2012/06
02
[ #393 ]

戯言6月 禁煙デー

 一昨日の5月31日は”世界禁煙デー”。
 今年の禁煙デーは例年に比べて少し静かだった様に想うのですが・・・。

 


 それもさもありなん、かな?

 閑話休題、確か世界禁煙デーが設定されたのは1988年であったと記憶していますが、そのときに憶えた違和感と言う物、未だに私の中では払拭されてはおりません。(私が喫煙者故かも知れません・・・)

 何と言いますか、煙草さえ無ければ世界が平和になるとも取れる論調、煙草こそが諸悪の根源といった感もある主張。何となくですが、ブッシュ大統領が幾つかの国々を”悪の枢軸”と名指しした遣り方を連想してしまいます。

 また、煙草か健康か?といった二元論、二項対立論に想え、少々恐怖を覚えます。


 元来煙草はニコティア・タバカムに代表される茄子科の植物であり、それらは人類より遥か昔から地球上に存在している訳で、それを人類のご都合主義で”悪”と決め付けるのって如何な物か?といった印象が拭え無いのです。

 それに健康(身体)に悪そうな物って他にも沢山ありそうです。
 例えば自動車や工場等の排ガス、各種食品添加物、化学合成された各種薬品(化学的に造り出された薬って、当然使い方に拠れば、毒にも成る訳でして・・・)。
 されに穿った見方をすれば電磁波とか、巷に溢れかえる各種の情報、TV番組。ネット等の情報ツールだって、使い方に拠ればそうとう健康に悪そうですし・・・・。(笑)

 それに今はやはり放射性物質ですか。

 今年我が国で禁煙デーがあまり騒がれなかったのは、やはり原発事故の影響が大きいのかも知れません。
 煙草何て言ってる暇は無いですよね?

 特にこの放射性物質(原発)は、それが生み出す電気。その圧倒的利便性と表裏一体であり、その事実を現前に突きつけられた訳ですからそれは悩みますよね(悩むべきでしょう)。
 原発に限らず、現代科学に拠り利便性を求めて造り出された物は、押しなべてそうした事を内包しているのですが・・・。



 そこで80年代頃から起こされた禁煙ムーブメント。結局は煙草、或は喫煙者を負の(悪の)偶像に仕立て上げる行為であり人々を思考停止させる行為でははないのかと想えて成りません。
 判り易い悪の象徴(スケープ・ゴート)の存在は、便利でしょうから・・・。
 
 嫌煙権という言葉も・・・。
 煙草(の煙)を嫌う権利・・・・・。言い換えれば、人に煙草を吸わせない権利 ???
 どちらにしろ嫌煙権なんて言葉、憎悪を生み出しやすい言葉の様に想えて成りません。


 ここで思い出すのが、昔読んだジョージ・オーエルという作家の「1984年」という小説。
 この中に憎悪週間とか憎悪の時間といったものが描かれていた気がします。嫌煙権という言葉、これを思い出すのです。

 またこの小説のなかで主人公(もしかするとその彼女だったか?)が、「幸福で満たされていれば、憎悪週間なんて必要無い・・・」といった意味の台詞を使っていた覚えがあり、印象に残っています。

 結局、嫌煙権なんて言葉(禁煙という正義)を使い他者を攻撃、或は憎悪しなければならなくなった現代人というもの、常に満たされない(欲求不満の)状態に置かれているのかも知れません。

 正に1984年頃から世界は小説”1984年”的世界に向かい踏み出したのかも知れません。
 (1984、本棚から探し出して再読するかな?)


 話が煙草からかなり外れてしまいましたが、旧来煙草は大人の嗜(たしな)みといったイメージでした。

 嗜みという言葉通り社交ツールであった訳ですが、個人的には煙草って、最も嗜好品らしい嗜好品、社交ツールらしい社交ツールという気がします。


 何故か・・・?
 それは、他の嗜好品に比べ最も身の養いに成らないからでしょう。酒だって結構身の養い(栄養)に成ります。

 身の養いになる物とは結局、個人(個体)の生命維持にプラスになる物。動物的個体維持の本能に合致する物ですよね。
 身の養いになる物は、社交の場における”三欲を満たす姿を相手に見せてはいけない(悟られてはいけない)という基本”に合致しない面を内包する。

 それに比すと、煙草の回し喫みであるとか、一つの酒器に拠る酒の回しのみ、病気のリスクとか汚いなんていう意識が有ると出来ない事です(そういった面では、性行為こそ究極の社交かも知れません)。このリスクを供用する事こそが実は社交の本質なのでしょうが。
 言い換えれば、”わが身大切”(自分さえ良ければ良い)という人間で無い事を証明する行為が社交と言っても良いのかも知れません。


 80年代位から、その辺りが変わって来た気がします。

 一寸面倒くさい言い方をすれば、生老病死という四苦。これらを逃れられない物ととして受け入れていた事が、それから逃れようとする欲を肯定して良い時代になったようにも想えます。

 (自分だけは)、楽して儲けたい(生の苦は、食わなきゃいけない苦でしょうから)(各種投資システム)、歳を取りたくない(アンチエイジング)、病気になりたくない(健康食品)、死にたくない(延命治療、がん治療)。
 そういう事を口に出して良い時代風潮に・・・。
 また金さえあれば、四苦から逃れうる幻想を持ちうる時代。


 しかしそれって、結局は欲求不満(満たされない感)を増幅している気もしますし、無益な争いとか憎悪を増やしている気もします。
 
 何だかね・・・。



 勿論原因は色々有りそうですが、ただ他者を正義の名の基に攻撃したり、憎悪したりする時代って疲れますね。
 
 どちらにしろ個人的には、のんびりと一服するような生き方が出来ればと想います。

  

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  衝動買い   |   グラントワ  ≫
はじめまして。
なべて共感いたします。
煙草は大人のたしなみ。煙の向こうに何かをぼんやり見つめる、そんな時間は大事だと思います。

しかしです。たばこ産業(株)が売りつけるものは、残念ながら毒物でしかないとおもいます。植物としてのタバコにわけのわからないものを添加して、おまけに紙で巻いて売っている。体に害あること間違いなし。

キセルにキザミをつめて飲む人がいたら素敵だなあと思うのですが、いかがでしょう。

12時すぎに あやみ さんから

2012/06/04(月) | URL | #-

2012/06/04 - ■■■

お邪魔しました
今日は楽しいお話とお酒、ありがとうございました。
チーズとワイン、次も楽しみたいです。
また、お邪魔したいと思います。
よろしくお願いします。

22時すぎに たるお さんから

2012/06/05(火) | URL | #-

2012/06/05 - ■■■

喫煙文化
 あやみ様、コメント有難う御座います。
 
 煙管にキザミ、私も好きです。
 唯、私、たばこ産業、あるいは添加物がそれ程悪いとは想ってないのです。(その点、少々同意しかねます)
 と、いいますか、煙草への添加物が喫煙文化を壊したとは想えないですね。

 私、煙管、パイプ、シガー、紙巻、何れも喫っしますが、そのときの選択理由に添加物の有無なんて考えませんし。
 それに、煙草にしろ、酒にしろ、ある種”毒”ですから。と言いますか、嗜好品、身体に悪いからこそ嗜好品といえるとも想います。
 それこそ、遊び(或は社交としてのスポーツ)も危ない程面白い事と同様に。

 例えば、ラグビー、諏訪の御柱祭等。危ないからこそ意味が有るのです。
 危険だからこそ、相手が卑怯者かどうか判り易いですし、自分が卑怯者で無い事を証明し易い。そうした事だと想います。

 煙草も酒も、ある種、本質的に毒なのです。だからこそ、大人の物なのです。そして文化を醸成出来るとも想えます。
 そして現代は、その毒を許容する余裕をなくしているといっても良いかも知れません。

 では、何が煙草文化を無くす原因なのか?(だったのか?)

 其れは、恐らく、市場経済主義でしょう。
 言い換えれば、蓄財を無制限に肯定する思想。金儲けを善とする。エゴを、利己心を肯定する思想。わが身大切という利己主義を肯定する思想。
 現代という時代風潮と言っても良いかも知れません。

 添加物は(或はたばこ産業という1企業も)、結果であり原因にはなりえないのです。(或は表出した一現象に過ぎない)

 違う言い方をすれば、大人には毒を食らう、自由意思が在ったのです。

 因みに似たテーマで書いた事が何度かあります。
 参考までに・・・。 しりとり雑考の、”メタボ””飛田新地””スポーツ”あたりです。(読んでいただければ幸いです)


 あまり、優しく無いコメントで申し訳無い。

 ますた

11時すぎに ますた さんから

2012/06/06(水) | URL | #-

2012/06/06 - ■■■

ありがとうございました
 たるお様、ご来店並びにコメント有難う御座います。大した物は置いてないですが、懲りずに寄っていただけると嬉しいです。

11時すぎに ますた さんから

2012/06/06(水) | URL | #-

2012/06/06 - ■■■

あやみ様へ
 あやみ様へ、いい忘れましたが、貴兄のブログ、いつも興味深く読ませていただいております。
 コメント有難う御座いました。

11時すぎに ますた さんから

2012/06/06(水) | URL | #-

2012/06/06 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :