FC2ブログ
2019/08
02
[ #1122 ]

伊予松山

 今年は伊予松山にしてみました。

 何が・・?って、馴染みのお客様を伴っての小旅行です。
 もはや完全に恒例行事と成った感もありまして実施らない訳にはいかない状態、今年は先方の都合等もありこの時期に決定、先の日月です。
 唯今回は参加希望の皆様、お忙しい方が多かった様子で私を入れて7名という少々寂しい構成。
 それでもまあこういうことも有るかと、現地集合組2名を除き、5名にて日曜の朝JR西条駅前を車にて出発、一路松山を目指します。


 先ず車を停めたのはこちら。


   鯛や


 三津浜に在ります”鯛めし”屋さん、銅版葺きの壁を持つ堂々とした建物です(文化財指定をうけていらっしゃるとか)。此処にて伊予名物の鯛めしで昼食とし旅のスタートとする算段です。

 因みに案内されたお部屋はこんな雰囲気で、瀬戸内の海端で育った私としては懐かしい雰囲気です。

 鯛や部屋


 食事の後は周辺を少しばかり散策、此処三津浜、以前は港町として栄えた地域、特に明治後半から昭和期にはせとうち観光の拠点等として賑わった印象があります。
 この建物等は正にその象徴でしょう。


 石崎汽船


 因みに私は、”確かこの路地の先に旧遊郭の常夜灯が在るという噂が・・・”ってな感じで徘徊。

 三津浜遊郭跡


 常夜灯、既に撤去されておりました・・・・。


 ただこの日は梅雨明け直後の猛暑ということもあり、散策も短めに切り上げ、ホテルにチェックインのため早々に松山市内の繁華街に向かいます。
 因みに予約しているホテルは皆バラバラという。いかにも単独行動を好むバーの馴染みらしい状況。まあどちらにしろ飲み屋街周辺ですが・・・・(笑)。

 という事で午後1時前後でいったん解散、夕方に備えます。


 因みに私はホテルにチェックイン後、部屋で荷物の整理&一服の後、早々に松山市内の散策に・・・・。


 先ずは大街道から路面電車にて松山市駅に移動、そこから炎天下を10分余り徒歩にてたどり着いたのは・・・・。

 土橋料亭街


 一般に?料亭街と呼ばれる地域、こうした存在を”料亭街”と呼称するのは大阪スタイルですかね?
 この寂れ具合が何とも・・・・。
 殆どがデリバリースタイルに変わっている昨今ではいつまで存在できるか?とも想われます。

 因みに裏から見ると・・・。

 土橋料亭街2


 夜に訪れるとまた違った雰囲気かも知れません・・・・。


 ここからどこに行こうか?と一寸悩んだのですが、そういえば松山城って上がってないな・・・・と。

 で、私鉄~路面電車と乗り継ぎ・・・・


 伊予電


 更にロープウェイ乗り場に行く途中古本屋に引っかかり本を衝動買いなんてしながら松山城へ。

 ロープウェイで本丸辺りまで上がり、直ぐに降りて道後の路地裏散策・・・とも想ったのですが、上がってみるとこれが中々雰囲気のあるお城でして・・・・。

 印象としてはこじんまりした天守閣で地味な印象の城と想っていたのですが、間違いでしたね。
 さすがに江戸期からの現存天守を持つ城の一つ。広大な本丸御殿跡等少々観光化され過ぎとの印象も無いわけでは無いですが、それも市民に愛されている故かとも想われたり・・・。

 特に複雑な造りの天守閣の構造物等魅力的でしたね・・・・。

 天守


 また石垣も・・・。


 松山城石垣


 そんなこんなで気がつくと既に4時近く・・・・。


 道後の路地裏は次の機会に回すとして、いったんホテルに帰り仮眠ぐらいとらないと・・・相変わらずの寝不足だし・・・。
 という事で城を下り、ホテルに向かっていたのですが、炎天下を3時間近く歩き回った喉の渇きに耐え切れず、居酒屋の生ビール(&ハイボール)に引っかかってしまいました。

 それでも何とかホテルにはたどり着き、ひとっ風呂浴びて汗を流し、着替えも済ませ、何とか予定通りの時刻にはホテルを出発、道後に向かう・・・ところが路面電車を乗り間違え(ダメダメですな)、現地到着はギリギリの時間。
 
 既に疲れが・・・・

 大丈夫か私・・・・・。


 まあ、なんていっても仕方ない訳で、いよいよメインイベントに・・・・。


 
 
スポンサーサイト



続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/08
06
[ #1123 ]

猫展

 先の日曜日この展示を観て来ました。


    猫展


 「アートになった猫たち展」

 場所は”みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)”です。

 そう先の日曜日うだる様な猛暑、それこそ昼間家でゴロゴロしていても茹で上がってしまいそうという事で、また連れ合いが猫派(猫好き)ということもあり、ドライブがてら出かけてきた訳です。

 
 さて展示内容ですが、近世~から現代にかけての猫を描いた作品集、および招き猫等の造詣物や民俗品で、9割以上が日本の物といった内容です。
 また少量ですが、スランタンやピアズリー、バイロス等の19世紀辺りの海外の作品もありました。

 初見のものも結構ありまして、結構楽しめました。

 藤田の石版作品なんてすばらしかった(好み)でしたし。

 また、竹久夢二、かなりの数の構図を19世紀末~20世紀初頭辺りのフランスの雑誌等を参考にしている事が解かったのも興味深かったですね。

 また県内在住の作家、正木卓氏の造詣作品、「バイオリン」「サックスプレイヤー」は何とも言えずかわいらしく、また見事なデフォルメといいますか・・・(視線といい、足の短さといい・・・・)。結構この展示の目玉てきといいますか、現代の猫ブームを象徴する作品という感想でした。


 そう、現地の解説にもありましたが、現代、正に”猫ブーム”なのですよね・・・・・。

 同調圧力の強い現代社会において、ある種自由さを感じさせる猫に魅せられるのか、或いは癒されるのか・・・・。
 まあ、両方でしょうが・・・、故にかアート化される猫たちも現代に近づくにつれ、よりかわいらしく、よりアニメチックに、より記号化している印象も・・・・。

 どちらにしろ、幅広い展示で楽しめました・・・。

 唯、何時も想うのですか、ケース内の壁に展示してある作品、目の弱ってきている私には辛いのですよね・・・、特に今回のように小品や造形の細かいものが多いと・・・・。
 アートグラスでも買うかな・・・・(それも一寸ねぇ・・・・)、と印象、何とかならない物ですかね・・・・。


 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/08
08
[ #1124 ]

YUKIGUNI

 先日といっても一週間ほど前なのですが、この映画を観て来ました。
 場所は横川シネマ。


     P8070898.jpg


 映画 「YUKIGUNI」


 著名なカクテル”雪国”を創作され、92歳となる現在でも現役でカウンターの内側に立たれていらっしゃるケルンの井山バーテンダーのドキュメンタリーです。

 やはり仕事柄気になる訳です。

 で、その感想ですが・・・・・。


 映画内で井山氏の発せられる言葉、馴染みのお客様の言葉、娘様の言葉・・・・、どれも”そうそう・・・”と思わず首肯してしまうといいますか、解かり過ぎるほど解かるといいますか・・・・。
 (まあ、言ってみれば私も20年近くカウンターの内側に立っている訳でして・・・)

 また言い換えれば、井山氏を対象としたドキュメンタリーと同時に”雪国”というカクテルを通し”バー”という世界・空間を対象としたドキュメンタリーともいえそうです。井山氏以外のバーテンダー様やケルン以外のバーも登場しますしね。

 と同時にドキュメンタリー作品ですので、主たる出演者は井山氏ですが、主役はあくまで監督、或いはカメラマンという気も当然します。監督の主観、エゴといったものカメラワークといったものこそが作品といいますか。

 そうしたこと(バーという存在全体が取材対象と思えること・ドキュメンタリー作品であること)もある故でしょう、なんといいますか取材対象に思い入れを強くしてしまうといいますか取材対象の支点で観てしまう面もあるといいますか・・・・。
 
 そしてそうなると、取材という行為のもつ暴力性というか、カメラの持つ根源的な暴力性というか、ドキュメンタリー作品の主張というか怖さみたいなものも少し感じたのも事実。
 なんて書くと、何言ってるの・・・・?と突っ込まれそうですがね。
 ”名付けることの暴力性”といった意の事を言ったのは誰でしたっけ・・・・(バタイユ?サルトル? 歳をとるとどうも記憶が・・・・)、まあそういうことです。
 おそらく私が神経質すぎるのでしょうね。

 それはさておき、最初に書いた様に趣向で切る部分が多数・・・・。
 馴染みのお客様の”この店にはお酒を飲みに来るというよりもバーテンダーさんの言葉・存在を楽しみに来ている・・云々”といった言葉なんて、正に羨ましいといいますか、わが意を得たりといいますか・・・・。

 私がバーテンダー故でしょう、少々複雑な感情も抱いてしまいましたが、実はバーに行くことのある多くの方に観ていただきたいと思える作品でした。

 機会が有れば是非。

 (アッ、でも広島での上映は終わってしまったかな?)

 

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/08
15
[ #1125 ]

木綿恋い記

 久々に水上勉の小説を読んでみました。
 この作品です。


 木綿恋い記


 といってもこれでは何の作品か分からないですね。
 因みに背表紙にはちゃんと書名が記されております。

 背表紙



 「木綿恋い記」  水上勉


 そういえばこの著者名、わたしは”みなかみ”と記憶していたのですが現在では”みずかみ”に統一されているとか・・・(ほか”みながみ”と読む方もあった記憶も・・・)。

 閑話休題、少し前、あるお客様が、「全集には集録されていないけれども興味深い作品ですよ・・・」とおっしゃっておられまして、それならばと図書館で借り出し読んでみたわけです。

 はい確かに興味深く読ませていただきました。

 ストーリーとしては湯布院近くの村で生まれ育った由布という名の女性の半生を描いた小説・・・といった内容なのですが、往時の社会風俗が推察される描写が多く、私好みの作品でした。

 前半は戦中から戦後まもなくの湯布院周辺、別府~湯布院~湯平温泉といった地域の社会状況、戦中の雰囲気から戦後の物不足、進駐軍の登場、また朝鮮戦争勃発により日出生台の旧軍の演習場が米軍に接収され拡張されることによる影響等々、特に風俗嬢(?)周辺の事情など興味深いです。

 中盤は由布が出て行った往時(昭和20年代後半)から昭和30年代の高度成長に向かう東京の雰囲気、社会風俗の描写、当時の人々の思考といったものが推察され、これまた興味深いです。

 そして後半は、由布の恩人の草本医師の言葉を借りて紡がれる著者の想い(アメリカ文明の急速な流入に拠り拝金主義が蔓延し人心の荒廃が起きているのでは、弱者が馬鹿を見る社会になっているのでは・・・云々)が書かれており、この辺りはそのまま現在でも当てはまるといいますか、そのまま続いているといいますか・・・。
 また、由布のモノローグを通じて語られる著者の故郷への想いといいますか、人生観といいますか・・・、そのあたりも・・・・。
 (ここに関しては著者の仏教的思考といいますか、浄土真宗的感覚といいますか・・・、そのあたりを感じますね)。

 
 おそらく元は新聞の連載小説であったと思われますが、それゆえか少々ストーリーのまとまりに欠ける印象もありますが(もしかするとこれも全集から漏れた要因か?)、興味深く読ませていただきました。


 


続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/08
20
[ #1126 ]

皆生

 先日ちょっとばかり皆生温泉にいってまいりました。
 この時期、隔年位で無目的なドライブを古い友人達と行うのですが、今年は皆生温泉が目的地となりまして・・・。
 実は私、皆生温泉を訪れるのは今回が初、そう遠くない場所ですし周辺は散々バイク等で訪れた記憶も有るのですが、何故か皆生温泉は足を踏み入れて無かったのですよね。ということで友人が決めた皆生泊というプランも個人的にはありがたくいそいそと参加とさせていただきました。

 往路は相も変わらず無目的にドライブし、途中海を眺めながら一寸飲んだりと(その後は飲まなかったA様に運転していただき・・・感謝です)のんびり移動し皆生温泉に到着したのは夕方4時くらいでしたかね?


 IMG_20190817_131208.jpg
 やっぱり海、好きなのです。


 先ずは湯に浸かり汗を流して、夕食は街中のすし屋さん。

 そのお店に歩いていく途中、呼び込みさんに声を掛けられ・・・、オッ、現役感あるな・・・、というか懐かしいというか・・・。

 で、そのすし屋さんで皆でぐずぐずと飲み(基本的に酒飲み以外の友人は存在しない私です)、何はとまれ海岸まで出てみることに・・・・。
 

 IMG_20190817_191755.jpg


 はい、こんな感じでなかなかリゾート感が有るといいますか・・・。
 (マルベーリャとはいいませんが・・・、いかにも日本的な海の家が有るのが少々ミスマッチというか日本的というか・・・な感も・・・、それも風情かな?)

 唯、ここから宿泊先のホテルまでの帰途、少しばかり街中を歩いてみたのですが、結構な寂れ感も・・・・、また営業中のこうした場所の写真も撮りづらい故、散策は翌朝としてこの日は大人しく就寝(実は夜に一人でバーを訪れたのですが、適当な時間であったにも関わらず何故か扉が閉まっておりまして・・・・・・)。


 で翌朝、日の出とともに町並み散策、朝日を眺めるにも良い場所とのうわさも聞き・・・です。


 波・朝日


 結構波が強いです。泳ぐのは大変かな?波消しブロックも設置してあるのですが・・・・・。



 それはさて置き、街並み散策としゃれ込みます・・・・。

 先ず目に付いたのが、いたるところの”空き地”。駐車場に転用して有りますが、やはり空き地感はあります。それと街路が南北十文字に綺麗に交わっている事。
 この雰囲気、私が良く歩く街並みに近いといいますか・・・・、そういってみれば”新地”感があります。
 古びた風俗店やスナックが目に付くのもそう。

 因みに新地、明治後半~大正~昭和初期に掛けて、塩田跡や海岸、田圃等を埋め立て、新たに開かれた地域で、町おこしや税収アップを狙い、多くが歓楽街として開発された場所・・・といえばよいかな?OO新地なんて場所、そういった雰囲気が濃厚にありますよね?

 ということで、全国各地のそうした場所同様の”寂れ感”も濃厚に・・・・。


 で、目に付いた建物の写真を少々。


 P1010924.jpg

 こうしたプレート、そこかしこにあります。

 ただ、多くが・・・・・。


 P1010926.jpg


 廃業・・・・。


 廃業


 このソープも最近廃業されたのかな・・・・。


 P1010935.jpg P1010936.jpg

 こうした温泉街らしいお店もかろうじて残っていますが・・・・、広い道路に面していますと、どうもね・・・・。
 古くからの温泉街のように狭い路地ならまた一寸違った風情にもなるのかも知れませんが・・・・。


 P1010937.jpg

 スナック街ですが・・・・・。やはり広い道路沿いだと・・・・。

 みやげ物やさん等も・・・・。


 P1010933.jpg P1010927.jpg


 寂れ感が・・・・。

 バブルの崩壊&官官接待禁止等で各地の温泉街、軒並み寂れ気味ですが、ここ皆生の路地裏は特にそれを感じます・・・。
 (海沿いの大型ホテル群はさて置き・・・・)


 思えば、皆生温泉、明治33年の源泉の発見から造られた街、正に新地的といいますか・・・・。そんな空気を感じましたね。

 そして今は海沿いのホテル群を中心に現代的な方向に転換すべく努力中という事なのですかね?

 P1010955.jpg


 こうした感じで・・・・。


 なにはとまれ、楽しませていただきました・・・・。

 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/08
24
[ #1127 ]

第三夜   2


 バ  「そうですね・・・一番わかり易い言い方をしますと、バーテンダーが”お飲み物はいかがしましょうか?”とたずねた時は、そのお客様にドリンクを提供する準備ができましたよ・・・、というサインだと思っていただければ・・・」

 A  「そうなんだ・・・」

 バ  「他のお客様のオーダーが入っている可能性もありますしねぇ」

 A  「じゃあ、他のお客さんが居なかったら?」

 バ  「そうした場合でも、何か他の事をしている途中なんて可能性もありますしね」

 A  「じゃあ、バーテンダーがいかにも暇そうにしていたら・・・・?」

 バ  「う~~~ん、では少し違う言い方をしましょうか。たとえば私の店ですと、先ずは暖かいお絞りをお渡ししますよね?」

 A  「はい、確かに」

 バ  「続いて、コースターをお出しします」

 A  「はい」

 バ  「更にお通し用のお箸か何かをお出しすることも・・・」

 A  「そうですよね」

 バ  「ここまでが、ひとつのルーティーンになっておりまして、出来ればお客様にもその間に頭をバーのカウンターモードに切り替えていただけると嬉しいのですよね・・・」

 A  「わかりますけど、飲みたいものが決まっていてもだめ?」

 バ  「そうですね、せっかくバーという空間を楽しもうというわけですから、少しゆったりと構えていただければ嬉しいですね」

 A  「そうなんだ・・・」

 バ  「それにバーテンダーとしても、急かされる感じを受けますしね・・・・。おそらくその方がお互い上手くいく気がしますよ・・」

 A  「なるほどね、でその間にメニューでも観ながら・・・と。アッ、でも此処ってメニュー無いですよね?」

 バ  「はい、メニューは無いのです」

 A  「それが結構困るというか、何頼んでいいか悩むんだよね・・・」

 バ  「それこそ、その間に頼むものを考えていただくという事も・・・」

 A  「でも、何故、此処ってメニュー無いの?」

 バ  「まあ色々と理由はありますが、こうしたカウンター主体のバーって、余りメニューを置かないものなのですよね?」

 A  「え~~そうですか?今まで行った店ってどこでも有ったんだけど・・・」

 バ  「まあ最近はそうした店が多いかもしれませんね、まあ、昔は・・・といった方が良かったかも知れませんね・・・」

 A  「でもなんでです?」


    つづく



 

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/08
30
[ #1129 ]

なんだかね

 基本的にあまりTVは観ないのですが、それでもカウンターでの会話のネタに・・・と、ある程度ニュースや情報番組のザッピングなんて事を少しはするのですが、此処最近というか2ヶ月程・・・、矢鱈と韓国を揶揄するような報道ばかり・・・・。
 で、なんだかね・・・・と想う訳です。

 どこを観ても韓国の事を揶揄する・・・、もっと有体に言えば悪口ばかり・・・。
 ホント如何なものかと・・・・。

 そういえばこれ以外でもカウンター等で他所のお店(飲食店・バー)等の批評というか批判というか、そうした事を話題にしたがる方に偶に遭遇しますが、これも追うからね・・・・。

 はっきり言って、人様の悪口ばかり言っている人間て良い印象、無いですよね?
 (当然拙店の事だって散々陰口いわれていそうですし・・・・)

 といいますか、人として如何なものかと・・・・。
 もう少し強く言えば信用できないといいますか・・・・。
 じゃあ褒めれば良いのか・・・?というと、それも微妙ですかね?褒めるにしても所詮は上から目線の評論でしかない訳でして・・・・。
 まあ確かに他人の悪口は楽しいよね?という話だって有るかもしれませんが(故に地域によっては悪口祭り的な物も存在する訳でしょうが、それもあくまでハレ、非日常の行事ですし、ある種普段(ケ)の不満解消。バランす取りでしょうからね。

 ましては公共の電波を使い、隣国の悪口を煽るなんて行為は・・・・。

 ほんと最近どうなってるのかな?と思わずにはいられません。

 まあ。この嫌韓的な報道以外でも、矢鱈と情に訴えるというかそうした表現というかばかりで・・・・。直ぐに感情論に膾炙するというか・・・(大体。この感情論なんて言葉自体、???? なのですが。感情を直接的に発露した時点ですでに論ではないですし、論議におけるマナー違反とというか。単に幼児的行為というか・・・・、ですよね?)

 社会が幼児化したのか?はたまた人々が僻みっぽくなったのか?は解りませんが、ただマスコミさんがやっちゃ駄目でしょ?

 ほんと此処最近、なんだかな?と想うことが多いのですよね。

 
 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.