2009/05
18
[ #45 ]

 雑考 11 しりとり

 お気付きの方も有るかも知れませんが、この”バーテンダーの雑考”として書いております毎回のテーマ。”しりとり”に成っております。
 第1回目の”バカナリヤ”から ・山登り ・リカール ・瑠璃色 ・路地裏 ・ラキ ・禁酒法 ・浮世絵 ・エアロビクスダンス ・すし と来て今回が”しりとり”です。


 理由と言う程の事も無いのですが、約半年前にこのブログを始めるまでは思うところも有ってインターネットに距離を置いておりました。故に他の人様のブログを拝見した事も無く、全く持ってブログが何かも知らなかった訳です。

 で、半年程前ブログを始める事となり、実際にブログをしていらっしゃるお客様にお尋ねしたりした訳ですが・・・。

 ”ブログって何を書けば良いのですかね?”
 ”ブログっての元々日記って意味だし、日記みたいな物で良いんじゃないの?”
 ”う~ん、でも、ごく私的な事を世間様に垂れ流すのも恥ずかしいような・・・。”
 ”じゃあ、店のブログとして、お酒とかの紹介を書いたら?”
 ”それも何か辛くなりそうだし、商売っ気丸出しもね~・・・。”(我儘な私)
 ”まあ、あまり難しく考えないで想い付いた事を書けば良いんじゃない?” 
 ”エッセイみたいな物ですかね?”

 そこで、バーテンダーの雑考として書き始めた訳なのですが・・・。
 いざ始めると、結局私の好きな事か、酒・店の話題ばかりに偏りそうで、それも如何な物かと想いテーマに適度に散らせる為にしりとりと言う縛りをかけた訳です。
 
 やってみると第一に、必要以上にテーマに悩まなくてすむ事が嬉しかったですね。何故って、初めの文字が決まっていて、かつ終わりの文字が”ん”以外で、私が一言書ける事柄って多く無いのです。



 実はしりとり形式のエッセイ、故”中島らも”氏が平成2年に夕刊フジに連載されておりました。 (なんだよ、真似かよ!と言われますと、全くもって・・・としか言えないのですが)
 もしかすると中島らも氏も、テーマ選定の悩みを減らす為、しりとり形式を使われたのでは?等と今では想う訳です。

 しかし問題も一つ。私の周辺、仕事柄 ”ウイスキー、シェーカー、カウンター、バー、ブランデー” 等々、”ー”で終わる言葉が多いんですよね。これは”しりとり”として如何な物か? (ウイスキイ等と誤魔化す手もありますが・・・) ちょっと悩んでおります。

 まあ、それも含めて考えながら、ボチボチと続けていければと想っております故、ボチボチと付き合っていただければと願っております。

   ますた
 

スポンサーサイト

タグ :   ブログ  /

しりとり雑考CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  梅酒   |   ドアークローザー  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :