2010/04
09
[ #157 ]

 オルセー美術館展

 広島県立美術館にて、7日から開催中の「オルセー美術館展」に行って来ました。
 (貧乏暇無しと言いつつも、ウロウロしている私です。)



 

 展示はパリのアールヌーヴォー。今年観に行った”クリムト&シーレ展”や”ロートレック・コネクション展”とほぼ同時期の作品の展示です。世紀末、流行っているのかも知れません(尤も、私が興味が有るので目に付くだけかも知れませんが・・・)。


 展示品数がそれ程多いとは思えませんでしたが、アール・ヌーヴォーの工芸品の中でも繊細な品が展示されている様に想えました。以前観たエルミタージュ美術館の物を思い出しますと、フランスとロシアのメンタリティーの違いを感じます。
 また特別展示として、ウッドワン美術館所蔵のガレとドームの作品もかなり展示してあり、お好きな方は楽しめる展示と想います。

 私としては、全体に当時のジャポネスクの影響とその後の変化といった流れを感じやすく、また1900年のパリ万博が一つの転換期になったのかも知れない・・・と、感じさせてくれる展示でした・・・。
 平日のせいか、人も少なくゆったりと観て廻れたのも嬉しい事でした。
 
 また隣にある桜満開(散り始め?)の縮景園も歩いてみました。酒を飲まない花見も良いものですね・・・。

      県立美術館より

 ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪   閨閥  佐藤朝泰   |    花見  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :