2012/09
05
[ #418 ]

戯言 9月 ネット

 先月はニュース等オリンピック一色でしたが、漸く他のニュースも流れる様になった気がします。
 (元々、スポーツの事を一般のニュース枠でやる事自体如何な物かとは思われるのですが・・・)


 
 閑話休題、オリンピック報道の影に隠れていたニュースで最近再び報道される事の多くなったニュースの一つにいじめのニュースがある気がします。大津の物等はオリンピックが始まる以前はかなり話題になっていましたし。

 インターネット等で凄い事になっていたという話も耳にしました。
 いじめたと推定される少年達の、本名や顔写真、家族のプライバシー等々が各所にアップされていたそうで・・・。

 こうした個人のプライバシー等を無暗にネットに掲載する事はマナー違反でしょうし、ある種違法行為と言われても仕方ない事は言わずもがな。(少なくとも、現時点でも推定無罪ですし、未成年ですし・・・)
 にも関わらず、かなり激しい事になっていた様子。
 以前にもいじめが原因と推定される自殺の事象は少なからず発生していたと思うのですが、今回の様な事になった記憶は余り無いのですよね・・・。


 何故、そうした状況になってしまったのか・・・。
 
 勿論、インターネット(携帯電話等も含め)の普及とその特性に拠る事が一番の原因でしょうが。
 (その無名性、匿名性に拠り、いい放題、遣りたい放題が許されると勘違いされている状況等々)
 唯、今回の大津の件に関してはそれだけでは無い様にも思われます。

 
 その理由として大きいのは、各所の責任者がこの件を隠蔽しようとしたと感じられた事にも思えますし、またもう一つ、遠因に昨年の原発事故等も有る様に思われます。

 原発事故の対策過程で、為政者及び、第四の権力である報道の信頼(信用)揺らいだ事に、意外と大きな原因がありそうに思えます。


 法の執行側の信用が失われた場合に、結果として庶民の順法意識は低下するという事では無いのかと・・・。
 (米国で行われた禁酒法にもそうした側面が有った事を思い出します。仕事柄?)

 その様にてし、法の執行側と思われる人たちに対する信用・信頼が揺らいだ以上、そちら側から、”ネットに実名を記すのは違反です”なんて通達されても、守られなくなる事が多くなるのも仕方ないなのかも知れません(良い事とも思えませんが)。

 本来、庶民の順法意識が高まるのは、取締りの強化に拠る物では無い面が強いと想えます。
 それよりも、皆が納得して守れ無い法律は作らない、とか、為政者が人々から信頼されるといった事の方が重要だった気もします。


 では他者の信頼、信用を失った時(特に為政者)に、どうやって信用を回復するか。


 我が国だと江戸期までは腹を掻っ捌いて、”己が腹黒くない事を証明する”という行為が有ったのですが・・・。

 現代では無理でしょうね・・・・・。 
   
 またそれ故に、今回の事件もネット上で西部開拓時代の民間裁判(私刑)的様相を呈したのかも知れません・・・。




 また皆が納得して守れる法律、其の根底には慣習なり、仕来りなり、伝統なり、宗教なり、神なり、歴史なり、共通無意識なりがあるのでしょうが(何が正しいかを決める根源的なもの)、結局は現代と言う時代、(ニーチェが? 笑 )神を殺した後の単なるディベート合戦なのかも知れません。


 そんな事を想いましたね。

 ほんと相変わらずの戯言です。

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :