2009/12
12
[ #121 ]

 雑考24  アルファ

 アルファと聞くと思い出すのが、フォネティック通話コード。


 
と言っても判りにくいかも知れませんが、無線通信等でアルファベットの聞き間違いを防ぐために使う物です。A・アルファ、B・ブラボー、C・チャーリー、・・・。ってやつです。日本語だと、イロハの”い”、ハガキの”は”ってやつです。業界ごとに多少違いが有るようですが(旅客機のパイロットなどは都市名を当てたがるとか・・・)、Aがアルファってのは大体変わらないのでは無いでしょうか?
 あと、α崩壊とかα線とか、物理学、数学、自然科学などの記号、数式ですかね・・・。
 αに限らず、ギリシャ文字全般から受けるイメージは数式ですね。Σにしろθにしろ・・・。自然科学や数学の数式にギリシャ文字が多く使われるのは、やはり、ルネッサンスがギリシャ文明への回帰であったからでしょうか。というか、ルネッサンス自体がプロテスタント運動の嚆矢であり、反ローマカトリック運動であり、神学以外の学問を認めなかったカトリックに対する歴史がギリシャ文字を使う事に顕れているきもします。(何だかダビンチ・コードの小説の様になってきましたが)何となく、科学全般(プロテスタント的な物)と考えてしまいます。

 しかし、日本も明治の開国、大戦後の占領とプロテスタントの影響を受けたのは事実でしょうし。たまには、キリスト教とは?カトリックとは?プロテスタントとは?等と客観的に考えるにも楽しい気がします。

 ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

No title
旅行業界だと、A・エイブル、B・ベイカー、C・チャーリーD・デンマーク(ドッグ)・・・という感じです。
確かに無線用語と比較すると地名を意識的に使う傾向がありますね。

12時すぎに ととろ さんから

2009/12/14(月) | URL | #fvsxmOOU

2009/12/14 - ■■■

そうなんですか
A=アルファじゃ無いのですね。勉強になりました。お恥ずかしい・・・。

10時すぎに ますた さんから

2009/12/15(火) | URL | #-

2009/12/15 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :