2010/09
04
[ #213 ]

 雑考41  趣味

 こういった仕事をしておりますと、しばしばお客様に訊ねられる事があります。
 「マスターの趣味って何ですか?」

 私の返答はおおむね・・・「特に趣味と言える様な物は無いですね・・・」。

 

 このように答えますと「読書は趣味では無いのですか?」とか、「バイクが趣味では無かったのでは?」等と、更に問いかけられたりする事も・・・・。


 確かに本を読む事(活字を目で追う事)は好きです。しかしこれは物心付いた頃からそうであった訳で、単に好きで読んでいるだけ。言い換えれば習慣として読んでいるといいますか、癖で読んでいるだけといいますか・・・。文学を究めようとか、何かの目的の為に系統立てて読んでいる心算もないのです。
 単なる乱読(或いは活字中毒?)に過ぎないと自己認識している訳で、とても趣味といえる様な物では無いのです。

 ではバイク(オートバイ)は?といいますと・・・・。
 確かに若い頃(10代後半から30代前半位にかけて)は、かなり入れ込んでいたかも知れません。
 「あなたは何をしている人なのですか?」といった意味の質問に、「単車に乗っています」と答えたり・・・。
   ↑  ↑  ↑
 馬鹿というか、若いというか・・・・。(笑)
 

 今になって振り返ると当時の私、自分の立ち位置といいますか、肩書きといいますか(学生であったり、会社員であったり、仕事であったり)に、何処と無く納得しきれない物があったのかも知れません・・・。
 故に、名詞の表(社会的一位置付け)ではなく、裏(プライベート)(趣味?)で自分を語りたかったのかも知れません。
 当時(80年代前半)流行った言葉で言えば、”新人類”と呼ばれるタイプに近かったのかも知れません。



 この”新人類”なる言葉、その後”オタク”に取って変わられ今となっては死語でしょうが、当時は盛んに使われた気がします。

 ではこの”新人類”なる言葉、どういった意味であったのか?あるいは、何故あの時期に流行ったのか?また、”オタク”との違いは・・・?
 少しばかり考えてみますと・・・・。


 人(他者)を肩書き(名詞の表)(社会的位置付け)ではなく、その人個人の趣味や志向や考え方等で判断しようとする若者を表していた様に想われます。
 何処の会社に勤めているとか、職種、役職、・・・。更に言えば、出身地(地縁)や誰の親戚(血縁)で無く、趣味、思考・・・。どんな映画が好きか?どんな本が好きか?どんな遊びが好きか?、どんな思考パターンを持っているか?どういった感受性を持っているか?・・・で判断しようとする人々の事を呼んでいた様に想われます。
 逆に言えば、それまでは人を判断する上で、職業や地縁、血縁(ばかりを)を重視して判断していたという事にもなるのでしょう。
 

 では何故、あの時期に・・・?

 一つは会社員の地位(ステータス?)の低下があるのでは?と想ったりします。

 明治維新以降、武士(氏族)の地位が低下し、また職人の地位も低下、代わりに”勤め人”がある種花形職業になる・・・。更に戦後は軍人の地位も低下し・・・。大会社の社員がステータスとなる。(現実に収入も多く安定している・・・)  それが、この頃から少しずつ変わったのでは?と思われる訳です。会社員がサラリーマンとなり、過去の職人や農民同様に地位が低下した事。

 他に個人主義の蔓延。(個人主義って、社会的地位等よりも個人を重視する訳でしょうから?)
 また核家族や、当時の社会風潮による、働く事(金儲け)に対する嫌悪感や、逆に拝金主義の蔓延・・・・・。等々。


 ただ今思うに、結構世の中平和でのんびりしていたのかも知れません。
 江戸時代の中・後半の様に、色々な趣味(ホビー)が流行る時代だったのかも知れません。

 そして”オタク”の時代・・・。二次元(想像、バーチャル、空想)や趣味の世界に耽溺し、現実逃避する時代(ちょっと言い過ぎ?)。或いは、残酷な現実から逃避しなければならない時代に・・・・。


 少々話がずれましたが、私の趣味の話でしたよね。
 では何故、バイクが趣味で無くなったのか、趣味に耽溺しなくても良くなったのか・・・?

 それはやはり、今の店を始めたからでしょう。趣味が如何こういう余裕も無いですし。それ以上に、今のバーテンダー(単なる飲み屋の親爺かも知れませんが・・・)という自分の立ち位置に、何となく納得出来ている故という気がします。
 内面と肩書きを、何となく統合出来たといいますか・・・。
 恐らく内面と肩書き(名詞の表と裏)、両方ひっくるめて自分なのでしょうから・・・・。
 もしかすると、働く事の良さとはこの辺りに有るのかも知れません。

 故に、暫くは私自身、単なるバーテンダー(飲み屋の親爺)で在る様にように努力出来ればと想います。

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :