2012/11
02
[ #434 ]

戯言 11月 世の中荒んでる?

 何となくですが、少しばかり世間が荒んで来ているのでは?と感じます。

 

 新聞等の報道で陰惨な事件を多く目にする故かも知れません。大津の件以来続くいじめの物、最近目にする尼崎の事件、火事・殺人etc。
 報道されない事件も多いでしょうから、昔に比べ陰惨な事件等が増えているのかどうかは確定は出来ないですが、それでもやはり何となく世間の空気がギスギスしている様な気がするのです。

 そういえば、先に触れた尼崎の事件の報道を耳にして思い出した本が一冊。

 確か題名は「消された一家」
 2002年に発覚した北九州周辺の連続殺人事件のルポルタージュといった内容の本でした。

 現在、尼崎の事件は断片的な報道ばかりで実際にどういった事件であるのか良く判らない状況ですので、現実に2つ事件にどれ程の類似性があるのかは判りませんが、思い出しました。
 

 読んでいて非常に不快な気持ちになる本で、読まれることは余り進めませんが(それは著者の問題では無く、事件の内容、犯人の人格・行動に拠る物です)、その分印象に残っています。

 その印象、この事件の首謀者は何故こんな事件を起こせるのか?という事。


 ちょっと考えてみますと・・・・・。 
 この犯人の行動原理、”楽して金を稼ぐ事”しか無い、のでは?と思える事。言い換えれば損得、或は”金額というスケール”しか無いのでは?という事。(後、支配欲求=詰まりは本質的暴力性)


 こうした事を書きますと「楽して儲けようとして何が悪いんだ!!」なんてクレームを付けられそうです・・・。

 確かに、「楽して儲ける事が全てだよね」とか「世の中金が全てだよね」等と人前で語る人が増えて気がします。世の中荒む筈ですね・・・。(豊田商事事件辺りが転機か?)
 
 しかしその感覚と、この手の事件を起こす人間の感覚、紙一重な気がします。



 恐らく人類(ホモ・サピエンス)は複雑で多様な言葉を獲得した事に拠り、多くの観念や内省、悩み、世界観、周囲に対する多様な見方・・・等々も同時に獲得したのでしょうが、その多様なる観念、価値観こそ、ある面人を人たらしめている様にも想えますし、文化の正体の様にも思えます。

 多様な視点を獲得した事。もしかするとその辺りが人類繁栄の鍵であった様にも思えます。


 例えば、仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌、他にも、美・優・秀・善・理・・・。幾らでも出てきます。
 こうした価値観を創造する事に拠り、人類は無益な争いを減じ、社会を築き繁栄して来たのでしょう。


 またこういう見方も出来るかも知れません。

 3次元空間に有る1つの点、それを通過する直線は無限に想定出来る様に、物事の見方は無限に想定出来る。
 (価値観って言い換えればベクトルでしょうし)
 その多様な見方が出来る能力が、もしかすると知性の正体、或は人の魅力とか器とかでは無いのかと・・・?


 それを損得という一つのベクトルのみで見るという行為。

 無限に設定出来る3次元方程式を、単に一つの基準(例えばZの絶対値)のみに矮小化してしまう。

 人には優しくしなければいけません・・・。 で、それで幾ら儲かるの?
 葬式はしなければいけないよね・・・。   で、それで幾ら儲かるの?
 
 等々。
 こんな感じですかね・・・。


 まあ資本主義ってこんな物かも知れませんが・・・。
 (だからって共産主義が良いなんていいません。~主義って苦手です。結局、物事を一つの見方に矮小化してしまいますものね・・・)


 
 唯、此処にこんな事を書いてどうなるの?と言われると答えは無いのですが・・・。

 こうした物事(自分の力でどうしようも無い事)に捕らわれ過ぎると、結局、身動き出来なくなるのも事実。

 眼の前の生活、現実に即した行動をしないと、何一つ進みませんし・・・。

 私だって、食べなきゃ生きていけない訳で・・・。
 (この食べなきゃ生きて行けないという現実、苦労を、生の苦と言うのでしょう) 

 かといって、目先の金儲けばかりに捕らわれ過ぎますと、心が荒みますしね・・・。
 また、そういう人ばかり増えますと世が荒む・・・。   1行目に戻る、   。(笑)


 結局は”塩梅” なのでしょうね・・・。
 これが中々難しいのですが・・・。


 相変わらずの戯言です。聞き流していいただければ・・・・。
  
 ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :