2011/06
24
[ #299 ]

雑考57  自由

 自由・・・・。
 難しい言葉だと思えるのです。
 勿論、使いやすい言葉だと思われる方も多いかも知れませんが・・・。


 私としては口に出し辛い言葉の一つに想えます・・・。


 私は自由だ!人は生まれながらに自由で有るべきだ!自由に生きる権利が有る!

 どれも少し???と想ってしまいます。


 ”自由”どういう意味なのか・・・。何時頃から使われているのか・・・。
 ハッキリしたことは判りませんが明治維新以降、良く使われるように為ったのは確かでしょう、また敗戦以降更に・・・。
 江戸中期頃に使われていたという文献に接した記憶も有るのですが・・・、あいまいです。
 (源内さんあたりだったかな・・・・)


 唯、明治以降、あるいは敗戦以降の”自由”という言葉の持つ意味、イメージが変わったのは確かではないでしょうか。
 

 では元々の自由の意味は・・・・?

 そのまま読めば・・・。
 自由・・・・、自(自らに)由(由する)。

 詰まりは自分自身の事、身の回りに起こる事、行動指針。これ全て自らに由する。
 要するに他人、世の中、社会・・・・等々の所為にしないという事ではないのかと思えます?
 
 そうしてそれは、完全な孤独をもたらす、あるいはそれに殉じる覚悟を必要とする気がします。


 一方、最近?の使われ方は。
 他人、社会、慣習、等々に束縛されたくない、縛られたくない、命令されたくない・・・・。
 こんな使われ方ですかね・・・・。


 似ているけど違う気がします。

 確かに不当に入れられた刑務所の中や、明らかな迫害、虐待、等々の下に置かれ立場ならば、其処からの開放の意味として、そうした使い方も有るかも知れませんが・・・・。
 (尤も、たとえ刑務所の中だって、手一本、指一本動かす事は自分の脳の命令でしょうし、頭の中で下らない事を考えほくそ笑む事くらい、自らの自由意志で出来る気はしますが・・・)
 (勿論、洗脳や薬物、暴力を使う技術が発達した現在では、それも言い切れない気もします・・・・)



 少し、話の方向を変えますと・・・。
 自らに由するという自由と。最近の使われ方の自由。この二つ。勝手と我儘の違いにも似ている気もします。

 自分勝手な事を言うな!我儘を言うな!
 子供のころ、良く言われたような記憶が有ります・・・ 笑 。
 どちらも似た感じで使われている気もしますが。

 でもこの二つ。勝手と我儘。似ているけど違う気がするのです。

 例えば、無人島に一人で居る場合・・・。
 当然自己の判断で行動しますよね・・・。これは有る面、自分勝手と言えるかも知れません。自由と言っても良いかも。
 では我儘と言い得るか?
 言い得ないと想います。
 ”我儘”、とは他者との関係性が有ってのみ成立する言葉。

 ”我が” 想うが ”まま” に他者を動かそうとする行為、他者の存在を無視する行為と言っても良いかも知れません。
 自らは、自分の判断(勝手)で行動し、他者も自分の判断(勝手)通りに動かそうとする(無視も含め)。
 実は、これが我儘では無いのかと想う訳です。
 故に他者の存在しない無人島では、我儘は成立しない。
 

 何だか話がずれましたが・・・。
 この(現代における)自由と言う言葉。口に出した時点で、単なる我儘と捉えられかねない言葉に思えるのです。
 だって”僕は、自由だ!”なんて、他者に向け発した場合・・・。それって、僕は自分のエゴ通りに行動します。あなたはその行動に合せなさい(行動を認めなさい)。
 て事ですよね?

 結局”自由”だ何て言葉。口に出した瞬間に他者に期待している、甘えている、都合良く動かそうとしている・・・・。
 そうなってしまう様に想えるのです。


 では昔ながらの自由。
 自分の身に起こる事全てが自分に原因が有ると考え不言実行をするか・・・。
 これは究極の孤独かも知れませんし、もしかすると暴力的かも知れません。

 しかしある種、この孤独に耐えれないと優しくもなれない気もします。
 また、生きて死んでいく上で、この孤独はお互い様と言う気もします。

 (自由には、当然、孤独が付いてくる?)
  
 だから淋しい(承認欲求が満たされない)からといって、自由とか権利なんて言葉、軽々に口にしないのが正解ではないかな・・・・。

 "自由~、自由~、酷い言葉ね~、冷めた女に男が恵む~”なんてね

ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :