2010/08
13
[ #205 ]

雑考40  日本酒

 以前にも書いた事が有るやも知れませんが、プライベートで飲む酒は日本酒が多い気がします。
 (”日本酒”では無く”清酒”と呼ぶべきである。といった意見がある事も知っておりますが、子供の頃から”日本酒”、或いは単に”酒”、と呼んでおりましたもので、ここでは日本酒と書きます。)

 プライベートでは、大体において食事をしながら飲む事が多い故、日本酒になる事が多い気がします。
 (和食が多いのです。)

  


 しかし日本酒、食べ物と併せた時の懐の深さは素晴らしい気がします。原料となる米の特性に拠る物かも知れませんが、和食から洋食まで幅広く対応してくれる気がします。特に、燗付けした酒は・・・。
 
 以前ある温泉旅館で食事をした時に、出された和から洋までの多種の料理の中で、その時飲んでいた適度に酸味とボディー感のある燗酒に最も相性が良かったのは、ラムシチューの様な物でした・・・。

 これはもしかしたら、私が米の飯を主食として育った日本人のせいかも知れませんが、刺身からハンバーグ、カレーまで、何とでも組み合わせ可能な米の力かも知れないとも想います。

 勿論、西洋人の主食であるパン、その素となる麦類で作ったビールも食事との相性は良い気もしますが、刺身にパンはやはり一寸難しい気もしますし・・・。勿論、カルパッチョ等にすればパンでもありそうですが・・・、そこは日本人やはり米にいってしまいます。

 では、食事との相性が良く語られるワインは?となると・・・。
 食べ物との組み合わせ方は、やはり日本酒と比べるとシビアな気がします。また、そのちょっとしたシビアさこそがワインの魅力とも想います。

 それにワイン。原材料がブドウという水菓子。食欲を充たすための主食である米や麦と比べ、その時点ですでに贅沢感があるというか、遊び心があるというか・・・・。その辺りもワインの魅力かとも思えますね・・・。

 どちらにしろ醸造酒、その原材料の特性を強く引きずっている事が楽しい気がします。(車やバイクをいかに改造しても、ベースの車の本質から逃れられないのと似ているかも知れません)


 勿論それ以外にも日本酒が(他のお酒も同様ですが)、美味しい、楽しいと想う理由は沢山有ります。

 でバカナリヤ、基本的に洋酒の店ですしチャーム以外の食べ物も基本的には出さないのですが、日本酒も少しだけ置いてあります。
 中国地方の熟成系の酒が多いです。それと、カクテルベースに地元西条のお酒。
 こんな感じです・・・(2010・8現在)

               日本酒

 因みに左から、白影泉16BY、十字旭日16BY、中島屋寿7BY、金冠黒松15BY、竹鶴八反12BY、美富久熟成酒、白狼1990

スポンサーサイト

タグ :    /

しりとり雑考CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

清酒
なるほど「清酒」

20年前に死んだ、明治生まれの曾祖父が

お風呂のことを「せーふろ」と言ってました。

たぶん、清風呂、あるいは、聖風呂なんでしょう。

 日本人は日本酒を飲むべき!と。

 私も日本酒党です。

 

22時すぎに かづ23 さんから

2010/08/21(土) | URL | #-

2010/08/21 - ■■■

 かづ23様、コメントありがとう御座います。
 私が敢て”清酒”では無く、”日本酒”としたのは”清酒”の言葉にある、ある種の”造られた感”故なのです。
 それは、明治政府成立時の酒税法から来るもので・・・。赤報隊の事、その後の税金確保の為の酒造免許の乱発、自家消費の酒への課税、それに対する農民の反発、またそれへの弾圧、そうした背景の中での濁酒に対する清酒の言葉の使用、等々。
 結局、清酒なる言葉、酒税法の規定により造られた感が強い故で、清酒なる言葉の使用を強制される事に少々抵抗がありましたので・・・。(一面的な見方である事も認識しております)
 また、貴兄が教えて下さった、清風呂なる言葉も興味深く想います。
 日本人の根っこにある穢れを嫌う共同幻想(もしかすると、それは、元日本人の南方起源にも関係するかも知れませんが・・・)から来る、清浄思考の顕れかとも想ったり致します。

10時すぎに ますた さんから

2010/08/22(日) | URL | #-

2010/08/22 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :