2009/04
27
[ #39 ]

御手洗

 ツーリングという程では無いのですが、久々に何台かで走りました。

 目的地は大崎下島、御手洗地区。完全に私の趣味です。


 御手洗は江戸時代中期から、潮待ち港として発展し、おちょろ船の話等で有名な場所です。
 若胡子屋という遊郭の建物も残っていると聞き、昔の色町の気配でも在るかと想った次第。


 で、実際に現地に行くと、若胡子屋跡は、老朽化により昨年11月より立ち入り禁止との事。


 なんとまあ。


 最盛期には100人の”おいらん”を抱えたお茶屋との案内板に有るが、今や見る影も無しか。
 (おいらんと書いて有ったが、遊女と解釈すべきでしょうね。また、100人抱えたお茶屋というは? このあたりの言葉。地方、時代による変化が多くて難しいですね。)
 

 その、若胡子屋も含め、町全体、過疎の波に洗われているのは一目瞭然。


 鉄道網の発達による陸運への移行、動力船の普及に伴う潮待ちの減少、昭和33年の売春禁止・・・。また、色町を文化として残すという考えも難しいであろうし、詮無い事か・・・。


若胡子屋 若蛭子屋若胡子屋の障子 内の障子



 因みに、参加のバイクはハーレー1200、ドカティー900、カワサキ900、私がヤマハ850。

            画像 040

  未だ、風が冷たかったですね。
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :