2011/12
02
[ #345 ]

お酒と人生

 先日こんな物を聴いてまいりました。

        公開講座

 広島大学 市民公開講座 ”お酒と人生”
 



 アルコール飲料を扱っています以上、この手の知識も必要かと・・・。

 と言いますよりも、この手の話、昔から興味を惹かれる対象。若い頃は良くこの手のテーマの本を肴にして酒を飲んでいた記憶があります。

 メイン講師はアルコール専門病院の嚆矢、久里浜病院・院長。

 内容は・・・・、遺伝体質と飲酒の関係についてがメインテーマ。

 もう少し具体的に言えば・・・。
 遺伝的に受け継がれたアセトアルデヒド脱水酵素の活性に拠り3種。1B型アルコール脱水酵素の活性に拠り3種。
 3×3で人間の飲酒に対する遺伝的体質は9種類に分類出来るという事。

 そしてそれぞれにアルコールや執病リスクに対する傾向があるという事(またそれは、大まかに5つのタイプに分類出来る・・・)。

 他、アルコールを分解するために掛る時間の目安とか・・・・(この辺りは良く語られる事ですが・・・)。


 私の感想は・・・?

 アルコール依存に対する研究も日々新しくなっているのですね・・・、という印象。

 プレアルコホリックなんて概念(分類)も作られていたり・・・。
 アルコール依存症スクリーニングテストも、以前良く書籍等に掲載されていた物と異なっていたり・・。

 興味深く拝聴しました・・・・。



 しかし結局は飲酒とどう付き合うか・・・・。って事なのでしょうがね。

 医学的に観れば、健康の為飲酒量を減じましょう・・・、で正解なのでしょうが・・・。ただ其処は嗜好品、そんな訳にも行かない面が在りますよね・・・。
 (健康で長生きする事が人生の目的でも無いでしょうし・・・。どちらかと言えば、手段?)

 結局人様に迷惑を掛けない範囲で飲むことが出来る量で飲酒するという事が重要な気もします。
 (人の迷惑ってのも場面場面で変わる気もしまが・・・)

 私としては飲酒と言う行為を医学的に観るか、社会学的に観るか・・・?という視点も重要にも思えます、がこの社会学的視点、文化的視点・・・。最近、無い気がしますね。
 まあそれが現代であり唯物論って事なのかもしれません・・・。(確かサッチャー元英国首相が、演説で”この世に社会という物等存在しない”と言っていた記憶が在ります。新自由主義には社会という視点はないのでしょうね。)

 絶滅種の戯言ですかね・・・・。

 ますた

スポンサーサイト

タグ :    /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :