2010/03
09
[ #148 ]

 ドライブ

 先日、お客様に誘われ三朝温泉一泊で山陰辺りへと行って参りました。
 三朝は約1年半振り、前回は奥津温泉~三朝~勝山と廻ったのですが、今回は勝山から・・・・。


 その勝山、たまたま丁度”お雛祭り”の開催中。良かったです。御前酒蔵元にて特別展示”花嫁の来た春”が催され、建物内部や衣装・調度品等を拝見できたのは特に嬉しい事でした。
 その後は街並み散策、打ち立ての蕎麦を頂き、高瀬舟発着場を観、勝山を後にしました・・・。

 この高瀬舟の船着場、本流から土手?にてし切り、また雁木を造り船着場にしてあるのですが、以前行ったイタリアのグラッパでも似たような物が有りました。洋の東西を問わず似たような造りに成るのでしょうね。
 ただ、勝山の場合旭川の水量が減っているのが少々残念。

   束ね熨斗大振袖   勝山商家   勝山雁木


 次に立ち寄ったのは、313号線沿いに在る真賀温泉の幕湯。

 ここの湯、私は初めてだったのですが、その手触り?には少々驚きました。ヌメヌメとして、まるで葛粉でも混ざってるかの様。建物や周辺も風情が有り良いですね。
 さらにそこから倉吉市打吹地区の街並み散策・・・。ただ雨が強くなって来たので長居はせず・・・(どうも、山陰にいくと雨に会うような・・・、弁当忘れても傘忘れるな・・・ですかね?)。途中、名物?の牛骨ラーメンを食べたりしつつ三朝温泉に移動。


 三朝は温泉街らしい風情が残っていて好きな場所。お客様の勧めもあり、先ずは建て替え直前の”株湯”に入る事に。熱い湯です。
 そぞろ歩きしつつ旅館に帰り蟹料理で一杯。満腹した後再び外へ、元三朝芸者(芸妓と言うべきかな?)のママさんがやっていらしゃるスナックで痛飲・・・。(雰囲気を感じるママさんでした)
 旅館の湯(これも源泉かけ流し)は朝風呂にしました。

 しかし同じ三朝の湯でも、源泉ごとに微妙な違いが有るのは面白いですね。温泉好きの方の気持ちが少し判った様な気がしました。


 明けて次の日は、鳥取市の賀露漁港近くの市場に立ち寄り、智頭の街並みへ・・・。

 ここも昔から気になっていた場所。有名な”石谷家住宅”を初め風情の有る建物が多く残り良い感じです。

     智頭米原邸     智頭・花や

 更にそこから津山市に・・・。うわさの”ホルモンうどん”で昼食の後、周辺散策~津山城址と歩き、城東街並み保存地区は次回のお楽しみとして帰途につきました。津山も船頭町辺りに、三階建ての古い旅館の建物等が残り中々の雰囲気。城東街並み保存地区も含めいつかリベンジしたいですね。

     津山城址        津山・赤線時代の建物?

 また途中、辻酒造(勝山)、高田酒造(倉吉)、藤井酒造(三朝)、諏訪酒造(智頭)にも立ち寄りました。

 ますた    

スポンサーサイト

タグ :   街並み  /   温泉  /   城跡  /

ちょっとお出かけCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :