2012/09
08
[ #419 ]

SONNY ROLLINS

 店で早い時間に思わず流してしまうCDが、Bud Powell の ”The Amazing Bud Powell”なんて事を書きましたが、遅い時間に流したくなるCDがこれ。



    a night the village vanguard

 Sonny Rollins  「a night at the Village vanguard」 

 

 
 深夜に流したくなるアルバムといいますか、深夜のバーの空気のイメージに近い気がする演奏に想えます。

 バーも遅い時間に成りますと、お客様も適度にアルコールが廻り少々饒舌に成られたり、主張が強くなられたり・・・。そしてそれらが上手く混ざり合い深夜のバーの空気が出来る気もするのです。そんな演奏に想えます。

 もしかすると”ピアノレストリオ”という事が良いのかも知れません。
 ピアノという楽器。それ一台でも完結出来る楽器と言いますか・・・・、それ故ピアノが入るセッションは上手く纏りやすい印象があるのです。(それはそれで嫌いでは無いです)

 そこでこのアルバム、ピアノレス故にか奏者それぞれの主張が適度に発揮され混ざり合っている印象。一寸騒がしい感じもしますが、それもまた深夜のバーのザワザワした雰囲気を連想させ・・・・。

 お気に入りの一枚です。



スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :