2009/04
16
[ #36 ]

 雑考 9 エアロビクスダンス

 エアロビクスダンスが日本に入って来たのは、恐らく81年頃だと想うのですが・・・、



 その当時の受け取られ方というのは、

 ”若い娘が裸同然の姿で足を上げてはしたない”
 的な物も含まれていたと想います。

 その頃連載の始まった”ドラ〇ンボール”なるコミックで”亀〇人”が、TV画面に映るエアロビクスダンス中の女性を涎と鼻血を垂らしつつ見ている、といったシーンが描かれて事が有った辺りからも確認出来る気がします。
 (実際、エアロビクスダンス、最初は深夜放送枠で、男性向け?に色物的に放送されたのが、多数の女性の問い合わせがあり、その後フィットネスとして定着した・・・、という流れであった、という話もあります。)


 しかしその後の、健康ブーム、バブル、医療費の自己負担率変更等により、スポーツクラブへ通う方々の増加と共に定着、今ではごく当たり前の捕らえられ方となったのではないでしょうか。


 実は私も一時期よくやっておりました。
 (最近はたまにする程度ですが・・・。仕事中眠くなるので。)


 きっかけとしては、今から20年近く前。
 当時、私はオートバイの草レースにしばしば出ておりまして、その折の、肉体的、精神的、持久力の不足を感じ、スポーツクラブに通ってみた事でした。

 ジムでマシン等使っていたのですが、そのとき知人が”そういった目的ならエアロビクスダンスが良いですよ~。”と誘ってくれたのです。

 が、その時は、上記のイメージと自分のリズム感の無さにしり込みし、始めるにはいたりませんでした。

 しかし、後に、ある日、他のジムに移った折、思い切ってチャレンジ。嵌りましたね~。


 音楽に合わせて身体を動かすのがこんなに楽しいとは(その後、それが嵩じてソシアルダンスにチャレンジしたり)。
 しかも、半年後、血液検査の数値が劇的に改善。それ以来続けております。
 実際、スタジオで周囲を見回しても、エアロビクスダンスと上手に付き合っていらっしゃる方々って、男女を問わず、若々しくてバランスの良いスタイルをしていらっしゃる様に想います。アンチエイジングにも良いかも知れません。お勧めです。


 まあ、そういった理由でこれからも細々とですがやって行きたいと思います。そして、勧めてくれた知人、楽しさを教えて下さったインストラクターに感謝です。 

   ますた
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  御手洗   |   ソムリエナイフ  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :