2011/02
22
[ #267 ]

久々の東京

 日・月と東京に行っておりました。
 久々、約2年振りの東京です。

 主目的は”WHISKY LIVE 2011 TOKYO” の見学。このイベント昔から気になって居たのですが、貧乏暇無しな私、中々、行くこと叶わずだったのです。
 今月もバタバタしておりまして、行くかどうかギリギリまで悩んでいたのですが、思い切って行って参りました。
 やはり酒は、自分で飲んでおいて何ぼ・・・、とも想っております故、少々無理を押しての東京行きです。

 会場は六本木のミッドタウン。結構な人出です。

      会場

 兎に角、気になるウイスキーを出来るだけ試飲&情報収集。
 しかしこの手のイベントに行くと何時も想うのですが、昼間からのハードリカーの試飲は応えます。
 特に私の様な寝不足気味の身体には・・・・。

 それでも頑張って夕方4時過ぎまで会場にて試飲を続け、さらにセミナーを一つ受講。

      セミナー

 流石に疲れました・・・。

 其処からホテルに移動、日帰りの気力は無いです。

 一休みした後で夜の街に出撃・・・(まだ、飲むのかよ・・・)。

 店のお客様にお聞きしたバーを探たのですが、発見するに叶わず・・・。
 (酔いが抜けてないせいか?)

 そこで、目標を変更、こちらに・・・・。

      アーケード

 新宿ゴールデン街・・・・。


 何はとまれ一軒の店に”エイヤッ”と入ってみる。

 懐かしい感じの店の造りです。
 ただ一寸、私とは相性が悪いかな。
 で、早めに退散。

 そのままホテルに帰るのも面白く無いので更に一軒”エイヤッ”と扉を開ける。

 此処は凄く居心地が良い。
 ついつい長いをしてしまいました。(3時は過ぎていたはず・・・。4時前かな・・・?)

 聞いた処、ここのママさん。普段は銀座でワインバーをしていらっしゃるとの事。そして日曜日にはゴールデン街。

 ん~。銀座のマダムの凄さか・・・。兎に角接客と言うか、雰囲気が素晴らしく気持ち良い・・・。
 ついつい、蕩けそうになりながら長居をしてしまいました。

 ホテルへの帰り道、花園神社にも立ち寄り・・・。

         花園

 深夜の神社、中々雰囲気です。




 明けて月曜日。

 熱いシャワーで酔いの残った身体を目覚めさせ、向かった先は東向島辺り。
 この辺り永井荷風「墨東奇譚」・吉行淳之介「原色の街」等々の舞台となった場所、早い話が玉の井の色町の跡です・・・。

 細かく入り組んだ路地が一寸それらしいのですが・・・。私好みの建物は殆ど残らず・・・・。
 また入り組んだ路地の周辺も住宅地然としていて、歩き回るのは少々憚れる雰囲気・・・。
 東京だからですかね?風景が早いペースで変わってしまうのは?
 今は昔ですね・・・。

      窓   いろは通り

 そうした訳で此処は早々に退散し、隅田川沿いに出て、土手を浅草までブラブラと・・・。
 浮世絵に良く出る三囲神社の鳥居や、長命寺、土手の桜、建設中のスカイツリーを眺めつつ・・・。

        鳥居

 江戸の名残と、今の東京を感じながらの散歩です。

 次いで浅草は「神谷バー」にて、名物”電気ブラン”とビールにて迎え酒。これが昼食代わり(身体、壊しそうですね)。
 神谷バー、2年程前に来たときは臨時休業でしたので、何はともあれ雰囲気を感じたくて入ってみました。

       電気ブラン


 さて飛行機の時間まで、何処に行くか・・・・。

 思いついたのは、礫川浮世絵美術館。此処も、一度立ち寄ってみたかった場所。

 行ってみると、休館日。
 そりゃそうですよね、月曜日ですもの・・・。下調べしとけよって話。

 では、どうするか?

 思いつきで立ち寄ったのは、築地場外市場周辺。
 既に午後なので市場の方は閑散と、場外市場も閉め始めている店がちらほら、にも拘らず結構な観光客・・・。人ごみが少々苦手な私としては・・・・。
 ゴタゴタした感じが余り好みでは無いかな・・・。
 古い商店街等は、割と好きなのですが・・・。

 という事で早めに空港へ・・・・。
 空港ではワインバーにてグラスワイン&試飲を色々。
 
 ほんと、飲み続けの2日間。


 え、夜は?
 勿論、店、開けましたよ。開店時間が少々ずれ込み、お客様には迷惑を掛けた面もあるかも知れなかったですが・・・・。

 ますた
  

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  出雲   |   陽暉楼  宮尾登美子  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :