2011/08
20
[ #315 ]

黒猫

 こんな物を観て来ました。

  シャ・ノワール

 LE CHAT NOIR  Entertainment,Art and Cultur in Paris 1880-1910
 陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910
 シャ・ノワールをめぐるキャバレー文化と芸術家たち  展


 浮世絵を眺める事も好きですが、この辺り(19世紀末~ベル・エポック周辺)にも惹かれます。
 何処か共通する物も感じます。

 場所は尾道市立美術館。

  看板

 確か安藤忠夫氏設計の建物。尾道の観光名所、千光寺公園内にあります。

 で展示内容ですが・・・・。
 中々気合の入った展示。美術作品単独を愛でるというより、歴史資料的展示といった内容に近い印象ですかね?
 出品点数、解説の文字数も多く、また好みに合う故展示カタログを衝動的に購入(店に置いおく心づもりです)。



 其処からロープウェイで街中に下り。
 これも観賞。

  常一

 しまなみ海道写真展 宮本常一があるいた瀬戸内の島と街 尾道会場 民俗学者宮本常一、尾道をゆく


 この辺りも興味を引かれる対象です。


 更に其処から・・・、

  カフェ

 なかた美術館、コレクション展 「Cafe」

 
 仕事柄気に成りまして・・・。

 この美術館に立ち寄るのは初めてですが、こじんまりしつつも贅沢な印象。ちょっとお気に入りの場所に登録したい感じの場所でした。


 しかし展示会の3箇所はしごって・・・・・・・。
 疲れましたが楽しかったですね。

 ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :