2012/12
30
[ #451 ]

珍しい酒

 あるお客様に頂きました酒。


 先ず一つ

 スラーソー

 入れ物はミネラルウォーターのペットボトル(表面の文字はクメール語だそうで・・・)、中身は”スラーソー”というカンボジアの蒸留酒。プノンペンの市場にて甕で量り売りしていた物だそうです。
 屋台

 因みにスラーソー、現地の言葉で”白い酒”という意味。米(の濁酒)を蒸留して造る物。

 飲んだ印象は、度数は恐らく20~25の間。後口が少し泡盛に似ています。また粉っぽさが有ります(一寸、小麦の蒸留酒的な・・)。



 もう一つ

 ラオカオ

 この乳飲料の物と想われるペットボトルに入っているのは、現地仕様のラオカオ。

 因みにラオカオ。タイの蒸留酒。現地語で米の酒という意味です。

 飲んだ印象はスラーソーより少し高めの度数で、エステル臭が少し強いです。



 どちらもプリミティヴな蒸留酒といった印象。

 少しの間、店にあるかも知れません。 (ちゃんとしたガラスの瓶に移さねば・・・)

  

スポンサーサイト

タグ :    /

店絡み・酒絡みCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :