2010/01
04
[ #128 ]

 雑考26  都々逸

 ここ数年、”都々逸”に少々惹かれます。とはいっても私は自分の音痴に自信があるので、聞いたり読んだりばかりなのですが・・・。



 因みに都々逸というもの、7・7・7・5で構成される(たまに、頭に5が付いたり、7が付いたりしますが)唄なのですが、ある種の、ゆるさと色気が感じられ、一寸お気に入りなのです。
 和歌とか俳句とかは・・・?といわれるかも知れませんが、俳句、川柳の5・7・5は文字数が少ない分、緊張感がありすぎ、いい加減な私には厳しい気がします。 和歌となると、雅すぎて雑な私には似合わないですし、狂歌となると、和歌を知った上でのひねり、知性がついていきません。

まあ、そんなこんなで都々逸がお気に入りなのですが、面倒な事をダラダラと書いても仕方ないので、有名な(お気に入りの)都々逸を少々・・・。

 ・いとし殿御と 寝ねするときは 憎や烏が 早く鳴く

 江戸後期(天保年間頃)の小見世の遊女なんかに歌われると、ゾクゾクしそうですよね、そうすると、高杉晋作(他の人の作とも言われますが)じゃ無いですが、

 ・三千世界の 烏を殺し 主と朝寝が してみたい

 なんて返したいですよね
 しかし、この唄、長州音頭(維新節、男なら)に取り入れられ、萩等では、盆踊りなんかに歌われている筈ですが、この歌詞で小学生が踊るの(意味が分っているのか?)は、流石、萩といいますか。

 しかし、幕末から明治にかけて造られた(それ以外でも)民謡に、7・7・7・5の節が多いですよね、例えば

 ・土佐の高知の はりまや橋で 坊さん簪 買うを見た   
 とか
 ・雨は降る降る 人馬は濡れる 越すに越されぬ 田原坂  
 とか

 都々逸の元が潮来節ゆえに民謡と相性が良いのかも知れません
 確か、享和年間の”潮来絶句”(画・北斎、詩・富士唐麿)に、当時流行の潮来節がいくつか載っていた筈ですが、例えば

 ・口が嵩じて 背中と背中 明けの烏が 仲直り

 完全に都々逸ですね・・・。まあ、それはそれとして

 ・鰍鳴くよな 谷間の宿で 博多帯解く 音がする

 ・朝顔は 馬鹿な花だよ 根の無い竹に 命までもと 絡み付く
 (朝顔は 馬鹿な花だよ 根の無い竹に 命賭けての もらい水)
  
  (5字かぶり)

 ・お酒飲む人 花なら蕾 今日もさけさけ 明日もさけ

 とか、何となく、夜と酒と色気の香りがして好きですね
 でも、やっぱり最高は

 ・こうしてこうすりゃ こうなるものと 知りつつこうして こうなった



 まあ、人間ってそんなもので・・・。

 と、いうわけで、バカナリヤ、 バーにもかかわらず、流れている音楽が、ごく稀に都々逸だったりすることが有ったりしますが、仕方ないマスターだな~、と、笑って許していただけると、嬉しいです。
 現実には、8割以上は、ジャズを流しておりますが・・・。

 (前回と同じ終わり方?)
 

スポンサーサイト

タグ :   日本文化  /   音楽  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :