2012/06
20
[ #397 ]

気になっていた街

 気になっている街というものが幾つか有ります。
 そのうちの一つ”大和郡山”に先日立ち寄ってまいりました。

 たまたまバイクで近くを走る用事がありまして、休息がてら一寸バイクを止めてみたのです。

 では、大和郡山の何処に立ち寄ったのか?(まあ、私の事ですから・・・)


 先ず一つ。洞泉寺町辺り・・・。

 浄土宗洞泉寺、並びに義経ゆかりの源九朗稲荷の門前町です。
 古くからの門前町ですから、当然?そうした面も有った訳で・・・。

 洞泉寺  源九朗稲荷


 特に奈良は京都と並び古い歴史を誇る分、そうした面でも古い歴史がある場所といっても良いかも知れません。
 京都同様、大規模な戦災に遭遇って無いですしね。(これは結構重要かも・・・)


 そうした面?

 ご想像通り、色町としての側面です。

 この洞泉寺町周辺の遊郭、ものの本では江戸の初期から成立していたとか。


 歩いてみますと、非常に保存状態の良い建物が数軒立ち並んでいます。
 ある程度、保存活動がされているのかも知れません(或は家主の方の努力か)。

 望楼  3階建て

 こんな感じで、街並み保存地区の様な雰囲気も有ります。

 他、こんな建物も・・・。

 飾り窓



 そしてもう一箇所。

 東岡町。

 洞泉寺町がJR線近く、一方東岡町は近鉄線近く。
 ここの建物は明治後半~大正~昭和初期といった雰囲気を感じます。

 ものの本では、昭和初期、古い洞泉寺に対しモダンな地区として賑ったとか。(この時期、日本各地に盛んに遊郭が造られ賑っていた印象があります。)

 徘徊をして見ますと・・・。

 
 割と最近(昭和の時代)まで現役であったという話も聞いたりはしていたのですが。今は現役感が無いですね。
 と言いますか、朽ち果てつつある感じです。
 しかしこれはこれで雰囲気なのかも知れません。
 

 こんな感じの建物が残って居ます。

 東岡1  東岡2

 空き地も増えている様子。
 
 時間の余裕が無かったので一通りザッと歩いただけですが、共に雰囲気のある街並みでした(ただ、東岡町は何年残っているか?)。


 その後は余韻を楽しみつつバイクに跨り自宅まで・・・。

 相も変わらずです。
  

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :