2012/12
05
[ #445 ]

JOHN LENNON

 この時期にになると掛けたくなるCD(アーティスト)があります。

     Double Fantasy

 John Lennon & Yoko Ono  「Double fantasy」
 



 そう、レノンのラストアルバムです。

 レノンが射殺され、もう30年以上ですか・・・。
 若い頃は、良くビートルズのレコードを聴いていたので、そのニュースを聞いた時はかなり驚いた覚えがあります。
 ある日の朝食時に母親が「ジョン=レノンが撃ち殺されたってニュースで言ってるよ・・」等と言いまして・・・・。


 確かその1年後にFMラジオで「ジョン=レノン生前最後のインタビューbyBBC和訳版」の放送があり、テープに落として(時代ですね)聴いていた憶えもあります。


 もはや30数年前の話、内容はそれほど記憶しておりませんが聞き応えの有るものだった印象。
 印象に残っているのは・・・・。

 インタビュアーが「このような素敵な曲、どのようにして作られるのですか?詩を先に書くとか、メロディーから造るのか・・・?」といった内容の質問をした時に、

 レノンが、「曲の方から、降りてくるんだ」、といった内容の答え方をしていた事であるとか。

 WOMANの曲に関して女性に対する尊敬を語っていた事、他にドラッグのこと、FBI,平和運動の事・・・。

 またインタビュアーが、貴方(レノン)は世間ではナイーヴ(繊細)過ぎると言われていることについてどう想うか?といった質問をした事とか・・・。


 当時はそう想わなかったのですが、確かにレノンの曲の歌詞等を想うと、ある種世間からはナイーヴと評価されるよな性格、タイプなのかも知れません。

 現代で言えばアダルトチャイルドとか、愛着障害等と言われるようなタイプに近いのかも知れません。(幼児期~少年期の体験に拠る物か?)

 そしてそれ故に、ある種の繊細さを持ち合わせた日本人であるオノ=ヨーコ女史との関係も成立したのでしょう・・・。(彼女が典型的日本人かどうかは判りませんが、彼女の展示作品等観せていただきますと、やはり日本的とも想えますし繊細さも想います)

 しかしまた、そしてだからこそ(ナイーヴ故に)死後30年以上経た今日でも世界中で聞き継がれているのでしょうし、これからも聞き継がれて行くのでしょう。
 ビートルズがこれほど大きな存在になったのも、そのコア(核)にレノンのこうした個性が有った故にも思えます。


 恐らくは今後も残酷な現代という社会は続いて行くのでしょうし(時代は残酷さを増して行く)、レノンの曲も聞き継がれて行く様に思えます。

 
 そんなこんなでこの時期のバカナリヤの店内、レノンの曲が掛る事が有ると想います。
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :