2012/03
10
[ #369 ]

戯言 3月  震災から一年

 明日で東日本の震災から1年。津波・原発の爆発の映像が今でも思い出されます。
 非常に衝撃的でした。


 そこでこれらの出来事に接し私は、或は人々は変化したのでしょうか?


 確かに直接的に震災の被害を受けられた方々、原発問題で避難を余儀なくされた方々は望む望まないに限らず変わる事を余儀なくされた事でしょうし、その苦労は察して余りある気がします。

 では私が住んでいます西日本等の人々は1年前の出来事を見て何か変わったのか?

 勿論変わられた方、変わられない方それぞれの様に想えますが、実は人々も社会も余り変わらなかったのでは・・・?と感じます。

 私自身も相も変わらずカウンターの内側に立っているばかりですし・・・・。

 結局人々、増して法人格、おいそれと変化出来ないのかも知れません。
 特に法人格はそのアイデンティイー、あるいはレゾンデートル故に変われないでしょうし、個人は目の前に在る日々の生活故においそれとは変われないのかも知れません。

 また数十年の時間と個人的内面的経験の上に築かれた人格、性格といったものも、おいそれと変化出来ない様にも想われます。

 もしかすると結局人間、あるいは社会ってそんな物なのかも知れません・・・。

 震災から1年、そんな事を想います。

 戯言です、聞き流していただければ・・・・。
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :