2011/09
30
[ #325 ]

オノ・ヨーコ

 先日、衛生講習会参加の為広島市内まで出向く事となりまして・・・、折角市内まで出るのであれば、講習会だけでとんぼ返りももったいないということで、こんな物を観て参りました。

 オノ ヨーコ 展 「第8回ヒロシマ賞受賞記念 オノ・ヨーコ展 希望の路 YOKO ONO 2011」

 お気に入りの場所の一つ、広島市現代美術館での企画展。



 オノ・ヨーコ。

 私の様な年代の人間からしますと、故ジョン=レノン氏の奥方のイメージが強い気がします。
 私もその例に漏れず、そうした印象が強く彼女を現代アーティストといった視点から観る事を忘れていた気がしておりました。

 そうした中この展示会の情報を得まして、レノンの奥方では無い”現代アーティストとしてオノ・ヨーコ”を観る事が出来ればと立ち寄ってみた訳です。


 結構、面白かったです。
 テーマがヒロシマ賞受賞記念という事もある故か、私としては非常に判り易い。

 作者の日本人らしさ(日本人オノ・ヨーコ)といいますか、和の感覚といいますか・・・。
 世代的なものもあるのかも知れませんが、しっくり来る感じです。

 どちらにしろ現代芸術家オノ・ヨーコの一面を見せていただいた気のする展示でした。

 何となく、当時レノンが彼女に惹かれた理由、レノンに与えた影響なんてのも想像出来る様な気もしました。


 因みに写真撮影可、でしたので・・・・。


 CC;BY-NC-ND2.1 日本 kage  石段に焼きついた私の”影”   作品名 ”影”

 CC;BY-NC-ND2.1日本 cover  カラスの声が印象的    作品名 ”カバー”

 CC;BY-NC-ND2.1 日本 messages  懐かしい・・・、   作品名 ”メッセージ”

 尚、各作品の著作権
 作家:オノ・ヨーコ
 CC:BY-NC-ND2.1日本

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  またまた   |   フェスタ・ビア  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :