2012/09
12
[ #421 ]

宇山DNA

 宇山DNAを覗いて来ました。
 といっても解り辛いかも知れませんが・・・。東広島現代美術プログラム2012”宇山DNA”と記せば雰囲気は伝わりますかね?

 ポスター ポスターです

 
 十年ほど前から東広島市の教育委員会が主催している美術イベントで、確か最初が高屋町白市地区、2回目が安芸津町三津地区、前回が志和町志和掘地区、そして今回が河内町宇山地区。

 特徴的街並みと現代美術の作品コラボといった企画です。

 第一回の白市DNAが魅力的でしたので、三津DNA、そして今回と歩いてみました(志和堀の時は何故か見逃してしまいました・・・・)。


 思い出とともに

 こんな感じの展示が其処かしこにあるといえばイメージ出来ますかね。
 

 1回目の白市は江戸時代に牛馬市等立ち栄えた地区で、その街並み(木原家住宅等)で行われ。
 2回目の三津は古くからの港町でもあり、また近代酒造の町でも有りその街並み地区で行われ。
 3回目の志和堀は里山の空気を残す地区で、閉められた千代の春酒造の酒蔵の建物等で行われたそうです。


 そして今回の宇山は里山の美しさ残している地区です。

 民俗学者の宮本常一が言った”里山の美し風景”といった物を保っている地域に思えます。

 里山

 メイン会場となっていたのは、閉校した旧宇山小学校。
 私の様な年齢の人間には何とも懐かしいです。

 小学校

 こんな手洗い場なんて、たまりません。

 また他にも教念寺という立派なお寺とか、安広神社という八幡様等もいい雰囲気です。
 (江戸時代の農村の豊かさを感じさせて呉れます)

 それらを舞台に色々の作品が展示されている訳です。


 例えば

 その空間は如何なる場所か  monster  宇山の空気  音霊&月の船

 等々。


 個人的にお気に入りだったのは・・・・。

 Scab

 これかな?(理由は無いです)


 他、展示作品では無いですが・・・。

 狛犬

 子連れの狛犬・・・。


 宇山、一寸道がわかり難い事もあり初めて訪れましたが、歩いてみると雰囲気のある里山の地区でした・・・。
 (次の開催地は大芝島とか)


スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :