2012/10
17
[ #430 ]

市内で・・・

 某インポーター様の内見会(試飲会)の為広島市内に出向いて来ました。
 春、秋はこうした事が多い気がします。

 内見会

 会場の様子はこんな感じです。約2時間で、出品された100余りのワインの内、8割以上は味見させていただきましたかね?
 何種か仕入れたいと想っています。



 それはそれとして、折角市内まで出ましたので此処にも立ち寄りました。

 県美

 広島県立美術館。
 特別展示はヴェネツィア展。


 内容は・・・・。

 一寸予想と違っていましたかね?

 以前どこかで観たパリ(世紀末)展?(だったか?)
 そんな感じの展示(街の歴史とか地理とか風景・文化等を中心とした)を予想していたのですが・・・、ヴェネツィアに有る幾つかの美術館の収蔵品の展示が主、といった印象が強かったです?

 それはそれで楽しめました。
 (私自身が博物館的展示が好きな所為でそうした印象になったのかも知れません・・・)
 
 と同時にヴェネツィアに付いてお客様等からお聞きしました話を少しばかり思い出しました。


 ヴェネツィア、年間に千万人単位の観光客の訪れる世界を代表する観光地。
 映画にも良く登場します。(最近ではツーリストとか、007カジノ・ロワイヤルの新作。007ロシアより愛をこめてとか・・・・。)
 (そういえば映画007シリーズ、観光地紹介映画の嚆矢という気もします。流石、クック旅行会社を生んだ英国ですかね?)

 そしてそれなのに(或はそれ故にか?)、非常に治安の良さを感じさせる街ですね。
 地図を見ながらの夜の一人歩きも、此処なら出来そうな印象がありました。(現に、そうした観光客の姿も多く見かけました)(海外の他都市では一寸遣りたく無い行為です)

 夜のベネチア


 この治安の良さ、実は現地マフィアが担っているとか。

 そうした物なのでしょう。(その分物価が高いとか・・・・?)

 まあヴェネツィアは元々、他の場所から隔離されたような立地の自治都市国家ですしね・・・。

 洋の東西を問わず、そうした面は有りそうです・・・。



 それ以外にも、商業都市として成立したヴェネツィアその個性。十字軍~レコンキスタ~ルネッサンス~新教徒運動~世紀末~現代資本主義 etc etc・・・。 

 色々と妄想が拡がり楽しかったですね。


 またワインの試飲会の後という事で、ヴェネツィア辺りの(で飲んだ)ワインの事を考えたり。

 ルガーナ

 (個人的には、↑こんなのがお気に入り。ベネト州辺りでユニ・ブランから造られる、ルガーナ。)
 (日本だと余り見かけませんし、割高な気も・・・・)

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :