2012/02
03
[ #362 ]

ワインのはなし

 ワインこそが世界最古の酒ではないのか?と想います。

 社会的酒としてはビール(エール)がその座に着くべきであるとか、文献的にはミードでないかといった意見もあるでしょうが・・・、個人的には人類が意識して作った酒としてはワインが最古ではないかと想っています。

 何故か・・・?と話を進める前に、ワインという酒の定義付けを・・・・。便宜的かつ簡単に、広義から狭義に並べますと・・・。

 1、酒類全般 > 2、醸造酒全般 > 3、糖質を主原料とする醸造酒 > 4、果実を原料とする醸造酒 > 5、葡萄を主原料とする醸造酒 > 6、スティルワイン
 といった感じですか・・・・。

 因みに6のスティルワインと言う物が、一般的にワインといわれる物です。


 また1の酒類全般・・、というのも・・・???と想われそうですが、我々日本人が清酒だろうが、ウイスキーだろうが、ワインだろうが、ひっくるめて”酒”というような物でしょう。


 そういえば昔の映画で、「Days of wine and roses」 (邦題、酒と薔薇の日々)というものが有りましたが(暗くて、良い映画です)(ヘンリー=マンシーニ作曲の主題歌も良いです)(因みに主演は、アパートの鍵借しますの、ジャック=レモン。女優さんはリー=レミック)、この題名中の”ワイン”です。
 映画の中で飲まれるのはジンであったり、カクテル(ブランデーアレキサンダー)であったりですから・・。
 

 話がそれましたが、ここで私が”人類が最初に作ったであろう酒”という場合の”ワイン”は、 3の果実で作った醸造酒な訳です。


 何故、そう想えるのか?
 それは農耕の誕生以前、詰まり採取を主体とした生活の中でも自然発生的に、また簡単に作れる酒だという事です。

 想像していただければよいのですが、果物は実る季節ってあります。そこで当時の人達はたわわに実った果実を採取し、貯蔵しようとしたはずです。
 そうした状況において葡萄やそれに近い果実を容器に貯蔵しますと、下の方は潰れます。そうすると勝手にワインが出来てしまうのです。
 此処が葡萄類の素晴らしいところで、内部は”適度”の水分と糖質、そして皮の表面には天然酵母。
 これに依り勝手にワインに成ってしまう。

 違った言い方をすれば、果実を貯蔵する容器を手に入れた時が人類が酒(ワイン)造りを始めた時期と言って良い気もします。
 

 ではそうした容器は何時頃から作り始められたのか?

 最古の土器は・・・?(樽より土器の方が歴史が古いといわれてます・・・・)

 実は縄文土器を最古の土器とする説も在ります・・・。

 とすると・・・最初にワインを造って飲んだのは日本人(縄文人、源日本人)?何て妄想も生まれたり・・・。(笑)


 縄文時代の土器の話をもう少し考えますと、縄文土器の中に「有孔鍔付土器」という物が有ります(以前、三次の歴史民俗資料館で酒造りの歴史展が有り、実物大レプリカが展示して有りました)。
 この土器、酒(ワイン)造りに使用された事が確定されている最古の縄文土器ではないかと想うのですが・・・、その制作時期は縄文前期末~中期末といわれているそうで・・・。今から7000~5500年前位ですかね?
 エジプト等では既に農耕が始まってるか・・・。


 閑話休題、ワインを「世界最古の酒だから」という理由で飲む(マニアな)ひとは、まずいないですよね?私だってそうです。では人々はどういう動機でワインを選択し飲むのか?

 ヨーロッパの人々はそれが「酒」だからでしょう・・・。

 では日本人は・・・・。

 20世紀においてはある種のイメージがその選択の動機付けだった気がします。
 (基本的に嗜好品、イメージの商品という気がします。最近観なくなりましたが、煙草の広告に最もよく現われていた様に想えます。そうした意味でも煙草こそが最も嗜好品らしい嗜好品だといえるかも知れません)


 どういったイメージか?

 色々いえそうですが、「豊かで、お洒落で、進んでいて、かっこ良い”西洋”」のイメージの様に想えます・・・。
 勿論今ではワインが好きだからといった方が多いと思います(ワインを飲む事が定着したのでしょう、或いは洋食)。

 長くなりました。



 そんなこんなでバカナリヤにも少しだけですがワイン、用意してあります。

  セラー

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :