2012/10
03
[ #426 ]

戯言 10月 絶滅危惧種

 1月程前に日本川獺(カワウソ)が絶滅種に指定されたというニュースが流れていましたが、この絶滅種であるとか絶滅危惧種ってヤツに少々惹かれます。

 特に、”危惧されない”絶滅危惧種なんて存在に。

    

 今回、川獺と同様に指定された九州のツキノワグマも、もしかするとそうした存在で在ったかも知れないですし、既に絶滅して久しい日本狼もそうした存在であった様にも想えます。

 まあ絶滅危惧種って、結局、絶滅してからその存在を振り返られる訳で、絶滅危惧とは言われても殆どの人々からは危惧すらされていない様にも想えます。

 私自身、日本川獺の存在なんて普段は忘れていた訳ですし・・・。

 それでもやはり少々惹かれるのです。

 私が良く捜し歩いている(?)妓楼(遊郭)建築の建物なんて物も、ある種典型的”危惧されない絶滅危惧種”とも想えます。

 東岡2

 こんなヤツですね・・・。

 他にも一般に方言とか、妖しい路地裏、寂れた街並み、木造3階建ての温泉旅館とか、煙草喫みとか・・・。
 (バカナリヤなんて店もそうかも知れません・・・?)


 
 閑話休題、絶滅あるいは絶滅危惧生物の中で一寸気になるのが「朱鷺」の存在。

 現在どういう位置づけなのですかね?

 確か1981年に最後の野生種が捕獲されたので、その時点で野生絶滅種ですかね?その最後の生き残りの”キン”もたしか2003年に死んでしまったので、絶滅種?
 ただ現在は保護センターで繁殖し野生に戻しているので、絶滅種では無くなったのかな?

 良く判りませんが・・・。


 しかしこの朱鷺、学術名”Nipponia nippon”。正に我が国を象徴する鳥の様にも想えます。
 (因みに、国鳥は雉でしたよね?)
 そうした事を想いますと、もしかすると朱鷺が野生絶滅した1981年の時点で日本らしい日本は滅んだのかな?等とも想えます。

 日本らしさとは何か?という問題、定義付けも在るでしょうが、個人的には、この日本列島の風土と日本人が調和して作り上げた風俗とか風景・・・。そんな物に想えます。

 例えるなら、或は代表的な例を挙げるのならば、棚田や段々畠、農村の水田、手入れのされた山林、干潟・・・等の風景の様なものかも知れません。(日本人の手が適度に入った自然の風景)

 それ故、そうした場所に多く生息していた、泥鰌等の小魚や蛙等の小動物や水生昆虫を餌としていた朱鷺の野生種絶滅は、正に一つのメルクマールだった様にも想えます。

 最近のTV等で「日本再生」なんて台詞を良く耳にしますが、それも既に一度、我が国の文化が滅んだ事を人々が無意識的に認識している故かとも想われたり・・・。
  

 そういえば朱鷺で思い出す事がもう一つ、それは伊勢神宮の遷宮。
 その遷宮に使用される須賀利太刀の柄飾りに、確か朱鷺の羽根が使用された筈。
 そうした面でも朱鷺=日本とも思えてしまいます。



 詰まらない事を色々書きましたが、何はとまれ危惧されない絶滅危惧種に一寸惹かれるこの頃です。

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  今年も・・・   |   三朝  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :