
 実際に年に何冊くらいの本を読んでいるか定かでは無いのです。
 図書館で借り出す本が月に10冊程度・・・・となると年に100冊余り。全て読むわけでは無いので100冊弱?それに加え購入する本(最近はもっぱら古本屋等が主流ですが・・・・)数十冊かな?
 他お客様にお借りしたり・・・といった本も合わせると、やはり100冊余り・・・・となりますかね?(実際良く判りません)

 これが多いのか少ないのかは判りませんが、まあこんな物ですかね?
 (最近眼が弱って減り気味でもありますが・・・・)


 そりて読む本のジャンルはといいますと・・・・これは本当に乱読、適当に読んでいます。
 ただ殆ど読まないジャンルという物も存在しておりまして・・・・・。
 ビジネス書、ハウツー本や自己啓発的な本は全くといってよいほど読まないですね・・・。


 本という存在、言ってみれば脳みそ(頭、精神、知性、思考・・・・)の為の食事、栄養といった気がするのですよね。
 経口摂取する食べ物等により身体(筋肉や骨内臓等々)が造られる様に目から入る情報、特に本によって自らの考えの様な物が形造られるようにも思えるのです・・・・。

 そうした見方をしますと・・・・、所謂”ビジネス書”という存在は言ってみれば(24時間戦えますか?といった感じの)ドリンク剤の様な物ですかね?(或いはサプリメント)
 そして私、基本的にそうした物は口にしませんので、拠ってビジネス書も読まない・・・と  笑 。


 こんな感じで本(出版物)を食べ物等にたとえますと・・・・・。


 出来の良い長編小説は、コース料理の様な印象ですかね?
 また、ライトノベルズなんて呼ばれるものは、ファミリーレストランで出される料理・・・といったイメージですし。
 義務教育の教科書などは、学校給食的な気がしますし・・・・。 

 と、まあきりは無いですが・・・ 笑 。



 では漫画(コミック類)は?といいますと・・・・。

 やはり菓子類ですかね?

 勿論菓子類といってもピンからキリまでありますし、出来の良いものは専門店のしっかりした和菓子とか洋菓子といった気感じですかね・・・?(勿論、所謂ザッパ菓子的な物も多いですが、或いは雑誌類がザッパ菓子的かも知れません、が最近よまないですね。)
 
 そんな感じで漫画類はそれほど読みませんが、最近の漫画、結構侮れずですよね・・・・?
 たまに嵌ったりします  笑 。

 
 では、普段家で食べる食事にあたる出版物は・・・・?というと・・・・これは難しいですね・・・・。


 昔なら新聞のコラム(例えば天声人語とか)といいたいところですが・・・最近どうも面白くないですし(本気で新聞をとるのをやめてやろうか・・・・・)。

 まあ小説以外の活字本、ノンフィクション辺りが私にとっては普段の食事にあたりますかね・・・・?




 等と面倒くさい事を色々書きましたが、実際問題はジャンルなんて余り関係ない気もします。(音楽等もそうですが)結局、魅力的な本とそうでない物が有るだけ・・・という気はしていますね。


 年々年とともに眼が辛くなってきましたが、それでも本は読み続けたいですね・・・・。

 何だか今回はほんと個人的な事を書いてしまいました・・・。


 

タグ :    /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.