2012/11
21
[ #440 ]

パノラマ地図と旅展

 こんな物を観て来ました。

          パノラマ絵図展



 1年半程前に三次の歴史民俗資料館で観させて頂いたこちらの展示

 鳥瞰図 鳥瞰図展

 と、恐らくは同方向の展示であろうとは思い、再度出かけるのも如何な物かとは想いはしたのですが、好みも展示ではありますし、バイクの今シーズンの乗り納めも兼ねという事で行ってみました。

 場所は、鞆の浦歴史民俗資料館。



 いざバイクに跨り家を出ますと、結構路面がウェット。
 前日は雨天と言う事もあり、それも想定しいつもより少し遅めの出発にはした心算でしたが、日陰はウェットな部分がちらほら、という事で山間部廻りのルートは止め幹線道路中心で行く事に。


 エンジンの吹けがいまいちと言う事もありこちらに立ち寄り・・・、

 三原  三原市歴史民俗資料館


 駐車場でバイクの微調整(出発前にして置けよって・・・)と共に、館内も見学させて頂きました。

 感想は?といいますと・・・・、面白い展示物も有るのですが、三原市も予算が苦しそう・・。といったところですかね。



 そこから鞆の資料館に・・・。


 前回拝見しました三次の展示とほぼ同内容か?と想像していたのですが、同一の展示物は1/3程度。

 展示の副題に  ~鳥瞰図と観光絵はがきを楽しむ~  と有りますように鞆周辺の観光絵葉書等の展示も有ります。

 展示図録も魅力的に想え思わず購入(バイクに積めるか心配でしたがギリギリ何とか・・・)。
 (店の本棚に置いておくこころづもり)
 

 その後少しだけ鞆の街並みを散歩、こんな物を見つけました。

 仏像

 旧、荒磯(有磯)町辺りの小さな祠に安置された仏像。何とも惹きつけられる雰囲気です。

 鞆の街、来る度に何か発見出来る町に思えます。



 折角なので阿伏兎の観音様にもお参りする事に。

 阿伏兎観音

 広重等の浮世絵そのままといった佇まいですね。

 楼閣(大悲閣)から瀬戸内の海を眺めているだけで、何とも言えず気持ち良いのです。ある種の空気を感じる場所です。

 またこの大悲閣の内部、子安神と言う事もあり、こんな感じです。

 おっぱいがいっぱい  


 
 そんなこんなで良い時間にも成り、帰途に。
 帰りは山間部のルートを選択。

 いい気持ちで走って帰りました。




 追記

 その帰途である車の後ろを走っておりますと、直線でいきなりブレーキランプが点灯。
 その車を煽っている心算は全く無かったので( ← このあたり、甘いと言われれば甘いのですが)、?・?・?・?・? と想っておりますと・・・。

 さらに2・3度、急ブレーキを踏まれ・・・絡まれそうに・・・。


 一部の4輪の方からは、未だに2輪は、目の敵なのですかね・・・?
 
 やはり2輪に跨り続けるという事は、それなりの覚悟も要求されますね。



 何はとまれ今シーズンは恐らく乗り納め、この冬にバイクのメンテをしてやれればな等と想っています。


 ますた
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  試飲&セミナー   |   OSCAR PETERSON  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :