FC2ブログ
2019/11
02
[ #1145 ]

暴力はどこからきたか

 この手の本がすきなのですよね。

 先日図書館で借り出した本ですが、タイトルといい、装丁の写真といい、内容といい・・・、正に私好みの一冊でした。

 この本です。


 
   PB020916.jpg

 
 「暴力はどこからきたか」  -人間性の起源を探るー   山極寿一

 
 2007年の出版なので少しばかり前の本ですが、まあ、良い本に新しい古いは余り関係ないですよね(そして確か著者の山極寿一氏、現在では京大の学長に成られていた様な・・・・)。

 内容としては、霊長類社会生態学を専門とされる氏らしく、そのほとんどが、所謂サル類や霊長類の行動観察から得られた、彼らの生態や社会の話でして、人間の暴力という件に関しては、最後に少し・・・といった感じなのですが非常に楽しく読めました。

 私自身この手の話は好きで、またこの作品が少し前の出版という事もあり既知の事柄も多かったのですが、そうした事も関係なく面白かったのです。非常に整理された内容ですし、読んでいるうちに少しばかり疑問が生まれたりした場合でも、数頁先にはその疑問に答えてくれる事が平易な文章でしっかりと書かれている・・・といった具合で・・・・。

 しかしこうした本を読むと、サル類や類人猿といった物が、非常に高度で自然に即した社会性や、ある種”作法”というか”文化”というか”しきたり”というか、そうしたものを身に着けている事に驚かされます。
 特にゴリラやボノボ等、言ってみれば「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」的に、群れのボスが謙虚さや、他の個体に対する気遣いを身に着けている事等・・・。

 比して現代人、その辺りの事を忘れ去りつつ有るのでは?とも想わされたり・・・。
 そういえば”人類は退化した2足歩行のサル”等と開高健も喝破しておりましたが、産業革命やフランス革命といった近代の目覚めと共に人類はそうした社会性を失い始め退化を始めたのかとも・・・・。



 最近、”本離れ”といった事が盛んに言われておりますが(そういえば先日近所の本屋がまた一軒閉店していましたし、らしい古本屋も街から無くなってしまったし)、たまにはこの手の本を読んで、我々(人類とは)何ぞや?とか、どこから来てどこへ行くのか?とか、この世とはいかなる物であるのか?とか・・・、そういった根源的な事に想いを馳せるのも大事かな・・・とは、思いますね。

 特にこれから”AI”なんて物が発達してくると、殆どの事は人工知能や器械にとって変わられるでしょうから・・・。
 そして恐らくそうした場合に人間にしか出来ないこと、人に求められる事、というのは恐らく”哲学”といった物に成るのでしょうから・・・・。

 
スポンサーサイト



続きを読む »

タグ :    /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/11
08
[ #1146 ]

東城

 先の祭日、店休日とさせていただいた事もあり、車庫からバイクを引っ張り出しちょっとそこまでひとっ走り。

 向かったのは県北の東城という街。

 以前から気に成っていた建物を観る為・・・・ですかね。

 その建物はこちら・・・。


 第一工場



 山本ロックマシンという会社の工場および寮の建物群です。

 数年前国の登録有形文化財に指定された建物群、因みにこの山本ロックマシンという会社、削岩機を主体としたメーカーです。

 9時過ぎに家を出、この会社の前の道にたどり着きますと、調度建物内部が公開されて降りまして、これはこれは・・・、と、そそくさと見学料金を払い施設見学に・・・。


 はい良かったです。
 この手の偽洋風建築に、どこか惹かれるものを感じる私なのです。


 因みにこちらの建物、ほぼ全てが昭和初期の建築だそうで、往時らしいモダンさを感じさせてくれます。

 見てのとおり外観は洋風ですが、基本的に木造でして、工場群の建物、どれも見事なトラスの木組みで屋根が支えられております。

 第一梁
 
 これは上の外観の第一工場の梁組み。



 第二

 第二工場の天井はまた異なった木組み、そしてにはホイストが設置されております。 
 (またこの建物、戦中は多くの近隣女性が勤労動員にて旋盤にしがみ付き航空機の部品を造っていらっしゃったとか・・・)

 仕上げ工場


 仕上げ工場には上部がアーチ形式のモダンな窓が・・・・。


 浸炭棟


 浸炭棟内部は壁や梁が煤で黒くなっています、また神棚も雰囲気。



 そんなこんなで、一通り工場の建物群を愛でさせていただいたあとは、寮の建物群の見学。


 家族寮

 
 家族寮は現在保存工事中。

 内部はといいますと、雨漏りと経年劣化でかなり痛みが激しいです。

 どうも屋根に葺かれている緑色の瓦がフランス製で、寒さに弱く東城の冬に冷え込みに耐え切れずクラックが入りやすかったとか・・・・。

 それでも外観や天井、手擦りといった部分の造作にモダンさが溢れています。また照明器具も往時のものでしょう。

 天井  天井2

 手擦り

 
 そしてこれが独身寮の建物

 独身寮


 他に食堂&娯楽棟が現存、以前にはモダンな浴室棟も有ったそうですが、道路の拡張により撤去されたそうです。

 
 もしかすると昭和期の東城、この会社の門前町的空気もあったのかも・・・等と思ったり。
 はい、楽しませていただきました。



 それとその後、こちらも少しばかり見学。

 お通り お通り2

 
 お通りです(一般的にはこちらの方が著名かな?)。

 想像していたよりも多くの参加者のある行列でした。


 気温が下がる前に家にたどり着きたいと、早めに撤収したのですが、やはり寒かったですね。
 &紅葉シーズンの走りで交通量も割とあり・・・、ハイ思ったより疲れました、私も歳ですな。


 
 

 

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/11
11
[ #1147 ]

映画YUKIGUNI

 映画「YUKIGUNI」、12月6日から1週間、福山にて公開だそうです。
 広島で見逃された方、如何ですか?

 PB110915.jpg

       PB110914.jpg


 

タグ :   映画  /

お知らせCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/11
16
[ #1148 ]

バンザイ

 新天皇即位にともなう関連行事も一段落、ということになった様ですね。とはいいましても私自身はほとんど見ていないのですが・・・。
 元々あまりTVに耽溺するといったタイプでもないですし、といいますかあまりTVというもの見ないのですよね。
 それに、根源的な疑問として、何故この時期に譲位と改元が行わなければならないのか?という疑問も(私の内に)残ったままですし・・・。

 まあそれでも「即位礼正殿の儀」は少しばかり見ていたのです。

 唯そこで行われた現総理大臣による”天皇陛下万歳”・・・、これがどうもなんといいますか・・・。
 そう、昭和19年(1943年)の第一回学徒出陣、その出陣式に於ける当時の総理大臣の”天皇陛下万歳”にかぶってしまいまして・・・、どうもいやな気分というかなんというか・・・・。

 実際、昭和19年10月から始まった学徒出陣に拠って我が国の将来を担うべき優秀な若者がどれだけ戦場に散っていったか・・・、またその後、この国がどれだけ悲惨な目に会ったか・・・等を想うとどうもいやな気持ちというか複雑な気持ちにならざるを得ない訳でして・・・。
 そんな理由も有ったのか、その後の即位に関する儀式、どうも見る気が起きなく全くといっていいほど見なかったですね。

 それとこの件に関してもうひとつ、確か昨日だったかな、どこかのYV番組のコメンテイターが現総理の”バンザイ”の所作について「正式なバンザイのやり方」等と発言をしていたのですが、これがどうもねぇ・・・・。

 確か20数年前くらいですか?”正式なバンザイのやり方”なんて怪文書が流布され世間を騒がせた事が有った記憶があるのですが、確かその折、自衛隊からも”正式なバンザイのやり方といった物は決まっておりません”といった発表もされ、また国会でもそうした事が言われたと記憶しています。
 いい加減、アルコールで記憶力の減退している私ですら記憶の片隅に残っているわけですから、マスコミ関係者は知っていて当然と思うのですが・・・・(結構問題だと思うのですがね?)

 そう大体、「天皇陛下万歳」といった行為自体、明治に成って作られたものですよね?
 更にいえば”バンザイ”といって皆でそろって手を上げる行為自体そうかも知れません。

 結構江戸期の浮世絵、観ている積もりですがそういった図柄、見た記憶が無いですし、江戸期に新天皇即位に際し将軍が天皇の前で「天皇陛下万歳」といった等という話も聞かないですし・・・・・。

 それに明治だろうが戦中だろうが、今回の総理大臣の様に手のひらを内側に向け下から上に真っ直ぐに手を上げるといったバンザイをしている人の写真なんて私は略観たことは無いですね。

 先に挙げた、学徒出陣における往時の東条英機総理大臣のバンザイのやり方にしても、手のひらを上に向け、下から何かを持ち上げるというか掬い上げるというか、そういったやり方でしたし(まあ、それはそれで行政府の長として国なり天皇なりを支える立場ということを考えると、非常にらしい所作にも思えますしね。
 また、出陣する学徒にしてもその多くは手のひらを前面に向けたやり方が殆どだったと記憶しています。
 実際、明治後半から敗戦にかけての人々のバンザイのやり方、それが軍人だろうが政治家だろうが開拓民だろうが庶民だろうが、殆どが手のひらを前にしたやり方でして(まあそれが自然ですわな?)

 それに比べると元総理のそれは不自然というかなんというか(言っちゃ悪いですが小学生のラヂオ体操の様で・・・)。


 では何故、そうした手のひらを内側に向けるバンザイが正式と言われだしたのか・・・(どうも基は20数年前の怪文書辺り・・・?)。

 一説には戦中、戦場にて総員退艦や玉砕等する場合にもバンザイをする事が結構あったそうですが、その際手のひらを前面(相手側)に向けるのは、武器を所持していない意思表示、すなわち全面降伏を意味する(戦争等で降伏した場合両手のひら相手側に開いて向けるのはどの国でもやりますよね)、そしてそれは”生きて虜囚の辱めを受けない”という日本の軍人魂に反する故に手のひらを内側に向ける事を正式やり方にしたとかしないとか・・・・。


 しかし、これってドウなのですかね?

 お辞儀にしても、平伏するにしても、それは相手にたいし無防備な姿を見せる事に意味が有る訳でして・・・。
 社交儀礼って本質的にそうしたものですよね?

 例えば、サラリーマンのしている棒(ネク)タイにしても、あなたに首を絞められても良いですよという事の暗喩でしょうし、我々バーテンダー(接客業)等がたっている際、左手で右手首を押さえているのもそうした意味(利き腕を殺している=あなたに抵抗しません)ですしね・・・・。
 

 つまり社交って負けることに意味があるというか、それゆえに戦いを避けることが出来るというか・・・・。

 となると、今回の現総理のバンザイのやり方は本質的に天皇に対し礼を失する不敬な行為を意味することになるわけですが・・・・。


 相変わらずダラダラと帰しましたが、なんといいますか80年ほど時代が戻った気になってしまう昨今ですね。

 ホント、70数年前、この国がどういった状況に陥ったか少し思い出しても良いのでは?というといやみなのですかね?

 

タグ :   日本文化  /

つぶやきCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/11
19
[ #1149 ]

今年も

 今年も恒例のワインの会を開催出来ました。

 例年、この時期に馴染みのお客様にお声掛けさせていただき、皆で楽しくワインを飲みましょうという会です。
 (お声掛出来なかったお客様、申し訳ございません、何せ狭いお店なものでして・・・・)

 あまり勉強会的にはせず、皆で楽しくワインを飲んで語りましょう・・・といった感じでやっていますが、一応毎回テーマは決めています。
 因みに今年はドイツ物で・・・・。
 こんな感じのラインナップ。


   ワイン2019

   IMG_20191117_173904.jpg


 白はリースニング主体、赤はピノ・ノワール主体ですね。


 来年も実施出来ると嬉しいのです。

 

タグ :    /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/11
23
[ #1150 ]

12月の店休日予定

 気が付けば今年も残すところ一月余り、今年もあっという間の一年でした。
 色々な事があった様な無かった様な・・・。
 一年の殆どをカウンターの内側で過ごしている事もあるのか、気が付くと一年が過ぎ去っている様に思える昨今です。

 それとこの冬は雪が多そうなとの噂・・・、あまり寒くなってもらうのも辛いのですが・・・。



  PB230914_20191123153128f31.jpg


 それはさておき12月の店休日ですが・・・。

 ・ 1日(日曜日)をお休みさせていただきます。
 
 それと31日は例年通りです。

 宜しくお願い致します。

 

タグ :   店・仕事  /

店休日CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

2019/11
29
[ #1151 ]

第三夜   5


 バ  「スマートにオーダーすると事もコミニュケーションの一つとも言えそうですしね・・・」

 A  「はぁ・・・、で、何を頼まれるんですか?」

 バ  「それですよねぇ・・・、その時の気分といった事もありますので、”コレ”といった物は決めていないのですが・・・・」

 A  「はぁ」

 バ  「強いて言えば、ジン&トニックとか、ウイスキーソーダとか、それに近いものを頼むことが多いですね・・・」

 A  「それが正解?」

 バ  「正解という訳でも無いですが、そうしたカクテルなら大体どんな店でも造って下さいますからね」

 A  「確かに」

 バ  「それにそうしたカクテルならある程度時間を掛けていただけますし」

 A  「一気飲みしちゃダメ?」

 バ  「ハイ、しない方が良いと思いますよ」

 A  「でも、氷が解けて薄くならないですか?」

 バ  「ちゃんとしたバーなら、まあそんなことは無いですね」

 A  「その辺りもチェックすると・・・?」

 バ  「そんな事とは考えないですね、値踏みする感じでイヤでしょ?楽しく無いですし」

 A  「味とかもチェックしないのですか?」

 バ  「露骨にチェックしたり試したりする様な事はしませんね、無作法でしょ?」

 A  「そうなんですか・・・・」

 バ  「そう思いますねぇ」

 A  「はぁ・・・。じゃあ何分くらい掛けて飲むのが正解ですか・・・?」

 バ  「そんなこと考えたことも無いですが・・・、どうでしょう、10分とか20分とかですかね?その時のお店の状況なんかにもよりますしねぇ」

 A  「お店の状況って?」

 

 つづく


 
  

続きを読む »

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.